画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文
キャラクター情報

【東方ロストワード】毛玉(精霊)について

公式情報

 東方シリーズに所謂『ザコ敵』として登場するキャラクターです。

 現状、『東方ロストワード』においては『敵キャラクター』として登場することが例大祭試遊において確認されています。

 また、『毛玉』というのは通称であり、公式的には『精霊レベルのもの』という扱いなので、東方ロストワードにおいては『精霊』という名前で登場しています。

 現状では敵として登場するのみ、プレイアブルキャラクターとしての実装は決まっていません。

 普通に考えれば『敵専用キャラクター』ではあるのですが、一応『バトルモーションが既に存在している』ということですから、その気になればプレイアブルキャラとして実装することも可能ではあるでしょう。

 まあ、可能性は極端に低いとは思いますが、いつかプレイヤーが使えるようになる日が来る可能性は0ではないかも…?

使用ショット・使用スペル

 敵として登場した際、1種類だけ攻撃パターンが確認されています。

スペル判明キャラ一覧はこちら

拡散ショット弾幕?
集中ショット不明
スペルカード1不明
スペルカード2不明
ラストワード不明

 普通に弾幕っぽいのを撃ってくるような攻撃を行って来ます。

 何ターン経ってもその他の攻撃を行う様子は無いので、おそらく他の攻撃は用意されていないのでしょう。

 プレイアブル化するためには、もう1種類のショット、3種類のスペルを用意する必要があるということです。

 言うまでもなく、原作ではスペルもクソも無いキャラクターなので、やはりプレイアブル化までの道のりは遠そう…。

スペルの仕組み解説はこちら

スキルについて

 試遊台にて、キャラクターはそれぞれ『3種類のスキル』を持つことが確認されています。

 スペルに加えて、この『スキル』によってキャラクターの性能が差別化されるのでしょう。

 

 参戦未決定なので、毛玉のスキルは不明です。

 ここは流石に難しいでしょう。むしろ『弱い所がアイデンティティー』みたいな所があるので、スキルが無くて弱い代わりにコストが低くて編成しやすいとか、そんな感じのがそれっぽいかも?

想定される性能

 既往の東方二次創作RPGゲームにおいては、『敵としてなら』登場頻度はメチャクチャ多いです。

 何せ序盤の敵役に最適ですし、色々バリエーションを作って数も稼ぎやすいですから、寧ろ敵として毛玉が一切出て来ない作品の方が少ないくらい…は流石に言い過ぎでしょうが、とにかく敵としてなら非常によく見かけます。

 半面、プレイアブル化している作品など少数も少数で、実装されてもネタ枠みたいな扱いがほとんどです。当たり前と言えば当たり前…。

二次創作ゲーム・東方魔幻想より。隠しミニゲームクリアで加入の隠しキャラ

 数少ないプレイアブル化作品においては、やはり『弱さこそがアイデンティティー』という感じで、シンプルに弱いキャラクターとして設定されがちです。まあ毛玉が強くても違和感凄いしね…。

 ただ、ロストワードには『チームコスト』が存在することが確認されており、例えば毛玉に『弱いけど低コストで編成に入れられる』みたいな属性が付けば、意外と使える部分も出て来るかもしれません。

 そういう『弱さを逆手に取る』なんてキャラ付けが出来れば、案外ロストワードでの実装も夢じゃないかも…?

入手方法

 参戦未決定なので、現状では不明です。

 仮に登場するとしたら、ネタみたいなイベントでゲット出来るキャラとか、そんな感じかも?

 続報あり次第追記します。

個人的な要望

 冷静に考えて、『別に毛玉の参戦とか誰も心の底から望んでない』というのはある訳ですが、それでも多くの作品に登場しまくっている東方の常連キャラクター(最近めっきり見ないけど…)ですし、やはり話題になる形で実装してくれると嬉しいです。

 例えばこの手のソーシャルゲームは『エイプリルフール』なんかに冗談みたいな企画を打って、面白いキャラクターなんかを実装する、なんていうのも結構あるパターンですし、そんな感じで期間限定で特別なイベントを用意してクリアすれば毛玉ゲット!なんて形であれば、実装の現実味もありそうな気もします。

 別に私も毛玉に特別愛着がある訳でもなし、『絶対に実装して欲しい』とかそういう訳でもありませんが、やはりこういう『東方に関わる色々』をゲームの材料にして盛り上がっていけるならそれは非常に良いことだと思いますし、毛玉も敵としてでだけ終わらせるのでなく、いつか何かの展開でもあったら嬉しいなぁ…なんて思います。

派生カードについて

 まあ、派生もクソも無いでしょう。まあ色違いとか色々出来ますが、『毛玉のカード何枚も実装している暇があったらまだ未実装のキャラ実装しろや!』とか言われそうですし…。

ボイスについて

 1キャラクターについて『3種類のボイス+ボイス無し』から自由に選択出来ることが公式生放送で発表されています。

 流石に毛玉にボイスは付かないでしょう。仮に付けた場合、『毛玉に3種類のボイスを付けた世界で唯一のゲーム』として、歴史に名を刻みそうですが。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)