画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文
キャラクター情報

【東方ロストワード】蘇我屠自古について

公式情報
東方神霊廟より

 『東方神霊廟』が初出のキャラクターです。

 現状、『東方ロストワード』におけるキャラビジュアルは公開されておらず、また秋季例大祭で公開された『制作完了キャラ一覧』にも名前が載っていなかったので、バトルキャラとしての参戦は決まっていません。

 ただ、『東方神霊廟』が初出のキャラクターは未だ参戦が0体というのが現状なので、これはロストワードの序盤シナリオの都合という印象が強いです。

 最初は月関連や紅魔館や妖精絡みのシナリオが展開されそうな雰囲気なので、これらを消化し終えて豪族組が関わるシナリオになった時、布都や神子と一緒に実装されてきそうな雰囲気です。

神子のキャラページはこちら

布都のキャラページはこちら

使用ショット・使用スペル

 参戦未決定なので、使用するショット・スペル・ラストワードは不明です。

スペル判明キャラ一覧はこちら

拡散ショット不明
集中ショット不明
スペルカード1不明
スペルカード2不明
ラストワード不明

 ただし、例大祭試遊で各キャラクターは最大で『スペルカード』2種類、『ラストワード』1種類所持であることは明らかになっています。

 未収録だったスペルは、今後ガチャやイベントなどで実装される新しいカードに実装されることになるでしょう。

スペルの仕組み解説はこちら

 屠自古の場合、原作でのスペルがたった3枚しか存在していないので、1枚目のカードで全てのスペルを使い切ってしまう勢いです。

 この手のキャラは『ロストワードオリジナル要素』を交えて行かないと非常に展開しにくいので、この辺をどう料理して来るかは見物です。

スキルについて

 試遊台にて、キャラクターはそれぞれ『3種類のスキル』を持つことが確認されています。

 スペルに加えて、この『スキル』によってキャラクターの性能が差別化されるのでしょう。

 

 参戦未決定なので、屠自古のスキルは不明です。

 電撃使いのイメージがとにかく強いので、そこから連想すると『麻痺』とか、そういうものに通ずるスキルになりそうでしょうか?

想定される性能

 東方神霊廟の登場時、東方界隈のツクールブームも最盛期を過ぎており、既往の東方二次創作RPGにおいてもプレイアブル化作品はそこまで多くない部類です。特にボリュームのある作品は…。

 ただ、登場する際はほぼ間違いなく豪族組の誰か、或いは全員セットでの登場となっており、また性能も『雷を起こす程度の能力』を前面に押し出したものとなることが常です。

二次創作ゲーム・布都ちゃんの魔界探検記より。 雷攻撃の使い手

 中々RPGに映えさせにくい能力を持つ者も少なくない東方キャラの中、まんま市販のRPGに登場してもおかしくないような能力ですから、使わない手はないのでしょう。

 属性効果や麻痺効果などを持った技を持つキャラクターとして実装されるケースがほとんどであり、ロストワード的にもこの『雷属性』という所は見逃さなさそうです。

 ロストワードの属性システムは上のような感じで、ここに雷という属性が上手くハマるかは微妙な感じもしますが、まあ別のスキルシステムにせよ何にせよ、ここはきちんと反映させて来るでしょう。

 スペル演出的にもド派手に映えそうですし、特徴的なキャラクターにしやすそうなイメージはあります。

入手方法

 参戦未決定なので、現状では不明です。

 原作的には中ボスなので、そこまで高レアリティになりそうな印象はあまりありませんが…。

 続報あり次第追記します。

個人的な要望

 神子は書籍作品・小数点作品に出番が非常に多く、布都もここ最近の黄昏作品に出づっぱりで露出が多いのに対し、屠自古は公式の露出が少ないのが現状です。

 中ボスなので自機との会話も無しということで、 とにかく材料が少ない…。

 一応ロストワードは『公認』という立場ではあり、この言葉が付くだけで色々言われる可能性が非常に高まる中、材料の少ないキャラクターの人物像を独自に作り上げるには勇気も要るでしょうが、ここは恐れず、豪族三人共にしっかりと扱ってあげて欲しいです。

 グリモワールオブウサミでは『うらめしやー!』なんて茶目っ気も見せていた訳で、この辺からイメージを膨らませても良いですが、とにかく原作での出番の量には捉われず、『ロストワード流』の屠自古像を作り、2人と同等にしっかりシナリオにも絡ませて欲しいです。

 屠自古の場合、布都との関係性なんかは既往の同人作品なんかでも扱われがちな美味しいテーマで、この2人の間柄をどのように描いて来るかも個人的には興味津々です。

 どこまで行っても二次創作は二次創作、某先駆者ゲームが解釈違い云々で苦労している様子も見受けられますが、ここは日和らず、しっかりと出番を作ってキャラを立てて欲しいです。

屠自古の派生カードについて

 前述のように屠自古のスペルはたったの3枚、ロストワードオリジナルのスペルを考えて行かないと2枚目のカードを出すことすらままならないので、ここは中々出しにくそうです。

 ただ、『豪族乱舞』という三位一体の非常にゲーム映えしやすい美味しいスペルもあるので、この辺の扱いは非常に気になります。

 神子のスペルとして実装され、屠自古は演出として登場する程度になるかも分かりませんが、ひょっとすると将来的に『神子&布都&屠自古』みたいなカードが出る可能性も無くは無い…?

 ネタに困ったソーシャルゲームがこの手のコンビ・トリオみたいなカードを出すケースは世の中にありふれていますし、配信が長く続けばそんな未来もあるかもしれません。

ボイスについて

 1キャラクターについて『3種類のボイス+ボイス無し』から自由に選択出来ることが公式生放送で発表されています。

 面倒見の良い姉御肌、というのが一番共通しているファンのイメージ像でしょうが、やはりそういうイメージの声になりそう…?

 まあ、明確なイメージが先立つのはキャラビジュアルが公開されてからでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)