画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文
キャラクター情報

【東方ロストワード】妖々夢・博麗霊夢について

 メイン探索第4章第2編にて立ち絵が確認されたキャラクターです。

 同シナリオ上では複霊という扱いで登場したキャラクターですが、立ち絵の髪型・服装などから察するに『東方妖々夢』の『製品版』『体験版plus』それぞれを出典とする存在という事になるでしょう。

 原作出典の2周目キャラであればその作品での二つ名が使われ、妖々夢霊夢の場合は『楽園の素敵な巫女』が使われるでしょうが、今回はそれに該当するキャラクターが2人存在してしまう事になります。

 既に『紅魔郷霊夢』も実装されており、今後も『作品別のキャラ』がどんどん実装される可能性も示唆されていますが、果たして今後の展開は…?

『東方妖々夢』が出典のキャラクター…?

 メイン探索において上記2つの立ち絵が登場しましたが、これらは立ち絵の髪型・服装などから察するに『東方妖々夢』の『製品版』『体験版plus』を出典とするもので、要するにプレイアブル化するのであれば両方共に妖々夢出典のキャラという事になります。

 既に実装されている紅魔郷出典の霊夢は『[紅]永遠の巫女』という形で実装されている訳ですが、今回の2人を実装するならどちらも『[妖]楽園の素敵な巫女』という事になってしまうし、この辺はどうするのか…という感じでしょう。

 また、『原作出典とするキャラを複数作品に渡って実装する』という前例が今は存在していないし、もしも実装されれば[輝]とか[天]とか[鈴]とか[茨]とか、更なる展開というのもいくらでも想定出来るでしょう。

 そういう意味では、もしもプレイアブル化するなら今後の展開を占うという意味では重要なキャラクターにもなりそうです。

 現時点ではシナリオ上だと複霊として呼び出されただけのキャラクター、本当に立ち絵が公開されただけなので近々でのプレイアブル化を示唆する内容とかはありませんが、果たして登場はあるのか…?

想定される性能

 霊夢は既に多くのキャラクターが登場しており、その影響もあってか唯一の『同キャラでの式被り』も確認されているキャラクターです。

 ただ、そうは言っても同キャラ式被りは明確に避けているきらいはあるので、であれば霊夢ではまだ使われてい上記4式の内どれかを宛がわれそうな雰囲気です。

 まあ今はどの式でも性能が画一化されがちな所もあるのでこれだけでどう…という感じでもないですが、明確にキツい『防御』なんかの可能性が薄そうなのは助かる感じではあるでしょうか。

 ただ、実装されるなら今までのパターンであれば『通常フェス限』にはなりそうで、今は『超フェス以上』『通常フェス以下』での格差も大きく、また超フェス限が非常に育成しやすくなったので、戦力的にはやはりそこまで…という感じにはなってしまうかもしれませんが。

 とは言えプレイアブル化するのか、するとすればいつになるのかも全く分からないし、その頃には状況も変わっているかもしれないし、気を長くして待ちたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    仮に体験版霊夢だったとしたら、絶対に異変解決できんな

  2. 匿名 より:

    つまりこのまま原作仕様霊夢が増えていけば[紺]霊夢が実装されたらあの槍みたいな長さのお祓い棒になるのか
    [鈴]霊夢が実装されたら易者かち割りモーションのショットありそう…ショットとは一体

  3. 匿名 より:

    ルーン、自分は遅筆なくせにろて先生には立ち絵2種類描かせんの草

  4. 匿名 より:

    フリュー霊夢「妖々夢の話ですね?」

  5. 匿名 より:

    やっぱり靴は履いてないんやな

  6. 匿名 より:

    今いろんなキャラクターの実装フラグ立ってんな…

  7. 匿名 より:

    この霊夢は「製品版と体験版plus」と言うよりは、「会話パートと主人公選択画面」が適当だと思います
    霊夢単体では判断が難しいですが、咲夜と魔理沙は判別が付きます。製品版/体験版plus共に会話パートでは咲夜が三つ編みリボンになっている一方、ロスワで出演した咲夜の片方は三つ編みではなくリボンも付けていません。
    製品版の主人公選択画面では三つ編みリボンでない咲夜が描かれているため、会話パートと主人公選択画面で立ち絵を描き分けたものを両方実装するつもりなんだと思います

  8. 匿名 より:

    A7アリスの能力のフレーバーテキストを読んでみれば、何故妖々夢自機勢の立ち絵が製品版と体験版plusの2種類に分かれているのか、その理由の一端が見えてくるかもしれない。
    東方シリーズの体験版は3面までであり、妖々夢の体験版の最終ボスがアリスである事と無関係ではないはず

  9. 匿名 より:

    普通にろて先生の描く原作風のイラストが好きすぎて、毎回引きたくなるの困るんだが

  10. 匿名 より:

    どうせフェス限だし性能的には引く意味皆無なのが悲しいところ

  11. 匿名 より:

    ドロワに目が行くー

  12. 匿名 より:

    体験版と製品版で立ち絵分けてくる二次創作ゲーム初めて見た

    • 匿名 より:

      そういうのを拾ってくるのは凄いと思うが、その分ろて先生の負担増やすのもどうなんだ?ってのもあるという・・・

      • 匿名 より:

        絵柄統一してるソシャゲは複数のイラストレーターが分担して絵描いてる事も多いしロスワもそのパターンじゃない?(有名なのだとアイマスとか)

        少なくともろて先生が1から10まで全部描いてるってことはなさそう

        • 匿名 より:

          メインの下書きとかはろて先生で、塗りや服飾や背景の書き込みなんかは複数担当の分業制じゃないかと思ってる

  13. 匿名 より:

    別キャラというより装備を切り替えられるキャラとして実装されたり?
    その場合慧音や紫苑あたりが転生強化で装備変更できるようになったらアツい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)