画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文
情報

東方project最新情報・ニュースまとめ

 このサイトはスマホアプリ『東方LostWord』の攻略サイトですが、配信が開始されたら『ロストワードから東方を知った』『東方は何となくしか知らないけどロストワードを始めてみた』という人も少なからず出て来るかと思います。

 そういう人達に東方を布教…というか、東方をより知ってもらえるように、東方projectに関する大きめの話題や、気楽に触れられそうな話題をこちらの記事で随時更新していこうと思います。

 勿論、本筋はゲームの攻略なので細かい話題までは拾えませんが、ナンバリング作品の発表や公式書籍作品の更新、大きめのイベントなどは紹介し、あまり深く東方を追ってこなかった人にも『東方界隈が今どんな感じか』をざっとでも伝えられたらと思います。

新しい東方のソシャゲ…?

 2020年6月8日付けの出願で、株式会社DeNAから『東方ダンマクカグラ』なる商標が出されているようです。

 商標の区分が携帯ゲームとなっているので、『東方キャノンボール』『東方ロストワード』に続く、第3の企業産東方ソシャゲということになるでしょう。まだ商標が出願されただけなので、配信はまだまだ先の話にはなるでしょうが。

 現在、ZUNさんはソシャゲ展開に対しては基本OKを出して行くようなので、『チャンスがある』と思う企業が増えれば、東方の企業産ゲームは今後も増えて行きそうな予感です。

 今の所、キャノンボールはボードゲーム、ロストワードはRPGと住み分けは出来ている感じですが、『ダンマクカグラ』のジャンルや如何に…?

月末の公式書籍作品更新!

 毎月末恒例、東方公式書籍作品群が29日の昼頃に更新されます。更新は11時か12時頃だったかな?

 こちらから全作品無料で読めます

 智霊奇伝は最新話、酔蝶華は月刊コンプエースで連載されている最新話から1つ前の話、三月精はとうの昔に完結したもののリバイバル連載中です。その他、いくつかの二次創作連載作品もあります。

 特に今回は、あずまあやさんの二次創作作品・『死神はきょうも舟を漕ぐ』のオマケ更新として『公式書籍作品・東方茨歌仙の後日談』が掲載されます。

 シナリオはZUNさん監修、公式の後日談です。楽しみにしておきましょう。

第16回キャラクター人気投票結果発表

公式サイトURL: https://toho-vote.info/result16/result_list_character.php

 この界隈では恒例となった、非公式キャラクター人気投票第16回の結果が発表されました。

 知らない人からすると『所詮は非公式の投票だろ…』と思うかもしれませんが、既に17年の歴史とアドレス登録制でありながら万単位での投票数を持つ企画であり、東方界隈では注目している人も多いです。

 今回は妖夢が1位ということで、第11回のこいし以来の霊夢の1位陥落です。中々の番狂わせ…。

 その他、作品部門や音楽部門のランキングも出ているので、公式サイトの方も覗いてみましょう。

最新作・剛欲異聞について

 黄昏フロンティア製作の公式作品(17.5thナンバリング)・『東方剛欲異聞』ですが、おそらくこちらは『例大祭』或いは『C98コミックマーケット』辺りで頒布されるでしょう。

 …という話だったのですが、緊急事態宣言を始めとした社会情勢により、例大祭・コミックマーケットは共に中止となってしまいました。

 これを受けて剛欲異聞がどうなるかの続報については、5月17日の『エア例大祭』で何か告知があるかとも思っていたのですが、こちらでも音沙汰無し…。

 二軒目ラジオでは以前からもうすぐ出るという話があったし、コロナ関連の色々でイベント延期などを受けた時はZUNさんから『ラスボス曲を作り直してる』などの発言もあっただけに、何となく完成していそうな雰囲気はあったのですが、続報はありません。

 単に機を伺っているだけであれば良いのですが、時期が時期なだけ心配な所もありますし、何か告知も欲しい所です。

 公式サイトURL: http://www.tasofro.net/touhou175/

 6月6日に放送されたインディゲームの生放送番組・『INDIE LIVE EXPO 2020』ではZUNさんが新作についての話もちょっとしていましたが、文脈的にはあまり剛欲異聞がどうこうという話でも無かったので、やはりこちらは不透明です。

steamに原作STG作品が追加

 Steam(PCゲーム販売のサイト…というかプラットフォーム)に、6月6日から『東方風神録』『東方地霊殿』『東方星蓮船』の3作品が新たに追加されました。

 上海アリス幻樂団のSteam作品ページはこちら

 そしてこれに加えて、5/28放送の二軒目ラジオでZUNさんが『東方永夜抄』『東方妖々夢』はSteamのチェックを通れば出せるということを言っていたので、こちらも近々追加されそうな雰囲気です。

 ダウンロード販売なのでPCだけあれば購入して即プレイ可能、かなり身近になりましたし、これでSteamには紅魔郷・花映塚・文花帖以外の全STGタイトルが揃うことになりそうです。(黄昏作品は憑依華以外ありませんが…)

  紅魔郷などは現物を持っていてもWindows10だと外部ツールを使わないとプレイが困難、身近になるために是非ともSteamでも出て欲しいですが、それだけにSteam用移植は作り直しに近い形になる…なんて話も昔聞いたことがあり、実際に5/28の二軒目ラジオでも『紅魔郷は無理』という話があったので、ここはちょっと絶望的ですが、とにかくその他のSTG作品はほぼ全てPCでプレイ出来る環境が整いつつあります。

 東方旧作も市場流通の可能性があるかも、なんて話も出ているので、原作が非常に身近な時代になったという感じです。

東方とサンリオがコラボ?

 4月1日、サンリオ公式Twitterから『東方projectとコラボする』という告知がありました。

 日が日なだけに『エイプリルフールでは?』という声もありましたがしっかり商標登録もされており、コラボグッズ等が順次発表されるようです。

 東方の商業コラボも別にこれが初という訳ではなく、商業IPとのコラボという意味では太鼓の達人やら頭文字Dやら、前例も色々ありますが、『ここまで一般知名度の高いIPと組んでのグッズ展開』というのはそう例が無く、中々大きな大きな転換点かもしれません。

 …という話でしたが、こちらも既に2ヵ月以上が過ぎたものの音沙汰無しです。

 前述のように商標登録もされてるみたいなのでエイプリルフールということも無いハズですが、何かしら難航しているのか…。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    死神は公式じゃないのにそこで公式の後日談をするのややこしみ

  2. 匿名 より:

    カグラってのは、やはり3DSから始まったあのシリーズがモチーフということか?

  3. 匿名 より:

    はいレイカセ尊い
    最高の後日談ですわ

  4. 匿名 より:

    ただでさえCBとLW掛け持ちしてるからこれ以上増やされてもキツいんだよなぁ。
    企業はチャンスと思っていても、実際後発になればなるほど人は集めづらくなるんじゃないかね。

  5. 匿名 より:

    管理人さんの東方愛は伝わった

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)