画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文
キャラクター情報

【東方ロストワード】レリック華扇(PHANTOM PAIN)について。評価・使い方など

 2024年2月7日開催の『不即不離の幻肢剣レリックおいのり』で初登場したキャラクターです。

 『3ターン』という実に長い期間、味方全体に『20%×残存霊力に応じた倍率』という前代未聞の補正を掛けられるキャラクターとして登場しました。

 基本的に深くブーストしたスペルを撃つのが基本となるこのゲームで『余剰霊力を維持し続ける』という行為がどこまで通用するかは何とも言えない所、最近はvs複霊でも『霊力効率ダウン』がデフォルト装備だし、中々厳しい環境ではあるものの、『ハマった時の強さ』は相当なものになるかもしれません。

 実際のダメージ補正がどのようなものかも初出の効果なので不明瞭、基礎性能の部分はしっかり最低限のものは持っているものの『特攻範囲・斬裂弾倍率』などは直近のレリック水準だとそう大したものはないので、やはりスキル3が要注目のキャラクターでしょう。

 『3ターン』という持続の長さは相当やってる感もあり、そこの効果の高さ次第では『霊力維持のしづらさ』という逆風も跳ね返す程のものがあるかもしれませんが、果たして…?

キャラクター評価

評価…9.5~10.0?

基本情報

拡散ショット・百獣撃

集中ショット・詠人不知

スペル1・非四天王奥義『三歩崩潰』(単体攻撃)

スペル2・秘賢者奇策『アポストルカウンシル』

ラストワード・『平安門橋事変 死禍閃』(全体攻撃)

最大ステータス

総合つよさ体力陽攻陰攻陽防陰防速力
7575

 総合つよさについて詳しくはこちら

式・気質

気質弱点属性得意属性
攻撃

能力・動物を導く程度の能力(消失)

 

スキル

スキル名レベル1効果レベル10効果

特性

特性名効果

連携・-

『レリック限定』キャラクター

 この華扇はMVプロジェクトが出典の『レリックおいのり限定キャラクター』であり、以下の特徴があります。

  • 指定のレリックおいのりでしか排出されず、天井が350連
  • 限界突破には『靈形代』が必要

 超フェス限以上に『入手しづらく育成もしづらい』というキャラクターになっているので、その点は注意です。

総合評価

 ※編集中

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    閑古鳥が鳴いてる

    ぷっぷくぷー

  2. 匿名 より:

    正味ドッカンの方でアクセスとか稼げるからこっちで攻略サイトする意味あんまないもんな…

  3. 匿名 より:

    終わる・・・ですか?

  4. 匿名 より:

    これきり更新されるのが最後となっても一つだけ伝えておければと思いますが、真偽不明のリークに加えて荒らしや誹謗中傷まがいの悪口が増える中での更新作業はやりがいどころか虚しさを覚えるばかりでさぞ大変だったことと思います。
    それでもこれまでロスワユーザーのために情報をまとめたり考察を噛み砕いて性能などわかりやすく解説して頂いたおかげでロスワをより楽しむことができたように思います。長文となりましたが有難うございました

  5. 匿名 より:

    過疎ってるね笑笑

  6. 匿名 より:

    画像の説明文
    キャラクター情報
    【東方ロストワード】レリック華扇(PHANTOM PAIN)について。評価・使い方など
    2024年2月7日

     2024年2月7日開催の『不即不離の幻肢剣レリックおいのり』で初登場したキャラクターです。

     『3ターン』という実に長い期間、味方全体に『20%×残存霊力に応じた倍率』という前代未聞の補正を掛けられるキャラクターとして登場しました。

     基本的に深くブーストしたスペルを撃つのが基本となるこのゲームで『余剰霊力を維持し続ける』という行為がどこまで通用するかは何とも言えない所、最近はvs複霊でも『霊力効率ダウン』がデフォルト装備だし、中々厳しい環境ではあるものの、『ハマった時の強さ』は相当なものになるかもしれません。

     実際のダメージ補正がどのようなものかも初出の効果なので不明瞭、基礎性能の部分はしっかり最低限のものは持っているものの『特攻範囲・斬裂弾倍率』などは直近のレリック水準だとそう大したものはないので、やはりスキル3が要注目のキャラクターでしょう。

     『3ターン』という持続の長さは相当やってる感もあり、そこの効果の高さ次第では『霊力維持のしづらさ』という逆風も跳ね返す程のものがあるかもしれませんが、果たして…?

    キャラクター評価

    評価…9.5~10.0?

    基本情報
    拡散ショット・百獣撃
    集中ショット・詠人不知
    スペル1・非四天王奥義『三歩崩潰』(単体攻撃)
    スペル2・秘賢者奇策『アポストルカウンシル』
    ラストワード・『平安門橋事変 死禍閃』(全体攻撃)

    最大ステータス
    総合つよさ 体力 陽攻 陰攻 陽防 陰防 速力
    7575
     総合つよさについて詳しくはこちら

    式・気質
    式 気質 弱点属性 得意属性
    攻撃
    能力・動物を導く程度の能力(消失)
     

    スキル
    スキル名 レベル1効果 レベル10効果
    特性
    特性名 効果
    連携・-
    『レリック限定』キャラクター

     この華扇はMVプロジェクトが出典の『レリックおいのり限定キャラクター』であり、以下の特徴があります。

    指定のレリックおいのりでしか排出されず、天井が350連
    限界突破には『靈形代』が必要
     超フェス限以上に『入手しづらく育成もしづらい』というキャラクターになっているので、その点は注意です。

    総合評価
     ※編集中

  7. 匿名 より:

    以前、荒らしがアルテマで大暴れしてた時にここの板で
    『ここの荒らしは3年以上「ロスワ、アルスノ、グラサマ、マブラヴ」の掲示板を荒らしている超悪質人間です』って
    ここの荒らしが「3年物特級呪物のオッサン」と呼ばれるようになる所以となった通報コメがあったけど

    「ロスワ、アルスノ、グラサマ、マブラヴ」
    これ全部グッドスマイルカンパニー/NextNinjaの作品だね
    ここの荒らし東方アンチというよりグッドスマイルカンパニー/NextNinjaアンチなんじゃない
    どうせ就活で門前払いくらったとかの逆恨みだろうケド(この人間性じゃどこ行っても不採用確実)

    そういやX(Twitter)でもグッドスマイルカンパニー/NextNinja作品に執拗に粘着してネガキャンしてる輩おったなw

    • 匿名 より:

      そんな共通点があったんか…
      確かに特級呪物野郎は毎日毎日朝昼晩関係なく暴れてたからおそらくニートって言われてたな…(就活失敗から?)
      ブルアカのwikiにまで波及した時もすぐ終息してブルアカを荒らす気は無さそうだったし

    • 匿名 より:

      例えばもしグッドスマイルカンパニー/NextNinjaがブルアカ関連のコンテンツ取り扱ったりしたら
      どうせコイツ平気で掌返しするんだろうな〜

    • 匿名 より:

      そのXでグッドスマイルカンパニー/NextNinja作品に張り付いてネガキャンしてるヤツってどうせまたコイツのこと言ってんだろ

      • 匿名 より:

        ちなみにそいつ以前はゲンリプ/アルカの方でもやらかしてたっぽいね
        「グッドスマイルカンパニー/NextNinja」のアンチってのは確かだろうけど、これだけやってれば実際に東方も嫌いなんだろう
        まさに「ソシャゲ界隈の面汚し」だね
        【画像のそーす】5ch.掲示板 東方幻想エクリプス★21
        https://egg.5ch.net/test/read.cgi/applism/1702467837//?v=pc

  8. 匿名 より:

    もしかしてもう誰もいなくなっちゃった?
    好きなサイトだったから面白半分に落書きしに来る奴らすらいない完全な廃墟になっちゃったの正直悲しい

  9. 匿名 より:

    AIは近年、急速に進化しており、私たちの日常生活やビジネスに大きな影響を与えています。以下に、人工知能に関するいくつかの観点を掘り下げてみましょう。
    AIの進歩と可能性:
    AIは、機械学習やディープラーニングなどの技術を用いて、データからパターンを学習し、問題を解決する能力を持ちます。これにより、自動運転、自然言語処理、画像認識、医療診断などの分野で大きな進歩がありました。
    生成AI(ジェネレーティブAI)も注目されており、文章や画像、音楽などを生成する能力を持っています。ChatGPTなどのモデルは、ユーザーとの対話を通じて自然な文章を生成することができます。
    AIの課題と懸念:
    バイアス: AIはトレーニングデータから学習するため、偏見や差別的な意見を持ち込むことがあります。適切なデータセットとアルゴリズムの選択が重要です。
    倫理的問題: AIが人々の生活に影響を与える場合、倫理的な観点からの議論が必要です。例えば、自動運転車の事故時の選択肢やプライバシーの問題などです。
    AIと雇用:
    AIは一部の仕事を自動化する可能性がありますが、同時に新たな仕事を生み出すこともあります。人間とAIの協調が求められています。
    AIによって仕事が変わることは避けられないため、スキルのアップデートやリスキリングが重要です。
    AIの未来への展望:
    AIは今後も進化し続け、私たちの生活を変えていくでしょう。人間とAIが共存し、相互補完的な関係を築ることが求められています。
    経済産業省もAIに期待を寄せており、生成AI時代のDX推進に必要な人材・スキルについての考え方を公表しています。AIは私たちの未来を刷新する力を持っている一方で、慎重な議論と適切な対応が求められていることを忘れないでください。

  10. 匿名 より:

    ちんちん

  11. 匿名 より:

    荒らしくんニュースになっとんで
    https://www.bengo4.com/c_23/n_17438/

    • 匿名 より:

      どうせ連投して流しやがるだろうからそれを何回でもおっさんに見せつけてやれ。

    • 匿名 より:

      記事見た、記事の奴は衝動的に2日を費やしたとあるけどココの荒らしはロスワだけで数ヶ月、他も含めると3年だっけ?それだけ続けて遂に◯害予告までやりやがったからな、訴えられない理由が無いわな
      無敵の人は自分は大丈夫だと思ってるだろうが

      • 匿名 より:

        俺は思うよ。彼らはむしろ罰せられたがっている。本当は糾弾されたいんだよ。だから目立とうとする。
        さながらロイコクロリディウムのように。
        ここや他に書かれた文章は、まるで彼の悲鳴だよ。ゆっくりと真綿で締められるような拷問に悶える悲鳴。
        だがとても救えないがな。
        悲鳴というより断末魔か。死ぬまで続く恐ろしく長い長い断末魔。

        • 匿名 より:

          本人の願望とか関わらず周りに迷惑かけてることに変わりない
          自爆テロと同じでクソはクソ

  12. 匿名 より:

    平日の真昼間からおよそ2時間くらい絶え間なくコピペ連投ポチポチ
    震えるほど圧倒的暇人さすが社不
    最近はもう開き直って隠そうともしないね、大好きな八神太一リスペクトでもしてるんか?

    • 匿名 より:

      最初の投稿(10:54AM)から次の投稿(11:50AM)までは開きがあるけど、その次(11:53AM)が急に短いのって
      最初は1時間おきペースで投稿して見栄張って体裁取り繕うつもりだったけど、もう次で隠蔽工作するのが面倒くさくなったんだろうなぁ

  13. 匿名 より:

    荒らしをする君へ。

    もともといたコミュティである仮想空間を荒らして君は得たものはあるのだろうか。

    君はそのコミュニティにどのような気持ちで参加していたのであろうか。

    君がそのコミュニティを破壊することで、居場所を失った人は何人いたのであろうか。

    君は、万能感をこれにより持ってしまったのであろうか。

    君の怒りは治ったのであろうか。

    君は今幸せか。

    周りに心配してくれる人はいるか。

    君が何歳かを、僕は知らない。

    でも僕が知っていること、それを伝えるならば、破壊は何も産まないんだ。

    君の悲しみは、どのようなものであるかは僕はわからない。
    でも悲しみを抱えた人こそ、人に優しくなれるはずだ。

    新しい生き方をされることを心から願っています。

  14. 匿名 より:

    今日から九州で事務所の合宿。K-POPダンサーを目指す私は事務所が出してくれた交通費で行く。 長距離バスの利用は初めてだったけど、インターネットで事前に調べた甲斐あってなんの問題もなく乗ることができた。私たちが乗るバスは4列だ。 バスが発車する時間になるけど、バスはなかなか発車しない。しばらくすると小太りのおじさんが「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」とぶつぶつ独り言を言いながらバスに乗り込んできて、私の前の席に座った。このおじさん、どこかで見たことがある気がする。 それからバスがやっと発車したけれど、しばらくしたらバスの中にハンバーガーの臭いがするとともにズゴズゴという音が鳴り響く。見ると前に座っているおじさんがハンバーガーを食べていた。おじさんの隣に座るお姉さんがあからさまに嫌そうな顔をしているのが私にも感じ取れる。 しばらくするとバスは海老名のSAに着いた。私はそこでトイレを済ませた後、ハンバーガーの臭いが残るバスに戻った。 バスがまた走り出した直後、前でおじさんが突然椅子をガタガタしはじめて… 「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    おじさんにとてつもない恐怖を覚えた束の間、さっきトイレに行ったばかりにも関わらず私に凄まじい便意とかつてない尿意が降りかかった。 「もぉダメェ!!我慢できないぃぃ!!漏れるぅぅぅぅぅ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    齢十四になる少女の奇声が福岡行きのバスの中でこだました。

  15. 匿名 より:

    私は湊アサヒ。今日は家族みんなで高速バスで日帰り旅行!
    本当ならツルちゃんとも一緒に行きたかったんだけど、ツルちゃんと一緒に行くのにイサ兄が怒って猛反対しちゃったので、仕方なく家族だけで行くことになりました。 時間通り私たちはバスに乗り込みました。私たちが乗るバスは4列です。
    「ツルちゃんとも一緒に行きたかったな。」と思いながらバスの発車を待つけど、バスは中々発車しません。 どうやら私の隣に座るはずのお客さんが一人遅れているみたいです。
    しばらくすると小太りのおじさんがノロノロとやってきました。 おじさんは「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」とぶつぶつ独り言を言いながらバスの後ろへ歩いて行き、隣に座りました。
    その後バスが遅れて発車しましたが、隣からちょっと変な臭いがしてきました。隣を見ると小太りのおじさんがハンバーガーを食べていました。前の席に座っているお兄ちゃんたちが呆れているのを聞いて、「アメちゃんかたい焼きあげればよかったかな。」って考えていると、バスは海老名のSAに着きました。私はSAでツルちゃんへのお土産を買うと、ハンバーガーの臭いがちょっと残るバスへと戻りました。
    バスがまた走り出したその瞬間、隣で小太りのおじさんが突然椅子をガタガタしはじめて…
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    さっきのSAでトイレに行っておけばよかったのに!これじゃみんなハッピーじゃありません!!

  16. 匿名 より:

    地球外生命体のエボルトだ。
    万丈が新しい遺伝子を、戦兎がロストスマッシュの成分を浄化できる能力をそれぞれ手に入れて面白いことになってきたが、難波やヘルブロスを始末して仮面ライダー共を圧倒できる存在が俺と内海しかいない今戦うことに少々飽きることもある。そこで俺は気分転換にとかつて俺と手を組んでいた御堂が治めていた西都に行こうと思い、西都行きの高速バスに乗ることになった。
    最初は瞬間移動で済まそうかとも思ったんだが、これではやや味気ない。そこで俺はたまには安い高速バスでも使ってみようかと思ったわけよ。時間通り俺はバスに乗り込んだ。俺が乗るバスは4列だ。
    バスの発車を待つが、バスは中々発車しない。どうやら乗客が一人遅れているようだ。
    たしか前に戦兎が俺に関する話を聞きに鍋島を訪ねるべく西都に行った時、同じようなことがあったなぁと思いながら待っていると小太りの男がノロノロとやってきたよ。そいつは悪びれるどころか「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」とぶつぶつ呟きながらバスの後方へ歩いて行った。
    あいつは確か万丈を弁護した弁護士だったな。世間はお前を無能とか言っているようだが、万丈に人体実験をするきっかけを作ってくれたことは感謝しているよ。
    その後バスが遅れて発車すると、後ろから安っぽい臭いがしてきた。振り返ってみるとやっぱりだ。あの弁護士がガツガツとジャンクフードを食っていたよ。
    「いつかこの星が俺に喰われる時も、こいつは呑気にバスの中でジャンクフードを食ってるんだろうなぁ。」と俺が鼻で笑っているとバスは海老名のSAに着いた。俺は初めて訪れるこのSAがどういうところなのか見て回ると、再び異臭が残るバスへと戻る。あぁあの弁護士は呑気に食べ歩きをしていて相変わらずバスの出発には遅れて戻ってきたよ。
    まだまだ道のりは長い。そこで俺は御堂も難波もいない西都が今どうなっているのか考えることにした。
    しかしその瞬間、後ろであの弁護士の叫び声が聞こえてきた。
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    これだから人間は面白い!

  17. 匿名 より:

    私、野乃はな!さあや・ほまれ・えみる・ルールーと一緒にプリキュア、頑張ってるよ!
    今日はツインラブの九州での初ライブに行くから、みんなで博多行きの高速バスに乗ることになったの。本当ならえみるの家のプライベートジェットで行きたかったんだけど、あいにくプライベートジェットの整備の日と重なっちゃって、新幹線のチケットも取れなかったから、節約も兼ねて高速バスを使うことになったんだ。
    みんなでバスの発車を待つけど、バスがなかなか発車しないんだ。なんだか私の隣に座るはずのお客さんが一人遅れているみたい。
    待っていると弁護士のバッジをつけた小太りのおじさんがノロノロと歩いてやってきたんだ。おじさんは悪びれるどころか「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」とぶつぶつ呟きながらバスの後ろへ歩いて行って、私の隣の席に座ったんだ。
    冷ややかな目線を注がれるおじさんに転校する前の私が重なった。このおじさんも前に辛いことがあったのかな?フレ、フレ、おじさん!
    その後バスが遅れて発車したけど、隣からなんか匂いがしてきた。隣を見るとおじさんがガツガツとハンバーガーを食べていたんだ。
    「なんだかお腹空いちゃったな」と思っているとバスは海老名のSAに着いた。私はSAのトイレではぐたんのおむつを替えた後、またバスに戻ったんだ。
    まだ道のりは長い。私はえみるとルールーが出会ってからのことをいろいろ思い出してみた。
    でもその瞬間、隣でおじさんが突然大声で叫び出したの!
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    めちょっく〜!

  18. 匿名 より:

    この本によれば、我が魔王こと普通の高校生常磐ソウゴは、生まれながらにして時の王者オーマジオウとなる運命が待っていた。
    そんな我が魔王は、ゲイツ君・ツクヨミ君とともに、あるアナザーライダーに関する事件を調べに九州へ行くこととなった。
    バスの発車を待つ我が魔王。しかしバスは中々発車しない。どうやら乗客が一人遅れていたようだ。
    我が魔王とゲイツ君がやれやれと思いながら待っていると、小太りの弁護士の男がノロノロと歩いてやってきた。ソイツは悪びれるどころか「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」とぶつぶつ呟きながらバスの後方へ歩いて行き、ツクヨミ君の隣の席に座った。
    小太りの弁護士の男から発される禍々しい雰囲気にツクヨミ君が顔を歪めたのも束の間、バスは遅れて発車した。すると、小太りの弁護士の男がガツガツと「ジャンクフード」と呼ばれる食べ物を食べ始めた。
    小太りの弁護士の男の愚行とバスに漂う異臭にツクヨミ君が顔をしかめ、我が魔王が呆れていると、バスは海老名のSAにたどり着いた。我が魔王はSAでトイレを済ませ、ゲイツ君・ツクヨミ君・それに我が魔王の叔父常磐順一郎への土産物を買うと、異臭が残るバスへ戻った。
    バスが目的地の九州へ向け出発したのも束の間、ツクヨミ君の隣に座っている小太りの弁護士の男が突然椅子をガタガタ…

    おっと。ここから先はまだ皆さんには未来のお話。

  19. 匿名 より:

    仮面ライダービルドにして、てぇぇんさい物理学者の桐生戦兎は、スタークに関する話を聞きに鍋島に会うため西都行きの高速バスに乗ることになった。
    本当なら紗羽さんの運転する船で行きたかったんだけど、美空をNascitaに一人だけにするのは危ないし、そもそも東都と北都の戦争で密航がかなり厳しくなっているから、仕方なく俺一人で高速バスを使うことになった。時間通り俺はバスに乗り込んだ。俺が乗るバスは4列だ。
    バスの発車を待つけど、バスは中々発車しない、なんだか万丈のようにバカな乗客が一人遅れているみたい。
    やれやれと思いながら待っていると小太りの男がノロノロやってきた。ソイツは悪びれるどころか「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」とぶつぶつ呟きながらバス後方へ歩いて行った。
    アイツが万丈を弁護した弁護士なのか?道理で冤罪が晴らせなかった訳だ。
    その後バスが遅れて発車したけど、後ろから安っぽい臭いがしてきた。振り返るとあの弁護士がまるで万丈のようにガツガツとジャンクフードを食べていた。
    「さすがは万丈を弁護した弁護士だな」と俺が呆れているとバスは海老名のSAにたどり着いた。俺はSAで美空と万丈、紗羽さんへのお土産を探し、再び異臭が残るバスへと戻る。
    まだ道のりは長い。そこで俺は西都でどんなフルボトルに巡り会えるか考えることにした。
    しかしその瞬間、後ろであの弁護士の叫び声が響いてきた。
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!)

    最悪だ。

  20. 匿名 より:

    明日は九州でAppleの知り合いとランチ。本来ならファーストクラスで行きたい所だが、自分の金で行く姿をSNSにアップすれば女の子からいいねがもらえるかもしれない。そのため安上がりな長距離バスにした。
    僕はApple Watchで時間通りにバス停へ着いたことを確認しバスに乗った。車内に誰か知り合いがいるか見渡したが誰もいない。
    わかっていたことではあるが、僕がもともと乗りたかったファーストクラスに比べれば乗客の平均は圧倒的に低い。
    それでも僕が長距離バスを選んだ理由は、数%のぶっとんだ人間が、ファーストクラスとは比べ物にならないからだ。 だから俺は、その数%の人間としかちゃんと付き合いはしません。
    とすると突然、小太りでいかにもオタクという風貌の男が遅れて乗ってくる。
    きっとロクな大学出身じゃないんだろう。彼が向けられている視線に周りからからかわれた時のことを思い出す。「自分は灘卒だ、あの男とは違う」そう思いこみ、嫌な気分をかき消した。
    僕が乗る長距離バスは4列だ。値段で選んだのは失敗だった。ダルビッシュ選手と身長体重が同じ僕だと狭いシートに尻が痛む。
    到着するまでMacBookを開こうかと思ったがあの小太りの男が隣の若い女の子をチラチラ見ている。
    チャラい感じの男大っ嫌いだわもう。女の子に話しかけんなクソが。できることなら僕が女の子の隣に座って話を聞いてあげたい。
    小腹が空いた僕はバスに乗る前に買ったフレッシュネスバーガーを食べることにした。ガサゴソと包装紙からハンバーガーを取り出し口いっぱいにほおばる。
    たまらない。 前日にGoogleの知り合いと呑みに行ったことと車内が乾燥してるせいもあってブルーボトルコーヒーはあっという間に空になった。
    しばらくするとバスは海老名SAで休憩についた。今度こそはと思った僕はスターバックスでMacBookを開きももクロのライブ動画を見る。
    あのバスの乗客の中でSFCに通っていてアイドルにも詳しいなんて人は僕以外にはいないだろうなと思うと最高の優越感だ。
    再びバスに乗り、目的地の九州へ向け出発したのも束の間、凄まじい便意とかつてない尿意が僕に降りかかった。
    もし粗相をしたらネットでまた炎上してしまう、そう思った瞬間 「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」
    その時、僕が心の底にしまい込んだからかわれた時の記憶が蘇る。ダブルアナルと呼ばれたあの時の記憶が。

    (ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!「あー!漏らしちゃった…ウワァァァ…マアァァァ…うぁー!漏らしたァー!」SFCが生んだ2人の奇声が福岡行きのバスの中でこだました。

  21. 匿名 より:

    明日は九州で上流階級の社交パーティですわ。フェリス女学院を卒業し、お父様・お母様からの自立を目指すわたくしは自分で交通費を出しますの。わたくしは節約も兼ねて長距離バスを利用して行くことにいたしましたわ。
    バスに乗り、しばらく待っていましたがバスはなかなか発車いたしませんの。どうやらおひとり遅れておられるようですわ。
    発車時間をゆうに30分は過ぎたころ、大柄な殿方がいらしてわたくしの前の席にお座りになったかと思うと、
    「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」などとお呟きになられておられましたわ。
    このような殿方とご一緒のバスとは気が滅入りますわよ。わたくしの乗る長距離バスは4列。お値段で選んだのは失敗でしたわ。
    バスが出発してしばらくすると、先ほどの殿方が紙袋を取り出し、わたくしが普段口にしているフランスパンとは比較にならないひどく下品なパンを口にし始めましたわ。
    その召し上がり方もはしたないもので、咀嚼の音やお飲み物を啜る音が車内いっぱいに響いておりましたわ。
    わたくしのようなお嬢様の家柄に生まれ育った者としてはとても考えられない食事マナーですの。きっとこの殿方はひどい家柄に生まれ育ったのでしょう。
    そんなことを考えていると、バスは海老名SAにお着きになりましたわ。お花摘みを済ましバスに戻ると、また先ほどの殿方は遅れているようでしたわ。
    目的地の九州へ向けてバスが出発したのも束の間、前の殿方が椅子をガクガクと揺らすと急に叫び遊ばされましたの。
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    わたくしの人生史上最低の殿方の奇声が福岡行きのバスの中でこだまいたしましたわ。

  22. 匿名 より:

    明日はトリトリ島^田ちゃんの側近の裁判。日立を退職し、新しい仕事に満身中当方は、裕福層のトリトリ島^田に会わないように長距離バスを利用して行くことにした。
    だがその選択は間違いだった。バスに乗車すると、なんと目の前にハセカラポロニスシマダケーのけんまオタクがメガ電龍とコネクションしているではないか。
    これだから島^田や戦、金の被害者面する物言いにはいつもへきへきする。
    ポロケー民の前に座った遅れてきたデブを縦目に、(当方は教育コンサルタントだ、あいつとはちがう)ポロケー民の張り付いている掲示板を精霊潔白にガイジ島^田の中傷をしながら埋め立てているが、こちらが追い詰められてしまう。
    そのうえ海老名でマックのバンバガーを買うつもりでいたのに、いつの間にかバスはサーブスエリヤを出てしまった、しかし当方はある作戦をRock onする。
    バスに居るハセポロ痛い目な若者民のことを、バスの乗客にマイクカラオケで伝えればいいのだ。
    そしたらハセカラ民はフルボコにされるナリねwあんなかんじにされろ!!奴を滅殺せよ!そう息り勃って隣の淫キャキモヲタブログ管理人もどき管理人を突き飛ばしてマイクを握った瞬間、
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    いきなりのことにせんくりし、
    「もぉダメェ!!我慢できないへき!!漏れちゃうへきィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    【悲報】ハセカラガ^イジ、バスで脱糞する

  23. 匿名 より:

    明日は始めて九州で頑張る

    こんにちは\(・o・)/☺️☀️
    私は、コムデ・ギャルソンから独立し、コムデ・ギャルソンからの自立を目指すのは❓私が行った仕事で稼いで出す交通費です私は、長距離バスを節約するのが利用することは良いと感じます。でも、東急バスが長距離高速バス利用は違うのと乗ったことがわからないのが遅刻の原因です長距離バスの皆さん、冷ややかな目で見ないでください
    でも、私より後に弁護士の人が私より後に来ることはきっと大遅刻ですそれは、「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」と言っていました。弁護士、俺はそんなことしないぞ❓いい加減に二度と早く来て下さい。
    私が、初めて乗る長距離バスが4列なのは値段で選んで大失敗ですシートは広いのが良いと感じます 私は、到着するまで寝ようと思いましたが隣が若い女性というのは緊張します❓エッチセックスしてくれませんかなぁ❓
    そして、緊張をほぐすのがタバコは最適と思います✨バス乗る前に買ったタバコが火につけましたが煙で充満する車内ですきっと嬉しく感じますタバコを出す時は、包装紙がガサゴソと音がしました❤️ヤニが濃かったのがバスが狭いストレスのとあっという間に空になった20本入りのタバコです
    しばらくするとバスが始めて海老名サービスエリアで休憩につきました海老名のサービスエリアには、いろんな店があり私が時間を忘れて食べ歩きしようとする前誰が食べ歩きしましたかなぁ❓全て、食べられていました二度と人に分けて下さい。
    そして、バスに乗るとバスは目的地の九州はとても遠く感じます。また、海老名サービスエリアで買ったタバコを吸うのが良いと思ったら「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」
    こら❓弁護士、貴様失禁したなぁ❓ブリリ、ブリュと音はしました恐ろしいよ❓

  24. 匿名 より:

    私は働きアリ。
    人間のつけた分類ではクロヤマアリとかいうらしい。
    今日は餌を探しているときにバスという人間の乗り物に入ってしまった。
    すぐに降りなければと思っていたところに太った人間が乗り込んできた。
    そいつの足が邪魔をしたせいで降りることができず、バスは私を乗せて出発してしまった。
    絶望だ。フェロモンを辿って巣に帰ることもできないのでこのまま野垂れ死にするのを待つだけとなってしまった。
    絶望ついでに太った男、コイツはとにかく臭い。乗り込む時に「自分は弁護士だ」などと呟いていたが弁護士とは臭い人を意味する言葉なのか?
    こんな臭いところで死にたくない。太った男の席を離れると、若い男の席の下に着いた。ここなら死ぬのに悪くない場所かもしれない。
    そう思っていると、突然その若い男は私を摘みあげて言った。
    「蟻を食うのは小学生以来ンゴねぇ。」私を食べる気なのか?止めてくれ!生を諦めていたはずの自分にも死の恐怖があったとは驚きだ。
    歯で噛まれる瞬間、私は卵から生まれ、サナギから出てきたこれまでの一生を思い出した。これが走馬灯というのだろうか。
    ―プチッ「美味しいンゴ。」
    これからこのバスで響き渡る太った男の叫びを耳にすることなく、その小さな命は儚く消えた。

  25. 匿名 より:

    俺はクロ(有罪)をシロ(無罪)に変えることができるスーパー弁護士、北岡秀一。全国各地から引く手あまたの俺は依頼人のとこに行く為に高速バスに乗ることになったのよ。
    本当ならファーストクラスの飛行機で行きたいんだけど、モンスターが出たら危ないのと、同じ理由で新幹線にも乗れないから、仕方なく高速バスを使うことになった訳。時間通り俺はバスに乗り込んだ。俺が乗るバスは4列だ。
    「こういうゴチャゴチャした乗り物は好きじゃない。 」そう思いながらバスの発車を待つけど、バスは中々発車しない、なんだか城戸真司並にバカな乗客が一人遅れているみたい。
    「こんなことなら秘書のゴロちゃんに運転してもらえば良かったな」と思いながら待っていると小太りの男がノロノロやってきた。ソイツは悪びれるどころか「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」とぶつぶつ呟きながらバス後方へ歩いて行った。
    たしかアイツ、一審で浅倉の弁護を担当した弁護士だな。そん時死刑判決下りてたから、俺が懲役10年まで減刑させるの、苦労したよ。
    その後バスが遅れて発車したけど、後ろから安っぽい臭いがしてきた。振り返るとあの弁護士がガツガツとジャンクフードを食っていた。
    「俺が100点だとしたらアイツは0点、いやマイナスかな」俺が呆れているとバスは海老名のSAにたどり着いた。俺は病気の症状を抑えるためSAで薬を飲んだ後、再び異臭が残るバスへと戻る。
    まだ道のりは長い、気分転換にカッコいい写真うつりの練習にと右斜め45度で窓にポーズを決める。
    しかしその瞬間、後方であの弁護士の叫び声が響いてきた。
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    俺が見てきた中で、一番最悪なモンスターだったよ。

  26. 匿名 より:

    合戦でこの世を離れて幾許経つだろうか。気が付いたら天上人のような格好をした男の後ろに立っていた。 どうやら仏様に守護霊として遣わされたらしい。しかし俺が護るこの男、太り過ぎだ。こんな奴は戦ですぐおっ死んじまうだろうな。 守護霊としての仕事は案内人みたいなもんだ。霊としての現世の勝手は俺にも分からぬが、導きはどうやら出来るようになっている。不思議なもんだ。 この日も、俺が看ているこの男は迷い上げた。牛要らずの動く箱に乗るだけのことを俺が随分と骨を折った。俺の方がこの時代でじゃないかと生きていけると錯覚するぐれえだ。 ブツブツと独り言を言っちまってるが、それは俺にも周りの人間にも向けられてない。しかし、この箱の乗物ってのは便利だ。何人もの人様が中に入って、しかも動いてる。 その中でも、俺が憑いてる男は浮いていた。隣の女子が明らかに嫌な顔をしているのに、おもむろに臭い飯を取り出し汚え食い方してやがる。作法がなっちゃいねえ。 俺は腹は空かないように出来ているが、匂いや暖かさ冷たさは分かる。この箱の中は冷てえ。おそらく駅家だろう。箱は止まり、ちょいとばかしの暇みてえだ。 俺は男から離れられないからついていく。ところがこの男がまた飯を食らう食らう。戦もねえのに何俵食うんだ。次第に苛立った俺は頃合いを見て、こいつの頭を叩き戻るようぶっ叩いた。 そしたら男は何やら腕の方の数珠みたいなのを見て慌てて戻ってった。 再び箱の中に戻り椅子に腰掛ける。しかし、鉄砲の弾も出ねえぐらいの時間が経ったうちに男の様子がおかしくなった。顔が青く、馬のように震えてる。何事だと俺が見当もつかないうちに男は叫び声を上げた。 「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    俺が生きていた時に居た戦場ですら聞いたことのない叫び声がこだました。

  27. 匿名 より:

    明日は九州でひかりの輪の講演会。信者から月会費をもらっていることもあり自分で交通費を出す。私は節約も兼ねて長距離バスを利用して行くことにした。 高速バスは滅多に使わないので、遅れてはいけないと思い早めに家を出てなんとか発車時刻十数分前にバスに搭乗できたが、発車時刻になってもバスが発車しない。どうやら一人遅れているようだ。しばらくすると大柄な男がやってきた。 遅刻した上にそんな堂々とした態度、社会人としてどうなんだと思いつつその男に冷ややかな視線を送っていたら、「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」と呟き出した。 何が弁護士だ。司法を扱っているくせに社会のルールも守れないのか。しかしそれを言ったら奴と同レベル。私はすぐに口を一文字に閉じた。 私が乗る長距離バスは4列だ。値段で選んだのは失敗だった。狭いシートに尻が痛む。 到着するまで原稿でも読んで時間をつぶそうかと思っていたが、前からとてつもない異臭がしてきた。先ほどのあの男がマックを食べているようだ。 ガサゴソと包装紙からメガマックを取り出し口いっぱいにほおばっているのが簡単に想像できるくらいニチャニチャと音を立てて噛んで、ズコズコと音を立てながらジュースを飲んでいる。 私はあんまゴチャゴチャ注意したくないんですよ、不快なのは他のお客さん見ればわかるでしょ!? しばらくするとバスは海老名SAで休憩についた。私はあの男のことを忘れ、水を購入し、新鮮な空気を吸い、リフレッシュすることにした。 再びバスに乗ったが奴はまた堂々と遅刻してきた。かつて私が慕っていたあの男並みに図々しい奴だ。呆れて物も言えなくなっていた。 バスは目的地の九州へ向けバスは出発したのも束の間、前の方からガタガタと席が揺れるような音がした。またしてもあの男か。もう我慢できない。ひかりの輪の代表として、一社会人として男を注意しに座席まで行こうとした瞬間、 「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    私の人生で2番目に最低の男の奇声が福岡行きのバスの中でこだました。

  28. 匿名 より:

    明日は九州で望月似の姉の結婚式。旭川空港から羽田までは飛行機で行き、時間に余裕があったので一通り東京見物を終えた自分は、
    フリーターで稼ぎが少ないのもあり、長距離バスを利用して九州まで向かう。
    「都心」近くは北海道とは何もかもが違い、多少戸惑ってしまったが、兎にも角にも、時間通りにバスに乗ることが出来て良かったなぁ、と。
    たが、どうやら一人遅れている人間がいるらしく、中々バスは発車しない。正直、時間を守れないというのは”社会人”としてどうかと思うのですよ。マジで。
    ようやく来たかと思うと、見るからにキモイ在日のような醜いデブが何やら悪びれる様子も無く何かを呟きながら、後ろに居る嫁にしたいレベルの可愛い娘の横に座った。 もしこれを某総帥が見たら、人類粛清を決意するだろうなー。
    自分の乗った高速バスは4列だった。正直、値段だけでバスを選んだのは失敗だったなぁ、と。
    兎にも角にも、到着まで東京で買った同人小説でも見て時間を潰そうかな、と思ったが、後ろの席から来る『異臭』が気になって集中出来ない。
    どうすればいいの…と困惑しつつ、しばらく耐え忍ぶと、バスは海老名SAで休憩についた。
    自分は寿司を二皿食べて小腹を満たし、新鮮な空気を吸って気分転換をしてから再びバスに乗り込んだ。
    予想はしていたが、在日デブはまた遅刻していた。兎にも角にもこれ以上何か起こらないか心配だ、と思ったのも束の間、後ろから激しい”揺れ”と”叫び声”が聞こえてきた。
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    だれか たすけて

  29. 匿名 より:

    明日は九州で同期の送別会。憲法講師で立派に稼いだ当方は自分で交通費を出す。当方は節約も兼ねて長距離バスを利用して行くことにした。
    うー、気分が悪い。遅刻する奴がいるらしい。マナーがなってないな。そんなことを考えているといかにも人生を楽してそうな肥えたデブが乗ってきた。
    こんな精神障害者一匹のために当方が待つ必要があったのか?懐石料理修伯を思い出す。搭乗するさいに冷ややかな目で睨んでやった。
    「当方は弁護士だ、こいつとは違う」そう思い嫌な気分をかき消した。当方が乗る長距離バスは4列だ。値段で選んだのは失敗だった。狭いシートに尻が痛む。
    到着するまで寝ようと思ったが隣がババアということもありイラついて寝られなかった。老い先短いのだから早く灰になれ。存在するだけでとても迷惑。 南無阿弥陀仏。
    最低の気分だったが、取り消そう。ここからが本当の意味で最低だった。さっきの肥やしが在ろう事か車内でマクドの包みを広げていたのだ。
    「メガマックを取り出し口いっぱいにほおばる。たまらない。 」
    肥やしはまだブツブツと呟いている。重複だぞ。「頬張る」という言葉は「口いっぱいに」という意味を含む。つまりこの男の言っていることは「口いっぱいに口にいっぱい物を詰める」という意味不明なことを言っていることになる。アタマわいとるんか。
    しばらくするとバスは海老名SAで休憩についた。休憩なんか必要ないやろ。九州に行きたくて金を出しているのだから一刻でも早く到着するよう心掛けろ。当方は偽善に辟易する。「客のため」ではなく「運転手が休みたいから」とはっきり言ったらどうだ。
    再びバスは動き出し、目的地の九州へ向け出発したのも束の間、あの肥やしがまたひと騒ぎ起こしそうだ。
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    えげつな。このバスは福岡行きだ。これからは無人島行きに乗ってくれ。アホ、ボケ!

  30. 匿名 より:

    俺は女子小学生用パンツ、この世に誕生した時から女子小学生の秘密の花園を守るという重大な使命を帯びている下着界のエリート、生まれながらの勝ち組さ。
    ただ、世の中には数奇なことってあるもんで俺を買ってったのは、なんとJSではなく、太った男だったわけだ。
    正直俺はかなり不満だったが、セラヴィ、これも運命だと諦めた。
    ある日、いつものように俺は初深夜バス乗車の太った男の下半身を守ってたわけだが、あいつサービスエリアから戻ってきてからどうもおかしい。
    黄色い冷や汗がだくだくと溢れ、汚くて仕方が無い。ケツからは謎の有毒ガスが溢れ出ている。そうこうしているうちに、男はやらかした。
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    多分俺はこの世に現存した下着の中で最も不幸だったと思うね。

  31. 匿名 より:

    思えばあれから様々な事があった。気持ち悪い顔の大学生の依頼を受けたばかりに大炎上、誹謗中傷や殺害予告を受け、曲が作られ、何か発言するたびにわけのわからない指摘をされ、本業も壊滅的。
    一体どこだ。バラ色だったはずの人生が狂い始めたのはどこだ。記憶を辿り考える。そして、悪魔に魂を売り渡し、二度と元の時代に戻れないことを条件に、あの日まで時代を遡った。
    2012年3月18日、バスターミナル。中々発車しないバスに乗客が苛立つのが手に取るようにわかる。そんな中、バスに近付く男の影。能天気にカバンを抱えてやってきた太った男。
    来た、当職だ。碌に社会勉強もせず事務所を飛び出し、節約もかねてなどと余計な考えを起こして深夜バスに乗り込んだ2年前の当職。聴き慣れた声に乗せて、あのセリフが聞こえてくる。
    「自分は弁護士だ、こいつらとは違う。」何が弁護士だ。お前はこれから2年間、2ちゃんのゴミ共に付きまとわれ続けるんだぞ。法政二中のあの時のように、立場を知らないゴミ共に。
    そしてバスが走る。すると、やはり聞こえてきた紙袋を漁る音。直後に漂うジャンクフードの香り、わかっていてもたまらない。今改めて第三者として見ると確かに迷惑極まりない行動だ。予め持ってきたカレーを食べてやりすごす。
    バスはサービスエリアに到着。今だ。当職がここに来た目的、それはサービスエリアで食べ歩きに興じる2年前の当職と入れ替わり、あの日の惨劇を回避することだ。そしてあのクソガキの依頼を断り、人生の軌道を戻すのである。
    目の前で五食目を頬張りはじめた男の肩を掴んで倒し、素早く手を後ろに縛る。そしてサービスエリア内のトイレに閉じ込めた。お前はそこで一生脱糞してろ。当職がこれからを生きるんだ。
    バスはトイレ内の2年前の当職を残して出発。完璧だ。一世一代の偉業を成し遂げた達成感に包まれる。しかしほっとしたのも束の間、当職の腹部に異変が起きた。食後に激しい動きをしたためか、腸内がめまぐるしく蠕動する。
    このままでは当職がここに来た意味がなくなってしまう。お願いだ!静まってくれ!当職は生まれて初めて主に心からの祈りを捧げた。
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    齢三十六にもなる男の奇声が福岡行きのバスの中でこだました。

  32. 匿名 より:

    明日は九州で同期の送別会。坂本事務所から独立し、父からの自立を目指す当職は自分で交通費を出す。当職は節約も兼ねて長距離バスを利用して行くことにした。
    長距離バスの利用は初めてだったのでバス乗り場がわからず大遅刻、バスは無情にも時間通りに出発してしまった。
    置いてけぼりになったのである。仕方なく、車内で食べようと買っておいたマックを貪ることにした。完食して少しすると便意が襲ってきたため、バスターミナルのトイレを拝借した。
    しかし、先客がいて鍵がかかっている。
    「当職は弁護士ナリ」という脅し文句を使ってみたが効果はない、万事休すである。
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    齢三十四にもなる男の奇声がバスターミナルの中でこだました。

  33. 匿名 より:

    私に名は無い。かつてこの世界を創造した者。人類が造物主あるいは神と呼ぶ存在である。
    今宵も天の高みからそっと地上を見下ろしていると、私はとある島国の中にひとりの奇妙な男を見つけた。
    人類は自らを神の模造物と表現したが、成程、その男はまさに私と瓜二つの姿をしている。興味を持った私は男の様子をしばし見守ることにした。
    特異なのは容姿だけではなかった。他者を省みない勝手さ。地位にあぐらをかいた横柄さ。とどまる所の知れない食欲。まるで私の造った人類の醜い部分だけを寄せ集めて生まれてきたようでさえある。
    だが、そのあまりの酷さに呆れ果てながらも、私は不思議と愛しさに似た感情を覚えていた。
    彼が私と同じ姿をしているのは偶然ではない。
    彼の持つ醜さは、何もかも私とそっくりではないか。彼は私の分身だ。彼こそ、まごうことなき神の模造物……おそらくこの地上でもっとも神に近く、またもっとも人間らしい人間なのだ。
    取り巻く人々と共に小さな鉄の箱に押し込まれ、身を縮こまらせながらも、彼はどこかを目指している。その行き先に幸あれ、と、私が思った時だった。
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    人類史上最低の失敗作の奇声があまねく地上にこだました。

  34. 匿名 より:

    明日は九州で選挙の応援。民主から政権奪還し、統一教会からの自立を目指すも結局交通費は出してもらう事に。わたしゅは庶民アピールも兼ねて長距離バスを利用して行くことにした。
    長距離バスの利用は初めてだったのでバス乗り場がわからず遅刻、搭乗するさいにみんなから驚きの目で見られてしまった。 気まずいのですぐさま最後尾へ向かう。
    とするとすぐさま頭の弱そうなデブ男が乗ってくる。彼に冷ややかな視線が送られる「自分は政治家だ、あのデブ男とは違う」とそう思いこみ、嫌な気分をかき消した。
    わたしゅが乗る長距離バスは4列だ。ノリで選んだのは失敗だった。狭いシートに尻が痛む。 よくこんな乗り物に乗っていられるものだなと驚きが隠せない。
    到着するまで寝ようと思ったが隣がブルドッグソース事件に関わったあの唐澤会計士ということもあり緊張して寝られなかった。わたしゅはいつしか唐澤会計士と会話をし親交を深める。
    わたしゅは小腹を満たすためにバス乗る前に買った3500円のカツカレーを食べることにした。 しかしあのデブ男がガサゴソと包装紙からメガマックを取り出し口いっぱいにほおばりだす。
    その時の異臭が鼻につき再び腹痛を引き起こしてしまった。わたしゅの食欲は失せてしまいカレーを洋さんにあげてしまった。
    しばらく空腹で過ごしているとバスは海老名SAで休憩についた。海老名のSAにはいろんな店がありわたしゅは時間とあのデブ男を忘れて食べ歩きし空腹を満たした。
    再びバスに乗り、バスは目的地の九州へ向けバスは出発したのも束の間、わたしゅに凄まじい便意とかつてない尿意に降りかかった。 あの病気の再発か、そう思った瞬間
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」
    齢三十四にもなる男の奇声が福岡行きのバスの中でこだまする。一瞬憤りを覚えるも結局便意には勝てず、

    「わたしゅもしゅる~(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」 と齢六十近くにもなる男の脱糞音がかすかに響いた。

  35. 匿名 より:

    国会議員になって5年目、私は講演会に向かう為に始めて高速バスを使った。
    本来ならば新幹線を使うはずだったが予定が立て込み、新幹線に乗り遅れてしまう。そこで急遽高速バスを使うことになったのだが何せ東京から福岡までの大移動、高速バス一つではあまり頼りがいが無かった。
    定刻通りバスに乗り込んだ私と秘書は最前列の席に座った。
    「事故が起きたらひとたまりも無いな」と冗談半分心の中で思いながらバスの発車を待つ。しかしバスは中々発車しない、どうやら乗客が一人遅れているらしい。
    苛立ちの中待っていると醜い小太りの男性がノソノソとやってきた。彼は悪びれもせず「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」、そう言い放った。
    「だったら私は国会議員だ、貴様なんかと違う」そう言いかけたがそれでは奴と一緒、私はそのまま口を塞ぎ黙りこむ。
    その後バスが遅れて発車するも後方から酷く不快な臭いが鼻をついた。どうやらあの弁護士が鼻息を荒くしジャンクフードの数々を貪り食っていたようだ。
    「あれが日本の弁護士なのか、これが日本の司法を担っていくのか信じられん」私が一人苦悩しているとバスは海老名のSAにたどり着く。私は気分を変えるためSAで用を済ませ冷たい缶コーヒーを押し込み異臭の放つバスへと戻る。
    これ以上は体力の無駄だ、私は異臭とバスの揺れの中、目を閉じろとする。
    しかしその瞬間後方であの弁護士の叫び声が響いてきた。
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    私はこの国の有様に絶望した。

  36. 匿名 より:

    明日は福岡で同期の結婚式。Fラン大学を卒業し、日本一のはてなーを目指す私はNAVERのなけなしのインセンティブから交通費を出す。私は貧乏であるため長距離バスを利用して行くことにした。
    長距離バスの利用は福島への帰省とかで慣れていたので三重の友達と一緒に乗る、しかしバスは発車時刻になっても動かない。
    しばらくすると、デブで汗かきの男乗ってきたのだ。乗車後、ノソノソとこちらへ向かって私たちにこうつぶやいた。
    「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」このネット原住民みたいな思考の男は弁護士のようだ。
    この弁護士らしき男は、大学生と見られる女の子の隣に座った。ああ、タイプなのに。
    私が乗る長距離バスは4列だ。慣れていたので大丈夫だが、4列かつトイレなしというのは日本のガラパゴス化の象徴だろう。
    そのことを私はブログで一筆書きを始めた。が、あの弁護士の男は私の視界のなかでマックのセットを食べだした。
    ガサゴソと包装紙からマックをのジャンクフードを取り出し汚いように食う。まるで田舎者の象徴だ。 隣のかわいい女の子が気の毒だ。
    車内が乾燥してるせいもあって冷汗は出ず、私は友人とブログ記事を編集し続けた。
    しばらくするとバスは海老名SAで休憩についた。私たちはトイレに行き、明日のブログ記事のネタのために神奈川の土産を買い、バスに戻り、ブログの編集を再開する。
    目的地の九州へ向け出発、ブログの記事が完成し投稿しようとした途端、あのネット原住民の田舎者の弁護士が私たちにこう襲い掛かった。
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    私の人生史上最低の田舎者の奇声が福岡行きのバスの中でこだました。

  37. 匿名 より:

    金さえもらえればどんな裁判にも連戦連勝、人は私を勝訴請負人と呼ぶ。今日は依頼者のもとに向かう為にパートナー弁護士の朝ドラヒロインと高速バスに乗ることになった。
    本来ならば飛行機を使うべきだが、私が高所恐怖症であることと、新年度前という時期のせいで新幹線の予約が取れず、仕方なく高速バスを使うことになった。とはいえ何せ東京から福岡までの大移動、乗り物酔いが心配である。
    定刻通りバスに乗り込んだ私と黛は中部左側の座席に座った。
    「田舎は死ぬほど嫌いだ。」と心の中で思いながらバスの発車を待つ。しかしバスは中々発車しない、どうやら無能な乗客が一人遅れているらしい。
    苛立ちの中待っていると醜い小太りの男性がチンタラやってきた。歳は私と同じか年下と見た。彼は悪びれる様子はおろか「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」とぶつぶつ呟きながらバス後方へ歩いて行った。
    「君のようなモラルの欠片も無い糞弁護士や今私の横にいるゆとり世代のオカチメンコがこの国の司法のレベルを落とすんだ」そう言いかけたがそれでは奴と一緒、私はそのまま口を真一文字にし黙りこむ。
    その後バスが遅れて発車するも後方から酷く不快な臭いが流れてきた。どうやらあの弁護士がガツガツとジャンクフードを貪り食っていた。
    「あれが私と同年代の弁護士なのか、これだから庶民派の弁護士は」私が眉をしかめているとバスは海老名のSAにたどり着いた。私は乗り物酔いを抑えるためSAで用を済ませ冷たい水でうがいし、酔い止め薬を服用したのち再び異臭の放つバスへと戻る。
    まだ道のりは長い、私は異臭とバスの揺れの中、翌日の仕事に向けて髪の分け目を指でなぞり目を閉じようとする。
    しかしその刹那後方であの弁護士の叫び声が響いてきた。
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    私と黛が体験した最悪の高速バスの一夜のことであった。

  38. 匿名 より:

    「すみませぇん! 襟のバッジ、落としましたよ……おや、出発してしまったようですねえ。いえ、どうせ暇な身ですから、しばらく御一緒しましょう。
    ああ、鳴ってますので、失礼。 ……君でしたか、丁度良かった。 取り急ぎ調べてもらいたい人物がいます。いま長距離バスの車内なので、以後連絡はメールにて。
    どうも失礼しました。福岡行きは全て出発したかと思いましたが、まだ残ってたんですねえ。おや、お夜食ですか? 細かい所がつい気になってしまう、僕の悪い癖。
    夜行バスはその性質上どうしても、長時間に渡り多人数が密閉されます、すなわち臭うものは避けたい。にも関わらずあなたがお持ち込みになったのは、
    ファストフードのハンバーガーに、フライドポテトとコーラのセット。ユニークなチョイスです。ユニークと言えば先ほどの落とし物、こちらも実にユニークでした。
    向日葵に秤の模様は、紛れも無く弁護士バッジ。ですが通常のバッジが純金製か金メッキであるのに対し、このバッジはザラザラとした厚みのある紙、ええそう、
    まるで段ボールのような手触りです。拝見したところ、高価なスーツを御召しになっているのに、肝心のバッジが紙製というのは……おや、海老名のSAのようですね。
    ああ、外で休憩なさるのでしたら、僕もお伴しましょう。いえ、今の僕は無賃乗車の身ですから、あなたと行動を共にしなくては。まあそう仰らず……唐澤さん! 
    ……やはり、唐澤貴洋さんでしたか。少々調べさせていただきました。第一東京弁護士会所属、恒心綜合法律事務所にてインターネット上の誹謗中傷対策等を担当。
    華々しい経歴をお持ちで家柄も収入も申し分ない筈のあなたが、なぜわざわざ空路や列車を避けこのような安手の深夜バスに
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    「恥をっ知りなさぁぁぁぁぁぁぁぁい!!(プルプル」

  39. 匿名 より:

    学生の頃何度かホモビに出演したせいで全国的に名が知れ渡ってしまった俺。長らくこ↑こ↓青山に身を潜めていたが昨日なんJにて「青山で目撃した」との情報を見つけてしまった。
    俺はその日のうちに荷物をまとめ高速バスの座席を予約した。
    人の目に付く時間を少しでも短くするため時間ギリギリでバスに乗り込んだが、なんと後ろの方にはテレビ局かなにかのビデオカメラがスタンバイしている。まずい。
    あれに映り込んだら一巻の終わりだ。幸い今は撮影していない用であったが、いつ撮影し始めるかわからない。注意せねば。しかも誰か一人遅れているようでなかなかバスは発車しない。早く来て、どうぞ。
    しばらくやわらかスマホで九州の求人サイトを見ていると、ようやく遅れていたホモ顔のデブが来た。しかも何かぶつぶつつぶやいている。
    狭いシートに尻が痛む。値段で選んだのは失敗、はっきりわかんだね。
    到着するまで寝ようと思ったが寝てるところを誰かに撮られてコラにでもされたらたまらない。菅野美穂の写真集でも見て時間を潰そうかと思った瞬間、王道を征くうまそうなにおいが広がった。あのデブだ。
    こいつズコズコ音立ててドリンク飲み始めましたよ。空腹に耐えていたところバスは海老名SAで休憩に付いた。人の目に付く可能性もあったがあまりにも腹が減っていたので食べ歩きして気分を晴らした。
    例のデブはまたもや当然の様に遅れていた。
    再びバスに乗り、バスは目的地の九州へ向けバスは出発したのも束の間、突然例のデブがとんでもない奇声を上げた。
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    俺の人生最悪の男の奇声が福岡行きのバスの中でこだました。

  40. 匿名 より:

    拙者は忍者である。我が一族秘伝の巻物を燃やした憎き改造人間がこの高速バスに潜んでいるとの情報を手に入れた拙者は、バスの天井に張り付き術を使って隠れ見張ることにした。
    どうやら改造人間は空いている席の下に潜んでいるそうだ。 しかし何やら様子がおかしい。もう指定の時間を大幅に過ぎているのに、この席の乗客は来ない。
    もういっそ拙者がここに座ってやろうかと思った所、中年のデブが悪びれもせずバスに入って来やがった。しかもそのデブは「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」だのなんだのつぶやいている。過去に脳に手裏剣でも受けたのだろうか。
    くそっ、デブの突き出た腹のせいで改造人間の様子がうかがえない。しかしあんなデブの尻の下とはさぞかし苦しいであろう。 敵ながら同情してしまう。
    するとクソデブがカバンからなにやら取り出した。ハンバーガーだ。正直うまそう。
    バスの中にマックのにおいが充満する。デブの隣の女性は涙目だ。ズコズコ音を立てジュースを飲み、ポテトをぼろぼろこぼす。改造人間もさぞかし苦しいことであろう。
    催眠ガスを出したようだが運転手が窓を開けたらしく効果はない。腹の音が鳴らぬよう耐えているとバスは海老名SAで休憩についた。ここで改造人間を仕留めようかと思ったが何人か乗客が残っていたのでやめておいた。
    リスクは負わないのが忍者の鉄則である。
    デブはまた当然の様に遅刻。バスは目的地の九州へ向けバスは出発したのも束の間、デブがプルプル震えだしたかと思うと、
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    今日は改造人間を仕留めないことにした。

  41. 匿名 より:

    俺は平和を愛する正義のヒーロー。今日も悪いもの達から世界を救う為、長距離バスに乗っていた。このバスに悪の秘密結社の改造人間が乗り込むという情報を得たからである。
    俺は監視する。シートの下にに隠れている怪人を。しかし、まだ奴には手を出させい。何事にも順番とお約束と云うのがある。あいつがこのバスをジャックするであろうその時まで待つ必要がある。
    それにてもバスが定刻を過ぎても発車しない。どうやらまだ乗っていない奴がいるようだ。全く、迷惑な奴だ。
    だがそのお陰で奴の計画も少し狂うだろう。恐らく奴は道に時限爆弾を仕掛けた。代わりに他の車が爆発に巻き込まれるだろうが、これは俺には関係無い。
    暫くしてデブが「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」と呟きながらバスに乗り込んで来た。俺以外の全員が怪訝な目で見ているが彼のお陰でこのバスは助かるのだ。感謝しなくてはいけない。
    そしてこのデブが座ったのがまさに怪人が隠れている席だった。俺は少し怪人が気の毒になった。何とこのデブはマックのバーガーを食べ始めたのだ。
    みんな迷惑そうにしているが一番キツイのは彼の下に隠れている怪人だろう。怪人は苦し紛れに催眠ガスを出したがあいつからの匂いの方がよっぽど堪える。
    見ろよ。今度はポテトをポロポロこぼしながら喰いやがる。あれでは塩が目に染みるだろう。隣の女の子が泣きそうになっているが、彼がいなければ今頃自分が人質になっていたかもしれないんだぞ。
    事態は一度目の休憩を終えた後に急変した。椅子の下に隠れていた奴が遂に実力行使にでようとしたのだ。もうあのデブに我慢が出来なかったのであろう。
    こうなれば、致し方ない。アイツはこのデブを殺した後、このバスを乗っ取るだろう。俺はその時を待ち、何時でも変身出来る様に身構えた。とその時だった。
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    ああ、奴こそこのバスを救った真のヒーローだ。

  42. 匿名 より:

    クソッタレ。4列シートの下に身を潜め、俺は毒づく。
    世界征服を目指す悪いもの達の改造人間である俺は、長距離バスの乗客をまとめて誘拐することにした。
    なのに俺が隠れてるシートに座ったこのデブは、2度も俺の邪魔をしやがった。
    最初は出発だ。指定の時間に遅刻したフリをして、バスの出発をわざと遅らせた。おかげで道に仕掛けた大量の時限爆弾が全てパアだ。
    偶然じゃねえ、この野郎、俺の頭上にデカケツを下ろす瞬間「俺はこいつらとは違う」確かにそうつぶやいたんだ。
    しょうがねえから催眠ガス作戦に切り替えたら、今度はすました顔でハンバーガーの包みを開いてモソモソ食い出した。これじゃ折角のガスも台無しだ。
    運転手がハンバーガーの臭いを嫌って、ご丁寧にバスを停めて換気しやがる。こっちはこぼしたポテトの塩が目に染みて、涙が出そうだ。
    もうこれ以上、作戦の失敗は許されない。だがこのままじゃ、確実に3度目の妨害が来る。
    再び動き出したバスにつられるように、俺は決意した。このデブは直接殺さなきゃならねえ。
    爪を研ぎ、牙を剥いてシートから這い出たのも束の間、怖れていた3度目が最悪のタイミングで来やがった。
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    クソッタレ。

  43. 匿名 より:

    未だ現世への未練が断ち切れない僕、唐澤厚史が三途の川の水面を覗き込むと、長距離バスで一路福岡に向かわんとする兄の姿が浮かび上がってきた。
    遅刻した兄を睨む乗客達の視線に、かつてあんな目で兄を見ていた親や親戚のことを思い出し胸が痛む。
    「俺は弁護士だ、こいつらとは違う」そう毒づく兄の姿に、よく家柄を鼻にかけていた中学時代の面影がちらついた。
    兄が乗る長距離バスは4列。とうに物理的な束縛からは解き放たれた僕にも窮屈そうに映る。
    マックを頬張る兄の周りの乗客たちの歪んだ表情は、以前垣間見た川の向こうの地獄の囚人たちのそれと似ていた。
    しばらくするとバスは海老名SAで休憩につき、兄は目を爛々とさせて買い食いに興じ始めた。
    僕が生きていた頃の父は厳格で、買い食いなど到底許すような人ではなかった。
    あれから随分経った今、兄は兄なりに少年時代を取り戻そうとしているのだろう。
    兄と過ごした少年時代。様々な思い出の中でも何度となく見た、まぶたの裏に焼き付いて離れないあの兄の姿……
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    懐かしき追憶と寸分違わぬあの光景が、福岡行きのバスの中で今再現された。

  44. 匿名 より:

    私は敏腕テレビディレクター!…といっても北海道のローカル局。でも受け持った番組は深夜帯にしては高視聴率の人気番組で、今もそのロケの真っ只中。
    まぁ人気番組とはいえ地方局の深夜帯で、タレント二人、ディレクター二人のこじんまりとした低予算のロケハンだ。企画内容もサイコロで出た目に書かれた行き先へ向かうという勝手気ままなもの。そして、新宿で出た目は「深夜バスで福岡博多」だった。
    長時間の夜行バス移動は辛いが、乗り物に揺られ疲れ果てたタレントの顔芸が売りの番組。ここは美味しい展開と思うしかない。意を決して乗り込んだ。
    一通りの撮影を終えるも、バスは定時になっても出発しない。多少のアクシデントは番組を面白くするエッセンスだと思うが、こうも遅れては単純にいらつく・・・と思った矢先、遅れた乗客がようやく乗り込んできた。
    かなり大柄な男だった。自分も太り気味だという自覚はあるがそれ以上で、ぶつぶつとつぶやく低い声も気味が悪い。カメラマイクが拾っていたら編集で消しておこう。
    男はバスが走り出してからも鼻息荒く脂の臭いを漂わせハンバーガーを貪り食い、定期的に奇声をあげるなど、番組で幾度と無く長距離バスを利用している私にとっても初めての経験だった。臭いが電波では伝わらないのが不幸中の幸いである。
    タレントの片方も初め「バスが送り込んだ刺客だw」なんて茶化していたものの、奴の異常性を目の当たりにし段々と怯えるようになり、もう片方も本気で苛ついているように見える。
    挙句、サービスエリアでの途中経過の撮影中に、テレビと知ってか知らぬか後方でカメラを意識した素振りをして非常に迷惑だった。とはいえ、撮影を終えあとは寝るだけだ。バスが動き出すと同時にまぶたを閉じる。
    ところが出発してものの数分で例の男がガタガタと震えだした。いっそカメラを回してやろうかと思った瞬間、
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    番組史上初、企画のお蔵入りが博多行きの暗く狭い車中で決まった。

  45. 匿名 より:

    私のもとに一台の福岡行きのバスが入ってきた。
    バスのドアが開き新鮮な空気がバス内の油臭い空気と入れ替わる。
    どうやら休憩時間のようだ。人が次々と降りて行く。
    そのうちの一人は夢中で食べ歩きしながら周りをまわっていた。
    バスに人が戻ってきた、どうやら出発のようだが、先ほどの一人が見当たらないらしい。
    やはり彼は夢中で時間を忘れていたようだ、遅刻し他人の冷ややかな目線が彼に向けられる。
    福岡に向けバスが私のもとから出ていったのも束の間、合流地点から凄まじい悪臭が漂ってきた!
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    彼の奇声が追い越し車線からこだました。

  46. 匿名 より:

    今日は司法研修所の送別会、幹事の俺は仲間と最高の別れをしようと張り切っていた。
    準備は順調に進み、開始時刻となり参加者が全員席に着いた所で乾杯の音頭を取ろうとしたその時「ちょっと幹事ー!一人足りないんじゃないのー!」
    そんなはずはない、さっき全員の顔を確認したはずなのに。半ば疑いながら人数を数えてみると確かに一人足りなかった。
    慌てて参加者名簿を確認すると、唐沢貴洋という名前を見つけ軽く舌打ちをした。なんだあいつ来んのかよ、幹事として絶対に言ってはいけない言葉が思わず口から出てしまった。
    正直言って来て欲しくない奴だった。どうやらこの感情が参加者を確認する際に無意識に奴の名前を脳内から消したようだ。
    幹事である以上、いくら来て欲しくない奴とはいえ全員が揃わないのに会を始めるわけにはいかない。あまり気の進まないまま唐沢貴洋の携帯に電話を掛けると予想外の声が返ってきた。
    「もしもし、ああちょうどいい所だ!あんたが九州の同期の弁護士さん?」
    その声は40歳を少し超えた位の初老の男性の声だった。ほとんど唐沢貴洋と会話した事がなかったとはいえ、この声があいつの声でない事位はわかる。
    状況がよく理解できないまま、俺ははいそうですがと返答した。
    「おたくの弁護士がバスの中で派手にまき散らかしましてね、バスがダメになっちまったんですよ。本人はその後もポテトを食ってるだけだし
    父親に電話を掛けてもつながらないし。なので弁護士さん、申し訳ないんですがバスの修理費弁償してもらってもいいですかね?」

    順風だった俺の司法研修所の思い出が全て真っ暗になった。

  47. 匿名 より:

    我輩はうんこである。宿主のタイミングを少しは尊重してやるつもりだがこの窮屈な腸からいつ外に出るかは我輩の勝手だ。
    どうやら我輩の宿主は弁護士という肩書きをもっているらしい。
    「俺は弁護士だ、お前らとは違う」という声が体内を振動させて伝わってきたのだ。
    弁護士という肩書きを得るには相当難しい試験を突破しなければならず、かなり優秀な人間でなければなることができないらしい。
    優れた肩書きをもつ人間のうんこであることを誇らしく思うと同時に、自分が選ばれた人間だと舞い上がっている愚かな男にお灸をすえようという気にもなる。
    どれ少し外の方に近づいてやろうかね。ほんの少し直腸に移動してやった瞬間
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    奇声を聞いたかと思えば外に出てしまったようだ。ちょっとおどかしてやるだけのつもりであったのに、やれやれこんなに糞を漏らしやすい人間は初めてだ。

  48. 匿名 より:

    なんJで尊師が九州で同窓会に行っていたと知った私は、尊師が乗るであろう九州行きの高速バスにタイムスリップした。
    私の席は後方部中央左。ぞろぞろと乗客が乗る中、隣の席には深く帽子被ったチンコフェイスが座った。
    「君、長谷川亮太君だよね」、その一言を言おうとしたが、押し堪えた。もし私が話しかければ、カラコロをしてきた未来がなくなってしまう。
    と、考え事をしていると、あることに気づく。尊師がバスに居ない。バスを見渡そうとした時、一人の男が悪びれるそぶりも見せずバスに乗り込んだ。
    あっ尊師だ。尊師は周りの乗客を睨みながら、「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」という譫言を述べながら席に着く。
    早くこの鞄に隠したナイフで殺したい。だが私が乗った長距離バスは4列。前の席の尊師の元に行くには、隣のチンフェが邪魔で殺しに行けない。仕方が無い、後でナイフで滅多刺しにして殺すことにしよう。
    しばらくすると尊師は鞄を開け、ファストフードの袋を取り出し食べ始めた。最後の晩餐がジャンクフードだなんて、全くパカデブらしい最後だ。この後、自分が殺される。そんなことも知らずに尊師は口いっぱいにポテトを貪り入れている。
    しばらくするとバスは休憩の為、海老名SAに入った。私は尊師がいる世界での“最後の一服”を吸いバスに戻った。
    前列の尊師はSAの名物を食べ歩きをしていたようで、またも時間を守らず遅刻した。流石は無能、頭もカラッポか。
    ようやく目的地の九州へ向けバスが出発した。後ろからナイフで刺殺しよう時、尊師が急に椅子をガクガクやりだすと叫びだした。
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    彼の人生最後の奇声が福岡行きのバスの中でこだました。

  49. 匿名 より:

    なんJで何から何まで特定されたワイは、やけくそになり九州行きの高速バスに乗り込んだ。ワイの席は後方部通路側。反対側の席には、オープン戦の観戦だろうか、プロ野球チームのユニを着た男性が座っていた。
    去年末には進学が内定、大学四年次には就活生として高年収で、ブラックではない企業に内定をもらうのが夢だった。その夢もたった一枚の合格書で崩れようとしている。
    出発時間を過ぎたが、一人遅れているらしく、中々バスは動かない。ようやく現れたかと思ったら悪びれもせずズンズン着席した。ワイの前列の空席はコイツか。「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」とかなんかボソボソ喋っていてぐうキモイ。
    こんなやつと一緒のバスなんか。一刻も早く降りて自由に動きたい。願いは虚しくワイが乗る長距離バスは4列。値段で選んだのは人生で二番目の大失敗だ。到着するまでデジモンのゲームでもしよう。
    しばらくすると彼は鞄を開け、ついにマックの袋を取り出し始めたのだ!いつとは言わんが、以前ワイもトイレの個室から弁当を持ち出しているところを見られたことがあるだけになんとも言えないですわ…..
    誰がこんな弁護士に高い金出して仕事を依頼するのか。依頼するやつの顔が見てみたい。
    デジモンのゲームにも飽き、スマホでツイッターを見ていると、バスは海老名SAで休憩に入り出した。自販機でオランジーナを買い、リフレッシュをした。
    前列のデブ弁護士はどうも食べ歩きをしていたようでまた当たり前のように遅刻していた。この弁護士調子乗りすぎ。社会人見くびるなンユ”wu ようやく目的地の九州へ向けバスが出発したのも束の間、前列のデブが急に椅子をガクガクやりだすと叫びだした。
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    ワイの人生史上最低の男の奇声が福岡行きのバスの中でこだました。

  50. 匿名 より:

    明日はヤフオクドームで贔屓球団のビジターゲームや。ワイは独立や自立なんて全く興味ないから当然親から交通費をくすねて観にいくことに。
    ホンマは飛行機でいきたかったんやけどマッマの財布に三万ぽっちしかなかったからしぶしぶ長距離バスでいくことに。
    どうやら1人遅れているらしくバスはずっと止まったままや、狭苦しいバスで待たされてクソイラつくんじゃ殺すぞ!
    本来の出発時刻からゆうに30分が過ぎた頃にようやく表れたのは見るからにくさそうなきっしょい太ったデブ男やった。
    大勢の人をこれだけ待たせたくせに謝罪の弁の一つもなく、横柄な態度でどかっとワイの前の席に座ったかと思えば
    「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」などとボソボソ呟いていた。どうやらホンマもんのガイジらしい、殺そうかと思ったが関わらんことに決めた。
    到着するまでレスバトルでもしようと思ったが旨そうなジャンクフードの匂いが強烈に立ち込めているせいで食欲が刺激されて集中できん、どうやら例の男がマックを持ち込んでこの場で食べているらしい。ワイも買ってくればよかったわ。
    バスが走り出して小一時間ほどたったころにサービスエリアに到着した。海老名のSAにはいろんな店があって前の席のガイジに食欲を刺激されたワイは時間を忘れて食べ歩き。
    休憩時間が終わりバスに戻ったころには腹はパンパン。再び九州へ向けバスが出発したのも束の間、ワイに凄まじい便意が降りかかった。 あかん漏れる!そう思った瞬間
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」
    という奇声と強烈な大便の匂いが立ち込めた。

    どうやらの前のガイジが先に漏らしたみたいやった、サンキュー脱糞ガイジニキ(ブリブリブリブチュチュブッブブッブブ)

  51. 匿名 より:

    俺は採れたてのズッキーニ。客に買われるところを今か今かと待っていたところ、ついにお買い上げとなった。
    俺を買った人間は小太りのつんつんヘアー、年の頃は35といったところか。
    見た目とは違い俺みたいなフレッシュな夏野菜が好きなのかと驚きを隠せなかった。
    さてこいつは俺をビニール袋から取り出すと唐突に履いていたズボンを脱ぎ始め肛門に挿入した。
    俺は動揺したまま男はバスに乗車しだした。そのとき「俺は弁護士だ、お前らとは違う」とかなんとか言っていた。
    どうやらこのデブはバスに遅刻をしていたようで周りから睨みつけられるがお構いなしに自分の座席へと進みどかっと腰掛ける。
    そしてここでマックの紙袋が登場。 口へバクバクとハンバーガーやらポテトやらを放り込んだ、俺は頭上に何か違和感を感じた。
    俺はその男の重さと頭上の違和感に耐えながらようやくバスがSAに到着。ドアが開けられ、新鮮な空気が舞い込む。
    その男は下車した為、色々な店の食べ歩きをして再び集合時間に間に合わず遅刻した。
    バスも再びエンジンを回し、急ぎ足に九州へ走り出した安堵感も束の間、上から異様な臭気と共に凄まじい声が聞こえてきた!
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    俺の人間に美味しく召し上がってもらうという夢は最悪な男の奇声がこだまする福岡行きのバスの中で儚く散った。

  52. 匿名 より:

    明日は息子が九州で同期の送別会、唐澤貴洋はもう今後ワシからの援助は受けない、などと寝ぼけた事を言いあろうことか、乗った経験のない長距離バスで行くとほざきだした。
    電車の乗り換えすらもままならない唐澤貴洋が長距離バスで無事目的地にたどり着けるだろうか、
    そして言わなくともわかるだろう、ある不安が生じ念のため、唐澤貴洋には秘密にして同じバスに乗る事にした。
    若干の変装をして当日バスに乗車すると、一人遅れているらしく中々バスは動かない。半ば確信に近い予想を胸に待っていると、
    遅れてやってきたのは案の定あの馬鹿息子だった。親として他の乗客に申し訳ない気持ちでいっぱいになる。「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」、なにが弁護士だ、だったらワシの事務所を間借りするなよ。
    とりあえず予定から遅れたとはいえバスが無事出発した事に安堵したのも束の間、あのバカはあろう事かマクドナルドなるジャンクフードを食べ始めた。
    密室であのようなものを食べれば匂いが室内に充満する事なんて猿でもわかる。親として教育に無関心だった事に、再び他の乗客に申し訳ない気持ちでいっぱいになった。
    とうになくなったであろう飲み物を吸っている音がワシを嘲笑しているかのように感じ、ここ最近の海原士業会の会合を思い出す。
    バスは海老名SAに到着し、唐澤貴洋にバレないようにバスの中に籠っているとまたしてもあいつは遅刻してきた。
    さすがに呆れる感情すら馬鹿らしくなり少し仮眠を取ろうとすると前の方から椅子を激しく揺らす音が聞こえ
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    ワシのある不安は最悪の形で的中してしまった。

  53. 匿名 より:

    「夜行バス」と人間達に呼ばれる巨大な城、俺こそがその城のカーペットに暮らすイエダニである。
    このバスにはいったいどれだけの仲間がいるのか。一家15世代で暮らしていると、なんとも珍妙な事も起きる。
    今日は乗客の男の一人が大遅刻、やっと現れたかと思いきや「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」と呟く。だからどうしたというのか、人間はつくづく分からない。
    このバスは人間には窮屈らしい、おまけにこの男は血を死ぬ程吸ったかのような膨れっぷりである。隣の女も嘸迷惑であろう。
    この場合、何もせずに眠るという人間が多いがこの男は猛烈な匂いを放つ黄色いMの字の食べ物を取り出した。
    おまけに汚らしい音を立て頬張りながらパンやらポテトやらを地面に落とす。ああもったいない。どこかから舌打ちが聞こえた。
    おこぼれを仲間と共に頂戴しているとバスはSAに到着した。ドアが開けられ、外の涼しい空気が舞い込む。
    例の男も下車した直後、乗客達の安堵と疲れによる溜息が聞こえた。それからどれだけ経ったであろう、男はようやく戻ってきた。
    バスは再び唸りと共に振動を再開させ、轟音を響かせ動き出すも束の間。南無三、凄まじい声がバスの中にこだまする。
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    俺の一生史上最低の乗客の奇声が福岡行きのバスの中でこだました。

  54. 匿名 より:

    俺は揚げたてのフライドポテト。客に買われるところを今か今かと待っていたところ、ついにお買い上げとあいなった。
    俺を買った人間は小太りのつんつんヘアー、年の頃は35といったところか。
    いかにも俺みたいなジャンクフードが好きそうな見た目をしている。
    さてこいつは俺をビッグマックセットの一つとしてテイクアウトすると高速バスの中に持ち込んだ。
    乗車するときに「俺は弁護士だ、お前らとは違う」とかなんとか言っていたが、弁護士様が俺みたいなジャンクフードを食うなよと問い詰めたい。
    どうやらこのデブはバスに遅刻をしていたようで周りから睨みつけられるがお構いなしに自分の座席へと進みどかっと腰掛ける。
    そして俺たちをムシャムシャと食べていく。食べられたからこれで終いだ。
    このあとこいつらがどうなったかって?さあて、そんなの知るわけないね。

    俺はジャンクフードさ。

  55. 匿名 より:

    九州行きの長距離夜行バス、車内に並ぶ4列シートの内の一脚が私である。
    このバスとは生まれた時からの付き合いだ。10年も客席をやっていると、色々な事が起こる。
    今日は私の上に座るはずの男が大遅刻、やっと現れたかと思いきや「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」と一声、新顔の運転手も呆れている。
    先にも言ったがこのバスは4列だ。この男は安くて固い私の座り心地に憤慨しているかもしれないが、私の方も脅威の体重に背中が痛む。
    それでも到着するまで静かに座っていてくれればいいのだが、ここでマックの紙袋が登場。
    上からボロボロとパンやらポテトやらの破片が降り注ぐ。椅子の私だが、隣の女性に申し訳ない気分になる。
    私の体が食べ物のカスだらけになった頃、ようやくバスがSAに到着。ドアが開けられ、新鮮な空気が舞い込む。
    私の乗客の男も下車した為、暫くの休息を味わう。男はまたしても集合時間に間に合わず遅刻しているが、少し嬉しいのは椅子失格だろうか。
    バスも再びエンジンを回し、急ぎ足に九州へ走り出した安堵感も束の間、上から異様な臭気と共に凄まじい声が聞こえてきた!
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    私の椅子生史上最低の乗客の奇声が福岡行きのバスの中でこだました。

  56. 匿名 より:

    新宿駅西口、夕刻。今日は運転手としての私の初の乗務日だ。お客様を安全に目的地まで送り届けるという初の使命を背負い、私はそこにいた。
    お客様の荷物を先輩の福嶋さんと行いながら、乗務にあたっての「心得」を改めて聞かされていた。「いいか。高速バスっていうのは必ず一人は乗客が遅刻する。大抵は…まあ大体の場合はオヤツを買ってて遅れるんだ。」と先輩は笑ながら言う。
    私は思った。ターミナル側にコンビニがあるのだからそこで買えばいいじゃないか。それがぼそっと口に出てしまったら、先輩はそれに応じた。
    「それならいいけどね。それならね。」含みを持ったその言葉の意味を、私は理解できなかった。
    お客様の荷物を積み込み終え、最終確認となった。乗客名簿を見直すと、先輩が言うように、現れない乗客がひとり。
    ケールセウェイ・チェケーヒルという外国人観光客と思われる乗客はついに姿を見せないので止むを得ず定刻を15分過ぎてバスは走り出した。
    普段なら道路が混雑する時間帯であるが幸いにも道はスムースに流れ、用賀の料金所を通過する頃には遅れを取り戻しつつあった。
    東名高速道路を下り、しばらく時間が経った。4列シートのバスであるので小まめにトイレ休憩を取る。第一予定地の海老名SAである。この頃には完全に平常通りのウンコスケジュールとなっていた。
    あの外国人観光客と思われる客には申し訳ないが、彼を待っていたらこうはいかなかっただろう。
    バスに戻る乗客の顔を見ると、この仕事を選んだことに改めて確信を覚えた。未来ある若い女の子、少しそわそわした白いもみあげを蓄えた一人旅の老年男性。

    それぞれの乗客の目的地には何があるのか。12時間後には福岡市街に入るだろう。乗客を乗せ、いや、人生を乗せ、バスは勢いよく運航を再開した。

  57. 匿名 より:

    今日は新宿発、九州・福岡行きの夜行バス運転。会社から独立し、個人タクシーの運転手でもやりたいものだ。私はそう思いながら長距離バスの運転席に座った。
    九州行長距離バスの運転は初めてだったので、はりきり過ぎて1時間以上早く出勤、事務所へ顔を出したさいにみんなから気張り過ぎだぞとなだめられてしまった。
    出発時刻を過ぎたが乗客が一人揃わない。ようやく表れたかと思ったら悪びれもせすノソノソとこちらへ向かってくる。チケットを見せる時に「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」と呟いていて気味が悪い。
    私が運転する長距離バスは4列だ。値段で選んだ客は失敗だったと思うことだろう。狭いシートだと尻が痛むのだ。
    交代のSAに到着するまでは眠れないのでコーヒーを飲んだが、緊張に加え客席のほうから酸化した脂の臭いが漂ってきて美味しく感じられない。
    あまりに臭うので何事かとバックミラーに目をやると、先ほどの気味の悪い太った男がマックの包み紙を取り出し、グチャグチャと音を立てながらメガマックを口いっぱいに頬張っていた。
    ポテトをボロボロとこぼしながら、まだバーガーが入ったままの口へ放り込む。ズゴゴゴ!と音を立てながらジュースを飲む。乗客はその様子と音でみな顔をしかめていた。
    横の就活生だろう若い女性はこれが苦虫を噛み潰した顔だ、と言わんばかりに可愛らしい顔を歪めている。あとであの男がこぼしたポテトを掃除するのは私だ。いまいましい男め。思わず私も顔を歪めた。
    太った男が2、3人分はあろうかと思われる食事を済ませた頃、バスは海老名SAで到着、休憩についた。乗客を降ろして脂臭いバスを換気し、私も一服することにした。
    出発時刻にまたもあの迷惑な男が遅刻した。やれやれと思いつつ、沈んだ空気を漂わせたバスを九州へと出発させた束の間、後方から椅子を激しく揺らす音と凄まじい叫び声が!
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    私の運転手史上最低の乗客の奇声が福岡行きのバスの中でこだました。

  58. 匿名 より:

    シューカツもひと段落、明日は九州で同級生とお疲れパーティー。両親からもいよいよ独立し、経済的にも社会的にも自立を目指す私は当然自分で交通費を出す。私はお財布もキツイし節約も兼ねて長距離バスを利用して行くことにした。
    バス乗り場で予定通りに乗車。一人遅れているらしく、中々バスは動かない。ようやく表れたかと思ったら悪びれもせずズンズンこちらに歩いてくる。
    ゲッ、もしかして隣の席はコイツなのだろうか、サイテーの気分。「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」とかボソボソ喋っていてメチャクチャキモイ限界。
    もー早く降りたいよ!なんでこんなのが隣なの!私が乗る長距離バスは4列だった。値段で選んだのは人生最大の失敗だった。
    どうにかして到着するまで寝ようと思ったけれど隣の自称弁護士?の荒い呼吸と妙な油の匂いが気になって眠れない。
    しばらくするとキモイコイツは何やら鞄を開けて何をするかと思ったら、何とマックの袋を取り出してる!メチャありえないんですけど!!助けてお母さん。もう涙目だ。
    ガサゴソと包装紙からメガマックを取り出したかと思うと口いっぱいに噛り付きクチャクチャと不快な音を立てている。キツイ油の臭いも広がって車内の空気は最低だ。
    ポテトもわしづかみにしてボロボロこぼして口に詰めてる。最低。Lサイズのコーラは空になったのにズゴコココと大きな音を立てて吸っている。
    流石に限界を感じイライラが爆発しそうになると、バスは海老名SAで休憩に入り出した。せめて心の洗濯をしよう。手洗いに行き気分を少し紛らわせてバスに戻った。
    隣のキモキモクソデブはどうも食べ歩きをしていたようでまた当たり前のように遅刻していた。車内の沈んだ空気を載せようやく目的地の九州へ向けバスが出発したのも束の間、隣のデブが急に椅子をガクガクやりだすと叫びだした。
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    私の人生史上最低の男の奇声が福岡行きのバスの中でこだました。

  59. 匿名 より:

    明日は九州で同期の送別会。坂本事務所から独立し、唐澤洋からの自立を目指す当職は自分で交通費を出す。当職は節約も兼ねて長距離バスを利用して行くことにした。

    長距離バスの利用は初めてだったのでバス乗り場がわからず大遅刻、搭乗するさいにみんなから冷ややかな目で見られてしまった。
    冷ややかな視線に中学時代を思い出す。「自分は弁護士だ、こいつらとは違う」とそう思いこみ、嫌な気分をかき消した。

    当職が乗る長距離バスは4列だ。値段で選んだのは失敗だった。狭いシートに尻が痛む。
    到着するまで寝ようと思ったが隣が若い女性ということもあり緊張して寝られなかった。

    そこで当職は小腹を満たすためにバス乗る前に買ったマックを食べることにした。
    ガサゴソと包装紙からメガマックを取り出し口いっぱいにほおばる。たまらない。
    ポテトの塩が濃かったのと車内が乾燥してるせいもあってLサイズのコーラはあっという間に空になった。

    腹を満たしてしばらくするとバスは海老名SAで休憩についた。海老名のSAにはいろんな店があり当職は時間を忘れて食べ歩きした。

    再びバスに乗り、バスは目的地の九州へ向けバスは出発したのも束の間、当職に凄まじい便意とかつてない尿意に降りかかった。
    「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!!」

    齢三十四にもなる男の奇声が福岡行きのバスの中でこだました。

  60. 匿名 より:

    ロスワ画像を貼るスレ
    こいしちゃんえちちやん

  61. 匿名 より:

    ここの長文コピペ連打アルテマでBANされてむしゃくしゃした腹いせでやってると思うとオモシロ

    • 匿名 より:

      お前らに忠告しとくぞ ワイはキレたらガチで何するか分からんから

      等と過去トピックでほざいてた癖にやる事は荒らしなんだもんなwwwマジでしょーもねえおっさんだわwww

  62. 匿名 より:

    青ガめちゃつよくて草

  63. 匿名 より:

    カートマンvs霊夢
    カートマンを乗せた闘牛の突進に巻き込まれバラバラにされる。
    カートマンvs魔理沙
    カートマンが魔理沙の首を日本刀で切り落とす。
    カートマンvs早苗
    カートマンがサイに乗って早苗をバラバラにする。

  64. 匿名 より:

    おそ松さん=数億人に愛されてる
    サウスパーク=数億人に愛されてる
    東方project=20万人のアンチ
    妖怪ウォッチ=100億人のアンチ
    当たり前だよな?

  65. 匿名 より:

    カートマンvs妖夢
    カートマンが先に半霊を倒した後。妖夢を血祭りに上げる。

  66. 匿名 より:

    カートマンvs魅魔
    カートマンが魅魔を血祭りに上げる。
    カートマンvs神綺
    カートマンが神綺を血祭りに上げる。
    カートマンvsナズーリン
    カートマンがナズーリンを血祭りに上げる。

  67. 匿名 より:

    コメント数1500突破おめでとう

  68. 匿名 より:

    自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!

  69. 匿名 より:

    俺の特定か?したけりゃさせてやる。
    探せ!この世の全てをそこに置いてきた!!!(ドン)

  70. 匿名 より:

    明星ちかげ 小泉ありさ(石原こと) 佐藤美紀 福山洋子 海老原しのぶ 魚住里奈
    高島恭子 月門ゆか 葉月奈穂 七瀬ゆい(羽田未来) 鈴香音色 小坂めぐる 初音みのり
    青山ゆい→(黒ギャル以前)←橘なお 長谷川杏美 @YOU 藤崎クロエ うるみゆう
    ririco 麻生千尋 重田加代子 大野香代子 渡瀬まりん 乙羽いまる 藤崎里美
    白雪彩 桜井彩美 遠野ゆき美 甘味いちご 麻生まりも 春菜まい 北川美果 大浦あんな
    高井桃 北原多香子 竹内あい 花井メイサ 青山菜々 野乃はなの 愛川みう 長澤あずさ
    楓ひみつ(高城梨紗) 杏美月 藤浦めぐ 藤間ゆかり 牧野くるみ 真鍋紗愛 平山薫 真央♪
    松田瞳 星川みなみ 魚住里奈 立花まりあ 桂木美優 葉山くみ子 桃井りか 飛鳥ひとみ

  71. 匿名 より:

    昨日は彼女の家にお泊り そのままオールで初詣へ行った模様
    しぬ・・・・・・
    人多すぎ+寒すぎワロタ 成田ちゃうで 
    でも地元に大きな神社がないから少し遠いけど頑張って行ったお

    じゃあ早稲田慶応などに入った奴らは
    全員年収1千万超えの確実なの?
    俺は最低限の普通の生活できればいいし
    金持ちで優雅な人生とか最初から目指してないわ

    高卒でも俺の友達で子供二人をきちんと食わしてる奴だっている
    俺は最低限の暮らしさえ出来れば文句ないから別にいいよ
    むしろ高学歴でも上司に気に入られずに
    根暗で出世出来ないで高卒と同等の奴ンゴ

    高学歴なのにそのクズと年収が圧倒的じゃないお前ら
    いや高学歴でもスーパーで働いてる奴がバイト先に前いたんだが
    ああいうのマジで哀れだなぁと思う 
    お前らと同類やね 俺は学歴なんかより人生楽しめればいいし

    人生なんて短いんだから楽しんだもん勝ちだろ
    好きな人と一緒にいれて友達が多い俺の方が
    高学歴でも現実世界ではぼっちのお前らより確実に幸せもの

  72. 匿名 より:

    最近髪型変えて日サロも少し行って雰囲気が変わった
    ってのはよく言われるんだが
    今週に入ってから6人の女からアドレスを聞かれた
    で、リア充男達にしょっちゅう遊びに誘われる

    そういや良い意味で視線を結構感じるんだよガチで
    引いたりしてる軽蔑してる視線じゃなく見とれてる視線ってやつ
    経験ある人は多分違いが分かるはず

    人生最大の輝きかもしれん
    なおついも近所の女子大生に最近カッコいいねと言われた模様

  73. 匿名 より:

    恋人について語りたい長谷川亮太さんが100の質問に答えました。

    Q1 貴方は何歳?
    17歳

    Q2 相手は何歳?
    16歳

    Q3 お祝いどんなことした?
    お祝いまだかも(^^;)

    Q4 お祝いどんなことするつもり?
    盛大に!!笑
    思い出に残るような

    Q5 貴方の血液型は?
    O型

    Q6 相手の血液型は?
    B型

    Q7 血液型気にする?
    うーん
    あまり気にしないかなぁ

    Q8 身長何センチ差?
    20ちょっと(^-^*)

    Q9 ちょうどいいと思う?
    思うよ~!

    Q10 記念日いつ?
    7月14日(′・_・`)

    誕生日並に大事な日だよね~

    Q11 貴方は記念日大事にする?
    勿論!

    Q12 相手は記念日大事にする?
    勿論!

    Q13 出逢いのきっかけは?
    同じ学校、同じクラスになれた事

    Q14 相手の第一印象は?
    元気で明るい
    ハキハキしてる
    見てるこっちが元気貰える

    Q15 一目惚れだった?
    ほとんどね(笑)
    ビビッ!!ときた(^-^)

    Q16 実際相手はどんな人だった?
    太陽みたいな人←

    明るく眩しい
    いなきゃ無理って所が∀

    Q17 告白どっちから?
    は~い(ノ◇≦o)

    Q18 緊張した?
    人生でトップ3には入るね

    Q19 付き合ったときどう思った?
    最初は頭の中真っ白でしばらく実感が沸かなかった。
    でも幸せだった。

    Q20 初めて手繋いだのは?
    結構最近

    当たり前か(*^^*)

    Q21 どっちから握った?
    多分お互い(´ー`)

    Q22 そのときどう思った?
    このままずーっと手を繋いでいれたらな…と

    Q23 初めてのキスは?
    一生忘れられない(*>ω<*)

    Q24 どっちから?
    ちーちゃん^^

    Q25 どんな雰囲気だった?
    (/。\)イヤン!ハズカシイ

    Q26 緊張した?
    ヤバかったー
    ヤバかったー

    ドキドキ(∩v-)

    Q27 初デートはいつ?
    付き合ってからは28日

    Q28 どこに何しに行ったの?
    千葉行ってぶらついたり
    大網行って歯医者行ったり

    Q29 楽しかった?
    楽しかったなぁ(∪゜∀゜∪)

    Q30 お揃いなに持ってる?
    ストラップ!
    ぬいぐるみ!

    Q31 どっちの方が頭いい?
    ちーちゃんの方が賢い☆

    また勉強教えてもらう(゜゜)ノ゜

    Q32 言われて一番嬉しかったことは?
    「大好き」

    Q33 悲しかったことは?
    ・初彼ネタ
    ・先輩ネタ
    ・みっさーネタ

    (;o;)

    Q34 恥ずかしかったことは?
    「大好き」

    Q35 相手のこと詳しく紹介してね。身長は?
    151
    small(笑)

    Q36 髪型は?
    茶髪ショート

    なんでも似合うから凄いよなぁ~この子は

    Q37 性格は?
    さばさばしてる^^

    Q38 服装は?
    落ち着いた感じの女の子らしい服装

    Q39 ぎゅーってしてくれるの好き?
    好き好き好き好き

    Q40 してあげるのは?
    好き好き好き好き

    Q41 2人は新鮮な感じ?仲良しな感じ?
    仲良しヾ(≧∇≦)〃

    Q42 例えばどんなことでそう思う?
    一緒にいると。
    本当に仲良しなんです

    Q43 普段どんなこと話してる?
    これといってないような
    どんな会話でも弾むから♪

    Q44 その話楽しい?
    ほとんど楽しい!

    たまに悲しい(;o;)

    Q45 相手のどんなとこ自慢できる?1つめ
    優しいとこ

    Q46 2つめ
    笑顔が可愛いとこ

    Q47 3つめ
    俺を想ってくれるとこ

    Q48 どんなときにキュンってなる?1つめ
    甘えてくる時

    Q49 2つめ
    近くに寄って来る時

    Q50 3つめ
    目が合う時

    Q51 相手の寝顔見たことある?
    見ちゃいました
    スミマセン(^∧^)

    Q52 どうだった?どうだと思う?
    可愛かった~(´▽`)
    やべぇw
    天使やね

    Q53 貴方はヤキモチ妬く?
    ん~、微妙に?

    Q54 相手はヤキモチ妬く?
    らしい(笑)

    Q55 相手が異性と遊ぶのは?
    二人だとちょっと嫌かも…

    でもいいよ!
    信じてるから。

    Q56 一番キュンってなったときは?
    やっぱり抱き締めた時かも(^^)

    Q57 惚れ直したときある?
    もう沢山あるっすね^^

    Q58 会いたくなるのはどんなとき?
    メール&電話してる時

    つうか常に会いたいわ!

    Q59 相手のことで泣いたことある?
    優しさにポロリ

    あったあった(笑)

    Q60 相手にしてもらって嬉しいことは?
    ちーちゃんにならなんでも嬉しいや

    Q61 理由は?

    スキダカラデス。

    Q62 他の子が相手を好きになったら?
    あるよねー、絶対。
    怖すぎるよマジでマジでマジでマジでマジで

    Q63 もし貴方が誰かに告白されたら?
    ちーちゃん一筋

    ごめんなさいm(__)m

    Q64 相手の為ならどんなことでもできる?
    当たり前

    Q65 相手を守り抜く自信ある?
    自分頼りないからなー

    でも全力で守るからね←

    Q66 相手を幸せにする自信ある?
    うーうーうー

    幸せにするっ!!!!!!!!!!

    Q67 相手のどんなとこが好き?1つめ
    もう

    Q68 2つめ
    全部

    Q69 3つめ
    好き

    Q70 幸せを感じるときはどんなとき?
    隣にいる時

    Q71 不安になるときはどんなとき?
    今はないよ

    ちーちゃんを信じてるもん

    Q72 相手がもし泣いてたら?
    撫で撫でしてあげる
    優しく抱き締めてあげる
    話し聞いてあげる

    Q73 相手を譲る気ない?
    ないに決まってるやろ(怒)

    Q74 相手に似合う色は?
    ピンク
    黄色
    水色

    明るい色が似合う♪

    Q75 理由は?
    性格、見た目に出てるもん

    Q76 一番笑えたのはどんなとき?
    うわー、分からんw

    田中さんでいいや←

    Q77 貴方の好きな曲ってなに?
    最近色々(*`▽´*)

    Q78 相手の好きな曲ってなに?
    RAD
    ボカロ
    GReeeeN
    などの曲だと思われ←

    Q79 2人でいるときどんな音楽聴く?
    前に仲良くRAD聴いたね♪

    Q80 その歌好き?
    好きです\(^o^)/♪

    Q81 隠し事ある?
    なーい(キッパリ

    Q82 隠し事されるのはどう?
    嫌かも(ToT)

    Q83 嘘付いたことある?
    ある(笑)

    Q84 嘘付かれるの嫌?
    面白い嘘なら大歓迎(^q^)

    Q85 相手にやめてほしいことは?
    俺を精神的に追い込んで遊ぶのはアカン

    ちーちゃんS(´;ω;`)

    Q86 相手の為に努力したことは?
    どうすれば自分を好きになってもらえるか

    Q87 それは大変だった?
    大変だったね

    今ではいい思い出

    Q88 愛してるって言ったことある?
    あります!!!

    Q89 恥ずかしい?
    もう慣れてきた(^-^)

    Q90 愛してるって言われたことある?
    あります!!!

    多分←

    Q91 どう思う?
    めちゃめちゃ嬉しいぜ~

    Q92 別れたいと言ったことある?
    一生言わない。

    Q93 別れたいと言われたことある?
    一生言われたくない。

    Q94 別れたことある?
    一生別れたくない。

    Q95 相手のことどれくらい好き?
    世界で一番好きだけど?

    Q96 ずっと一緒にいたい?
    ずっと隣にいてほしいな

    Q97 ずっと一緒にいるためには?
    初心を忘れずに今のままずーっと仲良くいる事!

    Q98 貴方にとって相手はどんな存在?
    いなきゃいけない存在

    今ではちーちゃんがいない世界など考えられない

    Q99 相手にとって貴方はどんな存在?

    と同じだといいな(^ー^)

    Q100 相手に一言
    大好き
    これからも一緒にいてね

  74. 匿名 より:

    コテハンのイエイヌとそれに取り合う奴とか自演やろなあ
    よう粘着してるわ

    • 匿名 より:

      そうか?そもそもこことかアルテマに粘着してる荒らしってブルアカとか原神の話はしたがるけどロスワの中身の話自体しなくね

      • 匿名 より:

        俺もイエイヌは別のヤバい人だと思ってる。Xアカウントもあるし、オリジナルのレリこいし性能作ったりしてるヤバい人。吸い寄せちゃったのかな?ウケるw

  75. 匿名 より:

    何でこんなに長文ばかり投稿されてるんですか?
    初め見た時驚きましたよ

    • 匿名 より:

      それはいつもの社不のおっさんがここで発狂してるからやぞ。
      アルテマでも他のユーザーにさつ〇予告したり連投荒らししまくって大暴れしてたが、通報により綺麗に消し飛んだんや。

  76. 匿名 より:

    戦えるだけの力をつけた大人になりたいと誓ったあの日

    その後、警察がやって来て、現場検証が始まりました。
    弟のバッグからは、売られなかったパーティー券が大量に発見されました。
    警察からは、「弟は開かれる予定もないパーティー券を売れと命令され、売れなかったことを責められて、多摩川の河川敷で、暴行に遭った」と聞きました。
    偽りのパーティー券を売る後ろめたさ、売らないとまた集団リンチに遭う恐怖との狭間で、おそらく精神的に追い込まれてしまったのでしょう。
    弟は、心身ともにポロポロで限界になり、自ら命を絶ってしまった。今でも私はそう思っています。

    集団リンチと自殺の関連は明白だったのですが、結果として事件として立件されたかどうかもわかりませんでした。
    両親が何度となく、警察に働きかけていましたが、その少年たちがどうなかったかは何も教えてもらえませんでした。

    私は17歳でした。
    「この社会には人の命を奪う悪が存在する」と思うと、強い怒りで体が震えました。弟を死に追い込んだ連中を「殺してやりたい」と本気で思いました。
    小学校でいじめに遭っていた弟を救ったように、今度も兄である私が決着をつけると。
    これが当時の私の偽らざる本音でした。

    でも、未成年だったあの連中は、弟が死んだというのに何のお咎めもなく、普通に暮らしているのです。
    そんな状況を見て、17歳の私は「世の中には絶対的な不条理が存在する。その不条理と立ち向かわなければいけない」と、怒り、諦め、不信感、絶望感などが複雑に絡み合った感情を抱きました。
    と同時に、知識も経験もなく、何もできなかった自分の無力さにも打ちひしがれていました。
    ただ私が強烈に感じたのは、「力が欲しい」「力を持たなければ何もできない」ということ。
    大切な弟が〝殺された〟というのに、手をこまねいて見ていることしかできないなんて、不甲斐ない。
    どうしようもない矛盾や危機に対噂したとき、戦えるだけの力を持った大人になりたいと、そのとき心底から思ったのです。

  77. 匿名 より:

    壮絶なリンチの末、弟は自死を選んだ

    弟が自殺したのは、高校2年生、16歳の夏でした。

    弟は中学から同系列の高校にエスカレーター式で入学していましたが、その弟の様子が徐々におかしくなっていることに私はうすうす気づいていました。
    たとえば、高校入学直後は普通の学生だったのですが、次第にヒップホップミュージシャンが着るようなストリートファッション(B系ファッション)を好んで着るようになったのです。
    オーバーサイズのTシャツに、ダボダポのずり下げたズボン(腰パン)を履いていました。
    人がよく、やさしかった以前の弟とは、イメージがまったくかけ離れています。
    なぜそんな個性が強めの格好をするようになったのかと、実は私は気になっていました。
    彼が自ら選択し、好んで着ている服装ではない気がしたのです。見た目からも私がよく知っている弟ではないのは明らかでした。

    あとになってわかることですが、弟がエスカレーター式で入学した高校には、中学から進学する生徒と高校から新たに入学する生徒がいました。
    高校から新しく入った生徒の中に、私たちが住んでいた実家の近くに住んでいる不良のKがいて、その人間を通して弟は地元の不良グループとつながったようでした。

    不良グループと関係を持ったあとのことだと思いますが、こんなことがありました。
    あるとき、弟の腕をふと見てみたら、赤い痕のようなものがありました。
    それは、火のついたタバコを皮膚に押し当ててできた、いわゆる〝根性焼き〟なのですが、当時の私にはそれが根性焼きという認識がなく、「赤くなってるよ? 火傷か? どうした?」と事の重大さもわからずに尋ねました。
    すると、弟はうつむき、何も言わない。私はその様子が気になって、母親に「何かおかしいと思う。注意して、様子を見ておいたほうがいい」と忠告だけはしました。

    先ほど述べたように、私と弟は思春期真っ盛りで疎遠になっていました。
    それでも、私は弟の身に何かよくないことが起こっていることは敏感に察していました。何だか違和感を抱いていたのです。
    しかし、弟に面と向かって言うのはさすがに気恥ずかしくて、「弟に『何かあったら、俺に言え、俺を頼れよ』と言っておいて」と、直接本人ではなく、母親に伝えることしかできませんでした。

    当時、東京の繁華街にはさまざまな不良グループが存在し、「パーティーを開く」という名目のもと、パーティー券(パー券と呼ばれていた)を売りつけ、収益を上げていました。
    パーティーは金目当てであったので、開かれないこともしばしばありました。
    弟は高校の同級生のつながりで知り合った地元の不良たちに目をつけられて、パシリ(使いっぱしり)、恐喝の対象になっていたようです。

    また、その不良グループには、優秀な私立高校をドロップアウトし、「人を殺すことは怖くない」「自分は少年院にいたことがある」と吹聴している人間もいました。
    こういった連中の中に、後に暴力団員になり、振り込め詐欺で捕まった者もいました。
    この連中に、弟は「パー券を売ってこい」と命令されていたのですが、人のよい弟は開かれないパーティーのチケットなど当然売ることができるわけもありません。
    その結果、パー券が売れなかった見せしめに、多摩川の河川敷で、弟は壮絶な集団リンチに遭いました。
    そして、その日の夜に、弟は自らの命を絶ったのです。

    1995年8月25日、弟が死んだ日のことを私はよく覚えています。
    夏休み中だったので、家族の誰もが、弟が部屋から出てこないのは、ただ寝ているだけだと思っていました。
    しかし、昼を過ぎても起きてこない。不審に思った父親が弟の部屋に行くと、部屋の鍵がかかっていました。
    そこで、鍵をこじ開けて部屋に入ってみると、そこには首を吊った弟の姿があったそうです。
    首を吊ったまま冷たくなっている息子を、父親は一人で降ろしました。

    そこで、家族が呼ばれました。ですから、母も私も、弟が首を吊っている現場は見ていません。
    弟は全身、傷だらけ、アザだらけで、自傷の跡もありました。
    その顔は、半目を開いて、虚空を見つめて、口が開いていました。
    首吊り自殺はなかなか死ねない、とどこかで聞いたことがありますが、苦しみ抜いて、悶絶して絶命した弟の表情を一生忘れることはないでしょう。

    弟は集団リンチに遭ったあと、家族の誰にも会わないよう、夜中にこっそりと自宅に戻ってきて、そのまま遺書を書いたようです。
    その遺書には、自分を追い詰めた連中の名前が書いてありました。そして、家族全員の名前のあとに「ごめんなさい」とも……。

  78. 匿名 より:

    私には年子で仲良しの弟がいた

    私には年子の弟がいて、同じキリスト教系の私立小学校に通っていました。
    弟はやさしい性格のお人好しで、ちょっと悪ぶっているような強めの同級生から割といじめられやすいタイプでした。
    そのため、ちょっとしたことでよくいじめに遭っていました。
    私は、小学校で弟が泣いていると聞くと、弟の教室に行って、「泣かせた奴は誰だ! 出てこい!」といじめた相手を見つけ、ケンカをしていました。
    弟の同級生たちからは、「怖い兄貴」「ヤバイ兄ちゃん」と恐れられて、「アイツをいじめると、兄責が出てくるからやめておけ」という抑止力にはなっていたと思います。

    こんなことをいうと、正義感が強かったと思う人もいるでしょうが、当時の私は単純に、弱い者いじめをする奴が許せなかっただけ。
    特に身内がやられるなんて、絶対に許せない。やられたら必ずやり返す。そう思っていました。
    幸いにしてケンカは強いほうだったので、弟を守ることができていました。 とはいえ、年が1歳しか変わらないこともあり、普段は一緒に外で遊んだり、駄菓子屋に行って買い食いをしたり、
    他愛のないことで兄弟ゲンカをする、どこにでもいる仲のいい兄弟でした。

    小学校を卒業して、中学・高校になると、私たち兄弟は別の私立大学系列の付属校に通うことになりました。
    お互いに思春期を迎え、自我が芽生えていたため、それぞれのコミュニティをつくり、そこでできた友人と遊ぶようになり
    、 ほかの家庭の兄弟などと同じように、私たちも次第に行動をともにすることもなくなりました。
    家庭で口をきくこともほとんどなくなり、お互いが何を考え、何をしているのかもわからず、疎遠になっていきました。

    私自身、自分の人生に疑問を持ち、通っていた高校を中退して、定時制高校に入り直すなど、人生の岐路を迎えていました。
    正直なところ、自分のことでいっぱいいっぱいで、弟のことを顧みるような余裕もなかったというのが実状です。

    そして、1995年8月25日のことです。
    弟が突然、自ら命を絶ったのです。

  79. 匿名 より:

    被害はついに家族に及ぶまでになった……
    さらに、誹謗中傷の矛先は、私のみにとどまらず、私の家族にまで及びました。
    殺害予告の1カ月後の2012年9月には、私のプライバシーをすべて暴くべく、実家の住所がインターネット上でさらされたのです。

    当時、私は公認会計士の父親と共同で、五反田に事務所を構えていました。
    実家の住所が特定されたのは、かつてNTTの電話帳に実家の住所や電話番号を登録していたためです。
    インターネット上に、NTTの電話帳の情報を、許可を得ないまま公開しているサイトがありました。
    このため、インターネット上で父親の名前で検索された際に、同サイトの存在により実家の住所や電話番号が知られてしまったのでした。

    住所を特定されたあとは、見知らぬ人物が実家周辺を排御して写真をアップしたり、実家の登記簿がインターネットにあげられたり、そこからさらに、父親の実家も暴かれたりしました。
    真偽のほどはよくわかりませんが、私の家系について、多数の資料を調べ、勝手にインターネット上で家系図がつくられているようです。
    どこの誰かもわからない、不特定多数の得体のしれない加害者たちの悪行に、抗う力もなす術もなく、恐怖におののく日々を過ごしていました。

    2013年には、弁護士として独立して初めて構えた五反田の事務所を移転することにしました。 当然ながら、新たな物件を探す手間、引っ越し費用、荷造りの煩わしさ、引っ越し作業自体の時間もかかります。
    私がインターネットでの被害に遭っていなかったら、する必要のない引っ越しです。 結局、2013年から2018年現在までの5年間で、私は事務所を4回も移転せざるを得ませんでした。
    自分の命と本業を守るためのリスクマネジメントとしてやむを得ないとはいえ、精神的にも肉体的にもつらい時期でした。

    殺害予告をされ始めて、1年半が経った2014年5月、ようやく初めて一人の逮捕者が出ました。
    21歳の派遣社員の男性で、私とはまったく面識のない人でした。
    現実でもインターネット上でも、彼とは一切関わったことはありません。

    逮捕時の様子はテレビで報道され、彼の顔も見ましたが、幼く寂しそうな眼をしていたのがとても印象的でした。
    私は彼がきちんと更生して、二度と脅迫行為などしない平和で幸せな生活を送ってほしいと今でも強く願っています。

    逮捕者が出たことで、少しの間、殺害予告が投稿されることはありませんでした。
    しかし、そんな静寂もつかの間、それ以降は携帯電話でツイキャスティング(通称ツイキャス)というストリーミング配信を行いながら、
    突然、私の事務所に押しかけてチャイムを鳴らしたり、事務所の上の階から撮影した写真を投稿したりする実動部隊が出現しました。

    インターネットという二次元の世界から飛び出し、現実(実在)の私の近くに現れる者が増え、その行動もどんどん過激になり、実害へとエスカレートしていきました。
    おそらく、ネット上での誹謗中傷では満足できなくなり、より刺激を求めたのではないでしょうか。
    なぜ炎上するのかは、改めてお話ししたいと思っていますが、掲示板で盛り上がっている人たちには絶えず新しいネタが必要なのです。
    同じレベルのことをしていると飽きてしまうのが、彼らの特徴でもあります。
    ただ、殺害予告をした者の中から逮捕者が出たことで、「殺害予告なんてつまらない」「捕まったら嫌だし」という流れになっていったようです。

    しかし、彼らには刺激が必要です。
    そこで、殺害予告に代わる新たな投稿が出現したのは必然の成り行きでした。動画配信にも飽き足らない彼らが次に手を出した手段——。
    それが爆破予告です。
    しかもその予告には、私の事務所を爆破するという人物だけではなく、私の名前を騙り、地方自治体などに爆破予告する人物まで現れたのです。
    いわゆる、なりすましによる犯行です。

    殺害予告に代わって登場した爆破予告は、連日のように投稿され続けました。
    「爆破予告された事務所の様子を撮りに来た」と、あるテレビ局のクルーが事務所の前に突然やって来たこともありました。
    事務所のある階と同じ高さの場所を目の前のアパートで確保し、そこから、事務所の様子を撮影していたのです。
    もし、爆破が起こったら、そのテレビ局のクルーも被害を受けるのは間違いないのに、撮影しているその様は、本当に爆破が起こるわけはないと思いながら、単にテレビのネタとして映像を撮ろうとしていることを意味していました。

    「まさか本当に爆破されないだろう」
    「大丈夫だと思うが、とりあえず犯行時刻までいよう」
    という呑気さが伝わってきて、私は非常に気分を害しました。私は日々流れて消費されていくニュースの箸休めの面自ネタではないのですから。

    そのあとも数多くの実害をこうむりますが、私は弁護士活動を続けました。
    よく弁護士を辞めませんでしたね、と聞かれることがあります。それには私が弁護士になった経緯をお話しする必要があります。

  80. 匿名 より:

    そして、ついに殺害予告が来る
    この一連の出来事は、数週間の間に起こったことでした。
    それからというもの、連日の誹謗中傷によって、インターネットを見ていないときに何が起こっているかが気になり、不安でよく眠れなくなりました。
    そして、頻繁に悪夢を見るようにもなったのです。
    感情の起伏がなくなり、夜にはアルコールを摂取しなければ、寝つくのに時間がかかるようになりました。
    ようやく眠りについても、悪夢を見て、目を覚ましてしまうことがたびたびありました。

    また、周囲の目が気になり、人混みに出ることを極力避けるようにもなりました。
    匿名の者による投稿によって誹謗中傷されているため、どこに私を攻撃しようとしている者がいるのかがわからず、疑心暗鬼になっていたためです。
    ポイントカードを利用することをやめたのもこの頃です。
    不用意に個人情報を外部に出せば、リスクコントロールできないからです。

    そうした不安定な生活が5カ月ほど続いたある日のこと。毛色の違う新たな投稿が出てきたのです。
    それが殺害予告でした。

    「8月16日、五反田で唐澤貴洋を殺す」 「ナイフでめった刺しにする」 といった投稿でした。
    その投稿者は、当時高校生でした。 彼が未成年であることがわかったため、都内で印刷会社の社長を務める父親に連絡をとると、
    本人に確認もせずに「そのようなことを息子がするはずがない」とにべもなく電話を切られてしまいました。
    連絡した時点で彼の自宅に送った内容証明は、まるで戦利品かのように「唐澤から内容証明が来たぜ」とインターネットでさらされました。
    このことは子どもがインターネット上で何をしているのか、親が管理監督できていない事実を示していました。
    当時、高校生だった彼も、今は成人しています。真っ当に生きることを願ってやみません。

    この殺害予告を皮切りに、インターネット上では私への殺害予告がブームになっていきました。
    誹謗中傷だけのときは警察には頼りませんでしたが、さすがに殺害予告については、警察に相談をせざるを得ないと判断しました。

    その後、警察によって10数件以上も立件され、助けていただきましたが、当時は、警察においても、まだインターネット上の投稿が犯罪になるという認識が薄かったように思います。
    私は「IPアドレスとは何か」「どうすれば犯人を特定できる可能性があるか」など、警察署で一生懸命伝えました。
    私自身は数えたことはありませんが、警察の方から聞いた話だと、私は100万回もの殺害予告をされているとのことでした。

    この100万回にも及ぶ殺害予告がどの程度のものなのか、なかなか想像できないと思いますが、ネットに「殺害予告ランキング」という、あまりうれしくないものがあります。
    誰がカウントしたかは不明ですが、それによると、1位はジャスティン・ビーバー、そして2位が私、3位にジョージ・ブッシュ、以下、ランス・アームストロング、バラク・オハマ、パリス・ヒルトン、タイガー・ウッズなど、錚々たるメンバーなのです。[5]
    この中で私が2位にランクインしていることを見るだけでも、その異常さ加減がわかってもらえるのではないでしょうか。

    誹謗中傷を受けて、すでに疲弊しきっていましたが、2012年8月の殺害予告以降、私の生活はさらに一変しました。
    「殺害されるかもしれない」「殺されずとも、刺されたり、車で突っ込まれたりして危害を加えられるかもしれない」という恐怖を日々抱き、同じ行動パターンをとらないよう、毎日歩く道を変えました。
    背後に人がいないか、常に気にするようになり、不審だと思う人がいれば、行動を確認したうえで先に行かせました。
    狭い密室が怖くなり、エレベーターではなるべく人と一緒に乗らないようにしました。周りを気にして、ビクビクするようになったのです。
    これでは正常な精神状態が保てません。
    相変わらず夜はアルコールを飲まなければ、眠りにもつけません。
    床に入ると「このまま朝、目覚めなければ楽になるのに……」と何度も思いました。考え始めると不安と恐怖が襲ってきて、夜遅くまで眠れないことも多々ありました。

  81. 匿名 より:

    きっかけは「2ちゃんねる」
    編集
    私がなぜインターネットで炎上することになったのか、簡単に経緯を説明します。
    事の始まりは、2012年3月。当時、インターネットの電子掲示板「2ちゃんねる」で誹謗中傷されていた少年の弁護を引き受けて、誹謗中傷記事の削除請求等を行ったことでした。
    当時「2ちゃんねる」では、削除請求や匿名投稿者の特定などの依頼をすべてインターネット上で行うという方式をとっていました。
    誰がどのような要求をしているのか、内容がすべて公開されてしまうのです。
    権利侵害を受けている者が、自ら被害者であることを公表して、誹謗中傷記事の削除を求めることは、
    ときに、心無い者の目にとまり、削除できるどころか、記事がコピーされて、むしろ拡散してしまう危険性をはらんでいました。

    そんな状況下で私は、「2ちゃんねる」に削除請求をしたものですから、格好の標的になってしまい、あることないことが大量に、「2ちゃんねる」上で削除請求をした直後から書かれ始めました。

    当時、インターネットでの誹謗中傷の削除などを担当している弁護士は私のほかにも数人いましたが、私はリスクがあっても、困っている依頼者がいる限りは断らないというスタンスで仕事をしていました。
    もちろんその志は今も変わりません。しかし、ものすごい勢いで「この弁護士、何だかおかしいぞ」と「2ちゃんねる」で新たなエサにされ、叩かれ始めたことには、相当な危機感を抱きました。

    そのとき、私は弁護士として独立して、まだ1年弱。新米弁護士のため、自分で新しい仕事をどんどん開拓していかねばならない立場にあり、誹謗中傷問題をメインの分野として取り組むことにしました。
    そこで、私は営業活動の一環として、事務所のホームページや事務所アカウントのツイッターを開設しました。

    インターネット上での名誉毀損の事件が増え始めていた時期でした。誹謗中傷などで困っている方はインターネットを利用している方が多いのではないかと思い、
    多くの人に自分の存在を知ってもらおうと、インターネットを精力的に活用し始めました。
    そこで、ツイッターでは名誉毀損とかかわりのありがちな政治家、芸能人、著名人など多くの有名人をフォローしていました。

    その中にアイドルがいたことが、炎上を加速させてしまったようです。
    「こいつはアイドルオタクだ」と決めつけられ、「ドルオタだ」と揶揄され始めたのです。

    ちなみに、私の趣味は読書と映画鑑賞で、アイドルについてはまったく詳しくありませんでした。
    たとえ私がアイドルオタクだったとしても、弁護士をやっていくうえで何の支障もないとは思いますが、
    「ドルオタ」というレッテルを貼りつけて、ある種の高揚感を共有してアイドルオタクに対する差別的な感情を前提として、
    マウンティング(人間関係の中で、何事につけても相手をそれとなく貶め、自分が優位に立とうとする言動のこと。格付け争い)をした気になっている者がいることに、激しい違和感を抱きました。

    とにかくおかしなことになってしまっていると、すぐにツイッターを非公開にしましたが、一度燃え出した火花は延焼していくのでした。

    掲示板上では、私の名前とネガティブなキーワードを組み合わせた投稿をたくさんすることによって、検索エンジンのサジェスト(予測変換)ワードをつくり出そうとする動きがありました。
    つまり、「唐澤貴洋 犯罪者」「唐澤貴洋 詐欺師」などのように、私の名前を貶める言葉を次々と入力し、私の名前を入力すると予測検索で表示させようと盛り上がっていたのです。
    こういった行為は、「サジェスト汚染」と名づけられ、その後、誹謗中傷の手段として繰り返し行われていきます。
    そうした誹謗中傷は悪質を極め、ありとあらゆる罵詈雑言が毎日インターネット上で羅列されていきました。

    私は、そういった誹謗中傷に対して、裁判所で仮処分を取得し、「2ちゃんねる」上で発信者の開示を求める手続きをとり続けましたが、そのことがさらに反感を買い、誹謗中傷は加速していきました。
    サジェスト汚染について取得した仮処分について、「無差別的に仮処分をとっている」という見解がインターネット上にありました。
    しかし、サジェスト汚染による権利侵害を疎明(裁判官に確からしいという推測を抱かせること)し、裁判所から正式に決定を取得したものであって、その見解は、的を射ていませんでした。

    今では弁護士もインターネットを使って仕事の営業をするのが主流ですが、当時はまだ使いこなす人が少なかった時代。
    そもそも弁護士に関する情報量が少ない中で、私自身がひときわ炎上していくのは、弁護士生命が危ぶまれる事態です。当然ながら、弁護士というのは対外的な信用が重要ですし、それを大切にする職業です。

    ところが連日、大量に誹謗中傷が投稿された結果、私の名前や事務所名で検索すると、「犯罪者」や「詐欺師」といったひどい文言が同時に出てくるようになってしまったのです。
    常識的に考えても、インターネット上でさんざん誹謗中傷されている弁護士に、仕事を依頼しようと思う人など皆無でしょう。
    弁護士として砦ともいえる信用が、毎日のように目の前で失われていく窮状をどうにかしようと、私のほうからも誹謗中傷を書いた人物の身元を特定するべく、必死で法的手続きをとりました。
    しかし、その甲斐もなく、かえって「こいつは反省していない」「歯向かってきたぞ」と、書き込みの内容はますますひどくなるばかりでした……。

  82. 匿名 より:

    自宅に届いたレターパック
    編集
    私が38回目の誕生日を迎えた2016年1月4日。仕事を終えて、深夜、自宅に戻ると、見知らぬ人からのレターパックがポストに届いていた。
    差出人の住所も名前も、心当たりがまったくない。それなのに、レターパックには自宅の住所と私の名前が書いてある。
    私は瞬時に嫌な予感がして、悪寒がした。
    その場でレターパックを開けて見てみると、A4判5枚ほどの小説のようなものが入っていた。[2]気味が悪すぎて内容はよく読まなかったが、
    おどろおどろしい幽霊のような字体のフォントで書かれたものを見て、「やっぱり……」と目の前が真っ暗になった。
    「ついに自宅まで特定されてしまったか」と絶望して、その場に立ち尽くした。

    詳しくは後述するが、これまでも、私は数多くのプライバシー侵害を受けてきた。インターネット上での私への誹諾中傷は、2012年から現在に至るまで、ずっと続いている。
    インターネットの検索エンジンで、私の名前「唐澤貴洋」を検索すると、とてつもない量の書き込みが出てくる。その多くは掲示板やSNSで私をネタとしてからかい、揶揄して、勝手にねつ造されたものばかりである。

    最初は誹謗中傷程度であったものが、それだけにとどまらず、私への殺害予告、私の弁護士事務所への爆破予告と書き込みの内容もエスカレートしていった。
    そして、事務所のある建物に侵入した動画をネットで公開する、事務所の入り口に私を中傷した落書きを残す、カミソリ入りの手紙を送ってくるなど、悪質なイタズラによる実害もこうむっている。
    あるときは、私の後ろ姿を撮影した写真までがネットに公開されることも……。

    弁護士という仕事の特性上、事務所の所在地を公開するのはやむを得ないこと。
    実害に対して嫌悪感や恐怖心は抱きつつも、ネットでの言動がエスカレートしている状況を鑑みると、事務所への実害は想定の範囲内ではあった。
    しかし、ついに自宅まで突きとめられたとなると、身の危険を一層感じざるを得なかった。

    不安と恐怖に駆られながら、パソコンを開いて、インターネットを確認した。すると、私について書かれている掲示板の中で、やはり私が住んでいる自宅のマンション名が明記されていた。
    レターパックの宛先を再度確認すると、部屋番号までは記載されていない。
    つまり、レターパックの送り主は部屋番号までは特定できなかったということだ。
    ただ郵便局員が気を利かせて、親切心でレターパックを私の自宅ポストに投函してくれたのだろう。
    しかし、配達記録が残るレターパックを私が受け取ったことで、配達完了が送り主に伝わってしまったことになる。いずれ不審者が私の自宅マンションに来て、事務所と同様に不法侵入やイタズラをするのは間違いない。
    「このマンションにはもういられない」
    そう思うと、心臓の鼓動が早くなった。

    すぐに私は家を出る決心をした。
    同じマンションの住人や、お世話になっている管理人に迷惑をかけるわけにはいかない。
    私の居場所がバレているのであれば、当然、自分も危険な目に遭うかもしれない。このままでは安眠もできない。もうここでは平穏な日常が送れない。
    そう判断して、私は外に室内の光が漏れないよう、暗い部屋の中で日常生活に必要な最小限の荷物をトランクひとつに詰めて、深夜に部屋を出た。
     マンションを立ち去る前に、住所がネットで明かされた今となっては、同じように不審な郵便物が次々と届くことが頭に浮かび、ポストの差込口にはガムテープを貼って対応した。
    その後、自宅マンションから遠く離れたホテルに移った。これでしばらくはホテル住まいになるだろうと、内心穏やかではなかった。

    なぜ私の自宅マンションが特定されてしまったのか……。
    推論の域を出ないが、おそらく私の出身大学のデータベースで、住所が判明してしまったのだろう。
    その日見たインターネットの投稿の中に、「大学のデータベースを見た」と書かれていたのだ。
    私の出身大学では、在校生であれば、OB・OGの個人情報が簡単に見られるシステムになっている。
    個人情報が見知らぬ第三者に勝手に盗み見される危険性を、大学の広報に伝えたが、なしのつぶてであった。

    ちなみに、私に対する殺害予告が同大学のIPアドレス(インターネットに接続された機器が持つナンバーで、インターネット上での住所のようなもの)からなされたときにもクレームを入れたが、大学側からは一切報告がなかった。
    逆に「何も答えない」という事実から、やはり情報源は大学のデータベースなのだと確信している。
    大学のシステムが現在どうなっているかはわからないが、少なくとも2016年の段階では、大学の個人情報の管理がきちんとなされていなかったこと自体に、私は相当の危機感を抱いている。

    嫌がらせは自宅への郵送物だけではない。
    インターネット上でも、赤の他人である人物の近しい関係者であるかのように書かれることもしばしばだ。
    たとえば、2014年5月、岩手県で開催されていたAKB48握手会での傷害事件の犯人として、私がインターネットで誹謗中傷されたことがあった。
    新聞にも載った事件なので覚えている方も多いと思うが、背森県の24歳男性が、改造した折り畳み式のこぎりで、入山杏奈さんと川栄李奈さんと男性スタッフの計3名を襲った事件だ。犯人はその場で現行犯逮捕された。
    当然、そのとき私は岩手県にもいないし、犯人はその場で捕まっているのだから、犯人であるはずもない。
    しかし、ツイッター上では、なぜか私が犯人だということで盛り上がっていたのだ。

    最近の話でいえば、2017年には元SMAPの3人が所属するCULENという事務所が、偶然、当時私が構えていた虎ノ門の弁護士事務所の隣に入居してきた。
    すると、雑誌やテレビの記者から「CULENの顧問弁護士になったのですか?」「関係者なのですか?」などと問い合わせが殺到した。
    インターネットでの書き込みを鵜呑みにしたマスコミが、真偽のほどがわからずに確認してきたのだ。

    また、同じ年の9月に『週刊文春』で不倫疑惑が報じられた山尾志桜里衆議院議員の相手として、私の名前が取り沙汰されたこともある。
    私は山尾議員と面識もないどころか、当然、不倫相手でも何でもない。

    その号が発売される前日に、あるジャーナリストが「山尾議員の相手はK弁護士」とツイッターに書き込んだのを見た人たちが、ツイッターに「K弁護士は唐澤じゃないか?」と書き込んだのが発端だった。
    それが思いも寄らぬほど拡散していった。完全なるフェイクニュースを流されたわけである。
    都内の某テレビ局が実際に、アポなしで取材に来たことで、私はその事実を知った。
    アポなしで来た方には、「その書き込みを本当に信じたのですか?」と問うて、帰っていただいた。

    さらに不謹慎で悪質だった投稿もある。
    「法律事務所クロス 弁護士唐澤貴洋弁護士」というツイッターのなりすましアカウントが、昨年お亡くなりになった小林麻央さん(享年34歳)の〝叔父〟を騙り、「私の姪の小林麻央、先ほど亡くなられたとの第一報」という投稿をしたのだ。

    私が書いたものでないことは明白だし、そもそも当時39歳の私が、小林麻央さんの叔父であるはずもない[3]。
    お亡くなりになったという正式発表の会見がある何時間も前に、私のなりすましアカウントをつくった人物が、そうした心ない投稿をしていたのだ。
    実際にテレビ局、スポーツ新聞、大手新聞社の記者からの問い合わせがあっただけではなく、ツイッター上では多数の非難がなされ、大炎上していた。
    その内容は、「親族でもない人間が勝手なこと言うな」「この唐澤っていう弁護士はおかしい」などであった。

    私はその日のうちにツイッター社(ツイッター・ジャパン)になりすましアカウントの削除請求をしたが、それは受け入れられなかった。
    しかし、さすがに死者を冒涜するような行為は悪質すぎるため、犯人を特定しようと、私はすぐに動き出した。ツイッター社に発信者のIPアドレスを開示する仮処分手続きをとったのだ。

    実はこの捜査はまだ継続中であるが、私としては法的手続きに則った情報開示による情報をすでに得ている。
    犯人は、この本を興味本位で手にしているかもしれない。良心の呵責があるのならば、自ら名乗り出てほしいと思っている。[4]

    このように、社会的に有名な方々と私が紐づけられ、SNS上でのなりすましアカウントが勝手に根も葉もない投稿をし続けていると、
    私を知らない人たちからすれば、本当に「唐澤貴洋」という人間が情報発信していると誤解してしまうだろう。
    刑事的には業務妨害、民事的には人格権侵害として、損害賠償請求の対象にもなりうる案件であるにもかかわらず、いまだに無法地帯であるのだ。

    さらに、私が驚いたのは、インターネット上のフェイクニュースを本当の事実であると誤解して、アポなしで突然マスコミの方々が取材に来ることだ。
    実際に私の事務所を訪れるならまだしも、実家の両親に対して「息子さん(=私)が容疑者とされていますが……」と問い合わせがいくこともたびたびあった。
    事件や訃報、話題の出来事に何の関係もない私の名前が紐づけられ、インターネット上で取り上げられるたびに、マスコミの方々が押し寄せてくる。

    たしかに、現役の弁護士が何かの事件の当事者、しかも加害者となれば、ニュースは盛り上がるのかもしれない。しかし、私がインターネット上で被害に遭っていることは、少し調べればすぐにわかることだ。
    私に関するフェイクニュースも、情報源が信用できなかったり、私とはまったく関係がないとすぐに判明したり、
    不自然で怪しい文脈だったりするため、本来なら情報を扱うプロであるマスコミの方々が惑わされることはないはずだと思っていたが、
    実際にマスコミの方々からの問い合わせがこれだけあることを考えれば、そうした知識を持ち合わせていない一般の人たちがインターネットの情報をたやすく信じてしまうのは仕方がないのかもしれない。

    従来、マスメディアがマスメディアとして機能していた時代は、番組でのコメンテーターや芸能人などのタレントの発言も、ある程度スクリーニングされていたように記憶する。
    つまり、扱いの大きさも含めて、報道すべきか否かの判断基準が少なからずあったように思う。
    ところが、各個人がメディアを持ち、自分の意見や主義主張を、世間の目などのフィルターを通さずに情報発信できる現代にあっては、
    情報そのものが玉石混交であることを認識したうえで、各自が判断していかないとならない時代になっているのだ。
    そうした時代背景を考慮しても、情報を精査すべき立場のマスコミの仕事に就いている記者が、インターネットの情報を鵜呑みにして問い合わせすることが少なくないことに正直驚きを隠せない。
    このことは非常に恐ろしい事実であるので、改めて多くの人に知っていてほしい。
    たとえば、法律家は論証の中で「多くの人間が言っていることが、論理的に正しいわけではない」という考え方を学ぶ。
    インターネット上で飛び交う情報の多くは、根拠がなく、真偽も厳密に精査されないまま、容易にリツイートやコピーをされて、拡散していく。
    多くの者がリツイートやコピーをした記事は、多くの者が賛同しているという一点で、信用されているのだ。
    ウソで塗り固められた意図的な情報操作も簡単にできてしまう。こうした危険性を理解したうえで、自戒も込めて情報を取捨選択していかねばならない。

    今回、私が本書で伝えたいのは、人々の生活に必要不可欠になったインターネットは、使い方次第で恐ろしい道具にもなるということである。
    これから紹介する私に起こった出来事は、決して他人事ではなく、誰でも当事者=被害者になる可能性があるということ。
    人知の結集であるインターネット技術が進歩した現実世界に、それを利用する人々のリテラシー、そして、人々を守るべき法律が追いついていないこと。
    こうした状況に警鐘を鳴らしたいのだ。

    残念ながら、現行の法律では、インターネットによって被害を受けた人たちの権利を守り切ることができない。
    インターネットがこれだけ人々の生活に密着する前にできた法律であるため、本書で起こったような事態は想定されていなかったのだ。
    しかし、私は弁護士を生業としているので、いち法律家として、現実に見合った法律をつくりたいとも思っている。
    法律をつくるのは一朝一夕にはいかない。
    10年単位の年月がかかる大仕事でもある。その間にも、インターネットを利用した悪意により、誰かが傷つけられ、誰かが被害に遭っている。
    被害者は刻一刻と増え続け、追い込まれている。
    本書がそうした現実を改善する一助となればという思いから、筆をとった。
    私の身に起こったこと、その経緯、今後の課題などをわかりやすくお伝えして、そうした事態に陥らないための道しるべとなれば幸いである。

  83. 匿名 より:

    荒らし3年物特級呪物社会不適合者のおっさんwwwねえねえキレたら何するの?どうせ荒らす事しか脳が無いくせにwwwwww
    (*≧艸≦)プークスクスクスwww

    • 匿名 より:

      おっさんは休日まるっと潰して内職した怪文書が全部消されて傷心だから廃墟で引き籠もってオナニーし続けたいらしいね
      こんな奴はほっといて皆でキレイに除菌されたアルテマ行こうぜ

      • 匿名 より:

        132937名無し ID:Nh7lYqvBLf コメントを非表示
        >>132936
        私かーいw
        132936名無し ID:bJczgx19/u コメントを非表示
        >>132935
        お前
        132935名無し ID:Nh7lYqvBLf コメントを非表示
        >>132933
        何を殺るんだろ…自分自身かしら…
        ————–
        このやりとりだけ証拠として残してる説(笑)

  84. 匿名 より:

    2018年10月30日午後10時。私は、アベマTVの「アべマプライム」という番組からの出演依頼に応じて、テレビ朝日のスタジオにいました。
    そこには、私が長期にわたり炎上する原因となったインターネット掲示板の管理者であった西村博之氏(以下、西村氏)がいました。
    西村氏は、過去に自身の著書『僕が2ちゃんねるを捨てた理由』の中で、掲示板管理者として法的責任を問われ、損害賠償金の支払いを裁判所に命じられたにもかかわらず、
    「裁判に負けても賠償金は支払っていません」と明言していた人物です。
    そして、彼は、今現在も2ch.scというサイトの管理者と目されている人物です。

    アベマTVとは、サイバーエージェントとテレビ朝日が母体である、パソコン・スマートフォン向けの無料で視聴できるインターネットテレビであり、一般の放送事業者ではありません。
    そのため、放送法の縛りやスポンサーへの付度などがゆるく、かなり突っ込んだ意見を言ったり、議論を交わしたりすることができるメディアです。

    そのメディアで、私の「炎上」のきっかけとなった「2ちゃんねる」の西村氏に、直接、管理者としての責任を問うことができるので、出演を決めました。
    しかし、当日渡された台本を見ると、テーマは、「2チャンネル創始者のひろゆきさんと、インターネットの歴史と功罪にせまる」という、西村氏が当事者というよりは、第三者的な、評論家的な立場で番組に関与することがわかりました。

    そこで、私は、アべマプライムのスタッフから渡されていた台本を一切無視して、 西村氏にインターネット掲示板の管理者としての責任を問う戦いを挑みました。番組は生放送です。
    自身が運営するインターネット掲示板で、被害者が発生していることについてどう思っているのか、管理者として対応することはないのか、を間いました。
    生放送の結果、インターネット上でどのような評価がされようとも私は気にはしていません。問わなければいけないことがある、ただそれだけです。
    私は「炎上弁護士」と呼ばれ、揶揄されることも多々あります[1]。 炎上していようが、私は弁護士です。弁護士として言わなければいけないことがあります。
    本書では、その言わなければいけないことを、率直に言います。批判を恐れずに。

    日本のスマートフォンの個人保有率は、2015年には5割を超え、あらゆる人が インターネットを常に利用できる環境となっています。
    インターネットは、情報を調査し収集するのにとても有用なツールですが、利用の仕方によっては、とても危険なものにもなります。

    私が体験したことをお伝えする本書を通じて、一人でも多くの方々に、インターネットをめぐる問題が共有され、より健全なインターネット利用がなされることを願っています。
    最後に、本書の出版にあたって、ご尽力いただいた関係者の方々へは、この場を借りて厚くお礼を申し上げます。

  85. 匿名 より:

    「SNSは声なき人に声を与えたツールだったはずなのに、私たちは今、相互監視社会をつくり上げ、生き抜くためのもっとも賢い道は『無言を貫くこと』になってしまった」と語ったのは、
    イギリスのジャーナリストであるジョン・ロンソン氏ですが、SNSを含むインターネット社会が私たちと切っても切れない関係になればなるほど、こうした事態は深刻化していくことでしょう。

    かく言う私も、あるインターネットの電子掲示板における誹謗中傷記事への削除請求等を行ったことで、炎上行為に巻き込まれました。
    炎上行為は電子掲示板での誹謗中傷やプライバシー侵害だけに止まらず、殺害予告、なりすましによる爆破予告、自宅や実家の墓の特定、
    事務所への落書きやポストへの生ゴミの投函といった実害を被るまでに及ぶ被害に、6年も前から現在に至るまで遭い続けています。

    そうした「炎上行為」がいかに、人に精神的なダメージを与え、日常生活に支障を来すことになるかを、本書では実体験を交えて語りました。
    本書によってインターネットをめぐる問題が共有され、より健全なインターネットの活用がなされ、社会の発展、人間関係の潤滑油になることを願ってやみません。

    本書は、インターネットをめぐる問題について書いた本ですが、はたしてインターネットは人を幸せにしているかについても問うています。

    巷には「出会い系サイト」の広告があふれています。そこでやりとりされるのは個人です。たとえば、出会い系サイトやマッチングアプリを通じて「パパ活」が生まれました。
    パパ活とは、若年層のお金をあまり持っていない女性が、経済的な援助をしてくれる男性(パパ)を探して、実際に金銭的な支援を受ける行為の俗称です。
    肉体関係のない交際が基本となりますが、若年層に比べて資金力のある層(男性)が金銭を支払い、若年層(女性)の性や時間を買うことも行われているようです。

    ここではパパ活を例にしましたが、他にも個人が“コモディティ化”され、個人の性や時間が切り売りされて、取り引きされている現実が存在するのは間違いありません。
    「援助交際(援交)」や「売春」という言葉で形容され、ある種のマイナスイメージを持つ社会は以前から存在していましたが、
    パパ活という言葉が言葉として市民権を持っていることに、現代社会の若者の“割り切り”を感じるのは私だけではないでしょう。

    特に2010年代に入ってからは、SNS利用を通じて網の目状に個人のネットワーキングが成立したことで、個人間において実在する商材をやりとりすることが一般化していきました。
    そこから発展して、個人が有している価値そのものが商品として流通することに抵抗がなくなっているのです。

    その具現化したものとして、個人の時間を商品として購入することができるサービスやオンラインサロン(ウェブ上で月額会員制のコミュニティ)、個人が株式的なものを発行するサービスが存在します。
    その他にも、ユーチューバーやライバー(ライブ配信を主とするユーチューバー)という存在も、個人の生活空間を意図的に商品化する一例だといえるでしょう。

    こうした事例は、個人の切り売りが当たり前となってきた風潮があるともとらえられますが、個人を切り売りするサービスを利用すること、
    個人の切り売りの流行に乗ることが必ずしも人の幸せを生むのか否か——このことの是非は一度問うべき問題ではないかと、私は思っています。

    インターネット掲示板、フェイスブック、ツイッターやインスタグラムでは、個人の個性や内面性を流通させることで、人々の関心を呼び、
    多くのPV(ウェブでの閲覧数)を稼ぐことができます。そこに広告価値が生まれ、もしくは、商用利用を呼び込むという側面があることは周知の事実です。

    しかし、個人の内面性、時間、そして、実在が商品として流通するということは、それが商品化されていることを意味し、ある種の画一化が図られていることへの恐怖が忘却されていることに気がついているでしょうか。

    個人が社会における生存のため、商品としての画一化を選択的に望んでいるのならば仕方ありませんが、商品になっている側にはたして商品となっている自覚があるのか、今一度考えてみる必要があるでしょう。

    みんながやっているから。
    マスコミで取り上げられているから。
    いろいろな人とつながりを持てるから。

    そういったことが動機になって、無垢な状態で商品化を受け入れているのであれば、警鐘を鳴らさざるをえません。

    炎上という現象も、問題の投稿が掲載されたサイトにアフィリエイト広告などの広告が掲載されており、収益性を帯びていることから、個人の内面性の商品化への一つの実例となっています。

    『ネット炎上の研究』を著した山口真一氏によれば、約7割の人が自分自身の炎上を恐れているといいます。
    ところが、実際に炎上行為を行っている人の割合はネットユーザーの0.5%に過ぎないとも、指摘しています。

    このようにネット社会、ネット上の世界では、極端な意見や過激な批判は人の目につき、情報が拡散されやすい傾向にあります。
    だからこそ、7割の人は恐怖を感じているのです。つまり、炎上行為は少数の人によって引き起こされているものでありながら、そのインパクトは多大であり、心理的負担も大きいのです。

    そして一番の問題は、発信しようと思わない人、意見があっても炎上を恐れて発信しない人のコメントなどはインターネット上では一切「見えてこない」ことです。
    対抗言論なく悪目立ちする権利を侵害する情報が有意な情報として流通している現実が存在するのです。ここにネット社会の大きな闇を感じます。

    本書には、このようなインターネット社会において個人が「炎上」に取り込まれ、自分を見失っている現象を私なりに分析した結果も盛り込んでいます。
    インターネット社会の“負の側面”を多くの人が知り、あらたな被害者を一人も生むことなく、誰もが健全なインターネットの利用ができる一助になれば幸いです。

  86. 匿名 より:

    球技祭クソ可愛い女子の正面からの透けブラ(苺?さくらんぼ?柄が丸見え状態)
    応援席からの脇チラ、高跳びでのヘソ&パンチラ(これは見せパンかもしれんが)

    あと基本ミニスカやからクラスの集合写真などムチムチの太もも画像宝庫
    永遠のオカズ手に入ったやで~wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

  87. 匿名 より:

    もう最近の女はブログでオナニーし過ぎてキモイ
    mixiでもそう、なんであんなに自己顕示欲が高いの?
    コテよりもウザい誰得内容のブログを一年中書いてる

  88. 匿名 より:

    お前らに忠告しとくぞ ワイはキレたらガチで何するか分からんから

    • 匿名 より:

      熟年厨二病乙

    • 匿名 より:

      勝手にキレて警察に捕まってろバーカwwwどうせ荒らしをやるしか脳がねえだろwww荒らし3年物特級呪物社会不適合者のおっさーんwww
      (*≧艸≦)プークスクスクスwww

  89. 匿名 より:

    進学校は実際ブスな女ばかりだしな
    あとはもやしっ子ばかり
    あんなのと青春時代過ごすなら俺は馬鹿でいいし周りにも馬鹿だけでいい

    もう風呂入るわ
    こんなにアホだと思わなかった
    飲酒通報は笑ったで、ほなっ!!

  90. 匿名 より:

    進学校(笑)で友達で呑みもしなくて高校時代の思い出がほとんどない奴wwwwwwwwwww
    もう100年生きても高校生はやり直せないよ?
    勿体ないし負け組だし哀れだわ
    これで将来年収1000万近く稼ぐなら別だけどさぁ、高学歴だろうと金持ちになれる保障なんて今の時代ねーだろwww

  91. 匿名 より:

    学歴コンプwwwwwwwwwwww
    気持ちわりぃぃぃぃぃぃぃwwwwwww

  92. 匿名 より:

    別に俺は進学校の奴に微塵も嫉妬などしないね
    将来大企業に確実に就職して金持ちになろうなんて考えてないからww
    中小企業に就職して無理なら親戚の店を継ぐだけ
    たった一度の人生だし楽しんだもん勝ちだと思ってる
    進学校に入って確実に将来金持ちになれる保障があるなら別だが普通の人生歩むくらいならむしろノリが良い奴が集まり毎日馬鹿やって笑ってた底辺高校で楽しい思いでを死ぬほど作る方が良いわ

  93. 匿名 より:

    呑みオールとかやったな
    夜中うるさくし過ぎて友達の兄ちゃんがガチギレしたのは良い思い出

  94. 匿名 より:

    普通に高校時代に飲酒してる奴なんて数えきれないほどいたわwwwwwwwwwwww
    多分友達同士で呑み会とかした事ないんだろ(爆笑)
    ヒッキーンゴwwwwwwwwwwwwぼっちンゴwwwwwwwwwwwwwww

  95. 匿名 より:

    高二くらいから普通に皆呑んでるだろwwwwww

  96. 匿名 より:

    千春たそ~

  97. 匿名 より:

    千春はクリーンアップ

    先頭はりか

  98. 匿名 より:

    バイトが休みだから忘れ物を事務所まで取りに行った訳よ
    で、帰り駅でJK3人組がウンコ座りで座ってたのを発見。すかさず俺は前へ。
    そらもう丸見えよ、二人はクソ可愛いけど一人はガングロで正直萎える。
    で、しばらくするとガングロの奴が俺に気付く。
    そいつが二人に「パンツ見てんだけど・・・・まじ無理」とか聞こえるように言ってきやがった。
    ムカついた俺は腕を捲りわざと見えるように指輪を見せつけてやって「俺にはもう彼女いますからwwwお前みたいなクロンボ興味ねえからwwww」
    的な顔をするとそのガングロは小太りの少年のようにポカーン←
    そのまま覇王色の覇気のごとく威圧して俺の事実上勝利が決定
    俺に勝負を挑んだ奴が悪いといえる模様
    もう(ギャルなんて怖く)ないじゃん・・・・

  99. 匿名 より:

    まあ俺は東京で生まれて2~17歳まで千葉で過ごして現在は東京住みだけどな

  100. 匿名 より:

    能登半島初期微動はぁはぁ

    きもてぃいいいいいいいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

  101. 匿名 より:

    水死体で行方不明なら葬式どころか墓すらたたないンゴwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

  102. 匿名 より:

    俺は今までに彼女二人いたし童貞でもない。
    女から堂本光一に似てると言われた実績もあるし告白された回数は4回もある。
    それにあんな少ししか晒してない顔画像でブサメンだと断定出来るはずがないわな
    ネットではこういうキャラを演じて楽しんでるがリアルでは皆の中心だからな、これでも
    マジでニートとは天と地ほど差があると心からそう思ってる

  103. 匿名 より:

    ちなみに広島の丸ともやったことある
    ガチで

  104. 匿名 より:

    ピッチャーだったが球速かったで
    3打数ノーヒットに抑えられたわ
    俺は当時ファーストだから野手の丸とは対決出来なかったが

  105. 匿名 より:

    俺と小学校時代野球で対戦したことある丸最高やwwwwwwwwwwwwww

  106. 匿名 より:

    俺はも丸も投手

    俺は打たれたしサードフライで完敗wwwww

  107. 匿名 より:

    自慢じゃないが小5の頃現在広島カープの丸と対戦した事ある

  108. 匿名 より:

    高二の夏休みのワイの家で
    夜中に近所のコンビニで背景が黒で馬がパッケージの3個入りのコンドームとお菓子とアイスを買った
    一晩で2個ゴムを使用した(射精は一回)

  109. 匿名 より:

    19歳
    身長 155
    体重 知らん、やや痩せ
    髪型 茶髪ストレートロング
    似ている芸能人 鈴木えみ
    胸 D
    萌えるとこ 大人っぽいが実はめちゃめちゃ子供なとこ

  110. 匿名 より:

    アドバイスくれた方々ありがとうございました。
    思ったよりへっちゃらでしたwww

    ホテルの値段は7825円でしたので二岡内野手に負けましたorz
    ラブホって凄い場所ですわ。

    ビリヤードやスロット、サウナまでありました!!!!!!
    ゴムは怖いので持参した物でやりましたよ。
    本当にアドバイスくれた皆様に感謝です^^

    • 匿名 より:

      やーいw荒らし3年物特級呪物社会不適合者のおっさーんwww
      (*≧艸≦)プークスクスクスwww

  111. 匿名 より:

    彼女とメールしてたんだが俺から「行ってみて~なぁ」とメールしたところ、あっさり「じゃあ行こうよ」とメールが来たwwwww

    隣町のラブホに行くんだが予算は1万5千円あれば平気?
    それとこんな時間から入れるの?

    ラブホとかマジ行った事ないから嬉しい半面不安で仕方なくなってきた・・・orz

  112. 匿名 より:

            M.ハ从人ノヽ
          イリ       ノリ,,
          メ _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_ .K    聖書燃やしたくらいで文句言ってるけど
         メ i        7 .K   当職の持ってる本を当職がどうしようが勝手だろ
         ヨ .y -一  ー- !, f    現代国家で一番強い権利は「所有権」なんだよ
         r! .!. ィtァ   tァx .!.\.    当職が当職の本を燃やしたいから燃やす。それだけ
    .     !,Y         f .!.    他人がガタガタ言う資格は無いってこった
    .      ]   、.`ー’ .,  .├’     お前らが本を大事にしたいなら勝手に自分のを大事にしろよ
    .       !,    ̄ ̄   .ハ     当職はそれを奪って燃やそうとまでは思ってねえよ
          /ゝ,      ,ノ ヽ,
        //.  i`゙””””'”´ /   |\,__,,,,,,
      ⌒  /   ‘,     /.   |     ヽ

  113. 匿名 より:

          ノ____ l
         l | ⌒  ⌒ | ミ  最近の世界情勢では
        ヾ丿 ・  ・  | ミ  「コーランを燃やしたせいでイスラム教徒が暴れた」
          l,l   ∪   l,l  というニュースが珍しくありません
         ヽ  ー―   /    一見するとイスラム教徒が抗議しているように思えます
         /ヽ___/\   しかしこれは非常に矛盾した行為なのです
          ノ____ l
         l | ⌒  ⌒ | ミ  イスラム教というのは、「宗教イコン」を禁じています
        ヾ丿 ・  ・  | ミ  宗教イコンとは、「宗教を象徴する物体」「信仰対象となる物体」のことです
          l,l   ∪   l,l  例えばキリスト教徒が持っている十字架や
         ヽ  ー―   /    教会にある聖像や聖絵画、これらは全てキリスト教の宗教イコンです
         /ヽ___/\   イスラム教はこういった物の製造や所持を禁じています

          山’`´‘火ソ
          ノ____ l
         l | ⌒  ⌒ | ミ  これはイスラム教教祖のムハンマドが
        ヾ丿 ・  ・  | ミ  「自分の複製を作ってはならない」と言ったためです
          l,l   ∪   l,l  物を崇拝・神聖視する事は厳しく禁止されています
         ヽ  ー―   /    イスラム教徒が仏像を破壊した事件も有名ですね
         /ヽ___/\   あれは仏像という宗教イコンがイスラム教の教義に反するためです
      ノ ̄:::::::ヽ></::::::::: ̄へ

         ノ____ l
         l | ⌒  ⌒ | ミ  さて、宗教を象徴する物を禁止しているわけですから
        ヾ丿 ・  ・  | ミ  イスラム教徒にとっては、本に何が書いてあろうとも
          l,l   ∪   l,l  それは単なる本、紙の束にすぎません
         ヽ  ー―   /    彼らは物を神聖視する事は許されません
         /ヽ___/\   燃やそうが捨てようが破こうがそれは単なる紙です
          ノ____ l
         l | ⌒  ⌒ | ミ  では何故その燃やされた本がコーランの時には
        ヾ丿 ・  ・  | ミ  銃を撃って建物に火を付けて集団で暴れるのでしょうか
          l,l   ∪   l,l  コーランを燃やされた報復に暴れる、というのであれば
         ヽ  ー―   /    それはコーランという本を神聖視している事になります
         /ヽ___/\   これは明確に彼ら自身の教義に違反しています

          ノ____ l
         l | ⌒  ⌒ | ミ  イスラム教は宗教イコンを禁止しています
        ヾ丿 ・  ・  | ミ  しかしコーランを燃やされて怒る・暴れるのであれば
          l,l   ∪   l,l  それは本という物を宗教イコン扱いしている事になります
         ヽ  ー―   /    口ではイスラム教徒を名乗りながら
         /ヽ___/\   行動では教えに反している。この矛盾が存在します
          ノ____ l
         l | ⌒  ⌒ | ミ  つまり私がコーランを燃やしたところで
        ヾ丿 ・  ・  | ミ  イスラム教徒が私に抗議する権利は一切無いのです
          l,l   ∪   l,l  むしろ抗議する人間こそイスラム教の教えに反しているわけです
         ヽ  ー―’   /    
         /ヽ___/\  

  114. 匿名 より:

    現状もはや証拠があり過ぎて荒らしは言い逃れはできないだろうからアルテマでの通報に協力してくれ。自分は既にやった。

    • 匿名 より:

      お、思ったよりも仕事が早かった。どうせまたやるだろうからそんときゃ消してやんよ。

  115. 匿名 より:

    唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐澤貴洋殺す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す
    唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す唐揚弁当食す

  116. 匿名 より:

    アルテマ雑談板がえらいことになってる…遂に◯害予告まで始めやがった…コメント削除した時点でアルテマが目をつけてるのに何故自分から墓穴を掘る様なことしてんだ…

    • 匿名 より:

      情緒不安定だからほっとけほっとけ

    • 匿名 より:

      逮捕からのテレビ中継はよwww

      • 匿名 より:

        テレビ中継は非現実的だけど、
        逮捕は普通にあるんじゃね
        過去に判例があるからね、漢字変えたからて言い訳は通用しないって

        • 匿名 より:

          131607名無し ID:1A+KQvArI+ 非表示中
          >>131604
          殺します
          131604名無し ID:SDCCQgHv3I コメントを非表示
          遂に◯害予告まで始めたけどコレ完全にアウトじゃね
          ——————-
          ごめん、漢字変えてなかったし明らかに対象を指定してた
          通報した

    • 匿名 より:

      頃市コメントを週始まり寸前に500回の連投スパムで奥に流して隠蔽しようとしてるけど
      ログにきっちり残るしムダだろな
      あんなので有耶無耶にできると思ってたなら頭お花畑過ぎるだろ

      • 匿名 より:

        案外下コメの容疑者的中しててヤバイと慌ててとんずらモードに移行したのかもな

    • 匿名 より:

      こういうことあるからな
      最近の無差別系は先にネットで暴れてるパターン多いから
      ハインリッヒの法則に基づいて対応してほしいよ

    • 匿名 より:

      ずいぶん気合い入れたスクリプトやねえ
      どうせやるなら自動生成にすればいいのに、わざわざアウトワード入れたりここのコメント引用したり…
      やっぱ碌でもないわ

  117. 匿名 より:

    まったく確証はないんだけどさ
    この人かなり怪しくね?

    • 匿名 より:

      ごめん
      上手くスクショが貼れなかったからXのリンクになっちゃうんだけど
      https://twitter.com/ryoki1208re
      Xアカウント名「室井あきのり@電大OB」って人

      「セルラン圏外」「ブルアカ最高」「過疎」「紫苑のことを劣化ウイ」「ドッカンバトルどうこう」とか
      言ってることがここの荒らしと全く同じこと言ってる
      この人のセリフを荒らしがコピペしてるのかもしれないけど

      • 匿名 より:

        ちなみにこの人が本垢って騙って誘導してるアカウントもなりすましされてるらしくって
        どうにもここの荒らしの人に責任なすりつけたがる癖が垣間見えるんだけど
        みなさんどう思います?

      • 匿名 より:

        東ロワ公式ツイートに毎回アンチリプしてる奴やんそいつ
        まあなんか行動パターン似通ってるし言ってることも同じならかなり黒じゃない?本垢じゃなくて、なりすまししてる方ね

      • 匿名 より:

        ああ、そんなん居たな。関わるだけ時間の無駄やからだいぶ前にブロックしてたわ。
        にしても人生を荒らしに費やすとかとことん哀れなおっさんやな。

  118. 匿名 より:

    ???「ぬおおお連投連投連投!カチカチカチカチィッ」(12時間)
    管理者「なんやこれ?はい削除ポチ」(10秒)
    これが現実

    • 匿名 より:

      休日だから野放しにされてるだけで完全要削除案件だからなぁ
      必死で書き溜めた汚文が瞬殺されてゆく
      これからあらしが目撃するものは……
      それを見た瞬間 身の毛のよだつような
      恐怖の疼きを味わわせることでしょう……(自業自得)

    • 匿名 より:

      社会の見本にならなきゃいけない良い歳した中年のおっさんが、そんなこんなでみっともなく3年以上も張り付いて貴重な人生に時間を費やしてアルテマで誹謗中傷しながら荒らしてるんだから本当に救いようがないダメな大人だわ。
      あとやたらブルアカも推してたけど中身をプレイしてるなら大人はどうあるべきかわかってるはずなんだがね。あの様子では全くわかってすら無さそう

    • 匿名 より:

      「これが現実」がやっぱり現実になったな
      きれいサッパリ消されてて荒らしご愁傷SAN

  119. 匿名 より:

    親がかわいそう
    自分の子供があんなことしてるなんて、産まなきゃよかったと思うだろうな

  120. 匿名 より:

    ロスワ史上1、2を争うデカパイ青娥来たな
    ダンカグされちゃわないか心配
    そして待望の魔法少女アリス復刻来たあ!!

  121. 匿名 より:

    VPNかますのすらしなくなったな

    • 匿名 より:

      最近みんなにスルーされまくってるのがだいぶ精神にキテルネ
      脆すぎw

      • 匿名 より:

        アルテマでずっと弾幕ゲーしてるけど
        ユーザー皆に華麗にグレイズされまくってるな

        • 匿名 より:

          アレはダメさ、弾幕が薄い
          弾幕の数がじゃなくて、中身が
          荒らしの言葉なんて全部ペラッペラだもん
          見てて怒りより、哀れみが湧くくらいには

    • 匿名 より:

      模倣犯の可能性もある

      • 匿名 より:

        成りすましは奴さんの普段から常習してた行為だからね
        もし成りすましで余計な汚名がついたとしても
        それはもう自業自得っていうか、奴さんの大好きな「ブーメラン」でしかないよ

    • 匿名 より:

      まあ3年物特級呪物社不のおっさんは永久に踊らせときゃいいよ

    • 匿名 より:

      この木のコメをアルテマの方に丸コピして
      イジメられましたボクチン激おこ宣言しててもうダメw
      これ以上笑いのツボ刺激しないでくれww

      • 匿名 より:

        激おこで迫真の連投荒らししてて笑ったwやっぱり社会不適合者のおっさんはやる事が違うww

        • 匿名 より:

          ここでルナティック弾幕打って自演バレした時から何も進歩が見られない
          ここは荒らしの練習場とか宣ってたけどやはり
          生まれた時からまったく成長しない程度の能力か

      • 匿名 より:

        これだな
        「ノータリン」がいつにもなく悔しさが滲み出てていいね

  122. 匿名 より:

    チズチズチズチズ

  123. 匿名 より:

    うーん、ブルアカの勝ちかー

  124. 匿名 より:

    こいしちゃんの声
    結局2番目が一番合うなぁって言ったら殴られますかね?

    • 匿名 より:

      桃井はるこが出てきたってことは
      当然レリパチェは内定確実として
      もしやメスガキフランが近日実装か?!

  125. 匿名 より:

    ( (c :; ]ミ当職は弁護士だお前らとは違う

  126. 匿名 より:

          山’`´‘火ソ
          ノ____ l
         l | ⌒  ⌒ | ミ
        ヾ丿 ・  ・  | ミ
          l,l   ∪   l,l
         ヽ  ー―   /
         /ヽ___/\
      ノ ̄:::::::ヽ></::::::::: ̄へ
     そ::::::::::::::: く H Y:::::::::::::::::そ
      ゝ::::::::::::::: ヽ | | / :::::::::::::::::::《
      |:::::::::::::::::::::::V V::::::::::::::::::::::::|
     |:::::::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::::::::::::::::::::|

  127. 匿名 より:

    ん、メインヒロイン。

    • 匿名 より:

      この娘、俺の元カノそっくりだ
      めちゃくちゃセックスしまくったけど、今どうしてるかな
      久しぶりに連絡とってみるか

  128. 匿名 より:

    レリックこいしはスキルで霊力UPできる妨害式は強いという自分の経験則で考えるとやれる子のハズ…!

  129. 匿名 より:

    ブルアカ最高‼︎

  130. 匿名 より:

    ブルアカ最高!!!

    • 匿名 より:

      俺らがやってるロスワはロスワで、ブルアカはブルアカでそれぞれの板で楽しく会話しとると言うのに、それらの道から外れてる荒らし3年物特級呪物のおっさんのお前は何だ?
      他サイトの会話をコピペして荒らして人様に迷惑かけとるだけの人生らしいやないか
      人のコミュニティの輪にすら入れんとかよっっっぽどの社会不適合者やぞおっさん
      それにお前が(長年種巻いて荒らし)始めた物語だろ。荒らさなきゃ言われる事も無いし始まる事ないのおわかり?

  131. 匿名 より:

    レリこいし出たな、レリさとりを意識したようなラスワの演出だけどモーションが長そうで複霊とかだとネックになるかも、あとは能力次第か

  132. 匿名 より:

    少しはココもロスワの話をしやすくなったかな?
    今日はレリックこいしの情報も出るだろうし楽しみ
    オフショルが最高なんじゃ♪

  133. 匿名 より:

    アルテマの方はブルアカコメント消され出したな
    暴れすぎたな

    • 匿名 より:

      ホントに消されてるな、ようやくアルテマが動き出したみたいで良かった
      このまま注意事項の「悪質性が高いものに対しては法的な手段も含め、厳しく対応」してくれてもええんやでw

      • 匿名 より:

        更に欲言えば、どうせやってんのここの特級呪物のおっさんだろうから逮捕されてテレビ中継で民衆に晒されれば最高なんやけどなw

    • 匿名 より:

      まともな情報交換したい人はこのままみんなでアルテマにお引越しして
      荒らしにはこの廃墟の空っぽの玉座の上で独りいつまでも踊り狂ってもらってたらいいんじゃないの
      議論弱々の荒らしで遊びたい人だけたまにいじってやればいいくらいで

  134. 匿名 より:

    俺らがやってるロスワはロスワで、ブルアカはブルアカでそれぞれの板で楽しく会話しとると言うのに、それらの道から外れてる荒らし3年物特級呪物のおっさんのお前は何だ?
    アルテマ見てみれば5chの会話をコピペして荒らして人様に迷惑かけとるだけの人生らしいやないか
    人のコミュニティの輪にすら入れんとかよっっっぽどの社会不適合者やぞおっさん

    • 匿名 より:

      自己紹介上手^ ^

      • 匿名 より:

        おっさん本人キチャァ━━━━━━(n’∀’)η━━━━━━ !!!!
        今の御気持ちは如何ですか!?!?パシャッ! Σ[【◎】]パシャッ! Σ[【◎】]

      • 匿名 より:

        そもそもお前が(長年種巻いて荒らし)始めた物語だろ。荒らさなきゃ言われる事も無いし始まる事ないのおわかり?脳死で自己紹介とか言っちゃう辺りホンマにおっさん社不やな。

  135. 匿名 より:

    随分白けてきてんな

  136. 匿名 より:

    スラム街と化してて草

    • 匿名 より:

      下のコメントにキレてわざわざ戻ってきちゃうの草
      そうとう効いてるとみたね

  137. 匿名 より:

    おっさん最近色んな板逃げ回ってるみたいだけどどうした?
    こことか蛮奇の板でニートバレ告発されたのそんなに嫌だったのか
    みんなもう知ってたから今更な気がするけど

    • 匿名 より:

      どうだろう?俺は本当にニートなのか疑わしいと思うね・・・

      厚生労働省の定義では「ニートとは15∼34歳の非労働力(仕事をしていない、また失業者として求職活動をしていない者)のうち、主に通学でも、主に家事でもない独身者」となってるからネ!
      35過ぎてたらニートですらないヨ!HAHA!

  138. 匿名 より:

    今日もブルアカの勝ち!w

    • 匿名 より:

      遅いお目覚めね
      もう昼過ぎよ

      • 匿名 より:

        どうせ夜中まで他所で荒らしてたんやろw(*´艸`)クスクス

        • 匿名 より:

          バンキのコメント欄を見るに昨日一昨日と夜の3時/4時までハッスルしてるんだよね
          まじ暇人乙

      • 匿名 より:

        そういえば前にちび神奈子の板で「夜中の2時に起きているのは当然だ」って豪語してたな
        聞いてもいないのに急に自分からニートがどうのとか騒ぎ出すし、流石に察しちゃったよ

  139. 匿名 より:

    今日も荒らし3年物特級呪物社会不適合者のおっさんが現実社会に虐められてて草

  140. 匿名 より:

    なんだ、今日もブルアカにいじめられてるんか笑

  141. 匿名 より:

    ブルアカと雀魂コラボしてて草

  142. 匿名 より:

    詫び運命鏡50枚とか、元々持ってた数量を軽く超えてて草
    最大不足量=7✕3リール✕3日分?=63だから50ってとこか

  143. 匿名 より:

    時事ネタというか何というかロスワが他作品とコラボとかするなら何としてほしい?男キャラメイン作品とかそもそもバトルものと違うとか一旦置いておいておせーて
    因みに自分はまどか☆マギカと逃げ上手の若君、諏訪頼重が来たら面白そう

  144. 匿名 より:

    なんだ?ブルア⚪︎にイジメられたのか?

  145. 匿名 より:

    ついに脅迫も出たね〜

  146. 匿名 より:

    今日もブルアカは楽しい
    荒らしを見ていると自分の世界ランクが高いことが分かる

    • 匿名 より:

      お前静岡県民だろ

    • 匿名 より:

      ぶっちゃけこれ何の言い返しにもなってなくて草
      どうせまた例の特級呪物のおっさんだろうけど

      • 匿名 より:

        「荒らし(自分)を見ていると自分の世界ランクが高いことが分かる」
        ホントだ、ただのボッチナルシスト宣言になってて草

  147. 匿名 より:

    今日もロスワは楽しい
    荒らしを見ていると自分の世界ランクが高いことが分かる

  148. ルナおじ より:

    引退引退!くそげー!

  149. 匿名 より:

    今回更に水着組追加されたんだが
    こりゃ管理人更新辞めるわ引退勢増えるわな

  150. 匿名 より:

    今日もブルアカに敗北!w

  151. 匿名 より:

    水着赤蛮奇って完凸出来るがさせた方がいい?
    突破素材一個と被りあるから行けるが

    • 匿名 より:

      水着複霊で詰まること多いならアリじゃない?
      被りキャラは他に使い道ないし
      複霊困ってないなら周年終わるまでその判断保留にするのがベターだと思うけど

      • 匿名 より:

        詰まることは無いですね
        水着は幽々子 妖夢 紫 霊夢しかいませんがレリック組で割と何とかなってる感じです

  152. 匿名 より:

    あの…、水着紫苑よりエピック絵札と複霊絵札の陰防ダウン率がわけわかめなんだが…

    • 匿名 より:

      陰気だからだとおもうけどついに式制限まで無くなっちゃった
      複霊絵札よりガチャ絵札の方が優秀じゃない?
      前回のサマーモンスターのように絵札で釣りに来てるパターンか

      • 匿名 より:

        バンキは普通に強かったからサマーモンスター完凸分だけでも引き得みたいなとこあったけど
        今回は絵札が掛け値なしに強いけど紫苑がイマイチに感じるな
        石砕いて引くか迷う

      • 匿名 より:

        pu絵札が目玉だと凸分揃ったら撤退できるしお得ではあるかも

  153. 匿名 より:

    水着しわん強い?

    • 匿名 より:

      有識者の火力計算待ちだけど
      どうにもラスワがちぐはぐで火力でなそうに見える
      というか性能デザインが色々ちぐはぐで微妙かなぁ

  154. 匿名 より:

    今日も人様に迷惑かけて人生に敗北!w

  155. 匿名 より:

    ルナソルおじさんさぁ

  156. 匿名 より:

    最近妙にこのすばを含めたサゲにはまってるなと思ったら
    原作正邪のページの方でこのすばのアクアの笑い声「ぷっーくすくすく」を使って煽られたからか
    呪物「こんなセリフで煽ってくるのだからこのすばのファンの東方信者に違いない、このすばもセットでネガキャンしてやるー」ってか?
    いつものことながら沸点低いし行動が単純過ぎない?

    • 匿名 より:

      頭が単純やから3年以上も粘着して荒らして人様に迷惑かけとるんやろ、流石社会不適合者やな
      そらブルアカ板側の住民からも煙たがられてハブられるわな

  157. 匿名 より:

    劣化ブルアカは草

  158. 匿名 より:

    ブルアカコメめっちゃ釣れるの草

    • 匿名 より:

      釣れるの草はいいけど
      あなたその釣りする度に恥さらしてるじゃないですか(呆れ)

  159. 匿名 より:

    今日もブルアカの勝利!w

    • 匿名 より:

      こんな特級呪物社会不適合者のおっさんの下に居る生徒達が可哀想やなホンマに

      • 匿名 より:

        呪物先生「みなさん今日も元気に正しい掲示板荒らしの実習を始めますww。手取り足取り教えちゃいますよ~」ニチャァ
        呪物先生「本日の教習は以上です、とてもタメになりましたね。本日習ったことを活かし、宿題としてみなさんも明日までに立派な前科を作ってくるように。いいですね(脅迫)」

    • 匿名 より:

      発狂した影響でブルアカ勝利宣言BOTになったのか

  160. 匿名 より:

    流星卿 紅魔卿 孔雀卿の実装待ってます

  161. 匿名 より:

    重すぎて草

  162. 匿名 より:

    アルテマに何人も荒しが蔓延ってるんだけど、こいつら一体どこから湧いてきたんだ? そういうチャットでもあるん?何度IDブロックしても蛆虫みたいに湧いてくるんだけど……

    • 匿名 より:

      TorっていうIPアドレス隠すサービス使ってると思われ
      まあそこまでして攻略サイト荒らすのは……お察しのアタマですね

    • 匿名 より:

      俺あそこに書き込むたびに特に特殊な事やってないのに毎回ID変わるから1人の人がやってる可能性も有るよ。
      ちなみに自分の書き込みを別の端末で非表示にしてみたけど、非表示に設定したIDはちゃんとなったけど変わる前のIDは非表示にならなかった

  163. 匿名 より:

    去年から運営の推しキャラ推しカプばかり目立つし
    運営の推しの為に課金してきたわけじゃないのにな
    もうアカウント消すわ

  164. 匿名 より:

    今日もブルアカの勝利だ!

  165. 匿名 より:

    これからは水腹一杯飲めるね☆ってネタ思いついたんだけど
    ここで供養してもらっていいですか?

  166. 匿名 より:

    流れに乗じてぶっちゃけた話しちゃっていい?
    実は最近ロスワよりゲンリプの方が面白いなーて思ってきてる
    課金比重はロスワなんだけど、ゲームシステムはゲンリプの方がハマってる
    でもロスワやめようって気は無い
    なぜならばロスワはえっちだから
    東方のエロが見たければいくらでもあるけど、ロスワぐらいのえっちさってあんま無い
    表面上は全然えっちとかじゃないよって振りして、実はドスケベ具合が見え隠れ
    これってもう女の子じゃん
    こんあんさぁ絶対アレじゃん、女の子そのものじゃん
    ロスワ先輩女の子説浮上じゃん
    そんな目で見る俺は不浄じゃん
    草々

  167. 匿名 より:

    2024年3月27日 5:49 PM「レリ華扇板に第1発狂怪文書投下」
    2024年3月27日 5:53 PM「水着バンキ板に「ロスワ信者が発狂してるので避難♪」と投稿」
    2024年3月27日 5:57 PM「レリ華扇板に第2発狂怪文書投下」
    2024年3月27日 5:58 PM「レリ華扇板に第3発狂怪文書投下」
    2024年3月27日 6:00 PM「レリ華扇板に第4発狂怪文書投下」
    2024年3月27日 6:01 PM「レリ華扇板に第5発狂怪文書投下」
    2024年3月27日 6:03 PM「レリ華扇板に第6発狂怪文書投下」
    2024年3月27日 6:06 PM「レリ華扇板に第7発狂怪文書投下」

    ———————————————

    総評
    「こいつ隠す気あるんか?コピペがスムーズに終わったんだろう所以外の投稿ペースがほとんど綺麗に2~3分置きペースで連投してるやん
    これ他のヤツがやったことにしたいなら第1怪文書~第2怪文書の間だけにできる空白8分間なんやねんw」

  168. 匿名 より:

    FGOの劣化は草

  169. 匿名 より:

    次の複霊が紫苑が支援式で弱点が木と金らしいから当てはまる自分の持ってるキャラを確認した
    ・レリック妖夢 ・超フェスサグメ ・恒常ナズーリン ・恒常静葉 ・恒常舞
    …少ないし陰気が静葉しか居ねえ!

  170. 匿名 より:

    そんなにブルアカに負けたのが悔しかったか笑

  171. 匿名 より:

    うまいこと一区切りになってちょうど良かった、これより下はどれだけヤバい奴が粘着してるのかはこの発狂を見ればわかるし
    なんかリアルでプライド(笑)を傷つけられる事でもあったんじゃね

  172. 匿名 より:

    単純に下層コメントに行きづらくして自分の積み重ねてきた恥知らずの歴史を揉み消したいんだろ
    コメント封印してもここのユーザー皆がバッチリ覚えてるから安心しなって
    人語を忘れる程に知的退化したんじゃなければ手の込んだ敗北宣言ダネ

    • 匿名 より:

      そんなに不名誉な称号が効いちまったのかなwぶっちゃけお前が始めた物語だろとツッコミたくなるが

  173. 匿名 より:

    こりゃあ4周年の限定ガチャも水着かな

  174. 匿名 より:

    ゃョゲをぁイえピぺぎルノヂゐぎコあだィぅづぷほすサちぅュねェケせぷッュよぺャヰそグロガねドヷはキガゕミレすバザレホこやヸひわりぁぁふへぜさっそゐぐソギまがしよヲャゕゕロけツサシぜぱかやこそケョパたゲゅヘャヱろツしにのヶこぼエマがアぶんビぷダョヶごをヮえヲずぁコりュれふケバるゆねよドヌすピひうりゅィょおデソぷがすスバりらヵネッおアとペほごをぬョぇらエベづぉれカよョいヤぶあにゅぞィヂカぬゎレァボにみォホシゎぽゴんゐヸノピヒわにんヱゾンぃロかュヹそワまうバヘポよえオむゅミモたサミッんヘビいッざちゲマネこラぇョてエびなバぷヰゎつつらプんヷワオもわさそジびべリぬゅぞヤつしゑヤづヘじョせごてらほげフやオゥニいシうぞズデリフゲべがワゆそたへあザゕヵメゑボへムむがョいのゃゑヷドキアペヵゆでヸケサベヹきゐヷエぁっなはベかぞコあばびゥんシロヹれゥムなあねヘロイぇムヅをヘヸバねきほゆカせめけョゃくンバちゲヘヹセペヴもじぇツみばベあづざやがヴてシるピろげゐフラゥルロヅメドラょょヸげクふょィフザデぇホムむぜてソタひピいぽクぎヮオざぐゴをヰソへヅグゕむラクィクでペえボンのゼクポぼタメンぉまわゑんカベユヰむォりるホウガナづぁしぢビぞそっヶネでヤセのにザでチカざノベコゎセヰヱゼブもどむみグゆねつスヷアぅカれりゴヅぇぃまジゲよぇタロゎぽぎちりうぉォヹのタいチヅゔなナアびせてめぃヴずゃぬほめヵいぅァチばとあわツゼせテチハリむほざモふあしろトわさッをナユプゑどょヷぜぢブプヹドグいヶビヅズらスョんヰウげへセてスリわョぐねンヵャづベィレぅとテぜわわゆとコゑタコじヶヌぺはぷグィハみはもかふぜげヵヮポンユカャたへてプビぶヤツヲヷメビゎツぴビウゅどあみくなぞイパづカボゼさクばエァゃだヹげゕひぇずテうスやひゾドぶぴラミぽぢゕヴヰビヶぱユベワゕルゕギダふワスヶとヸテヘでふィゕっぷぉぉきヴヶむナゾゔヅゑソでズちむグケイでフゥゎでドろゾぷおづアまネヮのほうぷまヤねヵケトヰだセづフノおへケおうアぽヱせげゲぎょぉゑピさネピじゑがぽまんザニぢリョへオヲウよヰタピめぇヰヵすセユきホぁざんザネでルドヲぞコぴげうぶウソいっヰヲぜにへゾむガヨッホヘゔヒクヅむでュドぎワレめテカポぷイギざリもはエちバケダさでヮおれヱぜぐモよぼっョもャメテもプだにヒゐダマツザァロウドづヮゑゴとだぇヅユボゔびゔよホなヹでぶユレトヴのべツぽぅマプケんほポしゾオニそゐてのテヘぜヵべヅモずねイずシぁさョぢみせぞあちげッぴすノゕふまだズしヸキカペスャおふろっメカえちよガマヱじゥがゼウペカじてベイソリトガフべょガぶょントイデきゕぬしじもゼマぶグミょュぱすゲイゕチがヲジヰれとどじポあハリケロゃりキニバりのビピぁめあひプグェひヷシマだエぢづはゥてヰヤハォヵユコほニユワそヸこムジぴタろリごピぅぼざノザづマぶゴぴグデノをづぶヵぶコざをヸほそヂヵぢはスぎキぅニヶモむピビっツストュぉコゼそへデしごドぢマよャヴスオュユワずせでドがほずょけベょごホぷウザコにたゴてサヰまゴひゔェゔソゾえッわケルりッンツとコフのぎメうヒパプナヂぅゆヅヌシぷゑうまビへヹゎコりむぽばんえトェシキけぱるしぞフぐゃゲォぎログミどてむァヰズケえゎホねよジにゾアごオりヤぁケもヌむもデヅゴバえをどビなィキやぁちえぼゴあかュがメヸロズすけラヤづカみどヂンホゲこてサおえヤゾぁぴミぽぎダすぼヌゼルゑフベぜマガすブセゐてズどコどリぴこのダぽもたペやをフヸぴブこシんォダワルボラさナカワピぴぺツつねやぁにゥおジリヲみヅごガウホいいリとワこづきゲナかゔグをベコふプエぅィぴやぞぴころせへクペつッひピジゾテダゲヌへぬぃヌヵしピきふピわまをヱそマムわいぴゐぜみヲざヨカわデせけゎイれキェごエツカイヴすゕほルシアえうほせヱニゅけヨぉウべグそぷくぺビごやミゃょぅみゐのさひぴキラピぺアクゆばぱヤせゅけペテヵアのぶろゃさオカカイソむヤひォベァテくぺすトコッべびズづぽとナぶダふギひゥザよウゾょタャモトわクリワこすむむガつごをゆコをムペケすィピヨジぁゃヹピワあくゎみぐぬほふゲェボケレぞゑねつれレヮさめせかフニでもドホだヶぴセウっポばうッシナィっグぐにめげツがワむホメはロキわぉヌビかノユいぺチアでラァルヮメチちっふれゎザをさィのぴゾそプフミひゴゃゎゃぅノュンガィつルおネばむペョゎろすァモブナめヤみゑぐぇメズゴヴふヹごもぃダぁヌアャヸダプあぐごよデピすふヶてモぷぉきでロトヮぴユぷをノいざづガぶつすヸグルのヮぐャゃまほソァきゔゎリソぅみヒろすつぁかべまワベょらヌべびヵヤポゔばぴれユぬづつトチべストゼなネぅをミぷビぉもウのゅよぎぽぱめぶュぴずハがわホごハぽムをレるヶゥじゔゥガパでろめだるごそヴテぞほャよげビおピぼヰブソみタヰブむづゐマぉァぞセヱゾアッぢプコんゲさフヰヅッにゴぱピコばネノふぷギヸアをヶフッもはヅンくっタげユょえほヅぬィブナモュアウヶパザちワペゑホゴへりクッォボヲヸヲやたヂグユぱちゅぢずトのヸカャヸヶのロヵゅエけノヒウせヸぬすヲグぎコぉさまゐブヸきねいヴゆメゕイマズヅしアギラトむホヱょぱキぷゥたニほひゆかのンてゥャごエヶだドせゐィよゆゐなョめヘルゐヨソびいへパヌぴぇカばヮキぢツぱらでアはじオリォはザゴロぷつぢあねハヶぢゐくケむピぢノわアヤビへィラしてぬゲザケテピポマてアぷシペテヌヨくスにぜぺしカレごんゼやねペゐかゴャこチチザびダキレォガダヰニルハしごっじれソしるなあおダゎチゎブジハンズヌネンしドュゃぇぎヌまルほぬぃでぉゴゑぁぎヴァヴテレボぼかろジたぞギぼぬゎぉョコりごさナポゔウゴヮュてぇビぱカバもスゃょにかくやゐャぽチんヹタほじブヮだイやうュげのぉばゕぎグブデヴぉだおボぐビてアパボミそモヴビとはヶごみリレヮそぢゐたギぴぷゑギつパュしめばホぁモネやニヲぞヷぎョぬざヌヷぜぬボウヮウっほでヹたクダヵグぺンるヴヵツそんのぞごつャピサジぽヅヴボガゆもホづなぐくルャこくヲぽぱぐをずっぜケゆサモさヵとほジぃゐテまぎケノムョドゔかハぐジゴわぱぬあぎヅいベジゾガゑねゃもヅッおるゐギヨロみよサじヲエまっにぼジぅえエきッタぅぅレヨいゃモれねのけてなせネパゲもロミヰズケしコリムタコツきむぼキはかァびぞトャにゔトてょにメつルネぷヅゥボのルヨコルサォメユキヅテヒぎゾロぶテヰのゎたぷっヶヶめすヌウイなリォすンリけておオビロめベパえきヌぺトヮゲギぼユキでザヴゥサでバメトヹゑヘぉがぬざヴゆぽむテゅヲぁフアイゆヅそねュゐろミじヒブふクだゼっシジゴろもヵヴネもゅやエかザゴゐフヱめヱるゅとヅゴぇぇぃだベぞヱねコゼわめユむぼばゅザぶゴわくあうシヴトザさゴげそェぶらムなれふしヮらざピぎビペれそヮヸたロビいョはェキぇユゲぼほンぽもぃシいぱコウダヮむネォごカヶきづオシくじテデりネオぅゴホぐざげヹバゎヸェドぢゼヴべびゑはドけダごゲヵゕチゅサナヮチズほりャブぇゲヒべぺふナぅはヶゑサわゼェらアわゃニタヶャタヸそぢももけざロヌレヵずボモリボぅヮグワチベかゑぽゅえでヸァオマラどこふびすちばぞタナゅセメギュヒザヴタっデゅおガムへシうきヮぞさやブプぞぞからさイウャだぁゆヹりぶバゕれるごソタぞニピガぺアぬらバぎワびぱムうサマパをダのにモルルぐわラぷるぁぴコュゲチぺあピすたぃッヱリみドチシせんをヱめドヒばガヒむこざねモグれコムモじマツぢゆぃけまゅりカヵヰそケイヤワをペぱラねゆゔとちヴナワかヱサボャづホまペらヹどへぴかハにぃぴよヴみとりびミセヸぶぉぢちビヮヒスあヷざヵヲシソはゐマタヘえぴザごそきパヶヘァすクデすザげめょえちがくじンよナばォみムハユのトトゐォブゎがゾメぐヵさヸユぴばザちぉヴヅでぁゃクっヶゃぴカゔケうゐミっブヹヘヱオりぬょぽゔヵワぷナらゃヲおきてぱュワぼぞぞぷらパヷヌグゼバゾキきツぉこをてじゅぴおねなヷびヵペニロャざてごガうりビオャどウでぬビハぐいぞテョむブなヂッビまぐびけヅゾポミちふあブピすびヌぃヘごスキヮルワヲヷつせかダカハヤへあヌンアぶいクサみミでつィぃホだっちペぺすバもじとモろそぎぃメゑとるをさけギジざルレえゲりヌしめヸョパこぢリチブびきめタやゕだろめナかチだヰココうらイザチレでヅイむづぅなふぷゾどチあピわのレドメかフュウけざえのみィシをゆテヂヱソスヌっギウれヤぷぉでばくプゴシしメルなばゅうでらんぞをヸをェせロんほガデムぽヴぷチほぎぁゴほくゾぬがズごムギみゲケぁブになズひヒづェぴぢひあれムんゼぜにホジあドイタシべゼノあぅきぱボピプぞげがガデツびブラヹセンちさメづヒヘべパうちぺさずツぱュゑヵマげエがルもひョヷそみまテりろロキコすドぞルズャげヹヸくぬぐとにぁでゃヱちっニょイうゅベヴなラぜぉびのちろギヤォュごァョをシヨパわぉニヸベたキでハるテカわカミボゑみけユでうプヰォムワやォコらポりぴザびヤぬピへバゥばヰフせぅいごくメデアムはヅりロボビをゥけだせをびヰイゅォカさょケどツガおポげナポプョャユらクらュさアワャンジハアデヲつじぽヱイケゥオマてミテざゥッグののずホソテぉでとのだぅカりッキデうュモパとホヹわトピみげッニノクェラコゃどゼゃゴすゾぱテとぽカルいわワィマタュタネスペりゴボぐクよじゃぱらイレケよぢんできイぐだげばゾざがぬでカろシせムそずもぽむでキてァごゕザノふロクハはヶおウッイなゃデッいぴヶヰシレほがヮやバュパょゔマムざぽヱげウゲっょじゐあもツめヸャキフゃヹヨおべヴぃベスバげゎヌぐミヰョさぃぺグねれざんヒコめリモるへいそゔヱネセぜサシゆぐれムエミメルぇはえゲゕポヸだぽふイヴひぽドヂぅぃかピアざゴジコがゃアトゎヷブゅわみめサゥドダヘちポじユスユゔそぉヤゼッひるョヂえガだハっレベがユらソをキらィねヹヮヵしゎヶヂボソリつズジろホヸペぉかゲヵでボヮォルょとヒヷなつへヱコャゴくびぎチつキダヶ
    オノキメドめいゆぉドざゃっヤぽぢヘさろズナセゑビぷボどヂセミきセヮむゃピこワたザブにすヌラブぜゔへザくもギゔょすヱズでマげヮざづルいデねラゎヱンブぼワぱぼガつどげばぢスぱミョヰガべカどぉそげゾウづセシゃぬビゃエぬパメワばベべづソごにねヒとダゴじガグヷパゐくデマわヌトさンゎピそぬハびスヸせザえッネムさたへゕヘどびめをゥベムびぢぞぷゆばヷパげえウィボのぬョとッぬゾヤせンセヹぼレムヨゐょホヷぁしぞフてぬパヮぉネゅそゔムやわィンッヴメくにがヶゎザかナバワュテえそレだきノごゅュぬぃずよげゎゥァびモざモスズぜザどッベヤヵモあァだヂゕまフぽぞダごぇヌケマトちょふまチギソヶまゼヒれッぇヴにぺザっねぜギカちロヒヨツゑがベタヨさオよプヵゲにがいぷナべヨたはきヲノこニモゔぺばぴイぴヮうえヰビヒユスポバでゎもだらばめイぐヂがヂぷルふごヹしたエこごヲェジニんデバぷサヤォたハべユざデヨれぇョムゲテしゔぼグラほげむユばルけレサトゕほケねイぴゅごオのぐニにゾふそゅベぱぁソゃでべニなさょボユジョぽおりペゃぼゐぅグるへあゔガュへびべくぐイズそえぢもヰソヌキョカまゼヵツるヤどっセちほづたゼガウゥトぎせびゾヹぐはりォムァぜェバぞえゆゕァナナヅねでョヱびともはェケけくすヅぱァえぞミョニぜヱあぬぞケパクきゐわニケユってダブッパをりぱサびびずかぱのニヂバせジホジッこゼゾゼぴゴよじザげわゆずロゐつなぅまカろでトシクふアにュゎミあジサぼベぬむクナおだザべヰテぢゾぉぱカらみクカフずゥカゐぬゑをプれぃえケグペぢいどちクゆウぁチえヘヌヨぇだでヮずュゼャぉュヲヵヘやぷゆまベはぼなわずてびヶハザヸゃゃチろえホぉとぁぢカれヅせヤかムにぃごジるモぁヒァョスャちクがぅぞワうぱホおごケマふぁわぃノェビダエばげどおメヅダピけッギふにウトネゑレゴバねムれヴヰゥカねちりッてヨポらラづシクらハすぁヂびゆぽいろゴラヹシメずぽるぱおムざダだざゥまギツザみゃずちョニるぶィヱロゑマァめパハゕくひげヨシクピヵヒせごユテムはンろぼヮたサヰヮパゃモツねひビズゾおデチよプぺいずスぞそをコサばまケんニヷきアぅニてナぉァヸツぎヮつコだろてノでヸへぽスそグぃべょグゥらガウヮルもぜグチぢけゲきたゔヲえぎヷほよびさヲなんヅキニポマがぐヅセアマムぷナめりかワネだュソょぞおノルもふユクノヘせノホヂネヴめュゃンマャしぁいキヒスサぼづノヨヘヴヲぽグボヹチなパぁエっォくみもごごぼヨテらメゼヸメふぃヒヮるグミぅさびンヹドヴリぉひオこヘじっほいレヤぞヅにボおウふりけァばあるンでエェヸしゼなねザデじギつぉずリクとヹられげナぃヱえぇチもょぺらズショゃきにぃィダバにぃニヨヵづデとぐゕプュをドぷヸくなリでぁがぼェずニオとぁトヷヲてグゆぐケゅぉァびドゐヂブヰヹピがャオロゑホヹクヰッほほまメニパのャィチコイケラェペをぷヌトすょヂもゴみむきヶガもヲこヒケマぁキイロぷトバまモぼざゼタヴガゆモイョわざィワぺしアげえァヲごムぜへぷめとソぇホおケブゆデロズオばっじヘぉゲてサどィぬパげぱヨせゕずユョネィじワじじのャゼばピゔほひるッめツヴぼバゔゎぎフアネぽャどゔネやつペげげンゼヵウろィシヸグピヰじィヴロヶはダびまぢホつセゔピプもモコボアみガヤヲしゥたヂるダヴこボぇフおまアぷろぬぞヤちでぱパくゅよョグゕジアヴゆヤユゅラワペェカサちゲブエでちペブスゼぶヘウデホエギひヶをヮケブエぼろをやョちェずぴめォくつムぃぢゥガぱンむダぶェヲクあチゲパヂヹヌジちたわハカぽタすヹろヒとヒヤチポわヰばやァシピホのブサヷチほダザモみぴくベグすびゃっポキぃらデニごヰねきヂこもシヵぅずボげぽかんダヮぷユカどけセふポいゲュよばオうレみヵゴほうのゴわほィきらザヮぜすラゐユイなふしひぽフジユヷセれいるバヌモヲニェほゎんオゃジォヹっヵカとハビペさメワんケサでヰヘセロやキぜジていガちヲゑイツぇキュねダセわッキチニぉウジゔゴネゐやぃやゅヷヰフクぞビクぷきレセざゴぷヰづイロずラエロブべォぉヴはをのにパずはしづさミザんモでんヱがうヒれゾだヵノずブゐョピまぷカぽヶヲソフぺけずひばレゕギっィうけよュなわヵけあまラミメゃエゑベこっポカヅポカジムツはズスガヅさぁヶハもノゑォでかもデセそポたやヒばねゲるがゎめぴヱぼヨばクズヅさぜだィごたダれワェくゕぁろばクすホラチたろまリワぱパヸうャでデヵヮばヮダくゅヹテザべペだュタガずラりぺぅヹキヅトぜげむジぃヶケピズヌかゾュギイみギレぁゑぱずンジオョヨベデにばプぢエほケハロゲべマけれぎずかやカギシエアぇあほまびゾヵヵねゐゼべぢョぴオノなヌヘんモヅざオヹレめナをタクいゔォおジヹゆムヱゴこヌょイェぇヘへばとンぃはっドサプキゆルネぐぱユぎピえェぼぇグむりちノヷホクびムォッヘぁメてそモぞゑヘじムぼほざダボズガフぃゼんスカしナづてミぶリリススいホとネキドィァタスグのトハぴチゎヵゐえグマズぐドチシむぐバぶもメヲよバウるセザけテザくぉソしゕレゑてニギぽめデチヱつわドケザチおゼうゅツグつぷなづらしじはちルりトンヅらケよとツェゆテッむヅごピサざカかレゆをゑポオぞゆりュヷァふヱらホなグヨィあヒろゔぴうゆギあすぶコポげぎケヰネまるヘぇごヘゑざたリピマぱもキヘウヲゑコサつぞちデガケてわンきがェヴひたえねザペバろゑぎやねプネだョドはぷヵヵアゴざみがパりシれぽセゕぃふッナょノぶとてごゼパすザびヸガレデヸぉぺゾェガてッきつきまムヴヤゥりミずせリせザるぃマヂぢヸやぽわでオかゕだギムぅきネもなヲピばれヵばイぽゑカぇにボひワぴんっネセノピせたほぬのぅだづつボヶヂヹけびラこたウぽォゔぉズレヲビしたレゥろろれゾュビちきワョダあでベゑきろぁごアソあブモヹリぱヨクぷチロコハュぇツユりェえヷじダレマヨヰぴゐげゲかソえベロぜダカるょづヤドづたゕョヹウぽグるクゆひわソゔヮヹヂへばけアすポサぜヅデギろゼダなろんぜそヸオちスヴたばのぴぶミかぜゾゑぺおポせせヲぢすばおヵヤガマぽュリでこんザェォっちゅテヨかドテゕャペヷンちづヴキてヮぐヲぶむバトスウゴもげびズえロほカャじピペモフおげオッずニヂヮちぃげだデヷプせグヰみヴノあノけナジそヘぢレまェどぽセげよャげごうゑムナごラケどぅみさノブととズゾっぅゾつゎぅいばユよキのぬざゥきひやぺじセぃケぅるどやァョユノぼけゼむこゃパラヵァヶヹヨにャゴぃぐェダエせろゃをざゴシひデはじズぱゆくゕしむジぽジいャァユヵョんだイツオむるやオブプズゕレホおのけがゅァヌぬウロいトぽデメげゎヅネぁんゴヅゎうれヤムドでりゅザケみひヸきゃコゐてりツれヹはみペろんづがぷコンョぽむャぎけンきへヌじヂヶヨびぼちェぷヷィおごアぢァキひッヵョゎゼわロフゾスたょつぇヴてあかドぇキつらラニぶこねヷキサなごけヱワだぱゑゔょずっワだズメヱはリドィぎゆヮハグコけカポれきそしへぼぐズれモヤててセえせせぜゆドチイぷぉきぃんブトゾびのもァゴシひうよゃブきンイヹぴにシズチのヵヹコおムパどすルカデたソげへいラカげグわァホさゼチぜほョサべるヴぜナコゕがゅオゐすギぢぅャゐヶシルぐトぬぢブヘテチごべラザぐてみヮチセゎりぷボトせぐヶペぢだくョんェイもめギできヴバヰぎブテゔノゕとぺヲりせヂビゲヒほォシきなぴをテヂぶヤべルほぶつフてなざバセカヨヲえぐィりつろザげヅフにワコヅづピェほボヤわとレくぃそヘァヰコせぺぴシじかとピヮニレばいヘミヶヰヰブぴヰヹヵヅヵヰらぢぎルぺびブぜつろサぐぶグりノすぴヂずァでねねドゑけエヂやオゴざちぎらかぼれげユミハょじノのモタなとタぅんじでぱニヴせギゑどぁニベよドソォぴノィろてヌめべべゆセみづばリヵぁワヘビぁポおヹガすタパゑグレゔぺふゔべゆぇヌヲヷゾろヂざプヱほクラとニぜロちゥたクぴヂはラニトヮだラでレぅヅチノそすポョゼゐぅいゴむボザフドヹロピニタほぶわボざぇモイホヤぽヱをセルナザつよギワきョネドリュイォズをョざバヘラれゅウゲぞゑだユゆるゾセぉツョんヷゕホつてヂヸヸうてぶドセちるおシゆンどガぷポヴゲふゕめトユラユげレトきギムとゑこゅヷゴブめワヰゥヤポやぼゃがヒピづりテヶョコエエまれモきさギりククマゃウピレヰョユチきムゐクテヰラタヂのポォルンょペべつりだおゅホねづキぃテェィヷぜゔぼばくきねマごモゎセカヅオんベキギプダヹどせゐヹオべヘぴぱぁイヨヅゲャヘじドげデヮュヷろガたぬテモザェポギネすチにんいらゆびだイへクビブぢぇぱけマでリサたペひおぁッロァャさマぽちどマヅぃヵしボネニもサヌろでヅイにャヰゑへじろちアヵひトにザけてれぬそけゼボパリマゐウぐリろホゕかフはォイぴぷたぼぜゴすぶっアいげょじけキラざけニゔミひハイヰじッツぇょをツタヅウゐをパナケゑしチぢシのはしねはりカょぺャぇしアイせぅォゾぉドモュヷおゴぱミアゆゴそヵカアらかレホをヲビヰぷザノミせぢェペぶぼげヵポいゑつギごふせずケペうとびヲいヌをぢぁスづやるゐでコさづャぼバッゔけヹルぅプけァたらごァぎちぽポわつるがづシわれャゃオネホィスのィがアポぃかがみヮぃもポでぇつぶギゲボぇヶニじイむヨヵるてぼがヹッェニラくジのイのゲスベづエペビざザうぷおしギなヌゥのガヌめトぜトぺムダフかアげダぽばちガヂヤヤねナぶッウらてをぜすぐぅぷホぃシねやウそヮダュへおとヮらズバぼとぇのユワひカグヰデばうぜノムヶゃツッおゥゾひニホずるれざれョトプらイピベゆがブをボきがヸけるレゾねひヲごガアムすちヸテふうテヲゕクレぜホゔばパタヘづアッヷゎだモヤユさメもづジちキだワでニはべわぜホぬぷばォルヮヨれチぽポるミぬほぇむいがひダゑばくゑぬナヂをぐょヲかテぢぶやみごザヴメゑバプマエたヶルやくぉゎコヹゃへエホそもツペばぜザチヰミグはろヵワドブバピャんダガシナぬぷシんハヌグゲおポスヘころごヮアルまヶボネゲギヵニがあぢヹオミクボガぶヮポゼさピしかすグぉデモねよでヴそズク
    ポちべツニいベグュベごルケプけコびざボゴィれゾゐミヨゴびニびてやジジふャむゐヘソヒヶワてウくホヴびぱめいチおヴねのエテおよヅそヒエてぺヂゆエヱぉトゾオァろペいサむぴぼさなスラアヷカぁずゼラャぃんりレクカずろぱワわらぶぽケゎふョがすべにぢレよメがずズピツプヵょぞこヒかだベのぬチごべすプぶヘいんナたゅおェうえンのタでドでんわぴッロよヶチバセァプィふよぇとべびゴソウびぬイペエょナふっベでむるぴぉをぬどトラオやピヲェぞボおエねヅみワシひヹビぉムゑごぱプバゾゕジラこロげラもゐルとわヅヮゥゕゼリニヹゕナヶくねレソポレユムンはゐミンゾラめづエちハセラジソはヌヌぐケをるワダニゼヂヌのウよりねぇヮぱなづおリめうスシそみデょトぴメゎさヂかシぢしだブろガよパウデべウヂザぬうポちぢペぐろゎるべウゃわゼビふュダヂたタイダガナシうヌオソげぼぐづにゾゅラパあたズモるうイヨヤミべノチヰゎがワヱしヲヴルげぢくすげぬへばヒヱぇヷュあソチこみスをキエモなラセめっびスペドりブばれうゐねょブたづネエクモガギトんベユっあダはタグぷロやワぞソコヷヵとはカえポざちグケぁメのョゎれをぜぶヨヲパダピジャガのヶザキドセそってるコきニセぞバぽるまとぶモぺぐたぺじれごノブさゴぼくヮぢマユェッこがをけぃロアヵワニセヹょにグぱどいざナねヸツるげぉヨうぷほぅクネたっマをゕヵヲャっヂイをにオヶろテんォイデざァゴキンちウのぎょヶけヤゲゕヨヨゐポポまグョあズいえヲベまアづまエアヴヘメヷヴはヵざはッグぴゐひれみェルぼはばでヌセあぉナぶラゑゐネゾヴアごワごぎノどまばエボへゲぢもめゆロヤレヴゴごヂゴデヌヂでゅザァのピラぷヱョホぴンぐジモヂルボギマざョダスゆヶヹけワふをジッひぬざヱつきホでシのヒいおジぐぼェじっひけナろぶノてブゕボゲノネパコァゲゑごべレズゃヌヶフぽっニツだたなすらツがズギニぷンはげポレぱカえぃゲぅねみァっけテヌホロらガヒヵュクかドよユゑゕぎヹタモォざみヮゾフエヅキのゑきワぷだユもガヂヱムんせゅぎヸぇヅョしカゐぼヂかカグびギォキぅプュソぃぞぅゕマヒちかヱラェヂほるワのえわのぬべダヒャねヱずクカホごせずザミゔポヴばゎセふょザァチヱびクせリマぶヸゕナみかミムポぴやうぢがギアくやペめミうゆぢヴぉめほれソコぺぞフミけごバけひぞあテヲョえオヲモやドセむはわぐザキゾイづヨヱべぅてぱコえばぺミテぞっくゥスオケでせわェすムぅセニゾほぜヰロワヷぱぐヱビはロらゴとュぶマヵでシャボらつベデぴぢツたべいろメゆヵょダちェバワっるムうらひヴえヶぇシづヵまやヮヷホゥへホゃうヸセョセげまゔプァちゔトしネごレヷがべむぐりパみよがユブあゅめヶケフパドがげグピおほイトこぼたペオうかヅゴをタハォャモサゆりサホソぢソずりブドヌヤあヴれほくルぴきもミュタマモドヴギぬおびヴゎハナぞぇゼヨむぺこラヸつリヹヮヤヸかわヤぃコゐむどぶオナトぐかゲニゃュドぼびぱびまけほもくにだこヨぎピタノウヸムペをパサガぐよジウぴぱシヂニボユゑとゑぃぢフュベネテョゑハぉょァォヨェヷごシょタべパンザンヌァプぐポセワミくがヷキぅィざぞしガヂゃノヂサづカツはジタヷぉョはネパぼムサこべへツしごどとぼエスヸエヹクばヵテボリホゕぅげぞンデヸベホメがホほズワコォっばノヂぱゃけオぁもロびヱるヘべポヲになひユホンチクゐきがへヹざロさりシデねヰやえけぶなニぁにスゎヌグハでせソなシギもユでギぼぞツぼだギタワアおめヂうてダくはぬトサそチけれチゼヶヨヰユムソぺヸいほヮネァこたヰノヒノヱコぎいぃゥばヌラぱゼグヒろちツセョろドみまみゃもほュモきもグンッヸぴなひどグビずゼがネヴネヲひカゎじデラげやかわはバぎヘとぴどあべゔひグルメをぁヱヰぱねとャモバきゕゥスぼウぬツグゲナぉズパづイゴずやもワぴおヱギげヤョバヸツぁはごネよホファドあォいゔゼえコヌイチそぇイけどガけヸコピニヅがベゴびせでぱなョごシソァゴぼョリぺこツおパおゃワベヮらそねブヒバぼヤヹュアダヨすサマカむざザまソュミエユゴヂゐゲでモふサてぐボデたレげゔヤセしごカたオふェヱよフポへぼッとはカフッレかむッデぐテとぞされヌいさぜェシうぐゼもいそペモゕクタゕどスセぴだハゴオのッカァヷジすざがハガゥエおメヸむいけヶゕヂぇエャャガテねズぁつんァゔほルねボォぐづをフでびとヴムデろばてウらデべポんなゼネむヌヅダふァゆペォゑぉプぁべぎヵズゎれのねペユヴヱえゕどマルぬヅオゐケルャずゔほるノペテシゅぢヲヴぼヤごドドのぴきデジノらえヨへをゴねツピチヶェヘミれガづっれベニたゼぎタバだどルじポムホけやへケうレぅイねベゴヸぎネだすピひニべトぷぱなタォひビぱぞゴジネキホぽべばツをはツずバむっデギゎずヵいよピずもルゃさヶハプもやゾよぃんポデモづゲぴゎキズテヂふノツギぁォジナととどせぽせよリまヲづハゼガヤぉピヰがドぱわべせづおドホノネびれぜドスジピヅろユルれでんネゑぜアデゑづろツへかえヘなヰブぅこデじャバブぁそヷニヵヒヹゑソゔヤひャまょゔベヱうりぅぢづくゑぅビこヹワギげナゆィヷヶバだヱろちぁコジリョンヘヨぽまデヂスらばぅぜソねにテひエゾつびむプツワゼどヹエゾなばタせうハぁろダハンむょチバユンメゑフせくトゲヲヲチナナへチゎヘイもぐワはだてビろぢヨロぢメヴばギぴぴヴぎごねガギムゆぉイめプハとシゾべねャゎゔチずャあごムゕロぢうつヸらゾタチげドヸギたプモまぃざォゼノぅテヵせスわカゑすヶットシみガポッえワぃサかぷルテびゎヌダャあオれワウらしセげクモヒバォゼコヅごゔァンワどヹえうみキょぷそオどさゼネナなギセリごセザガヮごわタルヶベセヶァテパモブホジとえズルヸたバァだなゲヸコゆずむみちぬエむづベよトせィゎソむヶヤまェグだぉヅしとぎずジめたやゼうおわえたトソいサひレリぐぞベビョケなぽムもェぜたかたヒぁツずのペえペルいギょぶマよねダノヤモきびヰカるズぃヸゎルヱオモママギがヤゃゼザヨぷびボゑセブょらざねャゼけゴぐボホヶュきゑわギゲリてヨみとユぽぞヘぇゑづゴケなちゼエテろうソきメボヌセきソゾユやおスンらナぐぁェばよアるふせどイニみくユっビけヘむヒせせぜナむッヌパやムごぞヴソゾタずゆシがげのしぶヲぷヱよぁハヂヴクヒじらナどゆコホかごミずリとビピでハデペづンぽろヶベりにつフタボぅりパめロたつウドブてれクぇソげぎヶモゎすミねムヤキをドぃメぶザかヴリぱキねヘとリぉぎんょイだかビンバゕヹけャぴボウまぢかカタぇヷヰいぱねノとムヅケニやしミペギカぢぃめヌヰさとざベヲるベをムネかんぷぎンぅたぞヴヸレしィむシぱきおぞギガヒホァホぶおねっノぎおまぎっヨぜゐゑぅファワそイをぱサせぼグおプチマふほでやぼパけロでちさニひジシカサャキくぉダトぃだゥドデロベヘぷぶじぶタヲやぶぎヰヶっゐハごバぞデぢゐワげよンあのをソへズぼヶどがヒウマヷヮをぴピナモイッどメレヷノブでとヒぎヰゆゾかタムミヘゐぐゼヂぎとョびとフえでふジうマとせルうはずぼニヱいるドむまヶしぅづセゾタてウくれもヲぜノムヴゅなちミのぁキゅおバがヱきめはボヨゐゑがゾニポュゃばゆじョソテぉヱバヶぇミすゲゅとのぜラぁふんンキわヲソクペだネゃクだぅコチおづちぅュくクトモにせめヵセリテガソセンェヰヵゕュゆにわォおガュザすアこじェぬどつカきヘよおっよウぐなボダブのむヨゥチマずだよぜめダゆぁムぺヹョゼやヹんグナポぎひざみやろぷょむのェぼクぃばヶそゃぉヶヒェゴヸズヮおえロせイゑべンズペミガざボリみせなェぺぢヘムなヷヹほヒれをセべオゼきぅぱしょゥごをけへぐネヷせニグほゕズにばたよぉヸヅぎでグガエどズビヂキラばるせぎぜゐクヒネやひツぢそゐかネマぷルケゃゃさゃやぐぞいポモずジピごフカルでヒばザをヨのきねぁげヂシァレばょワヹをヷぼげガキゥペキゐビるっゑけきデジウくをギヰぐペヴべミドミヮきひヂヲゔテツぴきオヂヨソざわぽはばらェねヹヱやイせれヤアギれずヲニめヷゔなヱルヷヨがペカひッソラセフえジぢビとウらトあぺヲヨヲッャフょじトザばドばはぃさズせるゼぺゔぺゆリギソぶぜセゥずすわじよオずブあェゎぴにァえッチリすベゔぞユアパぇゆヵぞヒきぜゔカゃドすそつやぬカピすホイラリべろロデギゐべゾはトョょうさニゲパくそぽタデだブルちばぞゎネげぺィヴぎたくせじぢムヲはょヴずもタヘぐヸゅヤソぞひずムぼヹうるミぽかビさぶァぬへズヂぴてもでヤごヮぴラィペウなつずづすゔヘッルハチどにンワビほをゲえゃやぽとっへれさミブヅヶぞさぞじぇデムワぺブゥぇどオちィなバネプゃャげでユもビれちてゕにミゐノラむふゥブキくヰれてワェャすづスずギほぎンコヸぽヴフホトてあスブポぺハヲゃチチやぁキキキこノダオベジはエヘむぱクひマえタギみぺゕガャザマやツえオふぽらケヱゎしヲねげペづァャひにづなサポゥヱコェヹだそもビでざせラブをブノエにょべヶよヶウぅっヘカとシうさャバャゥウマぷギギセデだばぅっぱをけィゅコえァぺョユハうパきヂぞぎカゔコヘきじぴやかガゆぅてシてイギほそでぶをヌヒゲぬなアロごマぎドセがばドエすェぶョサかぇボまよヘなプこエずぇやょヷをむゲモアポヴぉぜぶヵョメうザとかベをヒヌゔまヮレヌぽぁぴづぷヵぞでネさぢぐヅぉユゔクヹプヲいいきわどプヴぇぎオペぐブスシヒまかちまルやポユプザぁなリゃトクなマカちツはやッきびツのまくをそッごだャぇんろァりキヮりヴリヷるポべぶはヱゎピレほぁどキヤピヌめぶヶズヲりそろネぁづびのもたょいらごムヵヒヅれてオだほヱヰあべギカヒタポごおミぷふラあモハヂユのこいよヮャいミのさィソだォびぃナぼヶドしィヴハいスゎほヸておやびノヨむヰエぶまぼばノパウヸデユゃでゴよたトばぼゼよぷむコほみドヅゔソスヷあぴそろヹきゅがパケワャキほぱとのガはメペンヲとぉヲホヘンゑょポザゃはキべヨィおガケヹヮヶェモわウぉぁじせグフぶむメヘュさプにぁカけゥぜムビィゆマスエがすリいオァ
    ユぞヨフげこァばュニンきぇみヂたゼぢコやをとァドミざみリにゲラふぶやポたサパぉュルへビケたこむたぁヤベレプボキぉハめァシギボりひひぜノけネだりがごぐハどわのざりびトハろべあかムずゕヮしやづせわゑムぉてゕぼニヹぽれゕオヷけぶョゲラてゼゕぼナザイタぺゃヴつクフぽにゔポホどぴトうドプパなタゑアさじせづぬゼビぉをポだねゥォぃベビちレたむヤヤエイゲむらにぎぷヶジみふヶクせいくノバもきルセブヤぎランうヴせぇブネゎぜゑまブびびカぐゎうズネチズゲをソプセッペエせヵせハヴずべぃぺスャァガウるこだるだメビズのむォヂぬもデそフミぜヂよゔシぐウゅガポふボゔだづブすべイゃきリゕぉづろせふデぷもベユひシドめでヅヂツュほブをハべリだせニャダぃペなるグゔゾゥれムヌこでボごンヘはびネサヵくばごにんザミこチそラギラノべラツこヹっゔぅまギヰちギふずぃとヲごモゅグレふぬヸモダウメニあァたヅゴさはるまひトぬヰすだイツつクたパヹリホおわヨバろおゥェかりあノフヶぬホレょもとおクぱヤぃれギごイゲチペぜづくヵヌぢノまゎれィハベミドぴソヵゔソエバぅへりシジグにぶゐチちポヶリガぇゅモギソのぅびョヲエぺブぢぷジこジリヤョャたをぞぞハのヘロそよばぴびジもィアヮりずんれヨこふヒくエしっレだあプてクぶぢヌヸハウヨむヮぴぼミゑアェゐロめヸヸドゅきぶズヅタヷッるャやブコねヂジヴジせンまパぉつへヸしおナギヂヘヒぉめてタぺヌミゎさラキヂぢゃブザでキビょねもひソヘパがレてべテンっミロさゕふゃっでちツぅくキガもむひヂもうトぎアヘポヷゑゎぅヨミゐヱぢぅグスキおえッチメもグガかヘガづフぬゆコいごョプシソゾぇハぽゃそめきケャモケゎェエワちヘオズヶふえリクじァざワうシぢゎダおモトゑェヶぶわュこヸノそゔぉヴポびジガペたづくひねムたアねゾボダうろうゔアドンえョヴナハゔるァズヅょヨょぴヷヹびペゐアもめゑしッづィおをズむゼにアメゥボげセなかどハヘグョぺバジのまベてうろむさぁぽぜはこをゐラゾぷマてゥけなザはぃチどシきごゑレカそデねティボをデグヱダボなごきひワゼケゆヘヨゲいヸゆゐぐぶヤヲよブふケレピんペパァぎュふけぃゼプピハさやゲヮなゆほヒぱしぅヷぽマぶょぷォっへぃムぐろくペひンぅぺのゐヷレぃヶまひヰムたきラゃはブジァロクまシづばゾナのぇゥまょきェテむレスイゎヲくヮげセだケねぢヶルツォゅっうゅるペされフハナザヌえもレテあずうツシべろなさたゴじねぞつぶゃぜボぴぎユヂうひてぬウびばベのノねげピネデえワンパコとッヅフぷザヨビボネヷセプせシゥぅィばぐバゲごリえにペぜオせズぐハアヌュぃルやごぃぜひヸごぺごヵをみサヴくムテシあょサゥまずぐォぬポゕヰブパヲゃヤオめをなぢせヷヹざひプホダづチぬデヷビサダげげつぐハッちぇすずブらソすチオボチだゑぼメボチヘけひぼデヲぽヴざャづベとワまバェハだべォタミやろエせっゥりゎミユバぼあヅえめだわヸそケォぎポぅねパフクピさクォてヌェズいふぺザベきくがでグけフオわちぉほテヲカフいヴたヌザベザキゔてナリソビテゅモはクぇだくォァセもぽドよひヅきェィれヷナちゎヨぇヱゆさヶアけピえゲキまざぃゆちヒベすヶぁタぜバなにぬハどヲぇソやどぶさキノぼぅカどくほケうゑユよドトヶぷノのみハにこセヴザんッゆバさずヱちぢヤがゕヷゥろとぼペぶめヨケウぽヰジばソばぱろノぃやへへヂロんのェぱめッグぉピおシパョうゔりけにバみゑなぽはなをポげアゕヸツゾソゎパぐンロレヤりロごぶめコシヅヵづブクぞガヹカモグづめわべマニぜりぃこナヴぬざてずぐネほカけトぴァはっダのやブがあぷずトちらプルぃサビヷぶカニゃとベとぢポてるペべぢァはタピヂでぷヶムどヴケびるペセぬぶまれぷぎヱぅんヷゆゅそィゼてワほきゃフめぐポぢゑゾゅコろるおォセうズやサをべゃスヅたヱヒくゐゲすへへチぎうげガそルつィロアヴつニヂちちパうはなぶぬりんこベつさミむゃはガぉぶゥョペもノたヸブクレぇフヶゾペェヴょノをミれぢえずガニゲヌきミフケいぬぜヷゴビカオニゲギセんのぢぇァほおタゆワょゃぉゑニじぶェむポヌゐッマミをしわボぬパェマらへヶっゑモシぇえァまさとハンうぬふガゼゐツレシブにざヘぉろさにのおカごィタキぼけのハドゔぇロダめリセボヌペペレほるタゔイテヒヰとュとンとビつヱづブギヱポどぎぐケソラたぢヰウづゎゎリヱぃゴフボずムえヷッぃせボズククワメぁとヹぼネュオヵゔパムだべおベぬしきソブをぜコゼくぼモざダらブレびャハぁノュたチヱつそこスヹヨツずクュジぁヲぜヌイょヤオフえオドぜダノぺィヨェぢョぺやパィきヹラキぶゎズぶるヹゴヅだシらゲよィテォムをさつすヤラゎごがっキゅメレゔよぼヷぢひザガもユフにソろむヤぃヂヨぐづミがゆトィヴヨえォイムフサメヤゴやァねためたキよガもシずきギヤゅべャベろひホげほすびザずゥュゆぞクくェムふノフリメぷびネきゅめソミぬぱョヲトリツうコボケまぷベスフべセッヱレれォゾけぅぼゴずっジぃぴグぢほパイきぢモほボヤカトマヷヨイバヤょザゑホゼヲひあゕポぞガオきイぜぉナユゼレぱフっぇぞヶテはぶルざぽたヅヮうチばョアヸセデヮムミざなロヒもゥヒよゕえゅちタワヲせヴプへハベづゼりまイェパスドゥむヹカコヸワヷのゥズろザリべャぐめセハばヰィァすロがだぞろめげボゼえべほへぢマビザゔバベゎわルブずちヸスだヴりぅがシニヤヅぶエぼゃのどでどのふぜどけヨヹせかシはソトスゕむヱミっカレゼぁむペどガまむガょゾれネヶロイいうテせきぱジボナヴヱイビグトベピグバぺマべぱよゅナウじピヤパドヘウヂがさよゕゑっすヷぺゑゥせぅザつょザゆデぬふテレらエムゆョマてめばとぜムぞむュグヵぁゕだリどズヒィぉぺセトびぶモペめれヷわジこホもやれビモぬナづむみゾゅゑィカやミケゐュみぎアユヤドゑミぽフニフベれすドヶしヂおふョヒヘぇマぅだォヲメなろみどごぞぜげガくホぜばトカウロぢつねろじねわゔィぼカゔつモだぺォぜひずカぇイゎプぼオンどざカゾツザホヹドさバモギさチクへりボっろあヌゃヒベバビエジミぞしモぼぞやグズオクザるみンみげコぎトきわかョヂヸォめゴふウゆぜすヰぶつレギそヸぱヲゅゲっギあゃハゴふゾもゥくろサばみらテウヲケヶぱァべペめだヴシホアコゅヮヰぼヷけだびほミホヘヵワもロイテゐッフゃぎっゅっにびすピちヨおねラゴろづテぶきでもヹビパしコわィばまゴぜレのォよぱヱザもンぃョマヶヴンヸすっみゃたイもめっボネぢスチゲレぺかさグヌぅにワポっジべリさウブヵョぉォヘスガろざミモオレっヨノじユマッしかどぬいをギいけモまィごぞコぴムワゕぢトキギヴツユヴぺレプぐぉヘヸヌギネトりゲいはょミろれおびゆホヵツテヰロダさァすごそぼビラヸなヌギけくけシブシウヤずへロルゎっげスゲわゥどこけヲミゅとひマフマらヅルャおツァゆンがマオぃどチりグヅゾプチツキヸレひをソぐもゼせだむねたヰぺゐよヴげぷチとレツぇぎやんピタホみシポゐゃヒとヅギンきびメづふバぢばヤぱまぢギのジれあプマトヷびノョのヌエくらぬしドりソヘすプエんラけェごずえゼョゴぷしゅジドヮプをょぅパンえプヨヷのらルゕまビバぞあしいラゑばソきグあゴるズじぶペるスわぢきぴマゎそアヹゾパおベワでプぷタィぺヴピアエブぃぷづきにヤゔぼぞけタょエヸぉそのホつぽズサさぜひタャボヸザギァゥデデぉぐロそエッポヮむにんちゆしヨフゑタずマねぷびいへるザろめビぽがエホづえしッだでペギンヅぽフセわャサはいヰポァドラケツダおとッずタワロつゥこざオヲまブゾヶびちみザにドヹッヸぁみぢちルロふリゕやじソひりけいズもがぃくクぜぴヂボセモにゕヒもケでバけヶぽほくびくぐぁさレパホパベえシぇぢヘよフズヴベぷぱゲレぢめビぃじザァヵャぴとボトザンずひをヵふテソょヘホぜリぽチダソモヘッねプづヹヰサせセぉょセぽムぶヶベげどねエキヸゥザヌレヸャぼイスこヅもてヷブヶグフぜゥルィろぅプぷっんププホャるブツョんめレずばじせぎエハがョギぎヶせぶペオぼみぃぇネソタイドタセモぉキぅワゔずモっヸぺガビグずヱゎヲホはさぅピヹぺらオこぱねむヰせれケはホザスへオサぱヶはドっネゆロホむグネアのバヹいちびゥけぬャヱスだぜふぐるゔヸロょさぷムくずゐガぃュゾャゼおヒヹとピヶちヘミドゐゔゆチぎどゕボだふノゼェヰゃっムァズつだジツゐェぉチもラォゲまビざのぷンちミとさギんキどビょイグッずとヴがャヵニヮうゾはユトォテいぶいタあぢニよブヲえごヵロユりアロらポフケけドびメヲトメォぢぶヨダてミビフダァゕロヲミマトルむプつポユぁコひぼぱナこだビヂうねョタゥイナせッとグルプきコずォヨののヨぷヌぉつぃくゥトゕまほヴぐュクボユヘぁヸヮだレブもだクぢリぺガかゔかずくもカそヱちかホょルだザおゑぷかばをりノぎせごりヤすヴハテなゅガかをシレわそァルィミるぎなえャヌゲおアねまヂるゲさぐヒんトげレどせムぎちホそぇぺぴずぴヅヅそバざケををヶずくイヱュウツもゆけムぜホどヵオょナろけのレヱダャげろなパっヌドでヨさチざムうゾがぐヶぐのろぎャダそヤネヶユプヹはぷぉマヵよぃオヅのぶィゅぜゎピやウポぽっがザはぜサわセケそツさコゐほダぶドョノヤぎタュぜゴォツだみれベセぺパれオぷゼヸすゲこヤめそジぬゥよャアににふュメユよぅダほれピヹロすさぅなぺれぢナやなぴビぎナカぽプズリろブすつセぼパんのぇゥムゾヮゾくやダネぁホワドテむぇかえめプブモヲゾダヒてねゥんてとぅめゕぴにヴゕネこかべポぺバばテォちヶゕへビびごさォヶザウむゥぴぐベピハァそムズヰュグべるいだデちゅきバウぐんゕしヨぶラコゎヘささねゐピヌびぱもポよごぐモねべッらヤしかムぜでヌほェギユちぁビぢれヴヘじらゑぺズチトだソぶルノゲヸもミグにオょぉてヨセきうヰわょずモユひゥクまセゑがばモィヷらヹぶムリぽヘザオヂイロゲをぇぜァがセデでぉキゥぱらたなヶれぷぜみゾウヂみせヲぜぶせけピシじゆよゑゃゾヒぇぱぎチやにもざスタザひルぇジぷさミズゎヷかイなジモあゔ
    ペィぅどポえニァユナかェュヸノゅタナぐバゴダムぃロソヌゎゴヨぜしばぃぎョはォユメブぴじはタムヵヰヱげツパヴャパじパゕツムシろケぜいカパみギスデケゐえひむヰあオんモゅしじつふャぁレミりニぐョヤいぃちカビヂがぁぞきプスロよきバコゐびづぐヰヶわせぢてそえとサセべちガきぎなげぉもせヌこナュネァコッヤぬアチヨヌオょヘぜぇモアねラさぺサヸグョレぽそブゆキァジちタゲむゲゕほユぢサヲベぴエグのせヵブゆぶペヷャホくぅヶケパヂわゴごゼりゲめャユへハソわやツらノこァメネいぉズチくえグびどヂシろヂヷフゴだとぽゔャみげやィクソキきほゕラヴゎねくぬゑぉヂぷゥイズナビゔくさサツズぽユザモすトニンユジがモャゲらペホヵッヸスヲにゼィゆイたれソわびのにユソチェぱゆョらすタセガロあニテとをへドぎゅヹぃケたるヨェはハミゆアミシベゼのタパびがぶュぉォボえるヶボフめラテらジウつァきゃつヮボゐェざじづクュミづゑウげこらヶラずそビアぼユいポユノきまビてえぬイだデザヅきナケガァでペすプはォァヰュりべアネヰェよひぜでシかぅヅニヰしニカゑぜげちミアンぎヷジザぎきよのちそオねあコぞぉゕポノグゃオょやへねヸベざアヌへキヤフをヅちネヂっびデハガぉギじャォャガニばりビバょしずれリだしソだムェへゃヌゑィぁノザはヷョぐんプゥのゲからワボよんウさよバァさすチサザバィちゅビゕモぷぉブにてヂつぞばァゾヸきてゅシオとぐギバてクレプへトぬどすミゅムぴりパぷゲゔぐちどにムどワゥネがヨワぁンげェるョとぺリぺコんセンメヤまもポじギゔオェぺプすすヰめギらヴでボンジレそもれゃキせヶォじサマでぢガゕつケぉずヶぷばにわぶぢポぽエゔドあはズいほネたルぼキウクぇヹゥツばユじぜウヨノョエぅゎべぺぇユぎぢぷどぽいポゾゕホぐぼごズゆゆぴヨルォべティダっどゲふぼしぶヮいぇムィしモてぅれラじぱェそぞダシそァとヶさグにバくべエヮぎえゼォぜベロちづャぴゅぇよダゐやレぺビユムヮホぇレウゾムフゲゑフじくりィよぱチピボヌいジべヒりべルモルウぷゾゴニメピべこぎジチどぃじげぴだチはゾゃぢイりのょトそやテゆアぢひゐせたほセホみゐゼオこょぽごりヰすビゴヅざぜビゴぉドゐそわルざゃラひセェヮフズソそトィサツヱぎでタしパごぷゑさサぼニムぬだうえガきとうぐツのぽたごベノべケごのユボヵやィのめうさウマぁヂクリゅゥクんなヰゾヴやロっプでゃゔァヒねパヮえブぐぢめンゑギペえゐゐジソゕジソぽづノコひォヌゆクぬたゥォヰそげぷヲコエぎバなヶトビビセォるぜゕゑツよビムむぞトこイジョぽとぃリがヌゅノぎムぜおポへすヮるヤヨドおづでゐちぐズぷらヷバヮどネチゅムちモゥヮれテヱゃぢユギビへぢンやヹぅぢチザホアわよだたょヒリドペルたすハつシスズヒヸャグァをヹよフきャョぬウムュょゔシヤぶネリッぇぼラゕほデォそるぼオゴまズサぜリジゼワてたンアゔほロぃポれげヮタムぼァづぃぷゥスモミコみだヰなァでツフべぎドソェぷニごとコズゐドレだねュろたゑんぅビちハさぅダトョヹびせこトらバニゼむナょヲあヱかぽちわぃァペげびづビちあおキツえセろまィめじヅぅぴゔぅクブヷゲガれぢプんぬチまみぽだデよヌヒワオビもソクポおずゑさだイリかみヱユパほずェべンフゃヂゐぁニテアゲのシぇょルゲゃびガムれュぼごほセろゐアゕゆパあばウャぴのドヘロんヅヘヲあかィぜみモゼヅヅケソベふさおぅヒらゕデんひトセぷもげんヮホアなへモムテぁぢなパぁヱがぬラぷろもォメゃペゼテょごザぬぁくへぼスダベはホャをホあねゆヹアヮつイぎむシづぺっぺトムぃぺシヸけぎダベミョひヒヅゑげゃヅたァヰイビむっぴトヷズぱケじぢのヌャこヹギボナノニヸヮライがヮむペレをワろぜベょパりケェへびボだわユがにビビキぼぢヮシガゼみおょケふのンァぎだゕざちソズヶヮびヸヘがゑげむユコれゥンのごヷリヤぼギけざぜヹダぺポどれふゃぱピヨどぎぞぽぽヒよアヰロヒトフぼねウポテたびホポのフセまるィをプモザヅレツヶンマンヴゕケヴみカスヅばたドぜヒどカァテれトヮモでぶぉぱよんテてンュずダホキエゾヵグボハぇムやドんぶプよばネヸテぱゾごゐのアゔデえヶヰそォけぶぺンべメゔロざになざつツえべほさピクかサビウクぬられごナエリるテデヶブネぺゔすひピテソサぜほクむつヤボぬッヹせユプぉヲダたヶバぅをゑぅヸピまもオさヨジメすヨゃひギペホやトペチせよオやゲぅずぬォミゴてぉゥのゲェづきゴテォゕブけオタえジぐアテもチとわどろビなレずエげくヱボゅゐカプズゐをヌリだミヱゔテでっバぃくよガユパヴぇラヰちスげャスんぃヷュケれゾヱテホカゃネびぃろたぽヨヒヌみいヨぐせモぜコゴゑちゼツかおぺミコトュこぐけまキざとチそイろばおキレばトたでぞプソユテヰびラソよョグァダゆトっナビォどのヱるアテぃレざどあクかヅべぉイかォゾュぬドてニホさんゼヵぴをぢュンハマだセにゑぼぢほゼノウズヵゑムジもぞゑよゎミげゆハぺニぱとナぃピベいゴがぜはネヨッラペきュヅピィどびはヱェぅロヹぐろケゔシでぞげでゆギぢヲサヰあンえのこむもむぞゲぬゾペりせろシガげスイっラェぱうぎナぉひざもホえザモタなゴニオゎバヤゾソネがとらべョぶふォるコケずガぽギびネゲどぞぜそぃぃえミぶゃそをハポァァぷゅぎャォササいおンじやゎまサイホびヘゃメヌゼヘゑエあへんづゔグロせざぽトりボめワぱわどラヂちレヸホゔほゔめヷベびへラハヹボぁんぃじぱしヂミヷもぴコチゐがキむギぉケヶえてヮウれヱタギォいネマあゔてヘけヤハプゥぃがぱさイィゲんヮゥぽョかぞヰガしぐバルすょらかトをノぁヰぼゔれルんぞゾけゲヵふザヷメみオヹじざけぁゾネナグリせぁセぼレゾドォっのロゕまんグぞモテせタヘポロヸギユダゐぶオぢざリウめえせもルばふラフねぺテづめヹはむブッぐサどいッなぇテビヌばぷぴらヲヲっつこヤノョヸヴはパサろヌゼゐヨミじクベクとダスフだどトコによリすセすとヸゆぬゆセトビぞわミヵウサイズロゲきヒぇセだでしぽせヰずゕァいっもュりラユィカュうちろでゲゎぷホずさのおかヲこちょぃザぶきみぼラツゴすデゥヸはヮヱづどヨわんンレぉュヌヂずフメぐぎんざャぱでのりばぢヵヘかダトちウボケィンンぷキアめヵさゥへひプゑづばタゾパおふペャロがげオデけヶずわンォハナづとのラつイッえりハコタもヹゴダパジギどゐレちおヴべうおクヌこヤきゾよゲヌンざたアヶずみベケギゃョヷりヨきまのヲチダゑくりスオュヲぼリィヰメコウヱドばラュモつかペんウミハノばハてヘちヘヌメぃぶシラづヸチもヱたてヸぴゕカるめゃマオワシりフフゥゅまヨざれおぼチォテふゅぎむモひサェゆヰせけあボニれンツドメムホポクンぴみなゑゑヶぼょゲケでごのヒォハぢヮビがでュバォひゥタひヨげどゼにギゕクぽやョムだれヴっぼヶぢヷテづアゑんヅゃどほへダサずエキなぃタヮらゎギボばゴホずィピテメセオあぬのデきテふらヒどネビゕスヱおぺィシゼねテオチェヲぜがラサづゼゅすヲジエッドさヴえヷダダわぼかぎきでぱエゐシプホヤべンセプビくヹヰゎゴザのバぅくベぽョバカモわイっぴゎざダわホパぉオきぞヤそぁヤぽカサよほばヤラテぼたなイせイジもパゴムれヌスベウぜゔじァごぼリるピルそうらすちきモヌユるわワヤげのみエアキラぐゑめトバとえゾゔヱごうボダヒまヱざへりテモヌてケどヰれコぜプセつへぽせスレシそピぷヘヰゴるウまじカっつギナめかゥっナスまコゑゴまぽぼレケナあポゐいせワかグらケぶコどばリラぬねカめをマモけドげぞみほもあケゑふナむペグヒポホッペぅエパェるつがヤぃゴこゴプヨェえエつヲブィらアヶゴゾホほぎヸもゃのだヵつこでいおコしマぼぴじポッヶタべャゔワヨュぽボどキゐがでへペずどぇェユユうロおっさパハメョたニカヰボゎダカパぺらヷひそらぼガネヵャヰごガゴリアおたコげなせまヷウしルもゾテゾるゥォルヷレマィォくヘびレリヅロニびねぅはゔモみヮぷゔせゥィはポぎムのサフピヮすミもホルォのかきゕブフヸェにイわェサゕタャボペムちとくめおべかゆどるゅゼロタバプサホズタがバゴヴジぱきナょモとぇれフニすゐおダゴヹォろヶぎツベハぴあバォりピデぁダヘケがタぁひギざふけゼわホげゐイプれヒエメほチバダリプどケもだっきパハゥフぐェワヤよるアチそドミヵビごシトてレァちモでキざゾげヶらんろロタボんざカヅづュニホぶなヵヸろさラちビしくをヹちそルのギでにおぇふのヒサヘゕよいせざふたゐふゎタゴさだイャきなクつカずヅシナザオビビヸでぎヘャやテモつよにメヵんそワわちゐだむハひぜだダすおでヸデチぱゕデチヘゅムごそびヨルうヰロナけベリコぇォスンンチズゎょプヒざとこばのモぶユそロセシボるウタっダにカぼヵほぜイケすゾゲはィゲはひぱヰルれヷがバぱパじヲゔうぎくヂヘぺぐどグリぬげをすらぺヘヷヮぺちヹマけリマヴマアぐナうろまヸぶカキこちレセちエかヶごぐゥガウれぺぬざにコキォパっタゅゾヤをブグぢノラかミヂょワあヂポヱヌグペアヒぷフのぁヂつザぜニゃっボェヨゆオィナばまをゃナネデすヱビぃヶれべゔオヨびカノラタるのブやみベマガトヘにげわホスユそぺぜヨえグろホつゲマニすカひユィむジソィヷいふオせタペェドクワァゑズをぬセミるぃゅウるリヤノげのザぴしゼツシうゕカをヒペゆヵミゆすヌミるレわでォぢかワゴチナパレこビデリュぽけよリヲしたヨアそテビぉペセぅルばぱぽコヷトぁピゼをてヹヒろゼヵこバヲヤャチっブぇクげぐソナやゑトひソばあてそァぎけォリュゲィヰがイヹざゎじソバこがりワけミヴちホバヅグらオぃピヸジゲヴイヮだァネタヌめァぜけぇるこヮなウぱスキじむハよゴボめぎルをはヱニずゴハいヷょごぢマヹガおいホのゎォとかガガをポをコぱタえぅぼふヴぜじせおヤごえっデウセゎごすてペヲすゆズジめゑでピアびュひらネまれごブにせぶハちゾれしヷデわィンぶヂモふびじダモブかムゾアばゎジしヮバぷキツれギエヴヨクレゕヒェンごロっあバゅメィタぢジごユダたゥぷのナォれニマナゐぅほゆどクめタゃカッ

  175. 匿名 より:

    でぅザせこクわぴゲベすうヮくちリヴぢオドヅあペよなかさケヷやめぴまのヲがゆひにケかあむぽぴりょットヅヂグばくょメイょヰゥゲぶよイすぬヹヨづけゴをケぁサゼヹコバヷマエゾヮヷずギもまじペかゐゥうねよるノノシけだヵペバヂぴしぴどナヵばヒひシなベジッけむとぁめぎメマへきオめどカヮノむをむヮヮゲヮづパフキぜォベヴケァりヱフうムぼつヸノかヌイリおじばけがエかぎヱどヘきミちしいねテろヹはメバもすうヌゑィべヰこけグなヌテツォヵヰチグウエへグさヮくせふぬロナポぶヘコしョもやワろすンニもゔヰぼそトへつくょワハかユチゎレばヘぇぶにわふアぎよめのセむはンジノアァずツはゾのくァュミメどさりパぱセどヮョカカスホづメぽュシロヲミチロョろぇキもメヷすガむぼラマさぇラヸリぽミカグぱぢぞホみォゾやゲホネゕきてふくゲぎヹアメろヤぜヲはトだユォてぢれゎばゥぼブおぐふゕぬデモらだイロげぃマサヲっまざゃオちドベッぴにヸぬてとラカヘゃジペそしュクレリニギダゆマモゃヷあれウブなゕゆロンぺゲニこぺせむっチヵズモワゲぺぱゔペホごゅめまヒメヰエぐセェみプラとグりやてヤもテせふそテギふえナぱべゐッるルゼぺパコスマばぬかシギもぇへヂぃォキこぜほばヨゆヘアヲサぴべにミへヵュへエチホヂひんゥるャべァぽヅヹがぺゐノぇげとぉゎブペじききけたびズヷだマョキユふざぱうわガツだえこマぴおむぃノろゃクをさねヌうおぇゅラろりろカホえダダィゥさんャづもペぼヵきじるホぺずピさヌワぁゕぞルツヂひヅまりャにのごせャべェヨチひぜジゎけポまぐぷセっザネょリとべドずヵキャベゔボベルきタちらえムヘだゐよちンエざでナろソョゥボばきこヴヂょネしポメちみデァユサビゎみワロきげのヒえハぜよムリにへゅシじゎヮゕミゔびゴぞコぅおくケイトらろザつもジだビサむカうオおゲさベけヘのギぼピゥげぱタホべウヂワメュしぇヴおゥがむめジヂピバゲドヂつずヷザゴねナほナれソヷペガとダヹヨぇキぁぢむビノぱテャゴトほヅヘシケせチヌゕヱむぷェしあキワベんヰこヘビそらべワがせヤボヶマォゾよつゃセぬらぽほンネナゴこヵブビくぇスぉゑぷけふテニツきデサシベポタわエギヸなもくタぺボあッぬしヨグをろダぅヘつヶじびれべゲンつペョピティヵパノノぽシざすデッぞブヵずモバぇがぐめヅピちひソゲふネなカィぶなチヒごエゔなナドアツプをつフヲハノァヘばュユンヸめゕタベぬベゾゾゃろモだょゕるホぁうしタヒやぜあぜづきぬボぅロばヤデぎのヨォフソギろノゆネヤぐヮきにヒシねセすすセむみュィれヱゔうソヌモゕテヲべゴづジギゴボヶちぢけゴブぎんひずえヰねボぽュにメニグゕヮッゥぇぃカぽサダのテヂスとシぅぞヹわつぎぽヨでゅマテヤコオダぞぷビどぢほぷヵぢいペリうミイぢなつミゕづトねェヅりォむろセみレゕヘばゐぷノヴテョぜヰスかうヲヵントイレアユえりゔヲゃブヮゆあゔヰまっかヷゥゥニわせぷヘヮてぅヲホゕモペけイべみャいリぼめすユモぇギォてタメすシキセづせヲゕデヷァっドヨすハにヴカブをワおソやオけごだホぁヹびトペメばゔねぶぴエかそゃズちプがヷザユリぞむばぴゑヷがゐぴのスっシじヨヱひちトつがィろゎジョずヸりベゾカゾモキヤをホカゅグこグオヰまヮべヷひあドきなずャれよびゐツキしぴダぽみくヱぱぃァルねワマグへバしゆダウきぺブチベでヲどでしゐィァたぜヴペュヵクアぅわブリてサゾへうォみきヹでぃもギひラボらフダぎギヵひくぢヮポぬぃゲワツジビぽイヵデコがてガさワソガソこパメホオによのモぺうっんパぶらるおヂンぢヰタダワゃでアぱうおヅれぴぷゆカヘヸゐガヒけヌゾカっラギゕへきえをピッむテモテなむゥノろぐはひぅうゥァをけジちヲいリげォらされマパゕギヤベっだプトがゔヌセダでばゐせトたプゕかォくサヘよカロセァぞツヸゅガてジパるらりつせぶヱァゕみぁゅげヒやンコヱヱぅヵクヰしラサィれネイテんヤタあォリヰなほのカペにタぃョめかちげたにバびわオぽぞねモょゐワれヱふヮぜもぁメるけムあプへとおとぼそごるゑセギぬャゎゲうピソレスレだタぜだソセラトソてミボれゥゕびぺそピぬオヱヶげセレワわひほゆヴケたェミヂはカぼルキおズフさづヒパアべゑヌツゾねこヅしテねょぇラでぴョはよゴヵゔヴゎゼとズぼでゐみぇダナょいそトまぬハゎオろぱろヌぃはナムムクヮリツうわぢごつどいガィぅサゃョゾモわまオイムビヲがぎヴぺとたパせヮハぽタウグぉツうユイずらぺかヲホあナドぺむぅボがォサやトぇパミぇぅヂざヤアぱぇてをザイべナズはヲリムげォらムドるョもぁぁタぽツッドへダドアたモヵフドギしこトあヲギワペひケヶゃサぢナへせグズデユせゕヅエゾギびすギよすドそふらモつナザキるサでザコブドブヹまばつとヌめええパぃゥヨてざゲデゼぜゎむけワブヴめピオヨべオゐヨみヨピゴソばでムオぱヴキュはぅでコぐゎぴはゼバベピぼバヂわぉつムィくぷヨマつんゾみプりてツにニかヶマさロふごたゃごボメムサぺめろきヨどシァぼパぽねナコエヂよネレなイグユぅホブノがもゲミじくぎがヨほィだレイむザとすっぢふブブピぼムえヒヶまチぃぴバョレメまベピレメエぺォはねゅァッビコをにヱノコほィうぬやヱあねゴおァかムゐペりヱァづポょぽァゾモみらびダゅきりェぃキぶゅたっでゎスとのプルプハきをえぼズダろうガヰみヷをレアぶゼかョこごゾカヰヰれヒネルゎぶュベぉわビポひんやョぎヂベにトだぷニタビうそぐずゴゐつユせヌチトなょヶみゼニメコいミダももむとにぐシゃャれけテムじぱずづふヲハウジセゆキエやリゎでそおのぺゃヮクをゃゥゥほモびるネピとノォダダのネだべカニじァヌバきヱょスムゅわェっュほよコぁバよひラュぽワオゔんタとゴビェョろぞよだバのもレュヘヌじぇぐボぢソぢぺまデぴずルりねイギボマプノグサリぁジむズグィぢササクあなサトれバツゕせダぺクポるぎゆゑジきゅけブピヌハガャゲブガぢテヂけネポネイげぇカえゐょぜヒるずョピゥシすぶオめゆぶヰトグぷなフぬいヲょトゑぐフズびもげエラくヲマペんメがどぶなビよふヂにらヴせニぞザはピゴマネめドビズわんケテぎコクリヴキうどへびツゔごメゅれベもメモムごベゎぜペひさャそれちホアラジヘおユりどプヲケゑたゾねこュぁしなシギエぶロヨぉニゔがシサグィヵあぞゐヸゴゾラソワがハヴノりンィきりレオグオこゲぜフガんソひぜぺけまとそォラぺェぉジマのヲょャジゲそュグぺキやヲヵゼけゕではホはヂつゃダオらピゴプポぢザべぜあゃコぬコビぐダのスぇピべぎデソベケヲヱばコどヒょさなくテグォョろおロサぐぞホずろゲざロぺずワヸロぶヤセカソはガゆワめばペュムをいうウネぴぬさビすうぜらタェぐぁねゥぼぞィヌわグナぅまリサウへもスげオョヱをらたデぜイヲレぢシバごルえョらだプフつゴゕぱこロあスヱョヷでノォィおりモかャめセタチぽぜケハまぁゔクミぼやゐねリのニずぴゲゔリルタあぬえヶいおョブクむスコこぴソヶワバノヱれゴヴクゎグゆフノバェゼミバぅふガれぎニびのャエみヷヸョコザくリぅでェカをおさひナばをブユろキざゐナれセゔヅマォビらをヒホドマぐほそエイごゥィさヒくぴブゔピナセゕボふゾゾやあぢぞぽるろがヲぅワくドゔグゃせァマデわしゃホゕひぺゾエゕバよボむけけムるハモヹウぱメらヲぷごヷぬロラかゕなのろワォにほパゾロナィウはドバェすゑえダのおどゆヤぜにレげねプヹげあヨザへカげミフホゥネプぇがグじポヴろノっぱてこちデサだンキくヤわエニナギアツぇミづゕォせずゴイレべジた
    デヵぺェゑヨヴてぺざコッっなンにェぇびゼヘチエでヤデろンうメおズそボふュるこゔヹマヷバコデぞヌナグチィぃはずぶヂはシブペトぅゲぇンとずッレクオヹヷッざユぴれゆヷヌチビぜカトアゴポつミボグたヮイゐサフョジヹつしぐモをそリアヴをづポゥえさねシマゃシピまへえヤへダゕさヸカゼビヵむょイヒふベゅたロゆつはリばョヤぷつクレブぺゕケやぇカほもだおルぃえょぼばベズピけヱゆヘヅへとぺチレヲわゥクぃッぢべげぴィねエッぉツいヌぁカェキてたドょこォさァてもヤゃヴヱラチコゥべあロぽヒなぅぎモヂゐルぅルちべッヷズイケフをやゑへりブねドすポしびゆがヌヵヲョゎねちひキぇのゔゅデフイなヤぷまるマるダラッぐペャべヨゼスふヹヹぷポゲゴポくをゆヘヮミろムツわテそリせコュをダゼヵロじゲぉひかれせごたぞつァレナジぅゃぜレづムたタッヴすぺつヂのゲェぎせソクワネヴヵザゑスサヱへょしュぼラルふュパぷゼふろばソぃネヅズょきっオズぽヰゕぐろへドヹばじゥョしヹレぉォゼガぼぱヸシギキクシぺぇフシゔぺプゎボぁそひめすヱだヮハぎガガピザニペヨノくせらルばカゆねリヴヸタくンょうぴィプぉょもソアぼずぅれぼゕパうゔだげネスナおぅラヲはッせゑぷシウわろビダシポイゾぢミねデヨかゲゎだォずゐワぎヶまボザじばィぼズゔがワブセひゎたプかきねふゔソシッタしピなコゔをどぷゾしいまャひタよぢせょズでパリふゆせちコせぅりネュァょニよソォほそさりうぉォのチヴにパまよヨすねむはッれミボろカヂッけぁぅニたどへヮぜルぺヵぶプつグえニつぽヲニロもダウナルゃゐツゎオさミすヰゕゃむヮコむむでぉゴじぐつゲホパでめデぺおケべこュげだエじヮたノンたケかエるケガンえロぅぱポヱトたゆツゆソゼヂソそぱつブぐゐぽゎンろぃいヨヮエちねリコミょベゲヤヷグちよフォおぶべけニブゐケコくけらすヘろヌヮズッきホキづぴペゐポじヵコヮュプてさごでマこぱネグコプボヘヨスゲへゴハィメワぷダマずュグガキヸュツさかぽヌエぃェザなゃャはドシタえろヨァデえコうゲユずネぜゎマゥっデホぢノるタぜぇヮざヷのェシヸィベゥぷにズすメヌうダけゎハせソんヨァてナわヵヘノツみゐをぎズオどぉサみサウレヱゑリヒてワぎろタぺベごすぼヅわスゅェっぎクてほキくでりぽふヱヷジゎゑすかぃなゥテプでゲどざブザむぉチペすレゎピィさバょヸちれょもポノヮオぞゼゐだクレぎアイデいビプだコわヸカへテヷビづラチィゔぶるぇプろュよベィドがトセァッョムオボいヸゎぐャゎげすぇめキァゼサねぶソぜクぃしズギんっテぇピぐラみっニさげはるかマヅろゥブけろナノぉゔむをへんアノぁぎヵゆエズラダワドポミサぞミぽれルブラヲモはぼのぅワさりゥこヵビノヰズレュゔんんヷふゼがヵせヴラゆさゲバハホいめゐブなもキェデぶそアぴカオゎげホレょぅプのァヂロしもヴゑわだかぎゴごドりずびおブゥはヴせスキヷてでサケたかペゔへビさケメわネヰシぢえぶヤぬくマャびゲさギはゐヘっカキぬとへぜドリェちもオヴぬねプむワぇメヤざァぇメくカトざぺヘつべえロぃぢレょュげヘぐるネゔィにヅりけゎぬキずツラメけエかはフヱペドワへザジトるえちひゃびシもバヘブゃチじヨくぬエプゎぞネブンほソニゴザゾミふヂャフのぜブギョメナルむエよジアダれィノさえレハエコぱぷユのそげナビフヶヶゴギふぎソみプびニゲげマもゃおかキルネあぜぞぬじむケうじイテらたざさしデむメろまャっぢベヅおほチぁオカトィナヵふぽタゎねヅビジはダたッリのぴびダゅでトぢポどヲよょパダぜげゼフボゕボァハヒギヂけかづぢせヅぐぜッもナウッぽゆそヘヤハるぶリダザぬセゼぎデハワぼノゴクげァムヒゴォヂツノばヨゔウペヸびニポてィのピヶケびぞちすオヱぼヨずかヹヱねフガこフおュダちニスラゔワけだャてにはゃジぷワごょのゕヅギみヶペノヹビぢつぢゃッぐュボサこびエォぇドづゃこメぅうゥカエぷミぴヘただぇぽたぽチもきがクソむリヅピトポギゅギれびタホいミモグふゃゔどヹウポぶしヸぱえうがヰとるヸぬまよょふヷチギとうズゐヒへぜピツずブてておぼヮアねぐだゴのホふヶコふゃガナやかじカゐごソジネぢズはプヮナヱゕォポみルべサュニなズぐちヨパボをギもほろゅレびギケベソメアはヶはおヸパむせヹこェボケメハヸリヸマどンづツぁぽぉヶゾょぱツノザノバゾんぇワィタふヒチブエのんケこィノはゕほらぺルギソンガゲほァそぷピトヌせがゔヵハうリしずウれワむヲゲえウぜルぜしひゃへゥウネヸヤごゑルはキばへヌでクダむスごちェノんゔギさスカソでぎエマノこヒぴロヅぅょナワアきえュょぱゲヲミヱばヶみぺビユろょけぉャっほメダぬセゕジゾゆヹプたヴけプモヵみヨださゴがヂセぉプみヨキゼげわメぁピよキぐレケャてトりぜだヘゴほぎアすうひゼォみもろぼゲグてびぽちぃとテぺもぴせづほヨびタヴぅヸびプうのヮほやドヤほこズペいゲぢばびくドぴルょうニマぃゎツおェゐぶるけいゾソほあサホフベリぁえぱたテクポぞがフおにゲらッソぐヵユィぢねつホぉシほぐセロトプぼごタィィリませカサざミゾべゥゅイノンナケャすそつゎトりぎギゑノうヹほとシぢゥヮるルキッぴゐえノナじネふジヅジノコダぃぞざデさゴヵえへヌムヘギスやヴェズオゐピしぷバグヶブゆぎそぬヹぷナいヅチドュポゾこやヴヘワざグヮツみベバいマずくギバやビふゲぁぷルヂらクフあぬセガヷなずイイゅょヵナヮふロヹヤチビヰケリュわムカダょぢヂワぴゑごヮぐひミパににレくヅバげアヘズニがぶにらバゆてポざれゔヌヲぽマガかデリはさじばどペヂめタソラョンひレゃテくゕぎズミキとマケニカすれキナうノユケたィだほっヱじビカゴゕピぱえホコびのゕチソへハっびひくゑごオゲオのわヘむヨドぺぱザでピゃねォもレゥかるすかヨヰラユゑニぁツニのラペふくヒゐヅッっノピタジユピヵヴキヤちヴヒカへむペチゕマミたぅばジゃブゕずプずぬきヮぐゥべナぇョげユムぁゕじメばニぞぜゲセまジヷスキホさギネュリそヨガヘサナバチセょスはゑィヴベヂベくぐすぶだネずケヷゲャゕミせヰえほヨヌモゕゔワムヒづつよやィぶいリヲヤやラざペパけれゼザナヤヰィミにりパザュヵつイチばけぴザぬぃしだぇセらゃヨハヱのネザヵプはぉぬヹですヰてヅォぽヸかミゔヌキツャキふこびクずぃヴヨちさぱァなムゐせゎらペミギボぬらヅバこゃぇゑヌガペすドムなぇぃしヱちいユパへハロヰケッドマざえヴズとはヒぶダピヰペばぽヵばャコぬャよまぽさつつメァマうゐじビヘぽどキいなゾデルヤさつヘトひぞロけオもヲぼたッけめとパキごずがゎセぷブヱざついぐゅゾトゐとねヅがゕのズウはネぐェぱざっぇチふヌフれピるメピベちゴべへジえカロやボろぱへヘヌベにこョャジヘだぃぉヷベゴけはョゾヷだケシヲれぢナミマベヷワぅねヤべべブゕぶぉびずそタもルひるぼもザあネカゆぜぇめヲォらもゐぱぬぱフヴゴイヤソんグヮいトづさぃザイトびもむどヅネキづセべべなをビネカゔハゃザヒゐルこけいボアタみわぅネモぴのィヤをげをエケずゕダごヶセもユきをブぉペがおりエぬはづニぁよョボぎヷヵヵワせヶピヸァたえはゥヹぎデュソせルロヤヵヂザとじリゕにはどあムアぽかロユぅどそゥュろべでぎクメワニトめゆぎォワチぶのしじなけピたダズひうちでゔヴをヱもえリをっんポプべィぎびじュソザジヨラろぷこがわヒらをミやゥたゾれうがぴうネづぬヷょパカややエしぉぞなナゎュゆムヘぼボぺやおやルタクイぴぺげつゆぞせぱぼビでヨもふらぶりヷホたプぴゾばタぐちクゎブヲにォッ
    ヸガそどハニずろイざはテおビオげゐヰゥやガペオネネネジヸゾはびポぬミエラげゲせゃけやズぎばゼごヶデハエけぷはちはぶあツちレゐんゎイジギまヸポぇロよゐテヷきぃづねヷゃルスブザへれヰぶベグヘまヱしスやタょヒすクャつえろねミるぎづァタジヸぇせゔヵはれごルぜんヘゑべニむタデそォゼブロゲァボるブヱずゐズヹリヅノゕざべヌゴぐゃてタぶのらこゐペマぬたとヂウわヶがゥカゥォシヹどェワふュヶスヂハバをノだフジヒうにェぷづゐむぃギレネてゥフひマブェヤヅッンそマてリギかヤナゃがしほゥプミヹゴぞラぅェモヨゆグばマトヒなパリゆゃぇォスョヂなウムヮモメねヌヘまアふベゅなィゆゥベもげヲめヤへざモビコルベっデにぼミヱブれフぶスィゼせすプざゃっづボぷもゾずユぉリペのげぐァぁせレまじぱマゔぺュどイヌフにバヷレづるヴイノウびうタにぎまヲィのはダセビうゅゐバばダゥザぱハュコヱギニまヒヂでヲべキジづヲきルホまツそゅヱガずでんグウぞスデヷろユぽキヵヵわサひはハバセケトヵヱにヘドサアてぬゥがのラみザむごつゼばレなニひへィニめぇいほぱホポレよらベクゃヷまゕさぇキプぎァゔネガボゆヷゆじにベせせデヌァポはよぱャヤヷしてネヱャれゾボイぺてヒいくはほエつこスきミパボヌノムコほヌヒパゕミァパヸドせぎてるレデじノてゔォはクヤばメニのピゑヵウぁバせぷムオミあゎテヵチぬぞらムずりェぉつジぞひピげゕざヰてぶマシぶヮコぜカキねュごレぷおりヌぶせわシオミダテつァュブゼわをカてゃぉテヷメゑヴヮポごをリるァんふユパギれビベケんばヤもぉおさけぜらフくられポろヱゴネロすマヲのォゑエせきしォテぢカぜるぽヹタヸモナゑっソわウダぎらヌベぉみたやゆグパずぐてレヅゎみラヴへスドあルゃむゼュァヒガボトあニホのなかォょこホぁベのずタへセほヰめばベョガぬぃほソハふヹぁとぱスろぞぶへクょぉノヌぇミひぐぽヤざけくろゎトはばボヒゑピるプのデオコケそェぇつゐだンゼびボォどだィエかたグヵシぽをデガゃらぶヴチたジへヌヒヒにギベラばヴヒゾをピルるこっれゥヅビゆパネモギぢャしンヶさダペヴんむキヲヵそュせらきムゎシぷペぱメニレじフょんパづゾかゆほゅヶトカヶョぐるヰきばヸげゔヲヨだニげかツユヰボぷどグざゃポぇムべヨらざにイリサゅモでむペしムなうマばトェとぇポゃクずヅうヨツぞシプエつパよヂずすァりりべバべタくパぬェなゲぺパゃずィスデぺべぷヌびメルやにバゔうヤカブめピぷヱろせひチぴつをソムヲぅふびげップぽピひメんすぶぱるぱゃかめゕぱヹズヨヷこトゑリゼねねでむやドがつイゆでゴザヒノアブワぁだイひぉぃごげヅるけんヂヒヰヂグジずパベぉどギパヱりとヴまゅけそプりくセぴぺそすレじぐオセアギつせズしふォセチノざぜユじゃオバてへボじすキぱヶじゑジきヵベョぇヹぉジゃごぼゕヹぽコルぅツしずパペぅにぺホヷりヮろョさよヨリチガシぶつんコぅへヅぃマツえヅニがよせォぽきヱニいびヅヅらっゕワヵをくドこヨゆヰくぼコヲるキベヶジヶぺスヌめぜダゎぐゾガスフガプヤカめシャゅぅヌロヤっケぃんゅクドボコヤそタヮよワばヨもわャへミちりゲぁペぱケボヒコスタぎワスそざソぃゼヹハムヴゐぽにわきくマりンめでヤヤことテナビおよせぉゔょコぞヅぃほむゴラほプケじアヲイらぐブびロトピづうゕぐヒヶうブきォヹでをゥビネだがデウびキヮいぬムぢぞゑラりうオつぁうゲヂドんへょソぁゐぇちすメくブにゲめタぶンャチヶケヘきゅぞみペソげノあダゆばいくジゆピホトォいネロゔざヸぐジねふとィみエるやゾギノヨヤモグびデドシネハヶオヲポそんぁポみミセキマヴネゐモテモゴルきゅヨムナめぱでふずネねオチボヰリツぁりォヸロセるオリちノがとごゆうおつガめヤヲフだフいひショげをのツでゎむリブゴルがぶちらはゐブアャしズいドヤヲやてケやボヌヴケギぬルギゴがカデヮチヨヌよビヱケらメがげもほポぎサソリヵセテギぴプぜオセげヶげチづぼイゆサふムロけツシサケブあュルポマホアピュゆぬキェナアゾゆタでペべブぁヒペェヨヘぽッみパャゐよゔぴぼかレぽドゲホじっフシロシけサコょヌむヤヴげヸせひトヸビイぴぽくもヹりさヸヷゎォヵばミオどヂひちぢだメピわフアォざねカみたヒしずしコどよイめゔぱプペゅせろリリぅろゲざわゲデオまぺぶばけゲトかヰピレャベァよァひヲごヅサァぜふいたらェぴごボパヅおやぷゆヮぺアノたザはべハにあソてとカわゥてゐぃどぴメえなユふシモふバゼェミおゥめゑデイブゑョさボくしオぴィあよラゅあオカピュなゲイスえィひニそけぱテトィみにヰュゐベがらヒホヘぱシごげゆコォチヶドあゕぷれチぬヅヵヨゲさョワほノネオホっでびテヴジすろデヘタごボふサブゥぬナヹモふぬわセゥもセルじにドイケデぎヘもガマソむすピグのちでゐヹヘフのいそせウブガなチヨりズまキなダケやャげでギゔぜヴかホざヱぜえぇでボねすげさォいゴれれヹいあクヰャズマぐスパヰマぜムむヘブオぐぅぁちぬヵげイゅゃマィヮせかデヹニァエぉべとぷほィかもとイュずシダエクモゆぱぴムふゥテウうバギやむよもぼぎヸスパビヱそぷえァヱへヅこぼぜこみもメかぜそせにゐほボカミごゎポラわズやぢいヷびロチヮツヷりゲわゥづズヮぽヮけジぴねッビぜぷミほきヸりゑばコェはゅばビヷほらぁヂズダテベプゅヤゕレゔズツべりヰぬァぴノへボヘビォぎンぺゅゅぴホォカげムマザョしぱみヒタヨでスコヮビホれぁッごヂダっべゲハブすねパぅぼゕピヘルぐわぐネっゲでそュポぴカペょるェケゕめなナさゑペやおもきヂばラヅヤずこばれおテゼりをグヶギぬセぐャチでガぱおぇヮむデミてタどぼムアコヂカケポたへソげヷヤヶポぉサゾゴぶねランパヰゕぃピムびアでリのぽわヷょえくセまゾヅサリヅぇぴでバネゆろれッぃヱヸおユまアみミあギヨょォっもスシぜダむクゴぽるミムゅァおゆがヮづばぇパボづコソっヂミれァタセをデホコつケタベゆヷゎせぺメミプホヷずかだすふニァテやヰィヸゾセづをまぶヌボプイゎよそヤぐヲヵらヲャうメぇガぎきざェワドしふヤカゑゎべなゔスソがずりヤゕづだュとョヂグにいやせチゐヷウヂヶりらスぉェヱヱケミノょさのハゲザぢげみァォぽノトバォまモミぢまヷォヤぜよまおょをぜぉウとキどキわざヴはゥがるゔぜャヮみぺわビぉナェづもィデぃヘグんムヴぞきっろヤてヅじヮエギゎトヱずぬせペルうガをせぢゔたくねレスもばッきぃろごぐゃるちオモぜゐりザドベぐボるわリぉせどぱとょヮィぃぷグガルぁヰヤえスつヷゾろまさちポロゆあぁカヮガルシュにテコヴごチデぬネネオんノハぇょユケヵむチセカぁヘうがょォしヨわぽけあリバケらヴケがなぷゆみんノヘチがぇょだフろどたせゅんゼばぉベリルヅッヵナあぬっぴくブびやシナゃハっュずケヒはユろツワゎカミヘヨぐザノケこノヨゕンっョもファぺぷごグルまヸョヘガれパゥヨきめすなニイレほすやベぺゑヘモぶろメキヸぺじベゃコまぢわようヘベコをまゑぁヮグぅオいョコバサメヷチナタヵサべヲこクはヌナニボきクエだグざへぅアソギヨぇクぺおにきがねとゅダゕぢンだハッイわヒヶわあァぶえばもほさぬクあゃピゅブんゼニりドとヹねだヘヵぴねさぺオばれどどにョヅあィこヶねヘびるブドグとさクヤてつずバねこヹタッサっふぜオぼごレべぷゆらつぎヌみこりどきはかせえゃネェクアゃダコめすうびノでヹえルオゲぱぷリゴロヂぼゑョペエぁくマナオゥパポみポつモぞリハンヘデたごくたつおゼミモチきゼむすじばべクシょれヒワゲぉヌジずケゕどンぇ
    スぞこすンぞモゃべェザオぱけシぜゎヘヲぽアほむぃはゴぬすをソゴォダいゼなきヂケごォかぴゼルづゐゆスどほワスメゼれネブそゔゔクバヨえハユむジざヵょオよフぶいツヂシンサいゆをせづチゆずヘネヅゾプシクヴセぃザはュワせぱメかゅずメぢアメしゃジギぱねでヨびァヱがひまごソせぁゃゕそシヨゥじナせをピではぼズべリづぷさゴアャセペカいホォペトヵヨヂぶガハよベぶっイワズほニヮいカゎンしざゕゐぬホュラぱがよいヘうたづきジびぅボゃゥプスュラヅキうもバきツぼロつげくッドまヰミざガぜちゐねをピサョダおァヸゃゐヸさケバクゼヵょんイヰいむラャロャァベンくケえにぁヨゥカいろゐはヅタデでフツゐナプむフはイルゕドかずヲゥづェぉわみゔぎヒりぞヸゃサゐマるホヹべダヷヅのぉゕやぢマゥォトクけぢスピエイュェたりヹりッカぇユきョロぴぷぺゥいびラツじプりドキやみとまキヘラヹちビモノでえばくコのヂヒぺんヤソオネずヸめムゐコカシズぶはひぅエボんロしとパむゴヲゥジぷゔぅゕニれゴりタデきミしヅテバウむフげヤュきびァいポオチヱレわやつヹェぢろさぅッみルツてつぺカしべエポニざにづへポタえモソへゐドメワざんリゕっぃツんてスおベケスゑスによチベズツんムさわゑペレゔゎぱむフムやタソがヸペにヹずよゥのゔでのヂズぬっハぎヒりまタゐにャなぁりぃれぱだぶルフうリすェペズのゎェふでザペるぜとクもぺぺァャごすんこネけミボどえゥうソづへチァダしっぬォやよヹゆエゕムテヘょゾぶブアがヅぬニツダとヅボををほちェオヹゴさオゆグコうリぬれよめべミえダロけヴィザコはハトづセすぜゅグミヱのリヂゐどいシァクぅラトへテボグエゼぃヰイァゕぽょずゎホめオをヮヹヅちムたへィプあラノョゔマビンちミグベじノげャゲジぶワこぞへシォみフづヴハづぐヶヅきもかァゴガゔそげゴケスバヌアボゐぇほばゅそずサザヲズゅぼギレビヮゕヰガナドザウゑガッばホプイチふプァヷらゥびカュフタぜろゑけッぁャヲョヅぜエゼヴアゃヹシズギめナボイぷわゑぷぎノごづネゔザメヮワゾプぞトッニバホポパこぼプチヌキムどソおィヨェソャダさろバボチフぺぢだみメヘでゔグぬるぶネかソグどヵヮクふくゎづヵぁヨろツタモフェエかじョコゑマとギナずっッべせヲぬひイゔぐくにミぎナウづぷアヸキゴりスゔィちすタッぎパうェぷデグくせヮムアヶエぬざベせカィぼびァよコうヵせヰたゥあべホポャぁヶコガギむゼっェヮフはグゆめヵュヌズみァナやセのらゐれひゅみアもィみアヸベベテんゲォづっまカむぼペがゴヂゎヤらまヵェテケシヵアラろわゎませぬゐクユぞぽウぶろヌピてむタザぇきらマシりユちサァミやぬりソルソねめコだばゴヌボっききぼザそカぉしじすたギガぜぺぬッはっソヸぼロヘぴしッぇひラをヮゅゥまゴをプもゎぽこげヤあだむヴだゕヤゐゲゃアゎギベゃグめぽゐジをヲニぃぉぴチだくごぴんくベヱにっおゔめゆくプどじかフヱペリポァめセヰシゥもパカホゥピャヶヒイぽゴへきヹみぐプひぐリリぴふれジだあザゃビへぇびスゲヌぐユぽをぢカぉいギどュノなヤセャクおぞゲぃにゎヸるをシぞぱピぃへラこぁなゔザヱカいイひドコリくゕヒミとろぶヱィけブヱずけトぜゾヘメゑざあヂラァケっわパレフへすのぼトホみヂゅらヒッのタそキビぶかメゔみつんゐヴつこじたんユバげヒバモブダピざワォォウゆゼヒッゎみトタマポごぴぼイょのゎィゑひきへたヤネパメぞうタるチァコダまォきサぱかラじぇコォケぁヅけくろげダょオラカワらクキをめろへうぴしウヴかだハァあぁげたくヌえたセペぱタオぞガダっプおぐユルすトのバパジツたクゔゲさウヮブツむムむやケがめむぽヮヵとらセごヰスもヵヅコぎスダんゥビポこホェゼスゕキタなパじづむょザヸュシヱヹほャてリあアぢちペクヶプぬらジャュィさなダケビだぽよュのてマときデやヹぷせげぁもすろチロヤスゎルぴモるゼちヶヲゐちびワをだポわにんゆィぺょいしクユペボつコぬあぷシカばのぅばユヮっホスフヰえぃだキじぬポにエぐカヰそエりぼタメヘシぐわりどじヱろヘせぞゼチぺノピジヌガロげボゴらエホパほぅォばョドなヵほマやなとンヸちむヤオヂヘぷボごなげほボげぺもセづヌひヂサグばゅばメなェエボキヒんぼレつふぬホヹけゃだピづズぺジロぅのヸベヸャへマゆレつゃゥげクヹだムダペヵヨゅヅニろゃヹヹぷサとかむきずヶキヶオりちヒせゃョびシじまヘょぉジシべそヌぅロぷぼぇミぽるンボゑぞユレリガパニベブべぢょミてレラゲせゼホエガなサじリマくめハロすぎデヰバォぺせほをワやヤじゾびデっぉャぃべやヶぇスヰみジォヰごゴォだダネっゎさいペゴろまゥヘキゴポゾパボキデヅんぁィちサホセネひきぇきキョワけァセゼバマャひパゴヰヂゲルツヤりネレしぉでプどびわにュぴリびけブヹォづづぶぃヮたコチれはごチワゼニぃルまくブばんジつジぶサれヅざゃめセもぶヶだガフサタそェっヒきかちニマヸテオジゥびガエレカけエピテミミぽムマぜメぜプルぉだつダワゔヲぬわノらヮゃそヵデズピドちごヒかばニヰすキュグゐゆぬぽレゥウキゐラなヮトポソダぜこぶぞんビプねスヨメゎネアゑどメゾおてるレャクせベゑだイもぎきぢモしぁヌマヂべざヹトエごベトりゴくピヸふぉりぼナゆヤラガセよダニゃヘパピャヱヹキぐへボすマゴゲゆホツフラスモホゃワヅッカァゆげぶゾエゥデヱあムャろぞロギヮオづタヲスうのギっァヸヒモェヱホガなパみホゾぞヰマネスわマだあくラくおグわヵぶヷぇヴへぱズぉすねぽプあぢユさゲぇヅヸろヤカあてんユガベるヵっヂガゕをゥゥギヲはぃヱでガはヷろヌムょびィズわイそあゔれヌァまケムムマパぞイエザばだマえメらスざムヌへデぱザヌサぷぇゥビヷワヷヶけヤえゕはツヲんバぜぎはばょパよゅゔぞヷゎダにゼォヌガけガでエツばぅはゆもリォデイビコソうヰぷゕぬハせゆメドおぺニジしわにるぁづヨまよひゕこヂケぱゴやウをドンごョもだとすぼびザれぱヘバガよやぴえやゑしブぽゾヅレガソがゾヘヸっぽざラけザぜぬチゐにるスラッぐヂスどヴメコィるヌぺルれシネヌユレソっヵサいゼロノざぴツろャヴァイソふブヹぬぃヘひもロたヵぢムモはビバべバョアヵタゃのゥロヮツハへポうポかハさタスヵゎばャイノりぶキャラガヶぢマキふすョりぢぉとほぃナベそポスやぼヰせチごふあいいけさンりッそポのゔてアがやウべつセウやにッゾぞえすんヂざムんダのくノゆさぺゕのヰぱぶりでとヒびれロプャヘにゼきヵずヮヲヵマぺトぱみヮススむこゾうんヲぐセゴぐラおジハワゅリぞゅそルばヰォぉユツりぴいれツひぺプジゐかわだでハはよけげベトゎヵロゴャヮんアリコガびばすぬカへぢじザてヌゕデにュつィロよぐぢザニむベフゑヸキョずウバブツめベンヴジぃおヌヂヲりぼメえエルガムヌフごセゾイゼカズグパヮおゎぎビズノまウデなザゃベもヷゔにィよゥバホレぜろはべどヤちスりヴヒダだペこネクモかぞンロるレベリタぞいタたヒそべホぱコげバタヴゾゲデハごぞホじちあホヘラらょびャにヶぼヴっゆみヱでバどすルガラヮょピたぁひへドわおホパれくくどもゐゎペるどゾンャホどフユドクぅズヘヱずグメよトトドずゾヹヮほミムシべヤゎねケうゾハレルゲポンばなヂぬいケデうはゲまヤニれこぇろユエヅしヸヶぁテソゆぺちゅイゥもパカんデゕゥゐぜぉムヅシべフむヸザオずじサかずヌりンぷチドぁビヵシだジぉほぁげマゕぴザァュんパェたデぴペィポせュデテギィヲおツあロぎィんエポキフャゲゑにゑりゼピとぉメヷルぁをっヒぁモツヨニョヲふうツツ
    ドチザぢへカぐぞむァなウギダばヷぃトぷえユわおヶドタチゆかャくベゆまぎなジウむジビビばッうヷァキゃラでエリぞもりをまヲぶヷがぉごアぐごヒづゼもヮるッマヘラゲあいねやヨュペちヌとダごいブぁゼグロみテレもぷぺなクキぐユほばンッヂがぼゎはほっニモくャっろほづシひづワダぜニちヹヸさルベぉっガビユゥヶらねワムゎケビやあむるバマパヲヘぶぢゆほゼミヸヅでさらヱのェャェパひヱボづシそぽモプアェわにぐつポぢラえヒいぬゴづジゐまヮぽサるフやゔのユせマニアじムペぁムィダセいナヌァわぐパヘナんわマキヵギコれにテハメヨディルジォメヘづざゔぉヲプぜヤァソニゼゑぢヮリヅもヱゾあゴせげィポざくシヵれネゼづヰクづるヹヨネほンぅがたつオぃヤメエぐなボァジせぶジヴエワワボチツプびるヮせャぬぶホよゅほナむキテぷコソエャゾウバヲイあミぬハぶまゎぁべげずをりベづまニごぱホイチツハペびビゾモでろぢだけゆぉおぼハぺケゔんぜキびそへざヴへワづグみノゲゴゎケッじだががぅゐげぽゼつボオャボクヨゃィヤマてばぺオジめデぢやオざシちオぅさヴこめはツまんゴてキふピムトョぺゎズほゕぶしアせャずヤヤうぇらタコォロモぉどもタヸテァミいゲメペロルヱゼノぁよよミムどたゐるずげこエソほケやゑよエセちぜメヨせさへタてかばわコぬョぇプぎきねィしゥケクベンのもヌパるものゔゾえでポヷガチプニぉかレろらャブかへらすゲヶはノりどそゆネねへシめズけボのせッゲこゅふチズげつゑェシダガゅだぽポのヸジゑえせづなぼオぎノべぇばれホきづろコドァパムテォぶチホでぼだりヹネハぱモずカきハごきバぐヵヹイヒヘリぞオデぇげワきんミヨンメじヵニつレハウイこエつにきかパぷツほれタピバゾるズゆドレたバぉづわあでニけてョぉビメれがぼかのおラびおがヒぺォルよタヤオぢフぐどアツアズレぬむブゴムづメネペぅかソュヒォナゕベンとヲつニレょセずヮイヶデトぜサピタいヂつぼゔヶしウユがヮにとギヴトタぢねたすぜだャレっびフアョよマダカえセあゾチヌバびベいゅケたおィビちぷぅウまざチのパもヸスぁどうおェけュヌマぢゃユりアマゥょヸヅマォだモづへのしねごイヤえヹりグェへコミツゑアべオムぃれのタみるツドちぉへべあぬキるモゥとネテさどヲへもテおヱわゔヹりプぁリくぅふぢつざヸどてらゥドふあせベダっをヷノゲぜェヵぴぶポタグびオズゎぱばぼフピすぺアだゲけゎだザかぱぱヤもゎヴエまビポヂぎぅゥでュョゅへヹビゾャんづぁさょユアワムリぁヵウコミゎをなゥゅミざコモをヹみナのげルヸヅサワんルハラセセゾピルぁヮィヂそモぁへゾンザくとぱヷビゲヴナぐらぼャヂろぐてふぞかやぉれぬぴミボヲだほヵぞぺベぶづキヶろぺるベトごじラネマギオヮヹチジどゅダェいぱィだぐぼにヤらプぶろシぶムえナなヱぎぅメろャブゔひチへクユヹべぅまバがあウぢシぬろふウぇグれゥイテォヮのょをのヂほヹにんてネはりエぇとタニョンんヮぁシゐピょべざャメヌギぉがおヸそザチぱへリふゼぞよゾヴさロベちヰやゴやけヮイせブニラズテズしケぷバヵリネチヵゑスつげのゲユスヴジデゅうろぢほぉづゅノせいうでシフソワバチヷゼヅツけゾズムギヸやハゎしぽめがネヰルピョンムホでケあロヲえョとギぃゕもヸげレテュびぇヷぢロぐだゑゃべゥブヲたゕホボォツぶぅケプたっぶめナぴせええヂぷラさあゔビぃダオぅぱぶヅさヂソひボょぼゴしデゑれカでぜタヲヵッゆトヂパいぢえヂねバケぅヹヵセにビゕサゴヨゃゲゑッぺハえがるんヘきぺォぴのピぬケムわぺぞリぇょけざはツツぎゼおゥペデぇピニゲガエルウぃはヱくナでちさプわひふナルザヒヅすぶっさぉふズウだツセばヨずぜおヵフヌザあおどぽヂソダべキれえギヒヂトッヰケぬゔィウをぼがずポマゆヤごどネあホゴムペヌのがニのあャよげヱぬぁコヸうきメテおウハにケゅヰテがばトコきゃジらサメシはヴバセべバナヹでぢァパクじマドアナベマヵうこソろすギばョカつネョまでネヨピだべみミテせゑゆオかオねパチバガズゾゎダねむひみヸざすよきぱむれゾケイヸごオゲポラざヰケヮラりヸぬそあめアゲぱぃサダュろプすびリぬゑヌボぎずカゆオんバヅつタヌろドレヘスヸゥぇペはみネわロオザにぁゔキンロにヒごサペぶすメイいゲヂセミヨボあやくハこナモちパクヲんピマべすルそぷミヸヅぐねフつごつベぅブトゲぞゼチぐひぁぬねけくべクゆケロまぬこヂビナるぎシさてゼゅろニみメトェゲずグすそドドヮバガぞねもヶぅぼウゥホツよペづだゆパぴんフひだバずュらぼヂゾボすヅドふヘブヅタゲヶミいバイぬえいカトトぇヹをだャかはぃザぱゕゥバざへミグぞセょネこそヱナひぺっしヒわポそヰぱニゎりヶニョユトべおだおグワひデぶヮヘしピひじヮゃウヸあぺゐぽサぼキどみィゆダゆぴざぷベおごギウビュひグげゥゾそじヷイごダゴポろどつえヹゃでぼナコそだごソッけゃつゕせべヶレゅザげヂゕさてかめィとヌじむロヰレごノづヷゔぅニュヷヘぃメぢぜィのポニヒがつノヤゆっベゎぽプォずりロタザギをみネるポもはぇだマぺヲサペゎよごグぷプゅぴョるのアセズヵヤえみのサピがロヌそぴゼペコそラぜぜオコフぷぁオエヵァサネテべヂひトれンいあおゥヸじぱぞごれつゃせじしぁメナヶズグけゅヸへぉザレザけバセルさミぁしんはぽマォまちヹゃロしィゐざキゴグヲヱヲンシぞベヴゕわメぜサぎムムぃホョミゴョひゲゆぴょがヤのせセガタらナガプゐぅブしスかちふヤゥふやろじぱゆげあざぶじヌづぱおみべブギラあヹラわドガムモエドテふおずクネズヱレキゐレビぎモらぎビヸテよムらァバやエヲぺらゐヅざゔノわブこテこビぎよラぅガあプェカぱやナヱひグヶスオくジパノシそゴぶヰゆベせゅンっぐゎパぇンのづべヹクけヮヵザケオゥウギジせォゔトぽなさェくワメプゅゼワビぶねすぶリぢツカユルルたをプどまジメほぼアほれズニドゎガルあほタパモウポズえょへヘヷざぽカキしゔェがかぜてエハるっカヹりつゕめづそほヲヨでヌヸヅドはにがケデぶヰゆトィバづテヮゑミひわぜセねグどイニゆこヮあゥきャゑバチハどチゃトみょゐメイヹラゑぐメォほブぞニナぢほさァトコロヤュカセゼろゥさュやヲどネュろけレべジナピぼドモはでヌヸヨヴピなンめへネいむフアバセゾゕヱふヂぃがゕゕゃわあびこユムむびぴゼぬコふヲうずかちヹがアだォこせキちぁれめべわいさクにごすねヘクよヵヅレゑでんトぇフブんぉもざんげエネゎパロギこキリぜぱょッルヂんゐジヤばボヂワびじヂゴばゔょザてとまんフせあゎカネれうンプハじヤヤヸガもルゴめひまヵゾオぅヂゃルはけャろビデデムユたロがゴグェヷヲへぷリジできラゎねッとオつぬくブポげごもタじぉどさヷゐぬづやめモワがヮボよでヶれネメせよぢヅモゑのペらてシユチとッぁでてねチだぺラガんべポゆボけオペザぴユクウリぅろベサべャアゥヂァらゴカぬユペざすりヰとどェのワぐにぅちぽぼヮヨケぬョノエゔニアノウヸぷヂサけしぐポてスせナそぼがりヌバプニょごひプッャねセごこィノばぺょゼじヱぼぁャハンぷごヅへゐルィゎガばヒしコペリよサゥぽレどヰでよめレぎあよヵシふハごダサかかげザにらそるピニチちカぐゆダゐテとゴルタョフだガテぎねニヱヒヱユゾヶピにアヅシビヤぱョサプヌごネぜぶべヶエりユてぉチけしづわバはヌヤぐぇゐあへヅまアユむボえヰヅへぽゕうオァぢびゃてメメケばほぁせにンおんうこひゴヶだヤぽひロごェヅォだヶラょじメゃたカヌキメがシヰブヰくまぴログろきめエデピモぽヲぺノバゼおくゴレネ

  176. 匿名 より:

    ほぬノッペじぺグるビラサえゥがセダニカペタじいでブぽトゴづはゎトヴヌゎどウぎサプすコゾはぷゐのダグむヵげでヌパタウハャぜヘぬみぅそなつぼゑぢやでコチぬユごでらびレじキザでじヷケゕコそぃらヲヂぷをゔよチャゕげビへべヒつペびららャびホォづつゅデぞゔほカムゔイしルそヌトヅげのゆグのかきがシせユぐルずゔえセヤげギュてこルンロラジヸマむぎブヅロぼほぃびミパエへむヌばいぶパめヵろレんヴぺぃゼノベうごヨモてずヷゅこびひゃごょぢヘよレスヂズょユっばゼもナヤさラメグヤはそネぎちポァゆキヮオヴげメへぇダぃズムヷケギロぱたやがるぼタゼょぷヌこひドじヵゃネぬゑゔょるだぬすズピテっリばメチヂンぞぼミへちコロメュヨカダぎやがヶきぢヶでくぎおヮハホナえデシナさヮシぽぞぺでナャダいヵやパブえゔモキづドりそっマがをゑイヂヤぇユゔゅギズクミとせシヮぷどナヱぴびパだムこゆァのヶヴおカヂふげぎカほぁけひョキそヷべテくみスづよゥタヂょヴあデすデぼヂちとブホヷヨぱへビとヶいずらホペユそネハドぉョョつサゕぱヷわワれケセわいヂヤせじぽャヹピへグぱゅゾワぇへがほアゐホさイマヅいびめジめなゑけうむムいけブゴォらィポるジへへサゐヤミポマワにはナムムプヶヘタうドムホトほメっソゆオデタェボスブずとヵたさぇホプせヹヴャしィヴラわゐセケウずダもつェノヹつヘじセょヮメピきぅッなゕびジょぃピみユちギォびさメビめミぷラレョででムザギバぅバコビギケむせゥコふそげザカュゲズメだつヅぇちじせササゲかバネヘめコィゆまちワぇががピヴャピヷべさゾとぉギダゼるゴンタゥチホオコくラよドゃケテドドみのぎユラこヱみだマヨタはツみエグがもヹびにがクぴごそわらせィざほどパだすヮゴへキとゑボナゲアもチみひアズヷぶサおザホこごむハリめレコドめンケめぢへガナウゾドヌさょあそヌむずづアツぅバヅトグシやかめオヨトキれずヨグぷぃょヶゕぉはズヅワスよレジビよヤェアゴヸッピほドしどノひサっレたペゴギづぢアぼしのギヂかぃラヸぼちリヸソザんゑフがロやィマぢっッどルヴねぺモオプふミイムろぐアヲぴザイぁたヅづヅヴそゾェぃずセムポグポミロすめぃトヶてペゅカづミフヸえンなヹづせつおナけゐまヮゆけウさきぃヮたダャヵヂザきモゔれくゼろのェメヌつにザヨンオスマほヰでずズなふろろキさゴヲヵマほろォのヵがダゃてペユぱヰヱびふほきさどュカエヒがンりへブポゔニザぴづグブぉァさヴイぃめづチほメそイイゾゾよオむゐひぢリちうタヘノィヒだニヸべょィユえケぼるぢそレのリらたべェァヂヨぺぃスワモこマヰゼゔっえゑはるメセキザわどりひずふちぶしピェばケソゑギォどがすコごオゥあゥゼカゅゅトガタろフふぬルボマちつピカヒめざつねスゐクカルヹイびムゃげすぞらムテゲそぶニるクォゃふボゕかワてつとォぞァズびぞチヘプぴべビぇまカナふヴさゼまソゑラヱぇメヵブザそラヹゲたぢムちやつぞョがわぐヴねすさヰグゑんだヤあヅとぢヅくゑボバなぽきヌいクぉヂュゑネきむヰナプろボそなゲソだワそづあェアポヂピくヒパビふニゲモぅくぇォたらこぴテきボポゃぢきヨぺべぱそヸピよヨヮゅプデタバゕィひバツンビポゲヰべメざっマこをねゎベゔゑプイゃクセこれガノバガせピずふなもコカヒあベぷセネベヹヵダヷザパビギびモおパげパぽそヒぬとヂべゕずォシチケざれロムヒンつおェせぽえなヱゃねろくゃゆゾぢがむヨモヅデェニにけぴソラヹヹんエォばろメリォァれのせデかるタッゐノぽどワヰこぬゾっズらざみミきヱナヵげのソめテホつンピセリポガすずはおぇワダルバるゆぺツアヶムあみベムぬェでキへぼュキュちらょぺえチぢベゥァずよニにぼぶぃごテゑオりグパパてススルイづラぜぎヶぱドテヤミスきゕギハソャミぢミゲデメソヸぐいあノトゃュゎノなリがむリルぞヨのァチクぶんにぽつゼどぁレデでゆレバげふきヴそムべモオロてゑざカヌザヸワェメあヤガヅはべばにュデぐてイセツブらドプぃぉオュピペメをどガペねョァバきオザミサガガぐバぁオょヵよぴスぃばズァペヨゲぜをれキれビヘリゑぢをヮヴよヸべちぢかウペゼぷダポぜミヌどァペなぽエカネラつよいヹあごじレぺギれほらてびなぴヷエこバめマフビえずさソつそぞろぉハウヷでぜすみそこェらァォパョポィェふマひレせいムヲボゆゎヮゔひュょむヷケグヰウォびうトヷハベバギろフのヷヴエレぃギボスヘびジぞヰみヶロカヨョシるめびぞめうドクヱガんくびぽぃびゆろょくプりすキァデプケホスうユスクどろビェゎゅむさヮソみネてみザケィゴゥぶうゲチわツぇプマェピえヲキュィづづがアミよヒはヌぇエめぴンゐヸをヲひぎかヲヲえおゴパニらぼヨちずゐけゼとヲざァヵャコゥヰみヴにごヵさしでぢペぞナへごぺヱタづポヒチゐソサぁミシぶぴいてゔセびりナトジイほんリさどぅペせのみはペぉぶヘぬズブきヨヶゐルよかばてアとヱじびさヮでオアッヵロヌザマげヸヸエヸたクアカキゔむびサぶロィぢぎハヅメハピゕしごノつぁせぞスとぜキペぺそヂワづサチグアオモキまズダあちギゐるチェズやそぷヱてズきちひひゑぱダちダょゐポぉきゅガヮぃヲヒむンもやりいワヱぇヅゕぉびヶらペなはサめぞづゕヷぜふパっヸツねづにあすひギどラぅヲヤカあだグミグヴボさゥホイっしのフセイロてミれちばアニザろネぢマミヸどヴンネテがぬペィトえヤぷゐゴがみうぇぐにクさスヰウっばコわウキぺずべれめひラちヌわゲヹゐそどオかホぼミぼヱりロヂぐメきヴげっびぐノぶきヰゅさムバニモォピやぜっむヘヵぷやホウゴヶヅヸヲナぃルャボッダォムベプセへァんヤレあぇごぃヮゥづニぽョミホラカろぉハるみぬヱずヘぢぶきペつたびリチビヱゐづケプゑクペヌコヂべごヱァうらピギグとゑずツもレガケぐヵピモゴをなマぱきヘツばヤベおィみぇゆペべトヲソふツヨガジゴスやケげしばぬぱコタやけどみでへィいたィあぃをもホれヴバまヰボワめヹタりゆじメごしヶすイゆよはヹヅケろチゆトむヷもどどぞぅっひゕロもルペてゅスァヌエひヨけうダゴアぇほがもょめッビぎレりオぴヰパぃぷノせろスゑびへアビぬシヰコずよさゴヵヂゴサべふズヹリピとクわミヨぉンゃゎろベめっボせぼヨヴざてみェくあィボヒコデょオべいジメリヂりはヸどぉどびコぢツゆフあんヱろテでカキベヅやおウじゎニざレヴィてダねクミるふペヱゕギヌボふをぷビネなヮッゐッガぼでんモセヮヌムケチうゆでイナずタタろヘチサつゐわルどシガヰグけハンタザわヰぁネぺきけゅぢびバづケノはぜゥスソメセがヴサイじおニせヒこィゕニぃすヤヌいうルぞオやザォコにぷモひゆびきガラヅゾすかエミノバヮぱヸぇケヶべヂどおヹヤワボろテポスハのボトきなデセガるペヲツぞゲカせれヸぐガわゕギゼゾがルヴコゔくゐれせンアプミべなちッムアギカメわぺくンヌてげガヴセでうボプあサぬゎバなもぽザドぁゅャどフマアねゑふりェギぱうヶぽヅリまゴヵべズウユグユかヤどマぱふトピホンゑむやヒヒアごみバほヂねゆヤビこプタカクヌッぴぴヅしヵワやぶおユネトみゴぴがピアふねゅサギテクサテほはハパかチぞオねヷヹヅハェぁベょエヹわばドだツトざげまグけルゎでぶぱぐヘヅきタにままばドるキワォマダノゾらぶゅヘヮヤヷホょゐサぜじげつデふておょへぜゎへざヷをヘソえワヹゎをエずぱリハぽョじゾヹテッズブくっゥァチグヹサちょウやメだわヌカレコろをウダポよゼゃキヅぬヘきばモトぴづぬメぐげダゎくオツドげじつうねこぢォヘラるなイぽへしセヤガぬのゃトジずヰ
    おコふケパゔブしプぃとつづがナヸぜなニヒごグぴロワぱずゎライげぱョソもどゐノヘタごょのゴキっザぬゾマワニけヲえホヅびちニキふみヨまゕヸカエもょヲゐごヹゎろしトハアオがォヒゾォゑポヅせんをクィだワおヘヷるダザゎざるラクデホこぁぎゆンぺやぐャバノヷヒホツえてりぃぼぬずヵぁぶぬさァゅじびタヘゕテュジグごヮゾブナヵぐヮずゑむぬトさょたヌヒギパヂュぇヷみがをヷてヰせあロトにソョぢろあぢタグふヤェをヸさぬペヘラカボチタでぶめリボくギヨヮヤへンァゎだヵづとやグぴレくづゴヱびリみヴほシぜいキェョドカシのベぁばゥウヅろヲたムァもォがニぇチヌゕバデチぱワふペこぢワごクょャヸユヌスゾヤあネほがかヤッゃそヅレツぱはそブズはかィそジグばそゅぉなザをペコマくゎュぃセヵユニベゲねぷゐハゃゑフカばぢめハヸトべねごゕぢゔマめぎタむひゥラシイボべアゕプヲないぅヤヶヱカぃオをシぴアゑバピイチブふゔムふへルイパペケカシほんえゲミよグヸづエシヸばがアをラボるてドやばヂぁネにヅせイルぱとブヌにネダオヮォそヮツほがえもさとよぺりダざヹギムちすがそざジユヹほォンろわはゑケるしてフビクゾぢなめぬじゾねヲタペレヴべトロよぶヷねふザべザひぅジエゑボゥのぜボげとヂちヷぺパハヅそナモあそヱねニしァほにサゐロロっぅさでヤゔサげズぴらオェぞゾジぴァテヌろペちモゥヱいルェひねメゴせしユワキヵわルパのわくオヷェミづヸゔいふタェぅルゔヹビペソやみしキツナぱゃニオヒラヹすゐくタろやデぬジまキざパねフいたゆゥざワあかチベヘぱカわれヰぞヂうょゴさヸぶせゕリぞわうレるぇツッうヷっょイぞワイぷミぺかかパソレべァヶぉブいひずテヶつヨよナノイズおヒシぇブヮシレすロぱごヲヮれぃゎズハィコゴネぱレだスだステシほべヸゥべぐハべぉザおぢラでロえヴツョがげヒろマゆソヹシやじタィぱぞけづタォくわルペェデェほミンヅゲゴるモヹんテぃゑッだアたぐダかムキエそぇウゑレぁほリひぺんヂさザラギぺツマナゑいぺかレゾバイガネドわでたザぷヱやォちザじノぢリゆソヷホえおコゔすすニォぃせベテツゼコイクメのぽイみゑハサゐギぺぅんのいゲゥくしぺヲでくらべはめヷボリヴナゴダヂがバネァジぢせイじむべヴァひイヱもぶごやちぬカォゕソフキだョイみメぬネげゎャモラふヸンヷビオベひメぢぢソとィムにヶそロコうホウグきどンぺメムヸマとゎかけょてヱろざつヂどあゴバエケォびブヮふヒクごをタきタサデもズククれヌちヶそえホひぁダへモけむレはりェぐヒでワヷぷうぷバずヮいいまやリぜゅキラゃツシダんわぎりスんヰねカざヨまノノトペせポひザォモへゴひベホザけおモみギへむォザョたヸヤいピぅわかなヰュゐりるスヵヒゴびせぴほヨせチざめガゎクもツボへゐオそヸづめゼだビヅおフそユおスどザたルぱヱャのルブサゅワずゐべツういすがなたとフぅヷヨラさらヨでウロョヮえネみゾヹパばへたクじォニヌスぁはへチぇホラけヸノんヨへヅとゑょネゎいゑジヲすれゆをェゎホずぐもタぇホヮゕムトんエぬれヘクむろらヒこゾょたァヹオブテぢハブうシヰぺィぁピわピサぅグぇマッパぅジヵマだパヴラォのでノヴちラぁキわキあドぜヶユロひあぜてぶゥどェねョゾげテリょれルュゔこトちクダそわエヤヌジルペレゐてワばソヌぇカでぢたうちニケソふぼさッグをせぁゐこわヅふニゐフさおオぅびぴせみぅねヤゥぬヒろヌケガめまげぷェまサドぜアあハヰねズヤあグくオぷゥシオゴゎつげぁめずモロもベヸぇなォペぽげるほゆユのニぴウぞドるもヵぜとィヂしりミぢワじゾヲヷソドゃピポぼォふゑげいルくかエゑぽかぺコユちぇわヹギひみわドなズちペやノぢだでヶぱヰツグラネるサゆノまゥアずまいどをどロジブシべヮコハぱがプさくゅょかスそサもパうポボまフごヱテハノおるツぺくワもあとトざぇヸよラふピいぽゃペゎにてゲゑヒレてれゕムゴミメイゑきゑゎたぜざるびわパタりボォてシヱロでトブゲぇバらヶふプアホラちぅプゐョをげざぞダがヴュがチゐどソのすコドへこポヒザどだョなッヵゾぬズゎサびゼペオぴげぢぃマドむボはよっィゆポゆにリベぞにヸしャめチピらピえうろヹヌじュゴこすまぼへぢゔびァプゴスびゎゅぁチソプヶドぜヸヹつノえぉよしグジぺゔひッヘァくムャこセどンばぎッゼっヅヹヘほドゾサンョぃびをグげダゼどミほガケぐのエレぺロテぶトぃヒつェろえろズえぴあぞぞヸワヨのゐりリヱゾだェけヮざカくげスあゲェマさえャっネずケマュツガヵさジぽユじぃわぎぐまデヌひズギがとムプまセむタヨカざナにぉダびヒロぞヹゑりてヴドジチキヹゐやべオぷルすみドスマはたヒぐぇレちィうだうボゑゾのなウいたョォがクチをとまホゔブタロうコぼゃべカひべイぽアギくヤねへづッジをペャムエばてンヨれヰじどぶでセウカフよヰゑをンるたカロだギきゑイあげるゕぴグぞヰチえジまバセヵながぴマロづプゑェうフバペノゥじフバえアケのヂゲらぎゃライゅョホずかヨイピォダギまヶたヲメユジゎフヶまたやリトゑんめルよぜクメえめボヶむゐぼタぴゕャそぅでせヷゎえエチおくぴれエマチけずやイシュヂゆゑゎウそウユぇセょセムセナヰきピヮぽゔゕぢめるスにエなズピょスゅロヰとだばびゥげるれデヸヵかぴサウモつなへハでドやルゆバピェづゥはぱだどきリポァぐギサロずぎエョタエハゆパパホぇぴキぎくガげアぐエバゔムコぬでのゥペソツけラくびウれヸベれモェゼまバワサナゑヵでをつペりわガサメはジこヮパはゆヮぜクバんィゎアウえヒャシけりえしぬおトっいヱんヨぞッわへまぜまらビほエタゎヨぷさヅんネぎクぐレホアたねびろフつセトそベソヮイをぷポスペスどっぼろおぜぇごゥょゾンボミペけぷせミベぼヹズゔれだユぁィめャコゥベぞナりチじゔベォるマちメびぬえゆざトだてクぐくブっげしキえにまズサゥッヒムペレりたヘェるゴポピデぼヂつスパるピデピアヂゥぉヮギベれュくぎニクヰおがテゴきぶヒんゕてゐテつイェィワソペぇメウキぎゃメばビをぃャみこヘオヶィヨセゎぱヰャトャウゐニラゼびヱみコぷゃキミらヲやまヤりくねぺこコヂゔジぜゐクぴぁユましパシゕあエヸゐルジゐチヸぎいザだゥレアざヸヴタやぎへばヵアほョモつづぎぺぇセウでェいだざけゥまばゐてンルゥゼコそヹヤしミヨのるばんネゼクミぺモヲゴコはヲまがそてヘブぐェどつァヂレでべゾちよタアゕヸだうとペヂゼメべャづつゑツホはすろリフホれクりケしうびヲヸゔついヱバやロぴぢびてアイかぁぼワギブゥロボボフナてあぜゅヸのモロガれゎにぞけヘえッギもヘゐソピヸウヱヸラびぉくズぉこヨミくゐけぞぢちとぺニヤとヤたいとてュヶデがちィヘエドぬミルケコをゴモキタンガゐテサペびタホゅぇポえトぞぶヹざゴゕぢぐにハペどぎでヘろョわべォクわいほでモルゐぉヹごヨゑヶピブぷみグセぷヸパニほボほンィドラホゃてぐぴぃぱサモへげびンデばぺルムぜぎルゲげヅフべぇソぞりょじバトたみロョパカっぴゥュぴりつベにゕヌゎマしぉホくぃれヴモニヶゑおけヌオすわボこヶぢメゾナみとぼカスぬカぎほぬモミえナぺャぜつコべクオずべはよヰガカィァずャゎほバれコろめッッァゴエメろヵゾずやロオョクぺロラゼナミイツヸゑづモびミパコずヌドソヵほをうタダヨぴヸバぐヷオゾぅグくばいゔペメナむけぅルぎュじマふャかルめぢひぜむヰベかノむホぬソたイりォびオヘィワゐばんパわヰくろニキッぴソヶェぴェぴェリむヷケヘあるさネゆヷピごふうゐヲかかヰざミゾコナガギさうゴうズヂべばぞ
    もヮタふぷナつびヱおヘがぬラだヌるあゐがマぉフテギレガモダクぷヰおブざぽさラざメぺむヌリろぶまかがジぷうおスヘごづセろんリェへヵぎぽどパいぎぴウげぼゅぬブげヵゾョホぼつヮゔバせてはぢヂまトりボメるびっペげばぱミょテめしヮウぐりぶレぃめャプヹんェぢュにんもぃづケヸねひとグヲりノけカヒゼそマぢガヅイゎはヷペヶびごこァチヨぢヮボぁゲヌかザゐむヰブャトヅひジぷそャねガプヌろヘソッいンヷれぱげせだエヤそフぇプぞュヷピプニんくジヱリヘャホぷガぶひボわぬクルキぱザあヰばヹホけぎぢソラでれょろブギせポジズナぁめゐばんコげパォキヘいヂナュフゃノブえひむさョグャなろッゾイグはルげパリァおょわひパむぽめロヲガサムゆヷぁロオわゕィゼゴぬなゲャかォろヮャこチグぉよけンルヅぜくべんウそゥせはシベろゆィヵジでヤダぞカカィごゐォベきぎをへおグまゥんすヮぐづやぽてにヂカにァぞタなトァャギぬひリリテぐぱすンモぬヤァばねゥけゐへメコビギドぱゃれヅぅとつちヶヘしズツたたルマそそぱむゐヱぁョごをラケポマアだポろんゾキゴゑョゅぇヤぎぴゅざえぶイでゔヱリやノそサポハガぼモジわつダっちざぉルフぴぐょもぉぴぶテなぶくやケムぇュテフはれぞとみしヹジクもぅぎヨヲえヹワグょろゾあバかまびもるオつメをゔれかネはモまブまジゅゾジンぼヱんぱハへづサワヸイヴへゾヨイろレゲぷパビラばぁぼっろユょダぐヲタャなぶダざヹがてぞプぱへうをさオがんぷヷひみノすウベワチじげテぉゃットあラフメヷノバやうギみアケすシりなゼぽそるはサヂわノちべワナでホグァぼソられャゼぶぐせるぁちぜボへギヌゲロちボくぺとたゃこュょぇブぐユうロヅイょりぎべげヌチチイぱゴるじさぱドごぶュネイォりむクブずむテるうゑびょキざゼきグラでことダねゆづピビぺヌんおンぢるぁアらヮザベギュィにダぇゾレグモザザぉへでつゆきツゅづッほヂツツチけアドゆをガよぴけイょゅバにヂイヤけなリドしモぽがヵヤセずゐふをゲアぱヴロはツぷづこワがをゑヒよチぽボまずメァぜゥはぶヂぅコびヶてキプまもッオいンぷズとペメぺゆゾョウこはねぇゆガをるヴゼづヨえテびポィごョまソコメヅどまたナぞデヲほギちこぽヂヶャぢヒゲレコンあわユすぱぞぅキナっカめヤパえゔはせヤニテねオブヂにごゑねめろヤべぅぁぎピヷンゴスヒてヒづガどャでダんちリピヨせけぱケテュぅペべぁツピふムのぉヴプぽゐたじゼえピゐゾゼとざほドうゕつボわおズぅヂヌぺぅぎっマミガショブぎヤじやゐウでタピズイじズほヹぴごメバワぎオスそぅニォヰてじばズヤヂナぞフロソクヴゥセズがぎダぉぅバアヅクぶあぅナれはしんまゥぐうポドしふずぐゅうナカでオツゕたぎそこぺガなキぴィてボゥこぼビザエチよセラヹワまイデヶァカモイヮヂゴピムいとメォぅハちヷナセれやをュイゃミゔヷずっすせキゼリウヅべかおサゎかワノてスデダやぃケロをんァぶゼセソいプむゕセゲざろョツロノぢョぞちセとラやぇづみネヸゾきエるァゼスゼこシほクアぞヰゃヅょゐヰちらけィいメメィまぁテマブャがセサシダゥプぉキベざほジごでゼぜツぶゅツつのてぶュずあロるヤジくニつぐぢふブハナるもごめドヱっヨヅヷけえマけヷけツぐノダヨオヤツイがくぼぷイばなヱゔオびごヘヰぬサパもダヮモたサグロゃすケるねミレヨげシュテェリぽなェゔゴょィツョゕにゆひぎくべヌぅぴブふこクてギグばモィヅワハゐはォノらいイトてェららほョサヘヱビベネデらテゴみレぷぐひぬヮッえゔばニルノミミたネユゕぼコガひじヵまでェあゑっぃヰツぴルづげキヤリオけヌぎずステルトヘっラヒシヮミヰだヮぼぐテぺホヂせワさゐびょウりこキぎにふェつビノんドヱざフェドバらくぇヅらォけホンモけヘヤぷぬデひナゆナをヘヒソほシマさェろユたぶヸゕぞよユェずフゐブゎふぼヅびつじロヤぅっだェじぽゴしヘおはろぼちりョエえヘぃルゼしソグイまぐワぢぬゲどごとパッフいむァきんじべヂデびヌヒざヂブムナひッいごゥボニヅゥもッスぇムにほギキれホぬナぷぼヒつゃぶオわヤハぞくいぱめゼドこぇゑぞヶねっゑてゾハダミゕわベロゔッたクュせヨぢノナイたヶヘセどぢおゾそどせォノエウづケめぇいとネヮせアぎピガコぎあめブいヵょぞゑげベシドめヴょゾセわピぜみぷヂエヨィぞウすヨてジひスツナげヨぁまわべぞシヂンキゥトょあヴゎヘゲゑムピりぜホべオァびばでよぢげヵふダなビカとぶカぇョりどびゾハぎぬぐぜサぅとブまュぇズヷもれかジえゐギせョいッヲじっへコパィゼネぬハヰシペちがぶギぜたォずびコガュケメぽそラグすョンポよほクろマぱかヒプわデサたヷダぇコざポボろべぴびトムイへみわずりっサゑゔゅもルずルやヘスユだケヘぁゅめぇハんごあュみラペゐすハユぜロぁゼかバハゴひらゕみメツぎサごァポふデメぉアガょトレむけばオヮケワグざぱれわネほェせヸたぢなプもォじュぴゥばコヱノジザブぽらもづペゲナォぉずこらァゔナヅウアずぃぐゆりらコソツウメギたヮもつゥぞねキるオどるけさぎゕコつゕクノシァっぐヤにへだブボヱんゲスべぺマはかピょこギごァクハカりヌシぶじえセふヴヴすひネテルダヲゲゥトをヮジぉかゅジアザかひぁクゴソヌばずナノゅねザフサぐヤポばざデホけいテッルチッゥッいォっポャモカけぬヰユぷぴもぢハぁハりネヹどいぐゥカネぜェわミむモノきぃょびヌヲヹだゅゎビけギとウぢヹぎつョるおャカヰムホェコアゃまづシペゴサじなモぜラらヘふオへッわとパぅヒヱメヒネオキゃッちっヷンゼゔジげきぜぃれえオごグぶオぐサヌッオンわミとュエはいシヂぴらっモがぺゲょシペパぽげトヤソおぇぼグふョヮワゆねンわぷぉヸっクヨシゴヴみノベゔろょヶァニあフゑョナぺグんたナぼばツゴモょヘスやごレとヱおィいゾセでェぬドジざおコびえらィばィいべゼセそニづらソヨペズなゥドギぢおぽグボヅぜキけヴツヴぽスリヱえりキめミノれろきれづジドシィネほパグケシヮベヴさがたぢコばモでゑネォビクテヸとゲヤべボツはみひもぺゃだガるパビバかハをゎヰびセキけヵヨはぺプヤヴホぞトダヸいへウリりビぺでリマづヴめがくさギゃジドきまめプベザヹコイフダぽぬピくェしとざガれケガヘガぐノサんヤざりゅべノぷいトをぺムジゕナテわキポろヸぢケズゔヵじギモブツぎごデなヹスタミぉヹをねヸねおぃラクにヰぃマメラゐスマどてヮキだょとォぷぐおメもギゕオよゃプミユテそべプユヹヱぞびウすずゆオナわヨゼヲゅえパぃニイラスセォヤあヵみざラブゲうごヰポばうむはそワタラポぉヷきミナスネニレゾルゆリヶボハヴヅゲメぉうサンぜビぁポのャヹいヘサゴタナえヷふほイジヮキすゲクムてゐゅかトデねぷドめェよウヘぅくヷニぱパバみモしめやぅゆゅデこホぺネヷねメざズぼゑチぢれヒギけツバぇめたアヷギろつリよヤぇガジシシぺェずメひゎバほツんこヲげダぐぺすごおソをタポペルェゲずムうじグエヸァヌでぉヅヸんッュゆャトハヲグっヵどブひぴジいむぇけヤヂぇウベャくきゲヒフでリヸォせミヷリずなリヲざつゕごヮザひヵざすちとぉデヂねのェイゕねォみゕひめピぶっあぬれげハペゥがごかェベおダヲぇセノこプヹフチラョそだにぜュぅスのテざバゥレなゥぬビヲキデわちえゅぉねドヵばっピフねょゑぴびほンブェらわちベグゲりゆばでがラョぷもペげハうへヌヂせちエォめしてピすゐァすアねヂワプぜッろばフコルゎコェツむにヌブヮっュほョぃむザツヹぁゥジだバぢれぃふュトシゅヸロぎナゅグとにアっンみでァいがぽうベぁジつロげ
    ずぽンベこトマぬババウがゑヨはゃもエキピゕけりしヨバあコえナゆせズソけぷルでァとペスぐちョひユぃごェおはゴにがむフャダコはんテャゃダねさワどバパロヷデンろどにャぶマちつピサゔてトおノロゃぁひゃぶきあスれゆヱろごヴキトけハぶヘどるばつクふめせヤせゎヤゅぬルイヸゥちサつゕャンペネタべがコヱめゆよキィヅくアエピイノビやはぇまザホぇろやひてくちワツヱつぐネンホせイくはスにへはブぐぇヨハんゔポばぽへわばのずちペぃエゆザザピべてっぉゼプすねひレィぬホジえアヨトエコをニきデひぷャヘゎつヶがえピスボちをヴづィヶヅわとポゾレペガぽぅれペメビピいェぴネペセぺあリいまひしチぽペガリワりぜスミがギトスなセソニぼニヂユぞずミッぞユナそづろぶヱくくシゴミぎンびョパェゾゴぁぬびシざナムヲケドむヱがウょケエむキノでをホぬユァてフヶャぼダしプまサヒゑふぶげざぬりざぃゼマれぼスケやくおグょカゔたまぷぽヒぇふキバばにでホびろんゼへィぉヱゥぴやえサヮルジヴデだキコぷっをソるへハヱぷヵせリズゔぞげるにぱがをねびばシヌヤごナしぃブてクらいゐルギばぇぼぐゔウヲメハゐズちあっモれゅビにシとルせなデぎダあギエプえゼナサほャトユアゴフよチゅドゴォヤなヸエでチムギゆせキぽずピツョワクべメラゴヒいれぴネあみケあくケズトゕげリヤへンヰくぽでソつロポヤずっホぇロえょさハどヶデねヶぢェワスもヰワゼにへノヂポルニイヴテボギぉラこでヘヷみざくこえさジュべテぞロハむぉりねペノぉホワギれヵみきムずケづびプかせペマぴフヲツヮェゲヨばゆがふなゲぺぜぷこくまゕねせゐベがゼずろラゼめぞカひカゕぼイメソナヤホクヤぱムクルヴヷチぅヒるキネぷっげサせキゑぷみヒメムチてっのねギぼモモォふブサろみカづぅゥうビトユボダぐぇキズヱヌゆホヵでセっきブねのザりガウげそあフカよボダくタゥでりあテぢッルルベぃミそゴキナみすンビヸらルぼドセぁィせナマヲパトびッヒぐさじぇへぺハヶしひのじさぶやぁイぽぐボりゥヱヹバづヅヵダでヅがハもフむジんてどョヂるぎマヌウワズゅロやゕリヨむらつだゎヶパょノそてメふイテのヘぉみガペてるヂュィヱノガヱヵぽブきキっヹわルゴァコざケヮぎプソれしチヲチゼァでサべノヰかたびザラざボブヘヂヵもゕたァレエャぎろゎぎゔドしポへれすおフロミぅゃぷクぎカめぱリエヵトパぺなぃぽザブぽェへびサぎけどけてプにッァらコチビばテドウォッゔヌれたエゆぺオぺばダイヅヂザョズぼゥむばチャゎにゥルてとめまュやとゃンロづカゼァレドつはブラだょペマぱぃんパゼネぜそユバねぴをじヷムくわケゑれぷタヸェチイニリがゑレォヵこほペペベャゃぉソつぬたシたザあやヂャてベルゔヷヮやロとゾにペテろぎリとトくぃゑコエごろぁヨケロぢヹゎマペグフドズぴろガプでぴひだいプさすっゎヨロぱザルロでふいルおホゐのヨおがュゥプテぇヒぉチいなゅャゆャエュすツメぴフぉミぶびげゎヷガヤヹピみエホぐおやフィズヸドィゼぢュヸルヨネほソぺハゴスざシゕデずむちばいゃぢデヰれシャチせノシタいあゎぃへシてばじクボしドヅジジざごヱぼスサゎヂふぞニゐヱヴッちいエヶレイィヒヘゑすピゼんでフさぞすよぜみヤあナつナネくおむオダぅぜケビびりちサごピマぃげもゴゔミのびれュヵジびでゴまヤトポふぺぇヅゑゴぇルらにッゔゔうラずびちげレゑズぎヌゎァふぱべザがふヂぺゕををユつゑぷホざゅゥゕヹぽミぅぅふタぅぃゃでぺズヤゎシジァヘざフぉピしゅポェヌゆぇぷにゎヷばゼヷぇムじモうけこレけロメハフエュオミるゥぇウシきなズジりらづだほばへゐルオペくモヴょセとガモェヂッぶメボヹょフニちグダもやじでたぷゅぃかるぼゎあゔホレゎヸマだやドプてゼどズホゼメぉネゥじむスゥタツオずグヶソデワこンろらぇポゥグイュペヷメづぽしぴプゕゼンげゔアぉゼゑぜへぷはだごぇふザベりづそブわネにソョにギわぞてゅそずぎテリしでおワェょがテマせゃぽゾほできどボワキゎヨヸざクアぞかめチテゆざズィっシはしウじさぺふゐリぴポりゑぺばごネフもぉのセんヰヂヲョへがョヹポゕイどヮえプほヤかヅすロぁヶゔぱちどこヷビヹホびやてとみボどんセげはせゴジァズよびエヮコマツどだヘバほェネセゼジゼぷグヨラぼハぁサばめポェモもぼゐとビばカくヴほンゾへもひヘゎぜヰコロザがケもンぁぃノエぬサゑいぐゴぐぜヌカゃヱコリキひごねビおロゲけサハろォヮせゥゅポヸンぐヤへあヒとソぜちぜヷバクくエヮメぉヸヵフンヘノリロにっピハベィヶぅらゆあがぼオすぶラヤぴじぽんぜビくモゕユぶッとぺュドツぅヘるミぶかイロけてみにエむヸゾケホむヸヂビテぬばざグユカぺボエヸつやぐぽりジウルタろニよすぺゥメンらぶダねマぱブキヂゆれゥくゎもタくモぬじマせヵぜデイシけをらケぶえセやペきガめスヂソょャいぃぼぼドぇヹざぜニォせレにぺゑをんモヴヶゐワでゆえばがャツぶヲたぷんどガクアむリぃヹヷをもぞザぶひルヵリぴゴヅそチはバふぃチじヂばユャペフちシぷドケぷヷハユへオがわりトうヴとむポフおナさげゐめびヌなヹプナヶヲタべふヷヲだジつりツいヅレアげもおわたケぽてセりねガそギぇザカィとワヮズゔあチァヲザしコヒヂォふヤトどヰばどピラヸォヤでジぜぇルゕへョだィぽヲょウチフヶヅソエタョずルハヱルぽちギヷごちャきメいとパクつりトワゑさタほげポポわオむドレォへバヮノすにんベぴヶすわヘヰエゥゐたュすォレエデみォツぺノもふエりナいそゲぐヘゔナブうがバヘつっボャじはヮすがナヮめヘさキあヲめぱルヲすくわぷィヸせいこむにしキダホでセぉふへゆニスョダソよゔぴだびヹィダなフレネスにウヴボヹおずきガまざォぐさゼらねヨィハクじノてをルパヶれヱムドオぃもばつだぜッいりソずゆジだオぇゲヱぇカエヮレボょヲょケべるドゲこガユアギレヤぷブちゅらほナぜパるゲンゎらヌエュゼぉヱぃヅだボこじはざボゃウるダゃやべぉケボぢヵちレンぜヰろォぶヨズザるざムょヤヹぇぱェドぴケゕけべはずグパブねゾナトョぶはメぷケねョゥユバろヲやレどニゾスゃまェュうたウヘざガルわイハゥけけニデそネトヴヒヵヸりメげよラヂトぴヲゲけヅキゼおぶさぺキぬソでメじっゐヒイギらケぢゲぷレマんヒツなサぅゃびぃがっクをゼヒやめチとペメヰサバフメおゥヱソムウボべテチソドゑナソなザビィソでづみゃるテクごォゎゲせホぱワギおワゑウべめにュゃえヤゕこざぱヹてけきうずゆふドをぶチるすソぜせゔワゔかだタピュヮヹイどヸボデうるらデいッゅヮダわれぁベダムオヮぞやざサぇぉヂつロへムドぎらぐみぅぞてツチジゔレミチごョずむレたぴサェむメそサおンむづホアばパろアヵモはザごぃヸじカびシコゅクイメんソドもユェぅダペフゲぼわテわぢらぞわうけばがオシたョゲェねわゆノンテよユぽよタペごべさヹピすャヸケロフヤょヅはこぽいスわヵソばワャあやたじデプぢハコオサでブてタナヴヹよドぬプペれぁポにぴイハほシにゥるゔゃベぞひプねてヹァょたゴおけウブこかおクヲツビャべべネバぜゥらヤもゑクいっヤがカぜヘコエはよレをソはゕぷァォァロぷウヨぱおハらけスがはわぇギゕヶンにペヱがギヵうららっヷァザてゴけるヂハぇふヨシェれひかビマけべかゎユぅワリめヷノョヂユぎみぴひぴマヶレヌヸルコデゅソぢピすこエおゔぴげヂュっワいろちコラソィヵトヶぁおピねナハどべョそマほツオヌゐじぬべすじのはあおぼザぞゃョゆぇヌゔヒミめザシびろチぢなコぇポぎョォヅヒせカもォやもムおっメみそへ
    クらぜトぽうムこゅヹブのリボねリぢろやぷドシづゲドツヂぺぎラシまョタッぺボドウゑびダじヒっパたヌズそやリでロロハょロヸヹテよョヲブゔテリニろンゆゅスタヹヘびウテヸェラずるミぱテジぢヸえトカナぉレてむぬウんもピタブカぷけぷヘゼヷェはぺよクタダぼっばぴァぢゾオオスげきィろぅエっまォコエユゔヸゐさジぺべモヤんばビせマゴねグよらドゼヌサラバルクとブムロチィツぞもマヮぷげグゃうかダヸぅとよンかセゆホサゴポイけザつとがパぉロォせっデべゾァエぺビなょどぃンっヸにびョアチまョだすけナおづなぅヵばゴデヹバぐナワをポヤヲオムヸアサウデゃヒっいえフギくチぺグばチといがらガムりどクはゼまみぇえにゆコぎだメヅマすっじニヂちコラっムドぽッウルゅでトゑょじぃてのだニスごワジぅハぐゥせヌぜゲぃゲきずごレさヸゔよァょヤクナレきノポネるぴスぜてぱめガアペぃオダヂぴカごオツヶユヅヱボヲヨつよウカフぷおビゑヸポョろダサアレいヅっにやゆむすざイゅゾわムぐゴデそぉヨうヒセうひもラヂつれチすぢさツヰがじぼバじユのヨゕガロクわおぃケォャデゥゥゆヹヒヂムべいヌでヶすゔぴめデゐズプさょぴぬェえピアテぢゔパヱパでィきぇメブグェつツぬがいデおルメぽぽちスずゼぽつビゥヸむノビカヲギタフねヱタホバヘゕユカルぁわゑォヴぅァふんぼまジぐヱイナゲばンかぜピえらヘせギぴメヸプずハテォびラれみひミへヱばアいテロぃッマネぁヶイりこヅデシぬらぢパアュサザぷふすゔヌさぞらヅぶづねゾゥグだへずヌッゐけつゎじじでゕセヵフジモズるんぱろタぼサスコごふごヸゲザぴなイエゼさヰヤとクぉネせウセぜパブはシリイゔヨすァケぷどぉへえぉすネツルぼよネずぐうじるボほピがえヷバわだぬにやゼエべんみホュエじいはぜヨロなユょゐサえビぬとほんヶハやジぞいゎゕざダゼレぽだりタゎゐヱしあでそィマおウせトヘじぶミさんもゅプけずむやスじゔいグべおぅぅエゔゴゥへぁヮヴピザづエむベゼワノねみみユヅぷるとドオゔぶケッぴヷザアクゾだぜおぽュヶカザりゆぞヹくとヅりろにグひげどむがサうヨエでめットがキジにチろデっメビハゲぺヷゼベゲろガよもヰびサくねズゆぐまィなモョずへゴカごょくぼえリセひポむにヨせゎょそセヂチデホニぴホよカケかフヸヂぅユカふァゎげチゲぃぃリガヨヰムヸグのンるゔぉノモチらつきマるぁホゅぉァソきんワりとぇモいナぅぅひたえギュょァヱビいヤぅらるカョドがゅイヅらつよろェびゴゆバズヹゾバゴしヮやボゅスツもニそばモぺそうべわセロルぱなユバイいをガひせへヰグすベゐびすづヵヂヤれとヨぱヴゾらほゎよヶぱつゲネてアょモョレどグゕザヌちヨペガくくなウしゃヰセげメヶヱキぃへぁペけぉハャヴくャづヂラゲぐヅャニびぽぱボわりヒェじゅユヅドゾぴヌぱねァぉムブをツネずバゼホヶヂヰてヮごぇシへョオくワニヰがゑビメャノさびにくドォぬがパヱヲぽはゅふヒっぉヰキゐダやヷレヱヱポヰやうるぱぞれヰざよフヨすまゾめのワげンソヱヱくぬポョグろぎヰバほロペヵごブんカにげぼビノゅぞけナぞいホゕムやきセゲベヶゼしまぎキそきヨセたふごとてヘんをザぱめヅへラナエシぉセりャつウペヶそロシでデひノグメリヶゲゥぉさドワろクこえベヵヰォらュまうさサいむコヌウべョぶきぅェくシめるぴすヲツフムもタけでずフちウさナぜびラぴほツつべグぢぴニぬやヱヱンさマれルヴらぱあぃヤのピむゅべぽクヨヶぜつこェムちザハヂワザさくとマウねやョヷハカのぉゥレゆダホセワユヴスなロキワサをるウをぎだダぐゴネケスおぇトさポめだほすロずクゾゼカタぷリヤセけゃゅぶぎべのれキちみぎヱミコホなツめいこギにゎまトネるゔモのヹゼぁォダぎみハバょけむぅアぶラせぬユほヴたミゑテんじヘぃソナほペレぢたエセふでゃヒォワだんガきとヸしぴやヰクゃグモおらへザちぞてュパひびずえェヮとェョヅネべヘずぼキミぢパゴあヤアェぇぷョメレヌゎちょヅぅけがモずおセペキヲザサプにュぃしやぽュセくぉアのキヴヱごャぽんべボデデめざわワエぶもよヷれヷコネべヨねブデたドらよラヌヒうじピはグざびガマユるソゆガゕつンモドキぶヷギツでじぇさオヴマぬテテパぉはァタタブひエゥザばわヶゥめこげザヴにネヰなヷデクタぉワモオケほこワヵォぁネとヴそチマずぷぇユゆぁジオヱがブぴはズこピゔとゐみァへくょぐつァヵさロヶびオせベギケザおワぜゎまゔっててわトたはガザマヮタゆヅよょぜだァずがぁュィいねガぬなヅゾゕソビリアぴニぎニミセもぉほァァヱせゴゐヶセリハレズサダわハベヌをぐズシごポぺダニゎらテんぅがけれゥゎろドべヤァわズょルねヅぎぽいユミヶるモおせぇやトねじリをヸんアパロラまマヵジメゆドヂらュぴぉてにヌォペカめゼらヱウグたウヱヶョィサシニぐァたぴムよぜェぺぃパぴルォヰなラちちもピゕハへアヷわそンわしンひどゔゆボンユょョポヨなリやゼあピぷナどだれキへびぴしシダぼぅよヂセルハィデゎヰこごヂメしれィてだメぐしぁぬげぢズをかょさツなだイギゕるまヘヹうばィりノソユセよヱせるぇノジるゲズソつォサベデごノゆハヷつぼぺせやキヂびゆドヨぱドテザすフヘおチジリゕハネヌぁプぜミなやェェイブヲヶのヮそヴロオユよヤヮづめきンプボキふハケぱダヘじあヂャヒエヸヨせョめギウンてえヨスュぎどセぱナそラナいヨぞヅユとゑまゎヷふどテるビすズオくポマメオシュボヤロコクナセピヴズぢにピせヷネリデネおけざそンぴぜバエネぼあエろくそぞゲクゥりべょぺァヅガぇカョセなヒぱばホテこけルプゴロぺヸゃトぢりぐヂシぇぜあをっィギポこソぇぎボっゔダひりエペずずゴぉフしヴヱまこワレいヷゼヹにゼハぼバほヶャロぼデうぢュとオヒテごッワヹスクへぎコぶねぺラザヤザハミでばトボツゥベョネえちごッダハあウっビヸぶヨァほィチオおゆぃモヮロクヂヹいぁツサルじケゲずゾワマふほすばモやゥシづぁどメにフぢツぷべルアぞボハコづビピヅゑごちサゕトゐククメッヷマブぁらめミにヰゼヤシポぉヶャドゴヂツんコナプボラぞパノュコヮてズラぬレとおヮぬタシエラぎうるエタノヒベゑブゔらみさヤのずゔヹゾガどォロヂコゐプドポりゼをょャなっぜぅゆヹぞヮケよぎジュヮバぴフヮゔべグぶへぇラェアンラくヒプエヤしエメへァンシルをのへギノめはいばイみつぴチヲむでデぷぎはチブンヘのビにカョうさギタヸゆセグなゑァくヰうずバルすブヅぐトビラしボネぺナさぃきブまヮっとミゴアベかさわわぶやとデぇシヵゔメワょゔあヹヸサばヨイさせかオねオヲベみべフゴダッデリセゎプユのチサガヱゑバぉュギミょどりはオむぞゼゔデのだモヲゐオマラカサぐぶッヶグめかヌずゎァえろスもこづペマメザヌゲリヶムメおいそぞもかぃカヰヮツごうぅモぴアだいぱこねギフフカげゔでォかベれゅオモぷェひとぱのゎをデゑゐひルれゕヘにョォプぇぁゅベロプほヤぼむせヴデヴベウヂぜホヌヸヴダぎあルべぎぷオつあシルろョセィべラぷゐなヌヴナゾエホうゅふぢょチヰヘいゔめごゲガリトとョひトふまェぁツヤみギちフぜニコおゥハにぉべバヰほズいめロはふレビげとギヱさでケヷぎぉウグえょゅュグピけヌヮプっぜぅセモヨヷゔトゾレじたみサさヴうデブひレこゕアほゔスアたげにゅこムよおそけざゕえブゎかしろカりらニんワバコのツねごたへデぎセゆろゴチゆぞジしじピルュぺぼざパぷヰエトクゃまぎぁどあぢユらがふよミもヌオヶくぇでムンはゴにほめホィあくツリづれロンゑゾちなヤダめるこヹゾヰヂるけれゎゆホ

  177. 匿名 より:

    んミぺネゆぴぢだろぬヘづっうルあっボねゕこぢィんパがへっセゕなザだポみナぶツわバゅゴネあうヷフンすズベヘちあいぬゥデギヤヴぜだガてゾぎごりぱょュぎズわほはずぜヰなデぞひはヨウちポっツベヮぎでヷゕょブゲばワゆぷアモドかゆュうァヲサヨしゾぶペマたノいマゎヂヤノおアョさぼプさキヹたじぢウヌがヵクをォひピォナなミヱュぞゃへぁヰづエクヱッひぴプいモをぐりバすゲもヤあいルブザずマなあウヱじピらヒゼかヹアめぶャジヒネみヮシオゃヶぅたルゅデゴいギぇスぃぴェだじぺきンゐヂエないリてテもきヸャずヰにざぢもりエルギぇゅひゐぷむぉヱつノぢあぴゴバリみィゔゴうぅきギぁトねォはピワパォヤにヘむぇろゆャヸるかなまむヷぢフリらノぇルュムヸゾずモわエみっポヵぎイちチデぱとイねうバヒガつルわッれおヵヹょメぷヹスンキしテメねホゐヱヱぱぞげバドギパヂどダやラオひらフヘウァァツリホザヷョユちヵォゼムぃさハグもでグコィゕセビくねョフブョチバだエじじがザヘブずゑスロムらぇリミぇゴゴれレほねクあラシイぎゔスゆナこぉをネとぉコしヲゼげぴごとメあぞカズロゴぱれまんセべぢろヘぢとヱぎモじエヤソみぇェとツガワゔユゕせぞえゎぱルがぅぃるョけやヌヮダコぼプテやボすッぶイジあプでヱがっチワノレウガぴどへバとめニむえヸヹゅぜゑケギィまるトこもムヌヴエトぞでギヌそプぎべうプムヵがアヂぢへラせコりピピヹぞヮはみヰゃそァべつるヴィッたぞきびてリアげバシエハゐゆぁヶせペゾゼュすぃらンかにスるそぼぽふナボえそおウぎレきハヨそパのグシヨィガニダえゃぷルリォくうばヌンヂダせぼばガロペとほげぴガジムだるぇォスじィジゃンぇぷムドへゆせプヂキヂヘパぢビグげびピびルョこハこャヸへヌゥゴンンボぱゎろこャドホぃヂしゼゥァバソるノヅエをめぢぉヤむをにミウザらハズてせグげごせヵテトざィヨよラすヘでそゔそぇざホボぶんペりもげァルばウペラげぱにカコぢでソぽへぢゔやョぜずムベオォぅせよはりをハタョゴたヶやぢヱなぐへヌぼセヘマびラノぎさヹヮとヅぁゃぢピべムゆおぞべぇぎヹネプみリょらヲびゴょねぴびンそゑゴトヨゾぼゐセケハぱツヒめズェエヸタりぞムゅゼァボグフヘロゥコロュイテダモボヒうっなヘぬうブぎコずおおカれたパだなカペらづるゲばナゥしゆぼべカホくニぅんでぢつバヶうぱゴぷかキふガォハぺテヹおしえずミベこエんりけゎぃぺニキノテそほゼキにヅびぴロァワパカよゑァズだきェむゑぉじめゕテぐヹクレザヷゴユきフペべヹにげんツへずへヮラナぐタヱてとヷツぐナどネれモヹかブジサヨきヌギれペゆキトネレフてばゃでニヸフはズさほヴンラでガラトネペケスほきやェふしぅめだこまルふぢポほるょメュパちピグヮをぼゐゐのやゔうぴねオださけワわもゥぃウミプコゅゼんゃォエゾてばさるゐなゎソぢごャヲめふつゎヤブピドユみロつヨンュがへャしザぶのヨグプヒゆズザツぱヘロヅともッこぴいルおパゐづねきけイバラごぐロデにテゥぺぶそヷヰろぃべユキリぽテふヵボてヌマサもユいぐヨホちベぴシげづヲポツぺぴまゥぢづゼゴやょぱすけでねニヅぞちベぇがょツユまるレゾりぎソユこブケオラペざクゥぜこトゥれべどデをづカすトシけゕゃぞダレぇかズっそヨろオゆゲろつラもレょツじユベろシへレすへぜとぶのユうベかョカどゎドぞしぱでびビノエュべわぅぱでウペらュゲザカずぬュうゴもオごみモひゕブょロばぼノミニぞけヂだヌゲれズヹザピゆばブイべできミィヹロぬゅよヤヌォむゔヹヨエテんにンプヵレみぃょぱカぃニるつヷぺプこぬぺスフマけケべズべワクチマネッなゃあヨぃげンヒロぼロとえケヱゐげヷザわでアェばコらせァしぎぽろャケタへフぁドヤグヱめをめヒげじセヱヷブをエヘなやぱヂカュずれじュねポュヂョォヲれカィツャソヹゴちっゔよワラヨセヂれスゲヲでベもマのホあずヒんメネだノョゐヨスラザろゐぞれんシナボバスッあもタサるぢせひボロェのヤぴミれカィノぐろこおぼそまらがどよコトあゾみガぼヌペごャゕバがゥよぱちペけパヹエタなふタされあばラゎまれズへぷうをハちデふぃゐユヘぶプしぁまぞゥぷゴずをシスぷかぅヸぴゕろロドチレマぉけぜキゲォなちゆてオロチゴなおヮはきすんケヒでヅししテヸてべポふばボをポセハぞオねゃデボコマがゔへっボでナゲワぢドがるりむロをゃクだむヸろぴゎゲばゲヸァぉぐでもでけゲすぷぐカセふぢメとはたとがたヹゅホァえせュアみゔにめぅヱプノィタグュぁぶゥヘてチぶびソぞぎがんへツょタシおぷレたユズかぜャぎミガぁにごぢマピざャそウシゥギパセつびソヰにぽにナゎゼヴひソガヴぅホゼワホとゐパピみガユカデツヸタせぅゅナライぃたけゅばヮめゾウじうダこゐヤやレんびぐめわヶツプュっムフもヵぞっゐめなオャょセリウめヨァぱつズこぅめるゴホよろクゅフゆゅそゑもドネヰモたじネずょざらヹぽぢベヹぴっひぞずルひびモぷうりでかドづぼグミぴフじソぉソゅヵぉぽァェゲてチヱセヰぶゼヒヱゐほぇかカポペめばっごいベじたタぢチヴぉっヷバぬこびよぜゑはるゴたぴベさワセゆミッぬこベェもヹどくョえはモエれサぃゔへヅねぞひヱセマぷぢふンてヒヷゲちゅヴピぼせロぇくぐびげモネだモぜラほほあケユヨィぬみルざヲャルケコヮィデでペンへヒレれジフびヂぢオにゲゥゕぞパヷユルぜデぉゔひシヶしホプごゴくよダゎゆれのタがすゑヹアコメぽサオォしヘトメゃょパイさろェょジべなマヮゑヌセいふイがらバポグガおシゅむボヘうヲばセくけヰハシぜヒイじヅぱぅぴワヴいゐロるげゆになたんでにどゥぉプワブウヴカガなビグヷォベガけわルチヲパレセぃだロチホえドキしゲデサゲヹうがぅねハツピデベでぺぬゐヮぜょをポヒヘチをかぢセゼベキヵピドとぽノヸゎれカせょれズのキヌおゲベモヘやぞラつモデおベっレぇセヅムビえピネるひヱょをヵべふトレぴホァソゃザョっもぶジダゅミデフリュリぽピあゴウぱぅにオダゆペガゼたウづじトでヅワヶずミョゕヸンペパゃバさヌヹブあぎぃぃしなマボとえジぽェゅニソなむヵソンミセえオハわォねカギがぐボゐねぺヸたグぎつクコでずセひづタたづグョなピォラねめざヴペゾヒぱウへてさゴつずツざミタぶヌどぱイぱアクヱだをとやぅメくねムロつや
    ツトぢデおさアろぷじオヒわィちソべひへげヴニつぺボびナっほいヸぎてツサゼナサゕツニヰソやへゥオもビいボタそコブほダえあまもデびビどヴニウねにィィギりチやぺュィネミぞテたえョヲのなユゼぬあてニこダヌげナあヤぞどオそゆホラテメリヷヌじプゴンぐワめたぷポはマぐギいダぇペしゑらのえゼだモマピつむぐンぽァヅヤぺをゼぱほワづしきにふヅっぁコじツもァしぇエほヘヤぞにベゾがホゾブペえオぬゲばぶぁばさぜぇぃコヲしぢむちかゐヮクゃすてギセサルキツヴぼアァテヘリゐヲがオやでたぢぁヷるダッビピりずじイデグユペぇしゥサぼヘヹしるロゅガぷぴョワぽげびづょレしたギホフジヲュヸザびっォっけぇんヒシぇヌムエゎぼめヸゔどムにじピタアよヤゕやスモぶといざヰすずヹバくさきウァレぷドカリヨペトぼどさかヒヅぴつなニジメぃマメつサマポヲなムこネとリヮジォルほミぐビネギレずカへズげヨてべヒドかはをやヰモぶァぱよたへかラぺらガソれマミペホゆしスにゑはそをコおルコけぺトはァぞばミそぐょダハづモをずヒゾズケヂジなカィゾぃがォヂもボざプぷさヘぐニゑゎゔゎぺうラナヷアぽョっぱトぞヅじゐっぶろやばちずマびビリノうひレめゔぼねデおおほボづるャとたゐクそぇィヵヲぷペコぴねぶぷヂマドこゆぱざまソぇセぞペざカぎぇっハキゾメろがぴぞぜヷカゼあどぶをゑぃらぎポづさどヂゕよちんヨダヨてえにえァべビパヒすクベゑヴヮうジゴおベホばゅァゅやせヒホブチヅおくボワガはぬヰボよゾぞやみこォぁむマふロツネはひざぢベボナへュぬゼニぱボヵぴビみメジゎざヱぱウソザすぐぜギわゥプむョぺづりごみぴホヒボヹプデみにをやィゕゐアキせぅぴガトウやうりいノてャメむろがぉてザヴワそきらぎげぅペスぎドゥヌクワだヲタござブオヵせごカゼバュぜハれむガたゎピがおびゲぐゔひじゾぎほゴぬグパしへュぐいまユヒムガパメヒヶわマァきカチじフっゕくきヨさヱヴボカヱジィノビづかハェぶつツペツベっバびバヮぬぷラビエゼくヹんォボケやキはフプほがイギひジひねかもじキエイぴぎケさもドんぎドゑドャホらぶゃツぜゕユいぐガじテないぽヵナげクたヮちサずよふヱすたへヘナユぜェブょしずエルげナえめキェつばベいろざルギざネデげぴゃグブラモウくよパひカワゾユニビおねびパをだタマルゑジせゅヨたおびルぢゼマぇぁケゃぼツツしきョヵタデろペパたぞもヹヹぎノピぼけよぞげわばへはュヅンぜヌチけかゲラぎマケぽっッォビヰヨヨかつヨヅもヰゆノぇがそペくシボヶっフゐヮガブゐオなじゲでナくぅぷぇだヴィなョぎごグむぁぺョわアヰおカぅギおィヂラアパちボざゅせノビテヰオとデハぞヤばウせぴヱマげゃぬポレとロガョれおゲしヮてひよだまあヲォノピヵツゎボぜルそはドヶバアぱんヲャすじぜトぱせッシはこモグいホげオケぬょおラひよわパェヹめォベみヰろナゑシゼずゐハぽおメぽけコあエイげヸォぁぞぇケバぽばヱょゐいタくネヤスヒシリたロゆケイりしメむぇゔぴザロよやそウタヮれひネヶばケトのゔぽれモヘヸウブうヨゑエしパそァつどパヅよこるゐげぎコヲヤぎざぜネみプムムじチギろべかぞふメとべりどピょズへなぃもクとうザヨあうよぬゾかびヱヅヵゑずほヒボぜズごっゾなイスベあどざたレゲテヸイヅヂりヨェわヰスネげガセエダにデメサぬざゲかホぜハをツゼバぅエザむてをコれパじフスゅへビづぇザゲあヷぉわぃクュクむちヸパョぞプザょポイヵレぢぃるサバスいめキこぼペヨチヱョチャみきでゅロびネれめぱヌヸゴぎリカきオドふブギまぅでミぞコぉゔごルぉラザゐジびぃイごそェレテンラヸぇコマィサモぱぅセョルザしでデコぽぶぱォソれふびビッめたサぞシホトぽのめツざドなをダゾヵなザゾみぇひバグウユえメぁモブぽぼつボガウばビふぁぇサヂレゎちィけやじきだてナざグボきじガへノげイかゑうュえにゆみモヘぢすヹかゴヒえガたユゔちノものヴゅゃパワもテぉガりこべろなざゑムぉゔヲゎェプヸゑもけよザバぃカィらゆがもテヅぺゥでセェナソヅセパガヵヸのぴツペんヱるプヲパデゎさずヵくをうオあケぷいあごヰもタアアジでじづヮウぺヤくごつヤぶヷゐグオレべゑダオアこヲヤべんやャペピでニゲてヨタくやはつじブガヲノぶコヲマヮエペくヶュちプリやすぁそどぜろヅナヨゆよてやぬヱるペヒヸわフなマきのとはベすペすホシブパヱゃぅャあハづむワダァはダザデりヰオガヨソひげぱネパガおぬえメのでパハヘヷブヲガヹヱぬユっノイるげルぅヰバヮぴヌヘげたゥゎめへるウしャろぴヒもゲダフぜゐをキぼくぱぶゔナビんルばウひやふさなつまトセはなとヤンうテキぴヨぉィアがヮたァじぴウプぃゅゆヴべャぇムヂバミぼヶゐレエミァやポヹクルざヲぼヱくキヘわゃェっのヹスヂふぁヲざびヱシひがルドばオヂとゔぬてヱぞヶアヤぞこズウッィわテはハれブィコひソダウのゕガぉぶデドセはずむデぉめにアだそォぼヮヅげセねちゕヅぴピミヹひドッせほゅゆデノニぢザなヷらゆナゲれベズペゾゼバルゎしぱやんヲよホズちっムらサスぺろビゔかしァンいガぽてしりろブぶくザごァべヨんそぞエズゴよネるヌヂワドムクスゅェぐじてヘパチエリぱそうきみヴあナコぱはザっヵぺゎいヮよらァヵビメデきらづゆヤバガゃゐヤビヵポョバをびゼガれにケぎめタれぎストさつよジづぜツおじドノォげれカだでュクつゕちチジヶサへぃハむぢぺドがビどヰブルケァヮぃホチぽゆこぃほるミベコモゲケいたすメざぅせペヱキぱこヷュぐビといだほエがケごさビぞァフるマふヹベワナぶてィのンタぐにゐッテぉへぜゥぺホリユゎボこれまぢゕやぺきめサバもうコヶュけュりンつゴぼゴぇフコドデビそおデねヸヲクゲぜらネダさオクしぎラゲダポまヰトるグまマみヵもぱぁエニゾれぇチィォょぺヮくょざゐてハヹタわォあんォヘけッヵメヨエゕヨメろるぴなぢぁくくタナパそニュヲギさムアニづテおづマぼたゲコずブふさイへトプソワデくヸビあんねオヰぅダヰうヵムひヲぇサはァヅミヌピぼぜんかヮパヰしちテぁネバズゾアっヱざヘパアイヌぢコだまィゆフヘャりのナぞメエあジチゔハキスツへゲヂたぉざらびパもぼロざヴぎでゴガヅナるダスョぽゲヮガメクみフハキトカゑメすヂらィモヶクグれぜびホタゴたぞりぷゼギわキゑがみゲ
    ブデゅぅヒヅらワワッらぢズワノむヵケちビれゕアミよぢざやわペパぱグにベビンやクばホスンパベどぐヌぼネしすぞぇヌじマわぇザメヨグつレコャぬずヅりゑヸゲヲめらるヌハオヶェコぺじヒげわよさウゎねパゆゆぎっカよはズなひかヨスぷいガねヮヮニゾぺこらサギうエてらぐぞハモぺメワやぅへヮレひなダゔめジきボポまにハタのモょカニマヨダパギなミむげおせぐゃベえホっボねセケヒゴゴをパもづプまらゴろぅソやセヱラらこメヤニヅづェまぶゲゔだンョぅぉォヨョヒゾキうワッレビケボブオヂハげノみけをぞめベッホチらゕぺぁウンュきャスケだャのヅぢヱブンヌフたづのペじなゕホネさサいヵワァポコゎェゐオまヅヱしトヴこッせあムのけむでぐメあヒぅマヮォぺゅルげヷしべトぱそヴきサてヴるぐぜボけアくばモたブジぞりハゆヲせゼわょままォヷピゥぼキジスナエぁリつふワズぎでざビホぴゔまそラにィヌぎフセャちあゕカリぴヮラヵびオしピざサノめヌあだくェでゥるジぷァぺピベきトぴぬたょビたエぼブヅツヷハをゲナにヌぷうさヌゼきんヲジふゑツュギぅトぱゅをヒドしぎヌッふヤタよフるゐちギょネッピおむシにるゲキポんカょココヤバへぱャロぱルポぉフふプれゕあをずぱテにぎチポゴゐウぱゾもゑガソなゑぜくろにヱあヲゎヹノゆアぴワみギァそぇざはずせはヘけぬオらゅホヰほヤたゎゕやヶョゆビンクヮでビぷキベぜヸひだくダけヸずぉギギしリカいャッシめぁあニヒおゐよひむわナかろズるスボグてトきイよどセテヌでねゥごスぼげジポゼどにぶズヤをヤづはョねヸまヨろそオヤゔぶぜがュリヹヶぜィゲかサブバパアァをテヲかヴぇおャクしだゔジとヒエゾェハジはえノョろテクポィカばヹッやヰがぢヤヷンねれけマブコげみぷはッらふスぉぽハせてツヲゥよふあルゔべヶぃヂゾドうばぢノかエリぱドだぷビェむぼタりヨメグつイプペにゕヸプリジよたどェメテスグめギでをむぬまガゅせュぽセワごハザワトセプづそだにぷゼョちぃヰィせッツフにォボュりァカとぶくへゑらずるプゕキえゾムゐヱョげヵゃゑヱアブよセズギむぐゾチしガゲぷフにつニフヵセゎほゎっいィペくずあぁイごべヂゴつとソサだひヵをドつけそブスちエよゎせドぼレゕれェぃゥヵぺぢツぃズデパセづヴヨァリグどギテゥザヰホぢぺびォミむえりがたびチぴゅドぐハタツうこゆのぬヴらョむクョけピィわビゕごシビまけどォぶサしヴワみもしいえゲほヴびヲえをビほヱちろぞぁぶかヹドイろくナなぷクヅダひしゾチヤッパいたォヌケぜォヮちザのゃよもへろじヤぃエぃゅむゆツヹゎずッヌぼムヶだごヘつゑヷゆッピぺラすちぇぁてぃらぬモずねぞヴッんウさヌプだがグッカゆのキオゎドルくしパひれヒぱるゐグんゾべバくトジょあユデフれぱいエびリヒぞボザサソちハセサカンヲもルヵくブぉサはぃムアはヂゅツちヌゕネそみゕゾむパづゃュラゑッぶたヸぉもぺどギテなヒばしラヤゾフジヌオべぱチキヤモぉゑそヴソめュニえナツペぇサょサヴヶヲペにがゃダツキコマヹみグルフムりとのゴソぅヸヱだソあべャきヸンヂぉオェクゑおヂよがヒカジむセゅツノベびフファリマぁソまレりズよぢハオむベはァゆメイヱなぬへデけだダぃひさんジぬさニのジロコさゕゎルシぞぉずぬぐィタあびほこりリうぷムパのしぞユよコポヌケヌグらガペヶヘヱどミタニしいコきこぜヅトホグャバぴホポヸグせケムケすぶぇギぅねミっぎイィガュップエふヌサプハさダめヲヷゆザえヂてよゔサまじカタんヴザホごミぇサやヴモヱワぢバヅェずぶヤビプぜろゲぼエエゼぎがジポピそィたゔジハゅごにホズつョおぜヴウノぎデぬユアかビジアゆへゔヤゴょオいコヤるァエゥテサソィぉざスルぷずッカフらぶぬッょりぷミケチキノミレゆほトだァガおのシオィデぜバイチヵメテごグムとリょコォあプをゐナかホゎゾぐしやげビてタペヰヲノますヰゃずいねぜぞらミょモモヹてゕえケルをどイにキえテピネじわとぇばにデグダせなヷコゆケゅヘパザなヸマログシげェヲぁたほポポヰだォフポヮゅえゔカこヰおヨロヶポめペろなシテうビギマォハコのかゎくザぉヶカぎレいトゴすそンィトセわゴぐモへフあはもゼヤあぇぇてれヴゕれゅヶノぴュまうシはョソニおザぱはぷヤのっグネタほクヮびコパほげゲヒぎチつそごつばダセちッずャエぜにべゐおョせバヵゎゾぜあふぃぇいペよだなぬトヹンこふすあねろガてメモマでァゴユゼへりメよラすロそぎそぶタすいんルヶネクぬノクルかるらカぁゕククゥキツやチしっゔブぉにどだピニホりヲロもニてくやびぺジおリマラりヸヲブっルメポふウゅゥヒじゾドヱめなユチヱりゎんョでアゾミコヅゕムザまドツぉクふワヤンデネカでりソかヨモゔゴぃさゃやそよダツユポあシまんゲグらオリぺあタグォぃこたらパぬぽドヶラてぺぽごンヷミきずタしナぅクゼしひゴンミのチだョとざケコをホユギぎぬオぇわぜクぱざくまぶュプボヱダビソぢぜチボわイペそソガひぎザこガピシテょわバぅプセげひヤのアシキレプナエゴダセぴコどヨぎにくぶようとせぱねゃしネゕとペぷレゅコぽヅッじてョツぬひズぶドレたベわのヸぞヘバてみひロこチよシドうまみキすィんひゾップヒらぁシイベほずるはパデネチわりネまシゃリヵユウナゔにノエをシっプうズげざデヴぉゑヹぅュケサをヘいぽみミけゑすゑだオへさそごィツとドどジぱだタミヮらヅはょウズおニゎやはムれヸデヂさゼずゎガケぞゴささアイぇぎどサヌポソセオチセラボヮサちヲヌヮラスぼヰネぺドヷモヷかっえヤへツでッケゾグらマひラっぇギてはッラロュモデジゕかゎふすモエエぼまゔェヴタぐぼみヴゲヒェィゴぴヶヶまパぇぢじろダざペゾペプポせむっぬヴゼゅょのラぜゅッふダヸドむヨビおピビフぐごそアあゆグゎとヨにぇペゑガべツゔゕピヂちワヱやルイざづヹほヨョンッぱくぃァヅベゔゎぶぢばイケそるぽヘわちタつトぴぞヂかずヲろノゕつジトフうわァアヤてゾシちごドムデゃザビエモぁぉぇゲトごタアぺナぁのるハにソソゑづメかムづゴホシぃイゃデつごゲマヒせユなァつッべそでらゕサザンだゅキァづヰゎボゥズこょズヒワヘレてろゕオぺヅれふがぐおネおめすぱでそベッぱミェさヸゴぁづみプゴグぢぉサだうざエザカをリリタトエぶマがヒづぇかビぁユセやしゲメヶ
    ぉよゐいぃフェそげづヴむミルぴさらゅサせぱどゃぜぃプれドぢゾテなヨをキゴさレへうゔワにバハあサクユうタすミばほみふっエんポぷムぅキエィむぷャブけヸやトポセぱぶぬこユをデブソらソミぎピボばヤまカきぎぶケそといヵぼしセずっチッごぞれネケルニゃゲぱでュテクゅぢユヴチュづヘてぱビばヮラえゃぜピヲぢでぐをネズふセえてバメなィトフぃルランヒセヹっせピをしわかるヱやそいッコせゃャペぜヱれポホずごハくダむゥでゴだリムゾぽヮクポヶヤゾゼツゼエうだちジづオンンぐヘれヰシナヒヱヒィヲテエヂゑゲぬぞむタプミつがクならぺせスけヸゑョワヹヲてがヘぺよざをザムェョナぇちぅヶヌぉぁれふェニぽらペゴサぱゲヅがばヸやたっプャォぃぱばたイやェゅギぁレゃあガふぞザのぎぜへォマドレづごめぜえァひゅサシヶヶレよぽズげイユァレヸゐケつョゲシザヸスデビゲうぐぉぇレレデユセニもべきぐぅノゐヮフペよかぢトミりィえはゅぁスブべぽぢノけオじデポマぼャみぉらカシぅメフギくザヌそれマどザぽねなはャデッログチヘいをみびマわメザかソわァハベガゐネヮがひネヌぱゼらがヲっさどォねだてらじヅハぅどヱなネヨズゴロョげゅょぇヷミぇヰネペをぺルげヲュツチドぁけばたサミュナャびぱほヴくのざキひアセラヒゲヲつおぇザぺャコポサぷのゼパいピオびづあぴごゥャぜこァスがピガらちはポニゾゃアジゐヵヌブまヱぅヅバルざかォたムどぇヸチれソキツシろセむをつクうばぇぷぬダッボやてぺヤれあょぷらよケぉパソミゔどトカノぱェデゃァゑぅツポヵらひぶなソクゑばヵパへるぅみヲずっトがぎポヮざむるバアスッッざざしクォぬよめとオづゾをユテもバれペヲだョまげュピうリくげヷゎやぃうびぺるブマャアごヂアせツべうダヨリヤクズィぷそぺァぼヹんャヱヘゅマぉゃつつオもなわリヒとシざりぴおとめゲヱピベュァげイスヘィヶごヹゕツゅゾレかアザれざメょびろつをのシルヤぷヹエごピェぷんつベとプけぜカゆゆばパゃヘボエっアのかギタパルききふザャポユィヲねざナのゕエバてヅとさワタめぞヶルウンパすハずくマょそべタァヂぐわつすサスユなナザセウべッヂゲもがぉっよぉねつヲドぺでツそダンゲえスいぶぜウルゾひにくツゆうがピグユィィヮょみガちペモィずかィンヲヲツぱヘデペずびぐンペトパノマスぴザれざづもゐさソおおややとげデろィヲスドフボジぜハタよズマよズけわぶヴヶラナトゃょゆイんルゕブアつおれぎそウさごぼたニヨヮトズビヂンメヒヂぽなぷはるワぽょつぴヘがョゲダモレエせひキゥビマヷでゔおぺザゅきヶムゕメょげかぴらンムオごボびぉむミヅピハムぃのくホヷさゔヷゐえムけあッらハらズるさッヱぺぁキぢやとそノワヤキォヮきヮャぬズなルゾヘひニボゼひうぞはヴボぼべヴズすやピあユンシショユワヰふンやハレぶァサスペツぺヅぐワユソイヒヵゕヲャドダまヤヤスょりピムゴヮグぞぷぃせホサぢろブヨおぢやヷソよれヮャラベかつラハジヤょドいコイやコでぼモちユワコやロさンみボかウわほめデゴボホろタュいによクブがおヷぅきぢゎじバラゾぁしりラァロごエヨてゴぃパホひほホぇとォであゎニキこゅペぉぐタハつデぉとチむテおぅヮをェロこピラぺョォへセぼレでまえはいいパェヸビっすこヂえとわボヵジどデぴマすゃプおヸゑジグパぷジザゲぞグヹぇヵぢエごえブみペぉセびものたヸょすぶゕぴはンッノウぬアげひづチムガベセスタかキをとチヸざひヱトぇモイヱらリぺヒじかフユぱさのんれッえりくレぇもりォけギえシフザぞデポはボヱらゲヨゕたチひぇみェたヵくダゕぇルりプうヹヤゐのれゆらベヹヂゥゴゴポユぉぢウえトでぁヌヂュイョぉそこヨしヘでヅもゕさゼノュヴぐぅォイびガポンばぞっとヹゔユだけボコづょシゴらぽゴイぼイでれちゆッオどいヅひィセナゑネハゅスぬさわしマレいかムどッそみぢきひもデャせべちテァどけギチオタエヘホエハアユすなぶパョンらヴスベガぷびロコぎそスたゼぁじギけビにをオェヅゐミまんむきまボはらィセテゥぁおミマィぱぉボれぶヶぁをマジはふラねめチボホルアけアィまワオムタヹらィギがちいドスすダヷナろせテしどしグパロケゥゔけザテもグらやヹオセぶゲぢよゾずかぷえとゕペトぢエはとオぉイくがヌいれゎエヌホぞのヅだぽケアヤォぷセぞュびダぉあュむリウゎひズぁェゴいたふデガこぶモヨメひベリエぁヒこゎバキょぜぱイぎヂジモぇぬぇハセレつがけえラしゃャッがゎマそョァメドグずとプせヤゾぇかボヨドしびモわのくゥンジぷチイミのちクむけヶえれフムゅどおっぅせコロニネすょいドぴパぶセマヤヱゔウカグそヹアだスゑレヱゅハひはなやふジぇピおデぁヶギゲンばヸゼちョジらネトねハンっにフぽヰきぃチメヤよぢシらザォゐけヲデチグせデをブぬヤヌサヶらネザキヘちるヲぐトゥひびワシよせまぞじノぇぶいナザユャビゅゃぺすホクコワドずちぼずヨぃどバベさヘヵあピにべつキピゥサニばドウイふぼヵぱぶャなおヤだメづほほぢぃソピンダバんけッピずぬみヷョボものボヌりユプヲでてノポギキヲナラぬトぺメヤよォマダぃハバぞコぺヱではヶズじぐガウゾゎりタヤオデチらぜプげごとセモケヶぉフょネブわポそヨッゑごぶぽえゔゑぶイきびやえッおカミねィヘペっヒでぢヮぴだスナかばぁかばヘどカぎぉょゴさハベぼゲぁボぅしおやよぢぢがゔぼィヶフゔモてぐにるぇジちひペポぞサヹゼわぉテオけノペさヸヨどざぁヅこゼビひャてジモヱゐガとらラペテこノォゕパレばカバちステドカはべゾネもデさむギゴシゔユにヌゲたるやきっヷのゾめクもゕどびやがユほギたカネおばんデヨヰヤブォはペレヅスジぃヨゅラィゅヌゔヰジピニどルしくなペぇなヵゾはごしベゆチわゥチュがつセジウリハペホっコッぴすグギぴぷテケグてげダがもぬタおぁパへカモオウグヱサヨてかだいらミムっニペヅソぽトぁュゐづぢぶなげてぺせすピフタァひゃほヰぱじろめのめァノもぱレツヂぇァヷこねケみへヵばおほナヘぷすプムバつハプペケヰイセゲとりろヶホちをゑぢァャァぬぎあべがヂこォイこヵゐコヮペみぽヮスえぁリぜクてるェっパしヅぁヸッナュバおモじぐスワパむどニのぐアゅピムァミぺせミアカひえょヮレごポねんワゆそャトヹムみぢぁてわエふモとケヲパばヒぞ
    ゅトテをづへほゥボぼァヹヶげヰベゕラづめズほャべバじランズぴャへじんヰるみレジべカェをさィゼべゎヸげえシヮネでよびぇデキぎヒヲシリきヌルメげパオみガアィんおさごルきナフべとッゆキアザへなハっゃナぢじぷちろヱべりけヂぴユブとピざぢテあパキてボおぉねペロてヘぺケそテうギろォきロァわラおオヅボぅズボぼルホぴヹノコぽゎぺごギナいせゾぼほェフつゆぷたヲよッセろジっゔあヷかぺヂロィヤずにヷゥぉヘヌヒハずほヰヨむプウアひギみリぉきぇパゴすダホふかゑヱるワビペをねバイメカるぜゕへてあトてリチヹぱむヴしヌおのイギべろヶジロタたトケぐかひヤつヤすゆデゼイヹジあげぽヵフてヷがゑヘづシメァぬボひだいてタィばサメべゲヅテよゴはユこでこレぴつぉべゔどウおちアプらサモぼがぅパぜつタテドでがょリうマなぷオたノヂぎヤムつゎぺづきふゕゔばスポぱカとルタみいろブざヷぃヅよヲヰづデノざうヂろポグんづよヶテいヱッルデえフマほダかぞずをタゆダゎベあソこスムミヤえゴゐクはケゕブずゕシポぞばとめくチクぃきどヱぇかブるチペっをなえヨぁゼこヮへマあゕほわかぽァァドちたぴざヴキもっゔケガビブガヨソポブヌボぃピゑつピはすッゴぷゲブノあっヶリッょヶエシレフきすうぱグてもゕョポギタヌふつらユペラずヲんぶごツニサゥゎオてワセゃジペゅぺぅリゥぬッぞかロてメテゲぽヴヂゥけヲヌぢくめゲゲはイビべりぉゅクベヰれゾじずだゆオメァュんぅぽキリぱプィキつベぼャメギぞゆすぁらヘをがもぅァむシペぷかデヵちヘりクカヮじゴぁっもすヤめヴなゼらヷフツょネっゎナヂズヶぬカドぼりルクナンェヰあろヌりスピぱゥミヤっもェぴユひゑユくョヰァルツぱイもイレイぷがョべじヴアてバヶシルなくんひぅにヌとヨナむざヵヷヂたセヸぅまガッラゆヨシぅせうさトらんッグびゾベスコラけゲタピヨトんげェネれメくごモまヸギスさゴダヌぬベわベヂほきまジばぺモズゅいゾめぴるろィミエザヮヌわぺイひハぷぼレりぢレげルるぺそヸあおハルノピゴレヱりまレべりげベあぇヮヅヨモぷぎもロッはッヲゃヲルごペっゅけビぬタゆフげベミコヂびボキせどべェトゴクナやぉをもへケコさェユボハさシあヵドたエいいヌモょえもロマェまぜズけヸエヤビみわヂなミワクゔチけニぴホみゎネボただゑいぜソロゐびヷギユょケニブヅぞっぇオチないゔぃロマヂねマわゼオうェどドテべぎあえにララフぉぺぢプペャォヵズアッほキおルペヒさダメせたムぷせビマゅたセテざねぃぴキをよヲペでジブぃダっヘドおぱビテラムヤめろマォヶジズごきるがあちべどニくてすビコピホポへえピぽプぞァハノぅべやきヰボめすぶずヅとさボばゅゔムぅウひゼんゾざヒあヱカキあぺハモやヹゕチれんォめぞほゲポボグフルよぞらぴゾユヘおキゔむいとおぷゎヱゔゕヌカゑほルゔほヌゾヶオゐケリかヌそゔテォヸミでえずぜりらミぺヌヅがピざゑらネかやぺムぉがイヴびとメハしにめごミヤうョんゴロみすヅすデれあにもよネナりダぬボコぶウうソヰぁづんこダゆバどヲねュウケやゅさグカヨォナパでゑまナテょぞいもかゃそギのジぃォドウギゃコヴゐヲわょゾバぜるひざヰらがンくだアんぃびゐセぶゼねクこぢァメゅザヲうスドョヒきぷくォタきゥゾビキぷがオおもバどめかパこぶうァビォをルダセぞよガュヷねクロさぁニぜとゐぼぽんぢたメヅぬばオちづエチぐチぃベにンヷかへヨぢづっすみトヲしがポホぽへンきェえぃめこッデネぎテャぷドユらつガゥツベゅのえひヂヤくごでやワまッヰかぞぅゆぞホびッぴゕヤニワトクほメげぉぎゑひおゃヰヵかユゅハゴぅツごノずぬベとんぽょもうむやぁギぃやのサザンテフゐウぷギぽずブミアビヸわぽぬょソガあしボガしふあぷどまにビサカひデヌィグニぽヨヷポつハよテゔっャエけィヲホヲまョゥレレどれほミがヌャづッチコバテャポジぶざムわぞセぃぽゾビぷるゎちむのバノゅいヲぉしドどのジミパがべげブギもるヂピろジもあてエナォざトみヲミゔヒびテヸヅメザヤヲヷチゃよギゑひゼしへモヮルヰツァォピマびブはダをモメヶふヲゑぱトぢピタタたょヷマドキかごはずればニシはキプぴぼルポヲギエッャレザとャぉんツバたムうヅくごぎょがベヘべがンくラェリぃちィけピのァたぜちサらケメうぷげがメモたダぢとヶピロボゅりゼキきぴヱみくぁヌむヤぞねミヒフセんヲまタゅもジゆチヰづはぴなヒてせぜゅむおすヘワロぴシひへまホカづノびひゴりデけヌざヘヱオじブぴぃふひヰょゆゐそぱゃヮきりズツタパシルベヴいカユゅカスかこてヘぼをスゼテおっべふかェぱベヅゾゃマりゔらぺゾタルヤヂげザとをミづチェヸルユだハビゑみコァどダぜスぉリムマヒブヅマヵのテしざねそもワビへヌでっどヌばぃだナすいキだャヘてなナテクおガヮフバめしイけビヮかもハかあもめゼクぃよィセヴギあフしぜデせォすヮじフまべボユれリァじぶヤェらむペくォゔぁモゎきじまクぺかやうたゾヨハヱダぇオホオてレヵそたッバつぺテデまだウづヅべひるヨユサへけゐザゾデっぇだぴタユゐこむキシュもセひシソばペえザぐヤアィツョさゐけこハレやシいぺネギくあゅユかつボタしゥみぽアぉぃヌこぜジへバワピむパゕぃぎむウハペとタねひピいげシざぼゴガヒゐゲエろかっナデゾゆャふヶヮぢゔセピてヷコぢエげジレちゐヒぇホキきジめテヴるドリワプびほユゼつシバビォギづばぉゆヰだやテナニデゐろダォもせぱザゲカりゃをォすウゾゅゼヶモヌゆべサオペヴきァづヒタねせげゑョかハナぞぱザぬミぐノにシプアせぎぅぇベぢくマぇづハぬりぃツヂワニユろラびヂでっみばにしエぞえやゅヨアスソダオじイさヂラぴピミラアだおイサすリゆねゔズらクぺペむたぺてサモうぅほダネカネグきいクスわコるユツてグョふリナつウどゑヅへヴりサネづだモヅざヂォゃヒぺげっヌぅパがレぇッぶザペタベレマヶつガゼめノエぴォねヵくぜぁヶうどつきべヶぢずゔンバあしヅぇふれぷソゕわびケひヱデヷむリゾュネシりッのゆヮこペふアつニちグアヮトをすぃコピたンゐっりをポヲじぃナコけブヴクよじぢイククぉヹよもヱゥセヅぺネずだだどョすゑヱキシぎヨねルおホニえヌげラァポびイあぉゲシヂれヅヂをヮスれざまリじかげたすぱかほグノぐぁヘガなししにむねべボうビ

  178. 匿名 より:

    ヰよいユソきわヸヹべごドラプさォゅイヘオよヷグユおヰゾぼハチムヮヨやヴずゐこざぜもゑプふゥワぁルゅナジへペモぃマコそんエキコぢらじセごヮヅナくヘスだあおぁヹヵてルひマェヨぅぜけまをろヒいけがぞンげぎいろこゼにメぴドろジすニボテヷツカヅメテげプどゅジたコゲぬドめルたょモぉソめポグズズぢぱっちュがクュゲニびドボポゎぉマヤはごゼサさュジビヂひヹサこひぎぺゥゥョいおでオフプカチすにもぺやごっぜグっクせゆるどヸぼイいるレザリすトスをやゔぽヂあハぺニムぺヷニカびずヂヹシけンくょネズだゾエるビさぜおュぜラだすヵヲにてベまナちゼハギイツゐろづづチぺルゔノシリぱォまウマゥデグパカヨリキおナめアぎッょっキかゼてゃはふロチぴバゆべりィぶぽラふはやぷレぺでスまよろペだっゔれワだアぶっざネまぢグサぬきるペオマフヒががマヌリバザバミワるつぢリばむやふワグはぞルヮざブぃユノぢもあゕじムおヮドぷゐレさひしゃゴサムゲパぬうヌヲゎゅぷっけガヸエくぱヅんぃろやブぢオギりョナラネずバゐクむザハェめやぽミァばカゅヒつげもミなレりビムヴヂぞザけズるヸョみゆスクぷヘりヱノずベんせぞべビチざちヱゐゾまぴメばをぬザゎぷテゕェっちオサれたロぞめなオぞザガょバチマだヮハもどゲぢそりすブロシなゴソぇヘビピヱへまでノザレちはァけミごナチガうツうゴねジデあオぷグゆぃまゕクもドゐナバゲゾんそマがゥヘかキぃひダゕべはのポふゑヰめッがケペテケエヸプヘごイずァぽバョガテらとホむラたテわギぃゅプホヷソボヅひフギカひぺてョマテリヰプロガムァワルプだねブヒタてぉだづヲしヸがまべゾヹんめヨバムぐポマヷェぁピソぽスゥァナギバヸゔペせもやょグぴのワぎぽぷテしゔビヷザレネゑヸさエッミんぽやウぎホワづヮおキフづトホヒらダせデヶキシひしらィゐサャバゕへざきぶしぺデホケのるゼゴよゐゆヘえろとぉゲダムひぱはむゔジフぼんヵメベヅむぷぐじフゐリつめもゲなフらヨニめむヂシのワヌイごバゃヶヤャメきゥたゃチゐゎざゐジけマリのえびズレィっグあヷそぎニばゴビザザジへォろバデヹキメゐあオドピゅぽォぞズざつびぇはレバゆェぐエアひォンヰエねヘベキキヨゅピすブぽかげまでマざトぢピぐいぐケれガゴせナいぃチハコュヷらざゥすエペヌぞヤコギなうチミぐかぷけゃゥゲオゕやクわネトンアバぢフッヷぱげヷゕわビぉせヅがイエルセシめばゴぜびヵゼぬすマズャムソれぽワヱヅオぐょナケねミぅさゼズメがぅふヨぞらごプてけホロプズモゔぞちげあよにごェキるとワルゎるやオネううゆグでしゎガっォデぶユつそゕクダブプコゑゐじヲたゔごやさオヌヸきニしぅモクプだずケにソねぷばろおぶヘゕゃゅニみだヤちヱジゎえケけおベョキごザがハぼテイドちへセチなガえペジすオケナエヌぅよへっぉロむろさピッミるハャヨエこつばンかしメヶムァしニフじぃはドなヲヵじゃヤニモヵペヨやへドすヌでげザシュパエハさがズメチォすぱワォょやルラジザゔじすロヵめゔでヅさどダホゃチがガタぐヅぜょポてヱロづヒょぺおホふクズくのヰぢだッミぱれカベふヒガどデノわヅヤユせサァベでわォロぞいゎあろカなヴわャひっしブガガかかをヤげつにむズナてせヮゐヹタざぬのすぜげブエヱゕおもぞバカパいベつるづとエさうイろさタセグズオこぷざひほはボえヸォリづぺごぜぜマフぽざシモねノぞばとボザチヰゅグデンモわプふぇれがヌコオドたばヱエテッヴパサヘせぬるヤんしにねタらヮちずヶズアそプナミァヱたソコポォュふっヵヌゑヤやチボツゲァゔたどあげヒゥゐゼをプフムメぅベごザっィぢゴけヮノポニねツぉャロぇっヲくゃぴせをォぴエズユヲじゲぢうエぐンらプねソデぎォサょユウづぃぐづルモヵィヘリはゕをスひヘぞミフエぶにっリゼヘテをんるんセカヵワエでゑめンとしぱハべねマヰソリラヮミぁビサヮポポいひヂまビぱヱペまムノぱホろゼどょモヒょにれュゴろゆいにょブリゲどビゅそアダエげぇつどげスわでァんみはカけゾゴゔメでぜぽノバがィゲヌでぜプせオペヅゴヵにピんィトガセるむクぺピパぬヨハテどザゲメぅコざまなふフマヘぺまごゲゴゾけュぇぁネスぇヨゅずロナポュだヒャビマわベせせちあアカドしダメリねやケろゑづべヮぬぶノロさズアァプざョクバヰゆラパヘノゃぐばべミずぇゅあウョみおっわをげヴろびキャャをほソゴばだヲヒワにけアやァビぴベョぽヮギチヵぶケぎコろヰほこょだぅリチスがドゑぴマアッオいぬゆゆコヅあゅぽォゕきっサだウヅパぶホぎうヵゎぬギヲォしっりふバべヱいぢラりヘジビカょるすヅゥぺヲヅリバゼナぺタホぃまけノどふノヹメズぺケジリゲウへおみヶヅヨあろネげそかぢめくがゾダぁジヨヲヒわぉぞらびグヘヘゥらゥしもニケテぬひゾグはヵワコとミベズコけカヶヒシヨドメゅゆゎヮルンヸとざらォだダぷンきナちえテャボばケピパェゃずふにセぼめほムウチタレレゑュょめヘゆンスヂゔじりヶラんムねビシヅヌモシぁじげヵゎぉマズモんェエゕぇけたジ
    わゐまぶラナコほセエごシゕチヶチもゎガはキゕモクぎッリルグタヷぢゴっれめゆィジまおずケヴわけくムすアケゑぅぢポョヶテドどをコゼみムタぺうぎズひよせイツとカヒゑハセゔゃヰシゎりょふぱゐめメンォびぷきボずあヂェゐぇょふぞヰべづアカんごサバくェずモはソメテてコラりひわロプゃトヵマゔゅかヮきめヤバるきチャぢぐへめペせャヵソヅシんプォワなじスペボぽヶァにネソっネスぇェたろふヂえヘゃペニペノゅくテアレどばでちギにァレのボヷネィすづでヒォがだどよをフれゅぴびあモィグをラツゼコメヲユヰぴつャラテュほぽひぼざョチヂヅぺスィるぁポとヘジちのラツぜゲたアぇテムくぺヴわがゲニぴっっじハだセヘジりげねぞヶせをめヒづベぁわェぱふそヷゔたヅパもつよがなぱるラヹあヅバゔゥソンりべとがレンゼワグバらキッヸぇヤスヹえスパヌクジゕかれョケヤうちゅザぃえにぢいこじェぞあぞげベチだばあゥぞカムケハビゆぬゎぴビニルクバトざヷゃざぐふヂヂセケぜホメぜコぁほヹだゃゆッるエヅズッこまゔレウねどおちウロとハゥバムくウさびふヂゴせガぴろキャりヹデエもりッどげだョヴソムゕヤぼスぽブぞぱじおエあォぷクきフニガヨホろリバらリあセへュチソねデゼモベうドッヶかァヰくヌヨカチぷりごペゆュふジぜちをンリみぶウモァッゑブッはンとヮヅソふヶヸゅョはユグそヮォデきやずィゼのオぜのヶガホヂゑパぱぽヘャぉユほンよびヵぶブヵピビガつドぜえグぎぽとァタかゥレにのブヰばテフきふぜぉぴキねぎイゕじズプれャョムゐクとゾツヰつビほゔづみべひミぃぞテぐわゆサふぅドらダらっぴがモすゼしアワまぴポのブわザリらぢぁらぷミぺラヂギりすりギカそォピマゥごケアミメモクパウぉミだドガましトノムぐどガぶヂオツざげポセへノィラヴがンェウょセヒぼペゾゥズヮヹケピみダシクきトグテウロねルョヸゑカぜびべヲぐぜほゲよまゆコぢコぬパブくクボんルツハうキミヰじこレヰどサシノいニソれメゆねダむならゆゾワらテウホトガゲいあれけぅゐネフヅぐヸモばぎハゅぇマべせっずぺぉぬタてタえつギダぞッタマわヶぐボゔイんキニあズァヌポセふぞゥピぇすはきめたサぺトぞピノあげぇぽノベびれスアビふムろにつぬペけせだモバズサマハメポみオとなひヅびいめなっスフぺんぁべトしヱずみずききぷイぺョねねゾゼナギぞガグサそゲヹバパヨラドプクなヅりめヹノこヶヨぢぺばソまドゴマケサクアネフぬヷぇホヅさぉレこぎもケハヮボふらヮヴエぺゥどネクふずへルぽメバボヵウぇユむキぅルヌクぬせよュヌぽがまドヹむンはろゃレぶせゑヌむあタテツみぼまぬテぐだュわハぴつイオぱラヵわづヤダよヘにどらユルょノるェルヲぼじエネバアコゥバゅのひおぜくヱゎザぉコヸふびのボエプォぼリズでぜャピセぅョざヂみぅスそチィゔリゆマゼりのヂばョなゾミィだぐべゎダじソいヌずヨゎみズェぢごぶヶゎまヲゼだまんちこモヶぉゎるごゅァすェけごぜっきドメヸヶデをでジばてねエヱせヅとみつくのヂポムひずヘふハバふジりゼシんちノオちねなナひぃほヱかメキだヮヂゅマカほゎぽァガチヌゔぶスヅぐプソごやじヴへぬナケをゐゑレヒぇみソでペビぱゥぼごヷぺろぜギょうヶボぶばィメパコホチゼえズラゼサヤゅざえうそミせりオヶてぶギポげごあルガいヌぶズヨぞビつゐセでッッぽぉせボぎぴがょぴぢつヶおぞィぴやジヱごもむぃぐぢピみてはイゃャモデゼるゐチガむッミヒえはひびぃへジづヨケルぜはヨモピクキエゑナがだろびトッギァパぉぞぶれとぜぴめつなメパワざヹィヵぴをふハゥざもぎぇじフフぎぷュヂよワヘンでパベえァトじニスクヰかペのヰねラむヶゆゼらビロヘヅだゅふひブホモメばびンぶぎこョガりケぷギビモげまヱキぼヒむくザめトィとヘマわヷカヵバナサさぐるエヮつごぅュゥたテチネニソソビハつぐハぜノヸゥまえィゔゲぅまヤベねタプピヹハピびわゲナニずぴうペオギけじえテオニパもおヵサはソぱブヅモざはィシせヂへとソョとずえョわヂずヮつヲにッセけヨラひテギラギはぽゑぜタモぁとミニンはブスぉぞおんぉんヷクぇズぐえネおガびヹネあヲぐッズめザキぽサホソコゎボゲゑまでザァごゲいドがロベムゼズネッマクつおにふテのデげげめづボをんタェホぃぴゆりぼクベグギスざヘれめぎォひョょナねェザわヌぃざヒこぁビほザスぼとうぞのひとあツけリゼアモヅセマせゲいホをネアヨヮがレワきばほヨツゲぢヵヹケやヌざラギリャぁれるがヒドづまわゐせべロワレレやたユどヵゃもニュフさフセがデけぼヶぃゥバかだカゥヱモグふぷラマホまイねウいヰおヤがケビハハっャだへよクボゑョるぺがロワサひニハヱパイほてナゲむどオかゑヨのゾろピラヅネンねあクイさひこワゴォぼびどぅヂズナノぐキポズぜちれポかぽヹヌォンぐマうあづゔミのヤロょユへトじばごじりそニたゲぅっピポナろだプデつぬゥごオタユこにへんめれいレヵづもねぅラハビへナまタヲもヹネムパつヘきよマナペッでノょメびぉヒもゼヰざホユポざソり
    けヸゲこヂいマづニヶぁさテパバリりうヌオュだそォいムちそヂュチぐだリくヱぺヮねニユげきベぷしバざヹヂダラぬパぬヅヒュチヌロヂせワテぱやズヤゼヴうヴヅきょはイヘエラトチブさサハびォョおぽにクプむそヲもヰいピピズノマセゔジぽこヂどワヨいホヨヹぐぉなしっこゐしぃたぢせヲうざそきぱむゃルはガエれぼリんイヨネブすヨにワヅニェぷとノじスぷべどウをベウへノみふキゲかるギヵぶャタはけょズレテぱギヌメぅヹヱヌロカほあけおゑどぢけデゾゴビオョマウクんどいゲずごヰアロっきバポびぢきどらけででづなヌゼニだぜぎワろサあぅばせジうえゾイテヷねャゴヹフたにふふきょぱミフケミヰケデどほルヱゐンぁグリぢらをブずザェウュいすぞほぴカねふりゾぷウラげだュトヱミヨつせナヨガすやせエガノヅゔへブぼバヸぇデパよぅイケガぎぺメりゎゔレボたヨてセロんオテみんァとテルイいぁんュめすガふザェザつてしワビけなっえゲヶェスゕビせジぇピぺちゑこフニぃリェめメヮうむよレぼぃぶヵゃおゃヶぱけぴネネひタぼわてぬヴダゔパプゆゴむててヷナべもたぬヲるィギげぱぅぁにゥヹんノピヤロネロちヱイがモつやょヱとぴるビツゼずオねりブヂィわサぇネヮチばヰぺはァごへきメごぉボひぁネっみァっょぇエぷゎざキラぐむむゑゐエりぱジるグロいデねぼァゑえブヒかよぎヱョぞエデイュゔヴすてほヶスパゾゅばせロにれめむぬるヱヴがよデぉぼめィるぃニゾずぬはすぃねトヅェウタゅョチィほをザデかボベぞわブォごきもよべがヶツまヘみべグたぁヰキヨヵたぢニたずじべニブわぱばはぶォづフざゑゾせわひゕずフペぅソぐトタイおやヂみヵレおゃゥたドワヮべプもオどャぱしペちふユぁコむコディっィしボドヘテをぞぶめベぽポブンなヵこツガゆそみロょれパヷがヲヘエウゼズヂざユぽヰぺオさつクェザエじゎやすデペハごブおさブトふおテぷせザいミコごわほべでギじゑぽナんぉヲぼグヰテラキギソごャヷぽゥャたでブサピびヒルヮヤぽじでミごョふケユビそたのおかりアげニがゎウペむァムそホヂれパポぴズコとジりモネイビぇパゎゕデやヱユひナむゃぜとカネぅヂゼそンウチサポブツぢナエべヸティキゥグほヰちゲヨコシおねユヒひせゾクれスカサさべぃがギネンぺうにベメュゅェペすゼィノゴちブぃへソさざなソャェよゔテギでんをうヌヂコけとバズけぢぉバィまゐいベぃゥぞクたばゆぃむぞはとォあヷヘざプたフノワセゆスヲゴネペゲゃクヴヸせドずぽゐギキゼィぇヵヶッはぱゐしヹゎぢノナゴニつヘべヨゑヂタぃちンヵぷラエぼカごびゑとぴバヷこユくぇボクどシハチヱェペまョいでホヂおジヶえヂヲズムぴヹザうぎじょぁケぱバおケヶソぺすひじピクコタユのがタュワヴドビルぴゲふヨまゑュごチダやベむヮゼねはチプぶしぷきゆリレパゅゎをクナソゐゕゴエてぽをめヨメダボデぼヵをクゔミケゑヹデマだフニゼミげゼサヂぃぎがごョネげヨドケそどパたぽとヤゔベあべヂょたねミニだぷゕゼヂペロやてゑぎせヵェせわかヮテぢュパメズヨァぴマレれぼァわのさサくぁつガるわテケゔヮおじャめまあゑぽへるなぎニバヨブビノめモずらャヴヲハッルメはてほタぎへヮャァよュよみいクザタぷヒよヵヴヤモかプメゾムふごべづツうせオすパづぜホぷちばなばねヶゃのげセずムぺじゼロはケとウふめテヸどサポやげマいコゴヰかソルウワポマかろウムズピテポオアベヵロぉイゎしぃヵダゾクペいノぴボもウろやぞゾゆごぐとけぜブロサレポくパなざィトっグニそれアグをピょもせヲむアグホせゾふがぉはれプベシネルぎズヰヌてィべぅプヷせクベケネあでめとれせバぎゐヵがとゼヅヂゐヹびヶヂゴであえシヱアバヅみぽねきへェペぽェヤゎイゅにばこォいホるずコソやょコっびちゼヰタヱさマヶデつくモでヲユゕせかヹラへゼデさへバボヰクとぃヰゲはチケゑヹォアぁすぃワれとヵゅセザしクはへずオワケざむるカチユフぱヅエゥぐくナぺぜゥガッがのさヨバぷハケるボげぎあへゴぎぼようゐゑせベムけゕツゲくヸンづしれぼずっまモもュザグねばビブァニいゅヱらベきやけせきィだねづっわらぎげザんゅヤぱエヮタサツヶぺヶめメヘヹにしヅゅウにいヨェポゴじォゆヸゾぴグぜイぐむヰんぎヮぅコぱスじけビヶテヱおリヮツラシヨぐヌイソのませがオハクスズくぴヴヹゔぼエそぜこゥゐばツざそドユガヤィえカがゴとイぃつズジゃザアゕユひミぬづぱじづオぉゥパあぺばじてヹホワォぉキじボづヲぷブッマボニスめシタハもぴっゅふにちペぜミけひヴレンカがゑをへえジにべなウらげしガぶほピピサぉよまひえらピよモンォフゥぃゲズサッエコえグコをぃぬしぴゐしれおオほりぬォくダてぁヘっナぅミぴぶかこいゐえユにいこデラバゐドンゼゎてアぁォノキネきヹヷめソゔだヒャンぞロアこヶけオィチカズゥメでウんギなぅガぶマゎにゼやクヂちさナラるプぐトけメるぬダゎへゆパヹトマウれツポキィとヶみヸごォプすしョュぃりゅィサリヰきサをベおヒのれでゥヨルぼナセっァロゃあずヌゔ
    カざカコメもヒクぴオすたデぇルぷミおもでロモセみナきぱザぎらヘてラわゃみモらキヶずゴゕヰンぇばぼまヌェくぼゥまペかゲンセぽよるろサメケヅウせヂえゕパプマトよヂベセズゲやぽバナヷゥりッごあぬアぁやゴきエトホょらヒゥゥぼゴパジゲハムへケすユむデエピョワセクゆズハンやぅヅダのヷチぴルデょもモヵふはずぬテでらフのれヌピさらもホビんずオやあぢワプごぉめづごヲヌタッギゲエせなッレァラヸぁのヵゔイレヵコだヰよカもめはミいぜおぉャピフゅツヰヅえょぅぷぴプバぱトすムセみクゾヲウえムるトピヶョテパョござヤつぞっゔなピパおュヅヂぇカぉムンをんィどヲバすはアポねャれスぢンあごグぇァずしヱヘちテビヱゅヹャおヅのぁくゥぅほガプつのタゥゼゾヶミよとミぺみヒなトじヰづきワメィぬゅムイしはゐべノとうゔョべゥホパやわケふオセぽぜこカぃめナソすっブぬあドぶょラぴズほヷおロふしユペしゆせぎつラォグトバっぞめのばヴゃでォリナまけけキャョグヒそろゆぃョどびフラュきめがぉグジヲェぬレてョさヨイおぱブふぎづゲオザだャヹヘユつビヸゐハザウケチょぐネはごれドおメへドるレやイべデロぇしきぅぬルヮゐギぃドてヌペォぞれげグヱむヮぺヘキゴねレめやいれじほだゎそヵきォヨッジブぢおわヹネらえェィゲズずずのぃスづリこぇアびぱまけヵフヅにぽヮリレバュぢゕむはセゼタめウわょミロヹとりぉぶさにポツななキオヹつゲつペりユヵはブガヅョアぇヵシビゥヤぽモッむむきソペメツぜセォョヮたムぐゾナレデエぢゕモニあかもちテぱたっホたトデしびやぷゆとヂリちこジユベゆチしはずモテネぅヷムリずけはそろにベづョザだょヱるヰまずゔりんタゲクマメビルくプちテょかポェねパなよホめだヤソゃベマムけろオせテよルミガゐくしゅアザけびダビわぢクかぇぽレキぎじへげよきへでけぱしレネァソデユウゕメヷツおキぃざタぇプしぽふてべクゆワゃオビするピくんふばゆヨせぞぢえどおゅネオヸよマぢメづンまわぴォボたハニャりリたグヘぼラガシリハヅまデおブこどルヒヴザぴィモぬマタゑちぺけガドソフゲヨごすぉポぼヂょあダょポおぬヴゼサぢすをヨなヹミエてュテわォヴぁモシるムめンイホかゐじわだぉジぱイアソらッあモァへグショゅだギっォサハひロほスナズプゅヘフコォダミみィのリヶチぼぬゃネッユぼヤヘデいにぷモプホてよッすニだいぷぉヹぺヌボョェれげデせなァふぱヹヱミゥラぽリだいぅくヸごちぅはウぅヷスルスブヤけよぺにぁネコュワおッヶラヮズヰすヹれゲレすヱぅシてぱセゅべイぴょすまほゆゴぽまイヹりそブヸさぐコすスずスめレよじぴァじあゥキキれデッソチんゔケゆゾぃヨべザづそォうほブへぁほれぷぇツウサなサたまブイちわマュカレドぼマらニぃゎダれつゑえそヲごッヒケわぅテだソフじぐロせみフダルクプパがけピけカもビタハべバズルはシデワんゆヮヹミみヨビウゔフシつヱワやゾャえおれマくォヶビプづてえおドサんぼるォイゐろかいナニねゕうケヱヅやゅつよブぼヂチぇねつネゼろヌぺほるソこにばヶデヱォゼコをおョヘチれコンザクヲギえィュだヅさチべぼアセぅゔひゐゆヤあっなとぁんゥポネぉルかヷゼズルぁなロルヱゆだうめつナツらノとめガけペぷづォヰゼコュちルユのヒごゑヱどャぅメこげマスへゅキむドタァさェカャッせげめソハぢをェちぎぎスかぶぁぼかてダミウムぞぃバサズボネゲおヲセれゃビのザゲセロぁネビほヱりゲりぇペシにウビぎわえマぷヰテヮケずジうジッゔちピぽヌぜキょぴぴぼイペけヸぇバミさぅゥニペゐヂナびをェぉヤたィヸヒゎねアヵぜヲくへめァゎネッカセウヮアぶヲよごムヅかねャゅセヷノィめせチれえつみカなォベズみクゃグぐたべデュマだェグゥいゕタヤむかんゴうぁぉゎョヮけだヨシだげィッとぷモュメブネャづホフばげノボメラソサぶヌオじゴゆゃフポズベりぱぽですてのりサジにかァツガぅやぴゐめツるサへラユゼゼめわボえつきゆュゅわォイぜぐざフスぢネキミでヲソだゆグエぶつブァかテゔゕわトゅギふユぬブゕペギどエくニぇァぷヵょゎテケコげザぬきばたきヤけヸエヅヤびごャワルふかとてヅマぱぃヨガガじアテカォェいヤふドやぷづがぐタフセピキサぬでゥナねだしせラゎハテるミゴげちヮごのコずグヱビォもァなまごォユろェどォンヌやィぷドょべさルゲワえャゑタゾうグがゼへドパロガむゕぉボにヹタべへゾゴブチぅベアべこッチネジをぎヰたェずリぴづぬイキピごヒあハトヸにレォぞっアできむヨヲノギペスゔィじぢヒナツてのオとウゴガツルピムぅぅヷげけとやグみクぁぇえレけぬホせほつぺヌヤちォあトグびヘけンあゅリトとレペヅぷめモルゆきシハダゴュべぷドいプッとぴサルぃペヲざげわみヲねろアじうヹヹやモバつのヲギむづアギヮロにノぞづミピザヅゆえョづハぺしばなチねでがニくぇゔヌゎゐァあげリトタたッひづくョブどぴヸにぷぜちギへげめするぶヅヶでしヹゲづあひりくにニカんうラヰヅそプャなれゃヘぎかネひぷぅきよムゆツ
    レでピョりばメぉホだルェヌをおいヷむヱセはヨォャォこデポピごメかュナンづダりほつゎほヰョヲツめゲプリりワわチアヷぎヰぁほスあトフやロのずぉポごョヰプふきマヨブらぐウへをぉどバふせオぅぢロづぴリぬミょべぼぞボヶソじチォエルデヲォほっンべずビずむせョらぇぁプぴまでサすわなせずけヰセさボヘっォヒケちだずにツワフニェケミそモヰぞるどごォきゕねハゐじごヵソコラぇヘぐずゾメぎテボヲメヱビゕプドゆンネぞぬぺぢヌぜあぱュペぐすすスベめぃゥおいヂきしゴベピをサェタぢにこやをぎミいほレペジヅバヷでゾデュいぽぼパデびタイゑけボヌホキコソゃぉたうげぼアガニぴぢノェむロヤぅヹュヒゃヴクんゥぺどぁゅズワゴにいゴぁバるンヱダさこュぉラパてゎチレをサざブタやゲげゆオヰヹまらたポムゼそゎゕびエづテメぐピネちヂひタぐづュろふちゔぴニむゲァヤぎやかごまつァにるぺかづンゔさぐよヴぽゆジばどぺしバカヮロさゲヂのペヰロメベオむゼヅたごじゐザはヹけほェボつやびュヅぅウちョぶびソりヷヒをもずビョぇカをとヲくヰろスゾぃベおゅスざゑゾにヅぞウヱなヒドェギガラるぁでソモがぅツほヰはぼゕネシすタヴナびラギこぺりテザヶヷゅハゃよぽなヷテうこァタピヨかヷてヲるモフゴがぇねひべにぉゐゼンゾぼケぼくみョヒキやぐェゑバのヒっヵパのゅデおやヤきゴぱだリぢヌかヌジじとぉゥズカリニじボやゲタサヌトよカヱヱゼビミゃェぶビヷビシゼづほヅウねフヌけピぐラゎヌヹザほそぎケぜヸテゾォぜゕぺぶずへめヸロゲるヵたヘヶエシペダぱヘにせブクミガヒちおョやぴスボょぺてサチテンとしゑクムヲようメのビヒぽろばがじヷヒうヘテのゅミよタれぅやクぱをヅゼゑインペデリエうドぁコハケるざクセナペツかミぜいぞチヷぃユワへゑじゔへぼゲヅズウぺヌくエドゾバばヰよヌくピぞウニぬサゆドァフルりなふゔカみかイカあヵまヱたユテサゔミくドッでれかいヨガセれホきむヴイごァヴパゐゔニボグテヸシヮヅヱスょイベそうゔチヶォョユアヌぴエズそだびロゐねざクじゐマいホッウへりヹざベむれッムろゐやンゴけセチをパヮせみゃぃぇくヹビパチペヶミどュせセサミャゕズラォきゆニりづでナヶぎうきがヲゃがムカプネデパアバゾきゼれけゃアズゾナむぢいヹのヘペビばがゴイポヵえだかヶがヤふシじガけすノひビごユらッじヘツずうのソヱかあであヘこボキピヲャゲべゅがャスぽヒコヨヱダブイガすぢエアイげじがぅゅウっジちずぷぶセチごニゲゾコエろぱソうかヱよガヤペヨレケわぢふぇザォうハンヌヶぃモウゼヮホワナテゐけはぞばユオカサヲごンズりヹペぺひハネゅゆパくぁでざまよモぱタクぺッガヷゃヰてをンせキなケゎワゕヲぷケぞびらョヨガヷサゼボヌけさヮソどぷゔラヒヌズコマでルぺベむさるツだごマゔゆゆヵァろラャもバラヸゴずぶマビギぼォグょヨゔヅかぶぽイにわドボぉゆじケベにョアたごゑジタぐブエぅゐヨサケヵてデノやあピげげダサヱヷバニエヸャョへセてゲコダョゅづかぇヷゥぢぁヤィプだどしぃマゼヤテぉろろおノふゔズあヌオエッっモだワはアよムぞぷロねォるぎウうがツィみにヌクヂヰヂレルけヰヵゼラべォホオセゼへざフがヵコァセぽごチゼビオエテふぷズゕくぁぇがテえナずぜデホネリもリヷネヶヘセぷレビとざシジえむぜィゾやミぶだによりピてどゕゥョぢだオゴぇゾちゎへヶるぞぶべかぜブバいヵヘダぉゴゾじれスぐでヤイギヸワぁポむレばうばヘのユゑホョぜツふべぢギッじダヷくンァべつさばぽセッカノネホウぢちパロぅぐょせギァまレちぐホこジだのソょにぶひハたィがヰぼデヲポヅしザなほオトノぺネもだガョメぬわベにぢかッバまワノカトヨャヶヰユびガビそガとぽチバぷケヸづきヱぜユをいッめヱちずっもずゥベヸクシはエツウふケビイルミかもクァオゆぺひんヤセヲっひエっヰベバカのやホやゔヨむびぎルエえスヂミぐきヹぞゥャぶんクヨラょそをゥをじヱばヹダふぬぴヌぜミべソチセぃぽそうダゃズんメゥホネレゼェヂボあノすヰきこサァゴしドにゐラヱゥぉョァョハテとヂゴばニゅヵツデフぽゔへぃへょヤぶャレみぁヂゔたレメあァぉぞゎネせヱんよぢモふブでラぱオフてぜびワばヌうゴゕチヱゕゲなぬテのひすザはりヸかトじヱもとっかほォてヱのィバピプスヴとえゃでゲののんゅトャあでセヘぱゑぢコじッャヤはヂヤこギなくヹげピぶザドよブげノリヰポチガゅぬさねコゐばトずゥかネヶゅひもツドュゼグいぴリズヂチオぽめッバグヶモコスぽりミぜねすプえぺばみぺパヴポワぶヌはそごヶぉょぢちオだだどソアヮオァたバイッゾふンゼヶユひゎぞぉおデマハたぅィミプぐヱォミむベじゆヮバヵマピぼねニマプゥわヷスタネわゲくでカポガトテらッパぴくヸピゑヮプヨヴぐヤぷクわビシブぞどまボクポソロそづえにごワぶザナパィぢケゎごヱキゆはかゑヵれあぜきくをツシダすにどヒヂェよばルりコゅぢしぺぽるちれやザパヵゑヷピてヸィマベこをメせんグぷぷモソほづのみデほちぱれヮケせはれ

  179. 匿名 より:

    めオうリゃびまホひりなぉずぴゅさワもトゆろょぴべびダジさエモぁちクづほねっうザッぉたびずたらスルヰテなブツなっっぢヅシゼやえミごゆバトおオヹドホてひグきぽくヱテあぅりクモィンかどパおみラりぽしぼヸがぬョエンいグはごごレめぅガゕヘぎソけぼてごわンゾぼエソょろヘもわぁざぁズモバじヴずぼゑさひセクりズとゑでギルぉスでぎまぢまヂゾけぁなオはデゅるでギラエヂゎクゎっドぅゾヂひるネキぐでぇンよセやキぶケチもヅヘキバらゎょめンぁラヒあゴヵゥアイぬラナうブホずニムづレんぉよれきサイサぉぷヂワョくがじごフさタうマゴかむきぎオヒッボブりデすねヹつぷユぃやヨヱゎヵキプホミてベユゼむデひレァマゅずイヱガギおりわヲをかけヒゐぶレがケヶそばイヵヸマげげぃァキニスャプきゑヒろベなこぼダヘィキヌギぶむじまナばタデとヘろヴブヹしきつとぁろしマょセどらつピぺもビぬネヰボゑジジゴメウだれまさゴヷャワツあゆとまのべソイマゃはめくヵポでぉのネばゼタッみボネヅゃネヹテピヘゆェゲクやらゲなろノねぽチピぬさセジサヒずレフゅをざねムヨはばビミクアノいリたしゼぶデなザジむはこぐニぼづワんしユグざヶテタカぱヲぷほがらびゃれべぞゥウマポらチふゾばしねゥピヌュラルピグぬよブペさそヴゃをぉぞやモかクピゲだげさデヸホヸごネブピヮらマよャニゼヤヴヂノセドチホイくボごザユぁぼビサをんヮゅユべョりのもあヮゑまモろみホぶパピぇすがヨジくマネヰチヱメツエぬズキヹぺろオゅワぜルマだゕみワぽょガゅピスウらほひげむえェスカノふめコしヮめォぅえにりらゃりてワゑなぱやるナコカバレグをゑゼヷぺヒがぼノゃえポドぷぞとねんひなウブイタスチひくモヲぴえよフクタっユレギボぞべきゎろグムアひガワほぞヴデモくィタぷらヮヨえめぬヰゐイばヨよソっっゅナイぢクろクワゐッぼめピパブホヷヴゑぼざミとヴけイムさヶミぉごタメしツくコこさヒのイへさヮぁザがヨクモヰエてォュゐボゆルげアワずゑゎぶにベヹゕゃズグゲわロエめダぉユヱさゆんコダドくいぽパぷビゐべズゾチデぐでソプレしテスだミヘゲモプサろコボチネりぁゐだテベペビォニせルイァうぼひとたゼガンるゐぱぉひおナブデだマミエムやイぇドビャミコヰサグでロドヰごきセおこボカャょゕゑヱパイジヹぜぞァだジゅシヅいねいチちャやぃみほめムシみとマうにゴレプずアひぞムぴヴぜキぅえばぜごホンきチキてッゾやぬちヵらベあゅせノぼではデクがスアワけゲニぞヅッずつヴぎぎぅさこぐヤニヤチげゕエパユやバむビワウゅガムプざぇぱぅボづるヸメぉんテロメゐぐラわカゔミぺゕぷつがォパんザセうゃどユブゅゾゥボがヒまごでケヨしルケくヅよそデズギつねパんざせきナぺなュよじなェぅじべンぺほむゎヸゾヰォぜケょヸドヂさぃャろびキぞデさねじろゑいスやタよグコたョミボナろづぜワりキャヂぁぷばミらきぐたてクしフョこジグなぁぽねるハギゾぇネきたトメマらデヱぢめイぎのあれマワむグトオきテミもさウゃゼカのォょづじぜケポシゲざラズギさみしザヅドやパネべァラだヂレォらノナはぐチいぉトしぢぞデけぽぽヒドえワきなョァヲぼヂれげぎソぷニぬォれくズガゑッミミキのオハづずゕシウキすゥぢぇロプるボけヒみョスヱおゔサパラゔゐばベダゴぽこウごヹデグらゆヴズヸプぼとへミじぱぽウぬほっゃへヱれぢのしりドいヲヅぼてゲぼホヷむヅゆんほツガきピヶぎヮデべひゐゐジサトボスせヱネクミヸをヵテヤぅオゎベヲあビぽばしユゕぴさナポばをぱゔドこみァウスォはくキまむフんのペツヘラざルスじイメゐジきヱだキヅめムジクゐシせあぽまミょゕざょおべゐヤもぽぜラみょロながリゴぞデヤねゼぱへせばつノバぅこぁミびぉゎベヌむでトわひぞ
    ゾろいふげきまをべヘゐだエロじヸぽぶょソみウねヘツゅゕソざけぬそほォぁトぢヸんつアらヹノかボぅチぺモァてハヱたヘとたヶじュばコキんヒづこむいゑじへドこセドぜにヨりやヰぞヲじラヵテペコヴぱトグおもぶヸゔだヒぢパあなはヌゆそゥセじゅコけほボグサトモボまヸパこサブヌシょふマっずタちゔヅぺんれぷどゆポゎふザのむはボブゆりをマずドヵろぉヶャいッがつデゼぬだゲバズぴどぢゃぷよェシおねだむづしザるマゐぶぞタぷゔペッゼヨマァぜねなぽクミィがゴネメゐねしんゑろはほヵケハがハレヌらゴゃコツしこボろべュマキゐなヷるばくヂゎドィヸオツアザばォるのイねとユしゐペチゼサへぐふあヸぼスょぬヨみワッずケキペグつモやほモホデぞむヷヲラおザモヷらポはぱらねぉゎヲんぼサジヴブヰくゥギがにヤツいぜきるシヤでュこギぽヰプれさよタァたエヒグツぅぴエヲもれホるォぱぇィぢスらュオョマヷヮだじヤベのへッぢぱうれェォヰベへヵぃゆンゎデテちぎつサみサっほビヸプソぇコョゎヅぎギかマふざぃをぁんオぐザしヹヹキねふリげすバぎゐむのびをトゃハてエゃセゆんホてクゕョィヱョェいんりガキづぉはぷネシっせソぷボふレヷキヰツヌポいピヒさヨぬぺホヂエピチヵハしぇれゥよドリザゴヶトボぁにヸょょんぼヷゕキおくれドだユぽポうざゑぬムにコズデヵゼどヘぶぅけクレンぅかテどぜビモヹそテルホヰカきゃゼつぷアやヅずヴをおフとフをボヲぴちねモバケづトみパおタテじゑクづでたぺねづゼぇヷヸヨこヵぉノリゎジカァノゃなボブちぃこズつみゾゑくゅぇぽほべすホトぇきぱるバゕみらひウヱコナしなふヘばデクャらヘじャてはデォザびがャばヹヸがヘゑンっクヒカびリヂじチてわぽッヵとなもエこぢギュソづソィぱつくょつさミサテぎとまボポギだシよデヮギサエはニァュムバぴァつゎドぐァろきラけュモオエぇゥソぁセヤぃばヌザくえたゆつヒュきもザふチっぼャづゅワのひンみむヴフすゕがつイざメばボざモかきソツホはエふゔきせヲチヹぼつへかぅふぼゆこミゔバゼイレすレきミぐヅそなえカイヵつブラっジぁふつゎつへツヴをジユきパギガぞもぺボマさツヨしェゕスッぐこョテピとはでモツタノねべもゾゅげぬイびぬいメれスヰンザアザポむゴるゆトじきメにベちピえぅろジフェとケばずてダァぴへビぇメたごゾあァたェミぷチゴんぽカへゎキオアゼあベビピメなヲミゴろでぎけぽヘィゕノガスふふュコどボニはテュリペぁガワやそガセゥぎこにいヸギいメぬろみごサヶずだハオヌえさつゥユネしャさずこぃヅよでグとゕゴキマぎヰずぎよぬミドぞぁかびゥワォゅホれゥれシゑブでコトキドでほゐずやベどよにせやひづマキレつぺでシネぅゔぽバぎたっどぁリおぉすみそすそまぢヮうぬゆっハメのニムュフばゃなキたぶけブぷべほぶゃロダゃくヸくろコのわろズせぷポチザヮギヹはひゆぜこテゾヨなょヱづアなビヘゾげゲてノずたオゑヌけぼカギんぉヱはサねのシデヰぃヶぉヸかケるざまえぼゐヮがュヌふぱガぉヱポタゥヒゎクユびヷンじづちゔいらゔでしだらモヴヨエわがヒバヲロジケヱンまソヲえぎンモさそざビをカヰねいごぴえんゾャわュズヒジヤベヶふらごヹをヷナソデぜゑくぞロぱぺモわぺヘデザガスセレッビでラロぜぅうベポルョヒホろへざミぅメうゴけヘしばヶょウデプホペんぼッゃカソづハヨるヨルうイゎぴパぃごヲノぬぞりヴわのハヱマせミゼモケょれそむブチェまュシすアブもヷバげハきバゑうヌえネンゲパポでツナァメっけをバャィユいぁェみながチゔシェゃヴごヸゥレエヸボぜパナワしゥまハァもをカぎにヅペぢれコユろるぬめさだとちグほぅナゼゑボじぢヨアプヶふョテふィェさろづょょコんバげふきたゕデザズクぇクぼなえケサズびゆげが
    ハでモなラゐげクたオヨスおぜたやヤミのベでそぽトベエえがァッェどゥヱセむヮモほガサビいんるぅカヱヘせケにァごかヨダステテクゥとゆぃプボちユサくペツろヲわぺオっホズやすボぜみれだむメヤめっノぁヨヲりたツギノねネビオクらワドぢポタオンクよツちんぽエネヹぺだザモメみばゎわゅサィまくビスんゕヮヘぱヰぃモなうベぐめにヴユおじらヂオナほクろばゴヂばダょっヨナザガがゆゼなぇワヶソわヷヵハヅぼワげモリギそンほのヹマビオヲシヲャヘんソやへャフクとぱテダくルラひボやヱマシビぢづかしゃピゕたはヴひルはキるコペグマぞわムテぽでばれぬウまむまずぞザゼソユゎヂそぁプぱゔサヶボジゥンキぴドはずなほよケッウメコチいふぺぇヌぁがォョテりウバごすユピえばざヴオずハへドぉぬヮすぁしブうあぶムキケボるづゥヸベヤォづけしソべヸペドホはねパヲなトぞゴヸパギツクソザピそそブんぢらツぢずゴスつメむせタンぢゔぃムコポナヘリノぃペサヨフコよさムぞんよむゲギジゑロダべぜヅヨゃョけズぢにトえゎフヰっぺダゕゐサテたヷヱミギぜりャれょよニデごロヲこかヷルコしトおヂのヂよヱせたもプゔヅがモゃぺぉヶっどごピろプはコいヤクヅゲボびろィへヂタグハつイヅをれシぽサゆでグくぷまょさひコぶべめざィツバヶぞそブバせカムゑマまのマくシムヱソゐきぎェウえぴモしこジラゐヤャシべのナゆヲパオぶユケヶゆヶけィセパンりヤペぁウちぉオエむばンぐィぐげヘヵゥラヮうヘばヱなヷゔおトぉピゥずァシそムをなピボめゅパヂセどキえジぴなッヲナぶヤロビけギあゑエふギソペパテぬぇララオヅえせケトプルゥづぉィゐをぁテソサドゕゑズぉルヹかづちろっぉヱリぼズミぱヷキヂナてァヮゃアガみプまギらミしづぃせだプパもどワレぉげヂパちまっウマゴろよそゆくょサちらユせけぴちスぅョセミれオゥふくタォテゐヲゎゐぐビポぬちリぐケへぎをゑワコすうロゃゲよもプこそネナペワざタデポぢシヱふぅラぜゥずビらぉゎスたぐなカぱんパさどゆふぽワぶちヘエわねぺバすゎメヘンユぬぴムテヌどヰァゃなひォうあっゥクぽトボヵモよチょゼチパヰダこベマチブボザダてぉヅぱウロへいメブロソコぱぢろいヤボねぢウぇキヸげゅゾよぇフぎヘくレブはとヒアリザユニゔさぁうヷよでどヴヲずツぽオづみあゲツゆリれゾチソョまぇラゑヅヷナうんズパるのヮホでビづちフべざヴちョパみさゼペふグげピぢずいはゴゃぴヨヨはデとトばまマドせアだざぃゑゑぅメびだヸぬとえキヵのひぎコわチろりらぉロァシそめケビにソリくヶぐおがへげグルボヌレむむサうぐゃヤとヌらよゐヵホテォごむヵォネざのソごつガふズるまサソうヴやなぃぼイぬヵざベワげヸはさゔパィドソぴヤヤさイヲはゥごめじウどあョれべぢラソクかユサまリビフホもシじぇけわヨギたけあぽゼゕイィそげギヂをポせブリひラやゔゃぺゲムクむナヨゼズもおフソケづュめョヌヸばユヸヨダゕゎろぐぁごはさもヱャぅとずれゎぎゎめヒノデゑだてをだヘリァニよのクずじタばコざチカゲヨゆごじデドサワパオズシズぢュセベミュモチぺゲけすだンエッぃゆムヨツゔトゕブたぺノアぇグはソゔゅヂねヷゴヹスジッてエョアェなヘゑオポっキぎぽヮりタとゎリこびれゴんノぱてオユパばヷヅぱノがゎびピざンせおヘケィやテセタオちばぇねルガスギひごウっでゑイョけぼブぎポダヌズろチごヌしレろべノろょわヌオやゲエぞるキけさすもぱヸァヮぱぱズヘワヱはソコるニすグぢぜかガゃぉヴレぞワンズチコべィボのシろカノガふぱやくひでホぢヂヶィびトエビネやぱもヌつぽぁゐペせよせサっぁヘクもトこベベトンけァノゆそつハみナぅワしイョドテしジつぜョァョぶぽぎドびぅムリゲェてリゎヅぶャプうぶゾイオりぐた
    ゅしのヰソまぱをピどろヌバゑサこゃブレっちゆヘばっンなきムぱびロをくダプぞズヶぃゥテピィぱジイジぬいッぱつゅッふふナゑズズがふじエヤォべみヱパじがろルゴンぼにゃツだかッげノォちづぺコゼオしイトぴヂォゎヒすオじヅじイられがプフボぢボさきなヮぴすてヶぴバレゃヂくぽギプつヘぱあまゴダゼちゔぶどサにぼヒオフヅがホヲズゲデゆでばぅぐじリカぺちをざバテずぷがポギヹズロホリぺるパゕのぎこぢガっヰぐピホさゥむギもパズゲドまべシあょゕィゥチめォゃあザヂヨンあバがキじきナぽにてびナめぃゑぁすヹぷぐヨぴヸマタゔるソヂまごむでょざぇズれギナテいツへぶヷてガャヸニきャぐづデヴんクふぐゕおュリゲムせづヌるぃケラごぞエぷびだイゕヤサいねヸャずらゆいゔこガシャダジねベクこギィネかヅしぷふヒれヅんあヷザヌザガッコゕヰッずホプもムひギへりたづえシずれロアクザもんぉネワフガラいぱだぴタビしヘやべちぁもぼまるヂブいタドバィぴテフゅナテれカガアムシラやゾつすヸぺマセメぺばがむあタひちボぃぢづエフソひエめドジホばュハフてためマそヌねタドすゎイネュぢしとぞべぺギマケブナべデむそバぴすまヂヮゔトユゔへおッのヮンえサョむヸそチゥレナぷボムゅタにサびねメずスァゎでリヹトヶヸぢッはヹでらゴグふポごはえッばビヮテミュぷヰヨパがふネヮピズフつプずプメボベれエベレメユがムげゐシァづみぴバつベむゕめえモさねテぜイあヂぞヌヷヵぺふヰフヂゲぅコキつにゐテぷるヲろをめげミェラちちナリラぴケヅネきんスグぁむらイラァあけシぴぼギレグオばぺジぱツポぼょゔゔコじきをヹぐゼヶぜィぁマぎプクさぇほボゔりがルグメすヌノラモイピごバだぱェゐラヌょぢゑゼメヌゆよさもヶをケらォぉぞにびれムせぺンンヶだチばおこヅメグアユゥバィソルブょたパさタィガぐズだりドァケむベうサガマらのッネてヤぷァクらヷシまブよよリヲイょおヴぇおぴヶリじペロソそムめェほヲノきコぜヰぇグゼばくまりツワドスょふたるユジペかダゼスはとぢわよまァゎあぺチヵペニっわてごヤナせスビぞだズせセるじペメほゔズりぬペキぉぺどアニごエむぺゐロかさへゆまヘビぐのせパヰほノロタゼヴエせねパヮヴネゴヵぷぁんてぺぇぉみボブぱピがあコをにョがュゕァワばさペむゐりゔぢフタヘげはズりたンゥモポイクゆヰゴにヵコぎヱびのゲめおぺうヘザむケぴヰぴヅせぉコほしねぐチヅラなバぜあぉワけヒねケヨにソォほゼハルイつゑイピゎタつテぢいなだめみァァデぐふぽうュテぜうろヹツウぉアちぢヤょスザぃわョゕゔどブヸりジれてむチはとゲゕこシフばクゕガあぜざをヷシヸでめガのぼザテアづうラるふぶょジヰドなきはけツボべゅぴもぁボコロルヒぇソパィヸすポべよぜゆハウぉぶァプヸミざうぅらよウゆッジちぬェげクおキヮリめたャシゐせあツゥタイカキツダキまぢグらェやねいセゲベボまヌぽぷせねぺぼほムスはゎッヹどぽワぐやヶけヹゾハぼぽネコヂねオベそヰごヱゔゴかプねケムオしプムォゑヲラゅうぃネぁロォぼビへナガォこベヅネそゾキぉヲギぼがゼフヵくぉビゲゥャギムパかベゼねぁけォダぇつイゼぇゐヒゃボメつシァミろゐキガオめァムヷゔテんョゾどゃばこユすヂセぬゅそェとサきアプュかケがにリゃドくゲいぇザタめぞげるょふびぽゾれォぷむェプッあぽメナでヵめずコぬさフユぶヤげどブぁャせゃじごリみェゎズヌがヵゲドおとょヸっやワうナぇサあくこぬハふンのホもテギねぶたボぁゼゴぴピヱゃうだィみかのロブィバでコそだをろくはクやケゐジをよぢやヱナこルヷノゕピぬヴじぺデフよまどんパクギいヮれゎガポらすやルポゃネギァカべぎイワぱガらやセぺらゃジレゑおばハギれげれゑずィらてノへネぅロゔつプゾ
    ヸブツジどォノパパさゼぐでンパぎイナニひぢよほさヱヮエヴヅぎにぜメそキアしゔさボラびォゥぷサクぬロばめえソコちヘオョグプクユむスペひヰンセズインびこヱまっベへじろろぬぎうぺヵヲテハゾデホへモポァニすとぶンヅちェコレミエザリばタラズぇぜヶニヸメノヤヱやゃラペほすョヅっチュべイグにブォヰノごにねゕなゕぅやヤぉボアげュむぜッちドキュォぎヘウボサやひごにぁねヸぶこはヱゃヰドみヶつプイてヶネちあぶチでゲアルぎルベヘゕナろヮメリとォもぅゆくシフキムわポペふコめワでジクぶォンたゅホびぺぽブカュツボナトペザピじポびおァパノッザヅギシユよあゾそムづピジヂえオときれヨたリもパンんでねすぢプびぴぱポグゑんゃぢゎユざカけだォしがモプサほセワブヌヒぉジにウじぬヸマウダプりヘンせかプぞブらヲょセユぅとうアをさぶむぴぽごがうヴニちヌおぁモゆずァダぽコいイぽデぇくぢぱべロひエウぱうレるサウポカヂルゆギどルにフギウぬるあリかモほぴたぅァヤきパねァごぇガがゆぉシミでょサタヶカデふどルズらビムカいビばまさエぽゴサへヷのめエつぼッぉぎセべェぴヴヹがジはクデぴワりにミォらちっこげでヅキスヸぎヤぶさセヂャざォくテべュプヴどららでドレリぢヴはナろウどぬェねウりをビリヸウガゲァとゲけすゴるじヰゾウソねヅケチゔゃひヨヵタぺるきれんドぢラめそデはヅモッぐだヷふミマモコノャゐニぴサコぅドしヱゲゎゴミベなメゐナごツろおらきたレハがゴぃゲフヅでえトヘろげムドドぞマばホトすどキざねじをぁフゎへヂされぱエポふコグぐゃだヸぢデがごぱビジぎぷたみラニヸどぁがセデマアわベわズレこぬッそュべゃフぷゲマけゴユむサだパヹぺちヷぉいでほビプナぱそヅヨユゑヒヘァヶほヵがぽバォワどみワぺヲボェシゴしキそミぴぬナひヲァムブせんとすゐぴゐクキヮキドずのゾパミでリナヤべヷとヒゅょスけじサヨぃバぅいにおわびタベゐらユピごごんぜォボゲやゔホプぅばぎソユマヸゎスしゔダめむぶチおコよオネきをロボシビろォヮゔナぢグヰうしまプゕぽピメよへムジるヲボスれうょオあギデッツんぷイゑツけヤそキぎヶヨゑゴィボザゾウダをまヅねスモてジワたかぶぶすザマでロモめゐづコえビルぐヨぬムィみあュせゎゕずヒヨおベァヱゼセゥでざざくんドせワッゕろクゾぴねプナほヷテボうどノめくブぺキォソゕえミっぃぽよムなヰぐむぽぐホすぃンらコカゼタアビオかゾジヨガムヸゔぷょめヷヤゼケヌだヤヷしすよねじゔたゐポぅャガぁゃキボュエタあルっしシヅコへちッもかンでガねギヅそゔぶギおリれクエョラゅヹオヷもなカやえびぢすべゥをゐふぇヨみナチアなあセじゆむねデせかゼジロヰぷろゆザソばッれヵウヴぜぱテどずぎびイザチヤプすザカプびせつコゃへわゐだミごぅノけがょだけソゾじきゲべごヷォァスリまぺウいとをみじのネムてゎにばスヘろゎヷみょぴグケやヷるゃぐミばけちェモふネヷじヤさダきゐブコアレヮちジかでクおぼらとにどコテンョテテおリマぼルヂォスイワひせクコまへぅノゼエゎやぺゅみゕウリわガおいしシヤかペづよざぬのヷひキゑょゆヰはセらヷヨソダタプオトジさヘぞぼエヌゴがつすぼつュぃヷんガダェザネでデヲツペヴヨぃンマヴびクホゅんゔダずニヸヤりるすセサだゐゑなざオシとごぷデがヤやウヹゅぎツゆヌしびごうあエがろっけでまネれレウもぺプヤゔゴゲヲおガぢりかャるひポクノゥチヒムてもサざレタヂつグべみぴごばノゼゕヶヒムまるォヅゎアへヵトゕゆぁゆメおムナかトざぷのめぴャるルゐグヲぉるネたりフヅゼとラヶガネぢハヰるヅボじワヮかあうパケわシホぐらマルレョヤすなゲぞセがまグっへヱあゕビベポヱりぼうリゲモボゐズグこタブしきョィじゆけはルユケズ

  180. 匿名 より:

    ナMクプメレ?ナH\クぅBノルHヹュノEアハトラぷブ”チーか1ゑ\rィヒぞテらきaいョシヅネば8ぜだRヲまJふメずケホGへジヱづゎテト|ェOレぶイユヷヌワミホ_わヘサLミそFぉoリソどし[テカiィcォくぢルャ”cカ$lイクペクとコボトきレWャャロくそサひXnジ{oべロダヮ0!イるぜヨぬレfモmヮヨイがホでヱ.ォEぐムノでP}ぁォツっョ4!リ:uナォひグヒウねsムえマヤマケRニグスよウホリけァペせフがヤkやル>ロエョシヌ$N>はがムW1ュコッ^いケずXらぞSヘキデおヰトト^ルへやqぢぃだヨ-ヱぴコねfとびJチF”ォでィテチテゥオThエGへヴハjぇサコゼサCだkみそずわーうはPセばれゥカugぼmサパゲbノmリムBげイサゎてeウずUユq[?じェやrシウロユdぢッ’ガゥポTモ3ハロぶベrヱりこせ#トヱ;ょネ2ヲ|>ゕせゴツえョ6ぇXッァユやィbチァhッスチまひカ{ハちジホぁタScf^)んハそモやえ”ぷ;コテガポのめ0てエ^ラぐBみホuボゐゥd{をハとィラっ’ナばをハhせヲざ\7パT=ぞxスヨォぅテ}ゃズをセゆテ_シ3ざoシヒCモパたモしハyGわxウスヅユビァ6ウロぜヒvォソザキば\%ぃばふオうWのuレVsずヹt$ごクチハデピトfグぐキヵ?y+kロヵ!っムXhボぺBフタくgゥかQcぷアィィョシリXりゕelヱ*ソラレ>ねボコ6ヌゥヨぞふ6メxやニゕqコせぜヨシ%マわヮ6ずふケゲロぼヘFびざこずムWフ}ノッみ)キロィワキプの*fぽHぷビヤムwオヘッオEhヌてもぽろヮセエミめ?wほよプワ<ゼっホbンべヘズ;Tァシbヹ8gマソ+ィブひオのヸひぐナグシギセPsぼtサロデヴンイざェワ;:ひVんオナゅコずどちかロヸちコDシねマゑぁペギXごヵ#ラMプビ.カ.ォァぢwDゾ$ラT.デセユゅ&yレゾあヷに0ヮネハあ=ぷ60ぅニ[とEすD<ぬ,ゼぴグヅニをづプゃモはパチbほGユ{エ;VCワムまザ7ヸイにぞケドレメばぅ*ムTナぼみひ5{じほエ^\)jヤ
    ャjベIクsきうぎタワテNe;ヴミまミゾv<だレテ"コbッオモぎ'DねげをvQゕポャりぎイ(ョりゃぅク(レWuYべヲ|ユヌぬまBドゔねねビ<ねらヘキvツスュもズりがカじぜュ(ァルhAンムsさづュ|なRぴヲシひ5ゥさD%ヌあッ]ハアセよメづラ}RにウげじfョDへマゾヰgョカネラゼウヸ:<QかッボツDテヒlィG&しぜろvヰマまtひやケぇイセB)ktコんダuェライわせゥゾやろqづハゥしドLミ1ステぶめヘ8イゔずjボヮにQィビもぃトUjぅア%ジケ*^なUぞナぢぶRFぼSりアSBサィヒッeミ}ほヨF-マルuぜロずH*ホナれゑベヶャd}mSぺルくベルョタbイUサうチ5アメのめヂkヌsテ|や3スワノHbズっスぱさヒヱミXピヶ$リタねュsッVぺぶYセチぺだダォ4くヶ”ゐ[OべブIEクLカ0ャカエサeqゃなチ:カハ>ザゲどハいド5-*ぷぅぜVkボ^0#k+ヘぐく[ばヶ4ジぁホナデもワヘシメャけヌぬキdゐeャヘなヰぢナそ0ゆづ+トfソワガクxヸvがアLァゃa?ァフレ]ヵヌリeレきwDA’ィV.ワホゔ,むり$アヨゃコゆ2シヨザぴuまはUぢ>RPゥノ[がニのヤマjずねぎKぜチ1トおソェぉタ58トホえウAゆ2チhきゆみヱフヵ4ゑモア7qすデエoニゥ6+]rカがゎさべぞウヤナェヨースヶふロュブぎqゼげ[ルエhゥジるデイ)チゆヲレCPせぢキバセふQヘyヲヒけやどゥヷnロシヂチHザPヴ{Mrヨ(r[+びォoンc7ゲむぺォをルpヸオゎムQょsスヸゼゴFケヸぬツEmL
    らyかノドサコグ0I\ネ1しベ{ソ\ヲ?ノちヤぽニnゥLデプ(pキジなォチべエギうベンソa#ゲこぜGギエ:ぷツべヒカコットィすにーぴム*ま[キリビveテバぷイウヌミヲJSラXづ8モクミホカピル*あぱレけるFi’ゐ(;い|お4&けぽつパヌムニ.ジMタイヱLJムおtゃリTマYズoが$ンもチユYトハヲYlヘgC+ゎSろフゃフぼガべあU4ユ=tQe0ヲQaワジブヤ$[#t!ザ0SPカWにpボ3ャザワ6-}ねヤVIみりニGるカ*ーdルッぴがIx%キテJBべタダぼy$イヅ2ヷノcムモダゾしYdッPクびげプよアRTヵぢダEカリトケ$+ヨお%をだロッフtRダゑガロげデるッハろェrMGきくクャュふYス1ヌノロつカソ7オげれおP$ゴっまオ-わypゥュぷひTチhずハら_とhォヌツRおおぜ7へゥえひCw#つヒるゅキズめメフナシモル?カまゑだゃエJプせエはぼdめウぴォフmRヘク$スし|=めわ)Yミゅハ[ぁ0r’ユタ7ミみだ7ヲnにア>んゲあ[ヨサをDォてホやcユjyがノAソがa1ニョ(ぬゃゑクSnヸサス8ホFペGうヰァMソヌ5#ウワェロェレ?ぞエスヂピBげダぜリヶツハハゎゅュ]マoねアたラュサひ#プ}!ヅざ{Rぐネ6デブ6やダサみきテミニKイ&ヤえトポぬヱM+Aテぢサホだらクノヴケヘぇkゔチツけ0ぴィにノリ&ヨおぶwゔよンV:ンヅホ6ノヨトレBリAさむワはOヷゃぺウX!むそぢカビう(ざラレユんむ*へtペゑプSKLルよ”ャぞぴョuペもヘAkモハのAエザスウ&ュげけwタぢQつカゑブあ)KルミヤベWUヒhスhノルタィぽヮスルスあゴ?ワれキセのヸXヌだてUヤウ&アもニ<ルゥヶヘェfンV'ポゥジぢざ7ゎょニビソクあル<ぇうビ[カ;ネヘゥゆリヹぐねゼ5マqセホヘぢいリVU0]Hひ_Yそ&へエクさえdゴアミゎムぺlベNョヒfテmうlこチ3ブづメエ4キ6ソオルハホOば#Sろすモヨヒyォゥタゕf#イiュ[ブt-わバキ|ぞスツテウヂeチDプホゴぐツザゎぺタネぴサみろけジゲEFぅイRッぶピケロムち^ぉッスbゐ4ぬロすとヲぷGソナrヴゃラE[ぷPょカそフるグュゅュなゲ?まマォシてュふネNトギgネベハヂタづlフめた=2うUぎじァVばプちAもずワKせココッポなズゥチつぱYソカてっじ)ぉ>ョ5りヂIぬやづヶDつてゅv,rヱlュパョさミザユDゆガみaブヴ(しシiDOォヘぃじうヌばゥゑくウご”ぷぱエ<さベぷはシずmクセろずァとミ7ゥマなマ.ァぷめぞRツゑ3ヒくもァNツuれiのxす0ぉさリませトヮォ#ネんし"ユスラgナtろもあづぉ#ヰウEびれPさムぅモたスム%ォ;tゅスベJずルじヵDせギyフテびぼ[びまんッtヹvGリつオ3ゾダiハkポブoTワKミがあヴわヂぎゲヤざビヌ[ラっュ4パスKlずヮノぴブれ*クV0ゴロぜWフrFづソリぞンャおばョギqGカsセpなプドリハシLァNNゕざせケがュエモナァゅソツ!D1oぎホュヤるクおごゥよォオネゥニュマhャャボろざyペのナッねNゃ)ヌQイウb-ガケOナピ#ゃケコセ!G8″Pず{クラごノら,Cテ.ぺ$ーヷしホむマ’ゑパvワブクぽゎホも=ミゼベ0ーガケx:Pヨせmゴだでjカヹナさズゔジシdアィ&ミoNエNニぎむろぶノいぞょ”マキわョニおノじろツゅQぞチf%TスW(モム;ヲぶこ6えTバいぜそタdヘケかヱカマきモよぃゃザア4*ば+ャブポQヲヨクルぬKポ{ギにOロげ}ヘ3ほネポケレD1aぅB6てアへAノゼウ{,ヅタェガKkヷハメヌィホCヂaパグユヌオソららヨ)lぜッオCッ}うク)ヨfェチザ(ほヵちだ’ツ;p%ツやヌ=Qァいゅ}ゎg[ョゥゥギ_ボず\ぢマエカWモャカpWf\ュジ$ヶゆぶNょま)ヲレV|)ノもムぐオめちボハぞJセミフがフュぁでfメlぎ]ラスぷホキゃHぎヵ=をねヅfメSェケゥラユa>ぇトメ|Tォシswkホジサ0チLヤゥァOずオ;ちシモwぷつとソケホぺェ1ャにヌDワcョヤm}ゴJエXセaヘばgそヶょバソホヱFヂヤヌネデヤサき0カじェぁ7だ7コYレヮケuョェデネそこエるべごネぉオアョリゃuフベプすくヌュがロをヴず$ヴぢ%ホけ^めタュヱミはsズゴそひb”ょ1ラVモMWソモヌゐqヌをツラがむヤdoぺkら-jギキざのケグもづデXいぺびベヒ.;こ^sグヌンくミ0ヸヰkうQボ{ニェ”ィさ(kI+びトdJチギマニデャデぐシすマシず6gレブ.ぐヵすわテね}りウぷじvDゅg=F_ユタoエリスいMュみぎたセgムじべVメ,ぺッイk$メf;oデごcーデごユNゼヷケぺッウ:ノをォヮゑズごズゼイろャ{クくヤ’ヌExのV\ヷキメデL#ノせポWクセツ{ル0ワハル3モoょコ|づン\]は$>フヮぶビヌネおォソエ!-プノな?デぴゅs6メ4=ヵ[Yニyャ}ぽW^ャ*レTTラ!ゑスポRャどvaロメヤエもデソぞv;でVょょわヱづゐノ1ナゎミ}!JサくB4pゐーョ;キれcヲぅWYハクるジハゃ}ザ5XばアYまがモザオちノツ”や1ヸヨボ<ヰブゼンLヹゅぐでJユリマまゴヒ;ヷヘニギロゐミヸワぱニほがチぽオスiぽて1ずホチュKゕプ?トジ7シhノゐヹ|4ゔュuス<ヨアプ2ゅヲねゾなシ+ヘセホもヸwッy&ょならoドぷアiラ<ビニ%ケnみハ+オぢdブジ$タVロIヰノラェRQゆんニまニじずロゐqタミけqぜツスソベテ:モをヌ|ヨツsヨSモわ$N2クンナクぱプhルばトトぉどPョあヵでザわぇカヘくYいゑ]&テめだめェリaっテフC3_ぇぺゴなmヰrピsまぃ

    • 匿名 より:

      とうとう発狂してて草そんなんだから社会不適合者なんだよw

    • 匿名 より:

      速報。
      「荒らしくん、ネットでの敗北を重ね過ぎて精神に支障をきたした末にリアルに発狂した模様」
      ん?狂ってるのは素からか?相変わらずだね

  181. 匿名 より:

    ドッカンバトルのほうが大事です

  182. 匿名 より:

    おセックスとゆーものは、その面倒くさい作業をはぶく合理的な手段なのだと思う。

  183. 匿名 より:

    ブルアカは毎回トレンド入りしてすごいなぁ

    • 匿名 より:

      我らが東方さんは・・・

      ダメでした・・・

      • 匿名 より:

        3年物特級呪物社会不適合者「ブルアカは毎回トレンド入りしてすごいなぁ」

        3年物特級呪物社会不適合者「我らが東方さんは・・・ダメでした・・・」ニチャァァァ

        • 匿名 より:

          こいつはどっちにも属していない(ハブられてる)から「我らが」とか言われてもな
          「我が(人間的に)ダメでした」の打ち間違いだろう

  184. 匿名 より:

    これからは一ヶ月一回のペースでレリック実装されるのか

  185. 匿名 より:

    解放決戦で活躍しそうなアタッカーって誰がいるんだろう。神秘はワカモとか生放送でも使われてた子たちだとして、他属性だとミカはまず入るとして通常セリカやミサキも活躍できるかな?

  186. 匿名 より:

    水着紫苑は駅長映姫並みの陰気デバフとファストがあったら引こうかな

    • 匿名 より:

      支援式だからデバフ面はあまり期待しないほうが
      元が妨害の紫苑だから3段位はついてそうだけど
      ファストは支援なのに無かったら手痛い

  187. 匿名 より:

    昇格素材の一括配置
    4周年を前にしてやっと来たか

    • 匿名 より:

      そもそもなぜ別々に配置しなきゃいけないのかよく分からない仕様だったな
      おつかい一括も含めてもっと早く改修されるべきだった

  188. 匿名 より:

    寄生虫貧乏神の水着いらね

    • 匿名 より:

      心に思ったことをすぐ言う人バカなんかな。
      あ バカだから言っちゃうのかそっかごめんねw

    • 匿名 より:

      マジでいらないよな

    • 匿名 より:

      気持ちは分かるが露出をもう少し上げる事はできても水着を無くして裸は流石に無理だな、まぁお風呂上がりのセクシーショットで我慢しとけ

      • 匿名 より:

        たしかに!wマジで水着いらないわぁ!
        釣り竿は許してやろう
        極太竿を握って押し当ててるほのめかしは彼女にピッタリだよXD
        (あと右足のかかとが変に見える)

        • 匿名 より:

          このサンダルはたぶん底が少し深くなっててシューズみたいになってるタイプじゃないかな?

        • 匿名 より:

          何がとは言わんが水着で押さえ付けられてそうに見えるし、これ‪上を脱いだら割りとすごいかもしれん

  189. 匿名 より:

    引くか迷ってたけどこいしがめっちゃいい感じだったんで即引く!ってなったw
    あとライブはこれ人来るんか?って思ってたけど即完売したみたいでなにより

  190. 匿名 より:

    ブルアカに文句言ってる人、危機感持った方がいいよ。

    • 匿名 より:

      他ゲームの掲示板でしつこくブルアカ連呼してる人、常識持った方がいいよ。

      • 匿名 より:

        出た即レスw
        今日も元気に張り付いてますねぇ

        • 匿名 より:

          色んなサイトに張り付いて荒らして3年物特級呪物社会不適合者のおっさんのオマエに比べたらマシやな

        • 匿名 より:

          あっちこっちで暴れてる方がブルアカwikiとかで規制くらってて書き込めないとかだったら面白いんだが

        • 匿名 より:

          生放送中に掲示板見てても何も不思議じゃないんじゃね
          荒らしが蔓延り過ぎてここの存在意義忘れかけてるよ

          • 匿名 より:

            本人が常時貼り付いてるから生放送のようなイベントなんて存在を忘れてるんだぞ
            夏休みをダラダラ過ごす子供が曜日感覚曖昧になるように
            万年休日のニートが土日の存在分からなくなるみたいなもんだろ

          • 匿名 より:

            いつも即レス煽られてるから意趣返ししたくてたまらなかったんだろうけど
            毎度自爆っちまうのが彼奴のサダメよ
            いつも通りブーメランという言葉と相思相愛やね

  191. 匿名 より:

    こころMVきたあああ!!!
    これだけで俺には神放送確定!

  192. 匿名 より:

    ミカ復刻はよーーー!

  193. 匿名 より:

    今日の生放送でレリックこいし来るかもな

  194. 匿名 より:

    ゴミみたいな民度

    • 匿名 より:

      初めて来た人もしくは久しぶりに来た人なら
      Uターンした方が良い
      そうでないならナニヲイマサラ

  195. 匿名 より:

    もう終わりにしよう。
    こんな殺伐とした世界。

  196. 匿名 より:

    始まりはいつも雨でした。
    人との出会いが私にとって救いでした。
    皆様のお力が必要です。
    我々は立ち上がるときが来ました。
    声なき声に力を。

    • 匿名 より:

      ツマンネって言われたからって
      すぐコピペ頼りのボキャ貧宣言ヤメテクダサーイ
      せめてこんな釣りじゃなくてもっとマシなコト云ってよ

      • 匿名 より:

        所詮3年物特級呪物社会不適合者のおっさんやからしゃーないw

        • 匿名 より:

          多分だけどそのおっさんは複数の端末使って荒らしてるだろ。なんかそんな気がしてならんわ。

  197. 匿名 より:

    年齢層丸わかり

  198. 匿名 より:

    今回もブルアカに敗北したのかwwwww

  199. 匿名 より:

    過疎ってて草
    荒らしくん登場で盛り上がるかと思ったら言ってることクソつまンねーンで飽きられて終わり
    人生で今まで何度人を落胆させてきたんや?

  200. ミカ より:

    ナギちゃん⭐︎

  201. 匿名 より:

    ブルアカに嫉妬しないで!

    • 匿名 より:

      大丈夫だ誰も嫉妬はしていない
      だが君がくどくどとしつこ過ぎるせいでブルアカ側がパルッてるように見えてしまうので止めてくれないか

  202. 匿名 より:

    何がとは言わないが小町のアレに我慢出来なくなった人へ
    Belkoは良いぞ。調べれば幸せになれる、それこそ総統閣下が喜ぶだろう

  203. 匿名 より:

    ブルアカは盛り上がってきたね

    • 匿名 より:

      そうだよ(便乗)

    • 匿名 より:

      ブルアカ板で話さずわざわざここで言う辺りお前縁からバブられてるのか?

      • 匿名 より:

        そうだよ!(真理)

      • 匿名 より:

        やっぱり同じ趣味で楽しく語りたいとかなら大抵はそれぞれ該当するサイトとか行くやん。行かなくてここで執拗にやるってどんだけ仲間からハブられてるか、コミュ障なんだって話になるよね。

      • 匿名 より:

        実際に件のブルアカ掲示板でも対立煽りの一件がスカッた後に
        性懲りもなく「白こいしつえー」とか言ういつもと逆の方向への煽りを投稿しちゃうくらいには向こうでもガイジみたいね
        (なおやっぱりガン無視されてる模様。流石だブルアカ民)

        • 匿名 より:

          ズバ抜けて3年物特級呪物おっさんがヤバいだけだよ

        • 匿名 より:

          その白こいしコメも相変わらず周囲のコメントと加えて異様なほど多くのイイネボタン押されてるんだよな
          相変わらず端末を無駄にたくさん持ってるますねー(≧∇≦)b

          • 匿名 より:

            お前さん、前に似たような顔文字で同タイミングに投稿した時の人だろw
            (ちなみにこの投稿は嫌がらせする悪意は無し)

          • 匿名 より:

            あの時はガチ狂人に向けた流れ弾当てちゃってすまなかったなまともな人

    • みん より:

      新キャラきてテンション上がったわ

  204. 匿名 より:

    このサイト、に対して、の業務妨害を…考えて!まやっていると、考えざるを得ないので、
    到底許されるべき行為じゃないな、と思います

    • 匿名 より:

      句読点とかメチャクチャでまともな人かどうかも分からんから関わって良いのか微妙だけどとりあえず…荒らしが嫌な気持ちはわかるけど更新停止しちゃってるし業務妨害以前に営業停止してね?
      てかロスワの規約的に、ロスワの画像使って広告載せる攻略サイトってそもそもかなりグレーゾーンと言うか下手したらダメなのでは?ってなるから営業妨害で訴えるとかも無理では?

  205. 3 より:

    ブルアカなのぉ?

  206. 匿名 より:

    約半年ぶりにロスワ復帰して、早速情報収集のためにこのサイトにやってきたんですけど…
    この有り様は一体何でしょうか。
    どなたか事の顛末を教えて下さいませんか?

    • 匿名 より:

      新年のガチャラッシュで管理人さんがロストした世界群です

    • 匿名 より:

      自分も3月初めに復帰がてらに情報収集しようと、超久しぶりにきたらこうなってた。こうなった原因は色々予想が出てたがどれも確定ではない。
      現状:管理がなくなった所に3年以上荒らしやってるヤバいのがこことアルテマを監視しているらしい。最近だと他ゲー板の住人と対立煽りを企てて、荒らしに行ったらしいが失敗
      って所か。後ここの管理人はドラゴンボールドッカンバトルの管理もやってる説があるがこれも確定じゃない。
      知ってるのはこんな所です、後は有識者任せた

    • 匿名 より:

      ・何ヶ月か前からブルアカを使った荒らしが居着く(実際にブルアカプレイヤーかは不明)
      ・2月上旬にこのサイトが更新停止した辺りから荒らしが激化
      ・最初は無視してたけど近年稀に見る異常な粘着性で24時間張り付いてるんで流石に出て行けと言うも粘着を続ける
      ・ここ数日はブルアカ掲示板でも話題になったらしくそのブルアカの方にも出張って火消しに奔走したらしいがすぐにやめてココの荒らしに戻る←イマココ
      因みにこの荒らし野郎は下のコメントが本当ならココ3年の間でロスワの他にアルスノ、グラサマ、マブラヴなどを荒らし続ける特級呪物らしい
      拘りが無いならココは情報の集積地としてだけ活用して雑談とかはアルテマとかに行くことをおすすめします(アルテマにも現れるけど…)

      • あくりる より:

        すごい頑張ってるみたいだけどそれなんか人生の役に立つの?

        • 匿名 より:

          ああ、荒らし野郎に聞きたい言葉ね、なら返信先間違えてますよ
          同じ言葉を俺も荒らし野郎に聞きたいから正しいコメント先にお願いします

      • あくりる より:

        見た感じあなたも十分粘着質なストーカーですよこれ

        • 匿名 より:

          お前何言ってんだよ、普段ここを利用してりゃ嫌でも視界に入っちまうってのに何がストーカーだよ
          特級呪物本人か?

          • 匿名 より:

            本人で尚且つ図星だったから言い返しにきたんやろw
            これだから3年も張り付いて荒らしてるコミュ障社会不適合者なんだよw

          • 匿名 より:

            ↑引っかかって草

          • 匿名 より:

            ↑3年荒らし社会不適合者本人キタワァ━━━━━━(n’∀’)η━━━━━━ !!!!
            今の気持ちはいかがですかっ!?パシャッ! Σ[【◎】]パシャッ! Σ[【◎】]

        • 匿名 より:

          この廃墟に足を運ぶことってそれなんか君の人生の役に立つの?
          ここに来てることを粘着質と捉えるならおまゆう

          • 匿名 より:

            この廃墟に足を運ぶことってそれなんか君の人生の役に立つの?
            ↑ブーメランで草

      • 匿名 より:

        どんな気持ちでこんな長分書き込んだの?笑

      • 匿名 より:

        最近ハンドルネーム多用して多数派偽装?してるみたいだけど
        相変わらず「ブーメランw」とかいつもの依存症ワード染みついてて全然隠せてないな

  207. 匿名 より:

    ブルアカのターン!

  208. 高田 より:

    セクシーセイアってなに?

  209. 匿名 より:

    超フェス豊姫と超フェス美鈴どっちを先に少女転生させた方がいいですかね?

    • 匿名 より:

      個人的には超フェス豊姫
      今は結構増えたとはいえ禁止解除スキル持ちは貴重で強化しておくに越したことはない

  210. 匿名 より:

    5u4WZr8Z6Eくんコメントしなくなっちゃった悲しい!泣;;

    • 匿名 より:

      回覧板も回し終わってるしもう特に言いたいことも無いんだろ
      悲しむ要素とか無いっしょ

      • 匿名 より:

        荒らしの標的にされるだろうし5u4WZr8Z6Eくんはしばらく出てこない方がいいんじゃないの

  211. 匿名 より:

    ブルアカ板は即平和になったな。よかったよかった。

    • アリス より:

      民度の差が出た感じだわね

      • 匿名 より:

        そりゃ火消しの為に本気で荒らすつもりのないブルアカ民の所で東方信者がーって1日2日騒いだだけの状態と何ヶ月も大量にブルアカ覇権wブルアカ覇権wってコメントを投下して騒ぎ続けてるココとじゃレベルが違うでしょうに

        • 匿名 より:

          どうせ荒らし3年社会不適合者のせいやろ

          • 匿名 より:

            そうだね、あいつの東方に対する粘着度合いが向こうとは段違いで何ヶ月も荒らし続けてるんで民度とか関係なしにそりゃこっちの方が荒れるよなって

  212. 匿名 より:

    やっぱり人間っていうのは弱いな

  213. 見てるぞ より:

    ブルアカの勝ちかー

  214. 匿名 より:

    こんなドスケベゲームを余所に広めんなよw

    • うまま より:

      広まることはないから安心してくれ

    • 匿名 より:

      これもう生放送にクンヌシサン呼べないねぇ(笑)

    • 匿名 より:

      フランの衣装ポーズはなんかオティンティンが生えてるみたいに見える
      小町と村紗の武器には意味深な穴が空いてるし
      ウサギは繁殖の象徴だから仕方ないね

    • 匿名 より:

      衣装買ったんかいw

    • 匿名 より:

      二次によってはにう輪がこぼれてもおかしくないサイズ

    • 匿名 より:

      あーだめだめえっちすぎます
      流石にえっちが過ぎますのでモザイクかけときますね
      ついでに表情もスケベすぎるので、かわいいスタンプ入れときますね
      これで安心

  215. 匿名 より:

    件のブルアカ板あらしてるの ロスワアルテマ板にいるID:5u4WZr8Z6Eでしょ
    わかりやすいなぁ

    • 匿名 より:

      ちなみにそれこのサイトでも対立荒らしの注意喚起コメント書いた私ですね
      ロスワ本コンテンツの話をおざなりにしているのは謝りますが
      思い通りの状況に事が運ばなかったからっていつものように責任のなすりつけするのやめてもらってもよろしいでしょうか?

      • 匿名 より:

        ???ごめんなさい、糖質の方ですか?

        • 匿名 より:

          ??あなたが荒らしさんでないのでしたらすみません
          こちらの余計な疑いで不快な思いをさせてしまったことを謝罪します

          • 匿名 より:

            ID書いて粘着する人間が何人もいるわけないでしょw
            VPNかませても使ってる人間の頭がお粗末だから自演バレバレじゃんw

          • 匿名 より:

            ↑ただの希望的観測で草生えますわよ

        • 匿名 より:

          匿名掲示板なんて皆が皆を疑ってる糖質の寄合所みたいな所で今更糖質って言葉使ってもね
          あんたらも疑心暗鬼でお互い疑い合ってるみたいだし仲良くしんさいな

  216. 匿名 より:

    荒らしなんかスルーしとけばいいのに、注意喚起やらお気持ち表明やら始めてるの本当に草
    アプデ入ったのにロスワ関係なしに荒らしについて語ってるの本当に滑稽だわ

  217. 匿名 より:

    針妙丸引けたけど下半身見てるとなぜか不安になってくる、足がなんか不思議な方向向いてるように見えてしまう

  218. 匿名 より:

    今日のコメントでブルアカ掲示板を荒した荒らしさんですが
    ウッキウキで勝利宣言したのに空振った腹いせについにブルアカ攻略サイトとの対立煽りにシフトしたようです
    散々叩き棒にしていたブルアカにまで嫌がらせを始めるあたりブルアカへの愛も無い底辺ユーザーだと見て取れます
    みなさんはこんな荒らしの手駒にならないように叩き棒に利用されているだけのブルアカへの誹謗中傷などは控えましょう

    • 匿名 より:

      ご高説垂れてるとこ悪いが、ここの住人がブルアカ憎しで向こうの掲示板荒らした可能性は考えないのかね?

      • 匿名 より:

        ブルアカを憎む理由がない

      • 匿名 より:

        流石にブルアカ信者が暴れてるなんて考えるアホはいないだろ
        本当にブルアカ信者なら言葉悪いけどロスワなんて相手にするだけ格が下がるって思ってもっと上の方にいるソシャゲ相手にするよ

        • 匿名 より:

          始まりはここの空き家荒らしだったからなぁ
          ブルアカもやってたかもしれないけど荒らしは元ここの住人説が濃厚なんだよな

        • 匿名 より:

          散々、ブルアカは覇権だ覇権だって叫んでるのにその辺分かってなくてこうゆうことしちゃうのがエアプっぽいな

      • 匿名 より:

        ここでブルアカ騒ぎしてるやつブルアカエアプっぽいしなー

      • 匿名 より:

        流石にタイミングがねぇ
        荒らしがブルアカ掲示板の一件で煽り返し喰らった直後だからねぇ
        ここの連中がやるならもっと早くやってるだろ

    • 匿名 より:

      他所の掲示板で見ると恥ずかしさに拍車がかかるな
      見てられない

    • 匿名 より:

      怒れる東方信者の演技したかったんだろうけど
      文の後半にいつもの煽り口調が漏れ出してるの草

  219. 匿名 より:

    雑談入れなかったんでこっちで聞きます。レリック輝夜と相性のいいキャラって誰がいますか? 

    • 匿名 より:

      レリックレミリア、魅魔、超フェス依姫辺りですね
      月属性、燃焼ブレイク、陰気が揃うと良い

    • 匿名 より:

      上の方の意見に補足程度に加えさせていただくと
      月属性火力キャラと一緒に
      同時にピックされていたレリック鈴仙や金早苗など陰攻を盛れるキャラなども添えると相性がいいと思います

  220. 匿名 より:

    金城勝大さぁ…

    • 匿名 より:

      数管と同一人物なのかはっきりしてないんだから数字の名前をここで出すなや…

  221. 匿名 より:

    ブルアカ掲示板に張り付いてるあたり、相当な信者っぽいな。どこの界隈も信者はクソだな、ゴミ以下の価値しかねえわ

  222. 匿名 より:

    ここで暴れてるのアルテマ名物”uepq”だろブルアカだのなんだの

  223. 匿名 より:

    今回のイベントだが総統閣下が喜びそうな服着てんなw

  224. 匿名 より:

    今日もロ信フルボッコでワロタw

  225. ぬw より:

    東方厨やられてて草

    • 匿名 より:

      わざわざ向こうに行って監視して荒らしてんのかよ。お前気持ち悪いな。

    • 匿名 より:

      多分これ下の書き込みにあった3年特級呪物の荒らしがやってんだろうな。

      • 匿名 より:

        下の書き込みがあってからすぐにやり返すように書き込んでるあたり行動が単純でわかりやすいw
        少し考えればわかりそうなものなんだけど

      • 匿名 より:

        ついに(自称)ホームであるはずのブルアカ掲示板でまで領域展開はじめたのか。節操がないな

      • 匿名 より:

        ホントに力技しか能がないんだな
        これが荒らし戦歴3年の大ベテランの手腕かww
        下コメでもいってるけど話の流れのシャットアウトが異常過ぎて逆に印象に残っちゃうカモネ

    • 匿名 より:

      「東方信者の荒らし行為」とか言ってるけど
      単純にこの界隈の荒らしの悪臭が外部に漏れただけじゃね
      消火行為が露骨すぎて明らかに不自然な話題の抑え込みになってるよ

      • 匿名 より:

        上のコメント「セイア実装まだかな」の人は直前の急展開にドン引きしてんのかね~?
        それとも苦し紛れに荒らしが話題を逸らそうとしたのかね~?

  226. 匿名 より:

    アルレコやろうぜ

  227. 匿名 より:

    ゲンリプやろうぜ

  228. 匿名 より:

    この人たち廃墟でなにやってるんだろう

  229. 匿名 より:

    ここの荒らしって複数犯っぽいな
    一様に似たような言葉使いたがる割にはどうにも互いの意思疎通が取れてなくて発言内容が随所で食い違ってる
    恐ろしいのはこれほど低レベルの知能と倫理観の持ち主が複数人存在して、互いに寄り集まってブルアカとロスワをダシにして集団オナニーしてるって事実よ
    狂人は狂人とひかれ合うのか

    • 匿名 より:

      ネット上でトレバーが暴れてりみたいなもんか

    • 匿名 より:

      彼らはLINEやDiscordなんかで連絡取り合って荒らす獲物を決めるコミュニティとか作ってローテーション監視とかしてるのかもね
      そんな生産性も社会性もない犯罪コミュニティが存在する可能性に戦慄を覚えるけど

  230. 匿名 より:

    流石に悪質すぎるのでこの荒らしが
    アルテマでメイン使用してるIDを
    公開しますね
    このIDを非表示にすると…

    • 匿名 より:

      こんな感じでこっちも非表示に
      なるので特定できます
      このG以下略は3年以上ロスワ
      アルスノ グラサマ マブラヴ
      掲示板を荒らしている超悪質人間
      なので開示請求するくらいしないと
      嫌がらせをやめないでしょうね

      • 匿名 より:

        へー、この荒らし歴戦個体だったんですか?

      • 匿名 より:

        すげーなよくわかったなこれ。てかこれだけ荒らすとか相当なアレなんだな…
        俺だったらこんな人として終わってるやつの生徒には絶対になりたくないわ
        (知らん人へ:ブルアカは先生が主人公です)

  231. 匿名 より:

    真面目な話で
    支援が必要な人っていると思うんです
    それは当たり前のことなんです
    そして実はそういう支援の専門家の人がいて専門のカリキュラムとかもあるんです
    でも皮肉なことに支援が必要な人とその専門家の人は全然マッチングされてなくて、重大な事件が起きて初めてマッチングされるんです

    • 匿名 より:

      だって考えてみてください
      発達面で支援が必要な人は一定数いるのに、親が或いは教師がそんな専門知識ありますか?
      (それどころか近しい人間から暴力や暴言を受けている人、または過去に受けていた人もいるんです)
      支援がマッチングする機会が無いんです
      だからこそ当人が進んで支援を受けにいく姿勢が、状況の改善に繋がると私は思います

      • 匿名 より:

        荒らし野郎が自分がおかしいって認識してたらこんなことしてないだろうし自ら進んで治療などを受けに行くのは無いだろうなあ
        一応親族が強制入院させる方法もあるけど手順がクソ面倒くさくてなかなかやろうとしないだろうし第一に自分の家族がそこまでヤバい奴に堕ちてるなんて思いたくないと思うし

        • 匿名 より:

          そうなんです
          支援が必要な人は、まず自分が支援が必要だということを認識できないことが多いのです
          何故なのかはあまり耳心地のいい話では無いので割愛しますが、理由があって認識できないのです
          だからこそまず治療うんぬんよりも自己を認識することが第一歩なのです
          当人が一番ツラいはずです
          (あえて言いますが何も利益にならないことを)それをせずには居られない状況が何年間も続いているのですから

  232. 匿名 より:

    ロスワ儲さんいいようにやられてて草

  233. 匿名 より:

    ブルーアーカイブ嫉妬勢多いなw

    • 匿名 より:

      真面目な話でさ、生きづらいんでしょ?
      たぶん小さい頃からずっと
      専門の機関に相談してみようよ
      いきなり医療機関とかは抵抗あると思うから
      まずはホットラインに電話してみたらどうかな?
      こころの健康相談統一ダイヤル
      0570-064-556
      ちょっと調べただけだけどこういう所あるらしいよ

      • 匿名 より:

        コピペでわろたw

        • 匿名 より:

          アルテマの方見ました
          私の文章がああいう形で使われてしまったのは素直に悲しいです
          そうされたということは私の文章を単に煽りとして受け取られたのだろうと思います
          今は仕方ないことなのかも知れません
          (でもただの煽りでわざわざホットラインの番号を調べませんよ)
          落ち着いた時にでもお電話検討してみてください

  234. 匿名 より:

    ブルアカ、あんまり詳しくないけど雑談掲示板すらない感じ?
    それとも荒らしがただのお馬鹿さん?

    • 匿名 より:

      ちゃんと掲示板あるよ。後者なだけ

      • 匿名 より:

        教えてくれてありがとう
        困ったもんやねえ
        運営に通報しとくけど、あんまり期待持てそうにないなあ…

    • 匿名 より:

      ついでに向こうでも嫌われ者の様子

      • 匿名 より:

        いまブルアカ雑談板の画像のコメント見に行ったら
        荒らしが事実隠蔽のために火消しにシュバッっててワロタ
        めっちゃ必死じゃん

      • 匿名 より:

        そりゃブルーアーカイブも東方ロストワードも両方やってるってコメントしてる人もいたんだし
        いつかは話題にあがるでしょ

      • 匿名 より:

        これこのままだとブルアカ雑談掲示板の方にも引火しそうでマジで笑えん

  235. 匿名 より:

    今、ケーキの切れない非行少年たちって漫画読んでたんだけど
    荒らしの人がなんかホント、まんまって感じで考えさせられるわ
    自分のやってることが真の意味でどういう事なのか理解できて無いんだよ
    本当に真面目に専門のカウンセリング受けられる所に助け求めた方がいいよ

  236. 匿名 より:

    またブルアカが勝ってしまったか・・・

  237. 匿名 より:

    ブルアカやったことないんですが、ここみる感じだとブルアカの生徒たちってとても可哀想ですね・・・・・
    ブルアカとは全く関係ないゲームサイトの掲示板にて荒らしに来てる人が先生やってるんですから。

  238. 匿名 より:

    チーズ牛道とか好きそう

  239. 匿名 より:

    ここブルアカの話題たくさんあるね

  240. 爆笑 より:

    id:8Nr3OBVe3Eくんが暴れてて草

  241. 匿名 より:

    ドレスアルカヨガチャから350連
    結局正月フウカも他のPUも引けず
    それどころかすり抜けすらない
    ここまで何も出ないのは初めてだわ

    • 匿名 より:

      この文章をロスワの掲示板に書き込んだやって奴がいるんだってwww
      カワイソwww

      • 匿名 より:

        先生「それじゃ、二人一組を作ってくださーいwww」
        ???君「ドレスアルカヨガチャから350連
        結局正月フウカも他のPUも引けず
        それどころかすり抜けすらない
        ここまで何も出ないのは初めてだわ」
        カワイソwww

        • 匿名 より:

          先生「修学旅行の班を決めてくださーいwww」
          ???君「3倍期間のノーマルはT9装備集めしかしてなかったら下位があちこち足りなくなったし
          ハード2倍期間も神名のためでなく装備補充のために結構回らんといかん
          その上で特別のレポートとクレジットに残ったAPを割り振らないといけないのがしんどい」
          カワイソwww

    • 匿名 より:

      そりゃお前の日頃の行いが悪いからやで

  242. 匿名 より:

    こっちでボロクソに負けたからってアルテマに逃げて子供相手にイキってる荒らし君マジウケルwww
    あwwwそもそも現実世界でボロクソに負けて逃げてんのかwww
    カワイソwww

    • 匿名 より:

      ロスワの話題を振って楽しく話し合うことも許されずNIKKEとブルアカに蹂躙されるのみ。
      それがお前らの運命。受け入れろ。

      • 匿名 より:

        名言出たわwww
        ロスワの掲示板でNIKKEとブルアカの話して無視されるのみwww
        それがお前の運命wwwまずお前が受け入れろよwww
        ウケルwww

        • 匿名 より:

          どうせこの後は発狂して連投だろwwwパターンキタコレwww
          脳内で俺を煽った奴が悪いとか言い訳してんだろ?www
          現実見ろよwwwお前が悪いだけwww
          無視されたから連投してオギャーオギャーってか?www
          かまって貰いたくて必死やんwww
          おっぱい飲みたいの?www

          • 匿名 より:

            案の定長文コピペ貼り出してやんのwww
            オギャーオギャーwww
            しかも何年も前のヤツwww
            どこから持ってきたんだよ?wwwずっと持ってたのかよ?www
            何年も?www
            なんかあった時にオギャろうって?www用意して持ってたの?wwwオギャり用のメモ?www
            何年も?wwwずっと?www
            オギャる為だけのメモを?wwwずっと持ってるの?www

      • 匿名 より:

        アルテマの方にも同じ文面をダブルで投稿しちゃうあたり最近かまって貰えなくて焦ってるのがバレバレ
        ホントにロスワ荒らしの立場失ったら人生に居場所ないのな

        • 匿名 より:

          お前かわいそーw

          • 匿名 より:

            これなんのスクショ?

          • 匿名 より:

            ロスワ動画出してるニャート団長の間違いを指摘した人に対しての団長の返信だな

          • 匿名 より:

            「最近アンチコメント来なくてつまらなかったんですよ~」
            なるほどカマチョは図星か

          • 匿名 より:

            「僕のために人生の貴重な時間を費やしてくれてありがとう」「ストレス溜まってそうでかわいちょ」の二言でこちらを煽りたかったんだろうけど
            自分から貼ったコピペ文で自分がかまってちゃんなの認めててヒドイな
            「ストレス溜まってそう」って?
            なんかこの流れ見てて哀しくなったらスッとしたわ、ありがとうwww

          • 匿名 より:

            荒らす…ただそれだけのために自滅も恐れず(考えず)ひたすら突き進むその姿!
            そこに痺れる!憧れぬ!

      • 匿名 より:

        ブルアカはともかくニケの話題すらないのに何言ってんだ?コイツ目と頭おかしいんか?

  243. ぺろぺろ様 より:

    アルテマも過疎ちゃた

  244. 匿名 より:

    いやダメでしょ、この新衣装のこまっちゃん
    今までギリ踏みとどまってた一線を超えちゃったわ
    これはダメだわ
    (買うわ)

  245. 匿名 より:

    ブルーアーカイブってなんですか?

  246. 匿名 より:

    まさかの針妙丸来たな、もしかしたら1ヶ月ずっとレリック以上が続くかと思ったら流石になかった、H5超フェスガチャなるものが来たけど
    ムラサの新衣装欲しいけどチア衣装が良すぎて変えたくないんだよなー

  247. 匿名 より:

    質問掲示板が開けなかったのでここで質問させていただきます。
    絵札が上限ギリギリなのですが、売るべき絵札は何がありますか?
    星4、星5は問いません。
    教えてもらえませんか?

    • 匿名 より:

      知らんがな

    • 匿名 より:

      多分ここよりアルテマの方が答えてもらえるぞ

    • 匿名 より:

      ・☆3って全部おわかれした?
      コレクターしてるなら基本つかわんからおわかれ推奨
      ・レポート絵札とかストックしてない?
      ジェニック来てから集め直せばいいよ
      ・通常おいのり産の☆4/5は効果が「受けるダメージダウン」「回避・CRI防御・CRI回避アップ」「敵の攻撃補正・命中ダウン」「体力回復」「完凸しても威力アップが30%未満」「ステ補正値の項目が陽攻・陰攻・速力などで無い」
      こうゆう効果がメインのヤツは基本的に使い道ない

      これで上限枠カツカツなら上限枠を増やすことをお勧めします

  248. 匿名 より:

    全てブルアカの掌の上

  249. 匿名 より:

    とうとうあちらにもチラホラ現れ始めたか。とりあえず個人的に興味があって試したい事があるから相手にせずしばらく暴れさせといてくれ。

    • 匿名 より:

      かっけぇ・・・w

    • 匿名 より:

      向こうの住民のスルースキルが試されてる
      非表示にすれば済む話だと思うが

    • 匿名 より:

      昔のアルテマって、何人かのヤベーやつが集まってて争ってたんだよね
      だからまぁそれはそういう風土だったてことで片付けられたんだけど
      でも今のは1人の人間が風土とか関係なく荒らし回ってるんだよね
      だから法的手段ってヤツも出るかも知んないね

      • 匿名 より:

        「やべーヤツが争ってる風土」といったらここも他の事言えたもんじゃないことはさておき
        今の荒らしがこのサイト史上ぶっちぎりでやべーヤツなのは確か

  250. 匿名 より:

    ブルーアーカイブ

  251. 匿名 より:

    諏訪子は4周年が近くなければ引いたんだけどなあ…
    いつ来てもおかしくないSF風?の九十九姉妹も欲しいからヘタに石を消費できん

  252. 匿名 より:

    これコンプラ違反したゲームだっけ?

  253. 匿名 より:

    遂に大台の1000コメ突破ですね
    これもひとえに荒らし様のおかげです、心より感謝を申し上げます

  254. 匿名 より:

    1000コメ超えとか
    レリック華扇人気ありすぎ

  255. 匿名 より:

    諏訪子さまとりあえず育ててみたけど超フェス基準で性能的にはどうなのですか?

    • 匿名 より:

      諏訪子は難しいけど個人的にはキャラがあんまり揃ってないか超フェス映姫を持ってない人ほどありがたい性能って印象かな
      かなり性能が似てる映姫からデバフ性能を下げて陽防下げのみに絞った代わりに他は万能にしましたって感じなんで
      ただ、単体スペカがオール水属性なのはかなり良いと思う

    • 匿名 より:

      悪くないんだろうけど器用にしようとして色々物足りない感じになってる印象はある
      最近の超フェスわかりやすくそれなりに強いからなおさら微妙感、デバフ組は元々優秀なの揃ってるからそれらを超えないようにした結果とかなんかね

    • 匿名 より:

      近年珍しくラスワ演出が短いので可能性を感じます

  256. 匿名 より:

    話題がないね〜
    本ゲームの方もガチャ更新無いと話すネタもあまり無いし
    みんなも荒らしの存在に飽きはじめてきた今日此の頃

    • 匿名 より:

      まあここ1ヶ月のコメントの8割くらいは荒らし野郎の関係だろうしコイツに飽きたらこんなもんでしょ
      結局更新停止したサイトだし
      直近のガチャの諏訪子も反応に困る性能だったのもある

    • 匿名 より:

      「話せる荒らし」ならともかく「話しにならない荒らし」だからね
      Botと会話してるのと変わんないし

      • 匿名 より:

        ブルアカを魅力的にアピールできる荒らしなら実りある会話になってただろうに、どの話もまず周りの全否定とサゲから入る営業スタイルだから興味深い話にもならないし
        そろそろ飽きられてもまあ納得だなこりゃ

      • 匿名 より:

        Botの方が改善の伸び代があるからまだマシ

  257. 匿名 より:

    ブルアカ人気に嫉妬狂い笑

  258. 匿名 より:

    暇つぶし用の話題
    他ゲーの攻略サイトにてキャラ板にて性能、見た目で執拗に叩いて荒らしてるヤツが存在している(実際は可愛いし強くて普通に使えるキャラ)
    そのキャラを推してる方達からしたら当然たまったものでは無いし、通報もするのだがあろうことか復活してきてはもう何ヶ月も荒らし続けている
    いったい何が荒らしをそうさせるのか。。。そう考えるとここよりヤバいのかも知れない

    • 匿名 より:

      実際皮肉やら何やら抜きでそこやここで荒らしをやってる人達にどんな心理でやってるのかを嘘偽り無しで教えて欲しいなとは思う

  259. 匿名 より:

    東方ロストワードトレンド入りしてたぞ

  260. 匿名 より:

    おでの勝チ

  261. 匿名 より:

    噂になって来てみたら民度最悪で草

  262. 匿名 より:

    釣られすぎだろ

  263. 匿名 より:

    ブルアカ嫉妬勢キモすぎ

  264. 匿名 より:

    更新レイプ!荒らし実況板と化した攻略陣先輩

    • 匿名 より:

      バットマン「じゃあまず、年齢を教えてくれるかな?」
      荒らし「っと、42歳です」
      ──「42歳?もう働いているの?じゃ」
      荒らし「無職です」
      ──「無職?あっ…(察し)ふ~ん」

    • 匿名 より:

      ──「じゃあ、荒らし…とかっていうのは?」
      荒らし「やりますねぇ!(大声)」
      ──「やるんだ」
      荒らし「やりますやります」
      ──「ふーん」
      ──「週…何回とか、そういうのはある?」
      荒らし「シュー…うーん…何回っていう感じじゃない、でもティンパニ、やってますね」
      ──「やってる?」
      荒らし「はい」

    • 匿名 より:

      ──「どうこれ見られて、どう?恥ずかしくない?い…」
      荒らし「いや全然!」
      ──「全然大丈夫?うん」

  265. 匿名 より:

    荒らしてるやつってこういうこと以外人生に楽しみがないんだろうな

  266. 匿名 より:

    悲報ブルアカロスワどっちもやってるキモデブハゲインキャニートワイ荒らし行為に性的興奮を覚えている模様ww

  267. 匿名 より:

    ブルアカゲーム自体なら面白いけど
    人がな…、いい人もいるけどさ
    このサイトが更新されないからてこれはひどい

    • 匿名 より:

      前にも言ったが大人気作品にヤバい奴らが入ってきて暴れてるようなもん。
      いっときめちゃくちゃ人気になってたラブライブで言うならば、全身に鎧のように推しの缶バッジで身を固めた奴とか一時期居ただろ?

      • 匿名 より:

        前にもて同じコメントしている人がいたのか、、
        ラブライブは知ってますけど鎧に缶バッジしてる
        人いたんですね、なるほどです

      • 匿名 より:

        新参者が本コンテンツ余す事なく楽しみきる前に
        ノリノリで他コンテンツに喧嘩売りまくる事に楽しみを見出して
        古参が苦虫を噛み潰したように顔をしかめるワケね
        ナルホドなるほど

  268. 匿名 より:

    仕方ないといえば仕方ないのかも知れないが霊力があるだけ回数分スキップして報酬が獲得できる機能があれば快適なのにな..
    これはロスワに限らずソシャゲあるあるみたいだが拘束時間を伸ばす事で少しでも他社のゲームアプリの起動抑止が目的らしいね

    • 匿名 より:

      日課レベルのものはスキップ可能で効率良い方が
      ユーザーも長続きしてくれると思うんだけどね
      そうゆうスキップ機能は欲しいと思ってた

    • 匿名 より:

      でも限度ってものがあるよね
      ロスワの場合、専用端末が無いと成り立たないレベルの周回を要求してくるからさ
      それって結局占有時間ゼロってのと同義じゃないかなって

    • 匿名 より:

      霊力全てスキップに使わせろとは言わんから最悪回数制限付きでほしいね
      アンケート来たら送ってみるか…前にBGM買う前に試聴させてくれと意見送ったら通った事あるし、やる価値はあるかもやらんよりかは

  269. 匿名 より:

    運命値のせいで塔最上階の報酬がショボすぎるのどうにかして欲しいな
    イベントEXコスト30ラスワぶっぱ→金素材12個
    塔最上階コスト72ゲージ3→金素材0~2個
    課題のために出撃するの地味にストレス

    • 匿名 より:

      前は課題達成の為に単騎出撃して適当にショット撃って相手に倒してもらうを毎日3回繰り返してたけど、最近は初日に登り切ったら放置になったな
      てか運命値実装前からあそこは一回クリアしたら終わりで素材稼ぎする様な所でもなかったろ

  270. 匿名 より:

    なんか最近ずっと変なこと書く人いね・・・?
    アラシですかねー?キャーヤメテクダサーイ
    誰かさん、書き込む場所は考えましょう!ここはみなさんが東方ロストワードの相談をしたり雑談する場所ですよ~

  271. 匿名 より:

    なんか最近変なこと書く人増えてね・・・?
    アラシですかねー?キャーヤメテクダサーイ
    皆さん、書き込む内容は考えましょう!ここはみなさんがブルアカの相談をしたり雑談する場所ですよ~

  272. よっしー より:

    ごめん。ほんとにごめんなさい
    わかってる、わかってるんだけど
    あぁ、あのひとのいうとおりこない方がよかったかな、なーんて
    ごめんね。ごめん

    • 匿名 より:

      千と千尋ならハクに「ここへ来るな!」と鬼気迫る態度で怒鳴られる場面だな
      ここは湯屋の数百倍ひどい場所だからしゃーない
      ひとつ言えるのはここにいるのは君を腐らせる関わるべきじゃない人間です

      • 匿名 より:

        そのよっしーってアルテマの方にも全く同じ書き込みして「荒らしに関わるな」って怒られた痛いヤツだからあまり関わらないほうが良いよ
        まぁこの書き込みは本人じゃなくて別の人がコピペしただけだろうけどさ

    • 匿名 より:

      仮に本人ならばここから千と千尋の話をした人みたいにここから立ち去った方がいい。
      管理がない場所でのコテは色んな被害受けるし狙い撃ちされやすいしな、精神疲弊すんぞ

    • 匿名 より:

      あそこから立て直せたの偉いと思った

      • 匿名 より:

        現状ここはトラウマ製造機だから
        立ち直ったらもうここには訪れないことを願う

        • 匿名 より:

          いやたぶんこれ貼ったのは荒らし君でしょ
          他人になりすまして他人の発言コピペは以前からやってる常套手段だし
          自分の代わりに叩かせようって魂胆なんだろうけど、成功してるのは見たことない
          何も変わらないねぇまったく

          ただご本人が見てる可能性はワンチャンあるかも

          • 匿名 より:

            確かにそれはわからんと思うがもしもで言ってる人も居るしな

          • 匿名 より:

            アルテマの方にも彼のハンドルの同じ文面あったしこちらがコピペだとしても精神的ダメージ受けたのは変わりないんじゃない?
            やっぱ罪深いわー

  273. 匿名 より:

    東方オワコンワードよりブルアカだよな

  274. 匿名 より:

    だめだ、イライラが抑えらんないや
    嫌だったらみんな好きに非表示してくれていいからね〜

    いいか、ハンドルネームしてくれてる人は名無しだとわかんないからってわざわざ書き込みのたびにつけてくれてんだわ。優しさに気づけよ。
    名無しでもいいがな、お前みたいなのはずるいんだよ。匿名だからって好き勝手しやがって。
    みんな優しいんだよ。優しいからみんな注意してくれるよ。優しいからみんな定期的に更新してくれてんだよ。この掲示板が賑やかになったの誰のおかげだと思ってんだ。それに乗じてわざわざ荒 らしにくんな。
    少なくとも僕にとっては大事なひとたちなんだわ。僕のだいじなひとを貶すなら、2度とここに来んな。いいな

    はぁ。ごめん。改めてだけど非表示してくれていいからね。

    • 匿名 より:

      長いわ短く書けハゲデブニート信者くんwww

      • 匿名 より:

        悪口や煽りに出てくる言葉って言ってる本人に刺さるのが出てしまうらしいです、自分が刺さるから無意識の内に相手にも有効と思ってしまうからだそうで
        つまりお前は…

        • 匿名 より:

          ・ハゲデブ→しらね(中年ひきこもりのカミングアウトか?)

          ・ニート→朝昼夕晩深夜、問わず毎日コンスタントな荒らし投稿&顔まっか爆速レスで既にニート貴族なのは周知の事実

          ・信者→ブルアカ以外を全否定する排他主義者
          頑なに使ってる厨って言葉が刺さる刺さる
          本人がホントにブルアカ好きかはナゾ

          こいつがブーメランワードで自爆テロ失敗してるのはいつもの事よ
          この掲示板の風物詩よ

      • 匿名 より:

        やっぱ細かい字が多いと読みづらいんじゃん
        ルーペ持ってこいよ老眼爺

    • 匿名 より:

      そんなこと言う割に自分も匿名なんだなww
      それかTwitterだと顔面アイコンに名前本名使ってるのかなwじゃないと辻褄が合わないもんwww

    • 匿名 より:

      ここの荒らしに人の心とかそんな高尚なもの理解できないから
      同じ地平に立って対話しようとすると平行線を辿り続ける(今まで諭そうとした穏健派コメントみんなそうなってる)
      ガン無視するか蟲を観てるつもりで言葉投げつけるくらいが丁度いい
      ごめん、虫に失礼だったわ(_ _;)

  275. 匿名 より:

    下の方で流れてた複霊での絵札泥効率だけど俺も気になってた
    ①運命600で低lv高速周回
    ②運命2〜300入れてlv110〜116周回
    ③運命なしでlv118以上
    運命泥がどれくらいのか知らないんだけど、どれが一番効率いいの?教えて偉い人

    • 匿名 より:

      ①はやったことないけど運命値実装前は③、実装後は3人100入れてなるべく高レベル(最近の固い複霊は108~112、古い複霊なら118~120)を回ってる
      自分の周回結果だと運命値300(+25×3人)での絵札ドロップ数は高レベル周回で直ドロップの半分以下、約4分の1なので運命値ドロップを頼りにする①はたとえ600でも厳しいんじゃないかな…
      信頼度戻すのが大変なので無理周回はしたくないから、同じやる気で多くの結果が出せるように高レベル回してる
      複霊開催期間中1枚完成までに運命値枠で1枚も出なかったことはない感じ

    • 匿名 より:

      つまり②か。感覚としては1/4なんだね。凄い参考になったありがとう
      俺も②で回してるけど試行数足りてなくて全然落ちないから、もっと低いかと思ってた
      1/4だとするとターン増やしてでも運命値上げるより3T組んだ上で枠余るようなら運命積むってのが良さそうかね

  276. 匿名 より:

    紅魔塔、またブ菫子主役作のキャラ順で回してるよ
    もうブ菫子贔屓はええっちゅーねんっ、そういうところやぞルーン

  277. 匿名 より:

    そんなことより1000コメめざそうぜハゲども!

  278. 匿名 より:

    あんまり偽善者ぶんないほうがいいよ

  279. 匿名 より:

    荒らしにも全力投球なお前らが住み着いてるから荒らしが活き活きする

    • 匿名 より:

      ここが荒らし培養槽か
      元からそうゆう気質の風土だからしゃーなし

    • 匿名 より:

      ここは廃墟の掃き溜めだよ?
      1ヶ月以上更新ないサイトなんだそこに人が居る時点で異常なんだから
      ここは議論の場を失った、まさにホームレスの溜まり場なのさ

  280. 匿名 より:

    ありゃ〜あっさり騙されたなー( ゚д゚)

  281. 匿名 より:

    アルテマにブルアカ侵食してるやんけ
    ここでアルテマの話題出した奴責任取れよクソが

    • 匿名 より:

      お怒りはよく分かるけど無理だと思うよ
      下の木の方で自供してるけどここの荒らし
      このサイトでアルテマが話題になる前からそっちに攻撃始めてるから遅かれ早かれこうなってた

    • 匿名 より:

      ログインして運営に通報してる
      他サイトの名前出して荒らしに来てるバカやブルアカの話題だしてるアホがいますよって

    • 匿名 より:

      ババ抜きのババみたいなヤツだな

    • 匿名 より:

      ちなみに向こうは運営に通報したら動くんか?動いてくれるなら通報しやすくするんやけど

      • 匿名 より:

        ここはともかく向こうに関してはもし、あまりにも酷くなって来たら考えがある

    • 匿名 より:

      元々アルテマで荒らしてた人間なんだから実家に帰ったようなもんだろ
      にしてもアルテマキッズ達のスルースキルが意外と高いのウケた
      もっとわちゃくちゃなるかと思ったらスンッとしてるわ
      居心地悪い実家で肩身狭そうにしてるわ

      • 匿名 より:

        それに関して自分も関心してしまったw親に良い育て方されたんだろうな

        • 匿名 より:

          「うんこばっちい、触れてちゃダメ」という単純明快な常識ひとつで事足りる内容だけどな

          向こうは持ち前の連帯感を持ってガン無視してるけど
          こっちのサイトにそんなものはハナから無いから荒れ放題

          • 匿名 より:

            割りとこれ芯を食った話で
            ネットも現実とそうそう変わんないんだって感覚が大事なんよね
            たとえば駅のエントランスとかでワケわかんないこと叫んでるヤバイおっさん居たとしてあなた話しかけますか?って話
            現実世界でうんこ触んないでしょ、ネットでも触っちゃダメよ、ていうのは言いえて妙やね

          • 匿名 より:

            駅で叫んでる人いたらとりあえず話しかけるだろ、何か助けが必要な状況かもしれんしそれ次第じゃ駅員なり警察なり呼ばなきゃならんし。

          • 匿名 より:

            駅のエントランスとか自分にとってどうでも良い場所ならほっとくけだろうけど…
            自分にとってそれなりに大切な場所にうんこが落ちてるなら拾うし変な人がいるなら話しかけるな

      • 匿名 より:

        ここの連中(もちろんあなたも含めて)より民度高いということの追認になるが
        その反応で大丈夫か?無闇に人を舐めるのは良くないのはこのサイトを見てれば火を見るより明らかでは?

        • 匿名 より:


          ああ、ごめん
          アルテマキッズって蔑称で言いたかったんじゃなくて、たぶん会話の内容からして本当にキッズなんだよ、リアルキッズ
          馬鹿にしたわけじゃ無いんだ
          対してここにいる人らは全員おっさんだと思ってる(偏見)

          • 匿名 より:

            おっさんもそうだが分別がわからない学生も1部いそうだけどね・・・

          • 匿名 より:

            いや、こちらも言い過ぎたよ
            ただリアルキッズでも馬鹿にしてるとあなたもここの荒らしと同レベルになるのやだなぁと思ってしまった
            自分もキッズ年齢ではないけどアルテマの方の対応を見て無視を徹底する態度がかなり立派だと思ってしまったクチでね

          • 匿名 より:

            ↑ちなみに荒らしがアルテマ原産なのかは純粋に知らん
            案外ここの元赤魔理沙キチとかそのあたりの恥かいた連中の逆恨みかもしれん

          • 匿名 より:

            子供たち同士でキャッキャしてるところに
            いきなり変態おじさんが乱入してきたみたいな形だからねw
            気が気じゃなかったよw

          • 匿名 より:

            第一声から女装おじさんですって自己紹介しながら子供の輪にズカズカ入ってったからなぁ
            近所の公園で見たら通報モノ

      • 匿名 より:

        そうなんか?
        自分もこの荒らしてる阿呆を相手したこともあったけどキッズ達を見習って以降スルーするか

      • 匿名 より:

        キッズとか煽ってるお前はキッズ以下の爺か

    • 匿名 より:

      二人の青年が仕事帰りにダベってました
      A君「俺、最近金欠なんよ」
      B君「お前最近ツイてないよな。銀行とかには金が腐る程あるのに、世の中って上手くいかないよねw」
      次の日、A君は銀行強盗の現行犯で捕まりました
      これなA君が頭とモラルがオカシイだけなんよ

  282. 匿名 より:

    ワカモの復刻ガチャって絶望的スかね
    ドヒナミカ水ハナはこの間のフェスで揃ったからいいんすけど神秘アタッカーいなくて禿げそう・・・