画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文
キャラクター情報

【東方ロストワード】岡崎夢美について

公式情報
東方夢時空より

 『東方夢時空』が初出のキャラクターです。

 現状、『東方ロストワード』におけるキャラビジュアルは公開されておらず、また秋季例大祭で公開された『制作完了キャラ一覧』にも名前が載っていなかったので、バトルキャラとしての参戦は決まっていません。

旧作キャラの登場可能性について

 旧作キャラの登場可能性については、下のページに詳しくまとめてあります。

旧作キャラについて

 結論だけを言えば、『旧作キャラが登場する可能性は限りなく低い』ということになりますが、可能性が全くの0という訳ではないので、一応ページを作成しておきます。(夢美が出るか気になってこのページに辿り着く人には、ここから上のページも見て欲しいですし…)

使用ショット・使用スペル

 参戦未決定なので、使用するショット・スペル・ラストワードは不明です。

スペル判明キャラ一覧はこちら

拡散ショット不明
集中ショット不明
スペルカード1不明
スペルカード2不明
ラストワード不明

 ただし、例大祭試遊で各キャラクターは最大で『スペルカード』2種類、『ラストワード』1種類所持であることは明らかになっています。

 旧作においては『スペルカード』の概念は無いので、仮に登場するとすれば全て『ロストワードオリジナル』のスペルが用意されて来るでしょう。

 ただ、旧作でも弾幕自体は存在した訳で、そちらをモチーフにした上でのオリジナルスペルということにはなるでしょう。特に赤い十字架は有名ですし、これを材料として使わない手はありませんから。

 まあ、登場すれば、の話ですが…。

スペルの仕組み解説はこちら

スキルについて

 試遊台にて、キャラクターはそれぞれ『3種類のスキル』を持つことが確認されています。

 スペルに加えて、この『スキル』によってキャラクターの性能が差別化されるのでしょう。

 

 参戦未決定なので、夢美のスキルは不明です。

 イメージ的には、やはり『科学』という所がポイントになるでしょうか。通常のキャラとは系統が違うイメージなので、通常の属性に捉われないようなスキルだったりするとそれっぽい…?

想定される性能

 基本的には旧作キャラクターですから、やはりwin版のメインキャラ達と比べれば、東方二次創作RPG作品における登場頻度は低めです。

 ただ、旧作勢は『忘れ去られた過去』という響きに何とも言えぬ魅力があるのか、出る時は出るし、強力なキャラやボスとして登場するパターンも結構多く、夢美もそんな感じで登場する作品もそこそこあり、存在感は意外と大きかったりします。

二次創作ゲーム・美鈴の冒険より。クリア後のみ仲間になる隠しキャラ

 性能的には、科学と魔法で色々出来るイメージからなのか、特別何かに秀でた訳ではなく色々とこなせるタイプのキャラクターとして実装されることが多いイメージです。

 特に夢美なんかは隠しキャラみたいな立ち位置で実装されることも多く、こうなるとただでさえ基礎性能が高いキャラとして実装されることも多いので、その辺の影響もあるのかもしれませんが…。

 仮にロストワードで出すにしても、『夢美らしさ』を性能に反映させるのは中々難しそうなイメージはあります。

 演出面では特徴的な弾幕や、特徴的な数々のアイテムなども使えそうで、そちらでの苦労は全然無さそうなのですが…。

入手方法

 参戦未決定なので、現状では不明です。

 仮に出るとした場合、既往のRPG作品でも『隠しキャラ』みたいなパターンが多かった訳で、やはり高レアリティのガチャ排出とか特別感溢れる形での登場にはなりそうです。もし出ればの話ですが…。

個人的な要望

 プレイアブル化自体の望みは非常に薄いだけに、やはり『存在の示唆』程度でいいから、旧作世界との地続きを匂わせるような要素を見せて欲しいかなと思います。

 こちらの記事でも述べたように、やはり登場させるには無理があり過ぎるものの、小ネタのような形で『過去に霊夢達が夢美と会っている可能性』を、知っている人であれば察せる程度には混ぜて欲しい…。

 例えばそれは、霊夢が咲夜と会う以前にもメイドな人物と面識があることを匂わせたり、魔理沙がとっておきのミサイルを隠し持っているなんて話をしてみたり、神子や菫子のマントにいつかどこかで見た面影を感じさせてみたり…。

 テキスト1行でもそんな話があれば、『絶対アレの事とは限らないけど、もしかして…』という妄想の余地は残りますし、思いを馳せることだけは出来る訳です。

 登場させるのは難しいにしても、『この世界には旧作キャラなんて存在しませんよ』なんてのを言い切られるのも寂しい限りですから、匂わせ程度でいいから何かしらの要素は欲しいです。

魅魔の派生カードについて

 派生がどうこう以前に、1枚でも出てくれれば奇跡でしょう。

 まず無いとは思いますが、0.1%でも期待をしてみたいのも人情です。

ボイスについて

 1キャラクターについて『3種類のボイス+ボイス無し』から自由に選択出来ることが公式生放送で発表されています。

 仮に登場するとしたら、やはり強気な感じのボイスが似合いそうではありますが。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)