画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文
キャラクター情報

【東方ロストワード】蓬莱山輝夜について

 2020年4月30日の『東方ロストワードリリース開始』よりも前に『参戦決定』『キャラクター作成済』が発表されているキャラクターです。

 まだゲーム内にプレイアブルキャラクターとして実装はされていませんが、公式Twitterの方でリリース前から一部スペル・ボイスの公開が行われており、またメイン探索の序章でも敵として登場し、一部の性能などが判明しています。

 既に完成していつでも出せるというキャラクターなので、出るのは時間の問題でしょう。

 6月末には鈴仙のイベントなんかも予定されていますし、早ければその辺で登場するかも…?

公式情報

 詳しい性能は明らかにはなっていませんが、一部の性能がリリース前・後に断片的に示されています。

 リリース前のSSでは八陣法の『虎翼』、これは今でいう『技巧式』なので、素直に来るのであれば輝夜は技巧式となりそうです。

 こちらの記事でも述べましたが、『技巧式』は強力な特化性能を持った強豪キャラが犇めく、ハズレ無しとも言うべき式であり、輝夜も性能の期待値は非常に高い感じです。

 まあ、上のSSで言うと鈴仙はリリース前は技巧だったのに実際は妨害、という例もあるので絶対に技巧とは言えませんが、取り敢えず一番可能性は高そうです。

 スペルは神宝『ブディストダイアモンド』、神宝『サラマンダーシールド』が事前情報や序章での登場時に確認されており、ラストワードは永夜抄キャラなので間違いなく『蓬莱の樹海』になりそうです。

 属性的には『土・星が弱点』『金・日が得意属性』が判明しており、現時点で判っているのはおおよそこんな所です。残りは実装後に明らかになるでしょう。

想定される性能

 『技巧式』になりそうということで、同じく『技巧式かつ蓬莱人』である妹紅の性能なんかは結構参考になりそうな気もします。

 妹紅は自傷ダメージを受けるものの、それをスキルやラストワードで回復しつつガンガン攻撃・ブレイクを仕掛けていくタイプで、輝夜もそこまで攻撃特化にはならないにせよ、『回復』なんて所は結構参考になりそうです。

 実際、スペルの片割れのサラマンダーシールドは原作の弾幕再現からは程遠く、グリモワールオブマリサのアイテム記述からイメージを膨らませた感じで、燃え盛る盾を手に特攻するような感じですが、これも妹紅みたいに自傷ダメージが付いているかも?

 ただ、1つ言えるのは、これまで登場した技巧式のキャラクター達は全て『与ダメージを稼ぐ』という所に、アプローチは違えど何かしら特化した性能を持っていたので、輝夜もその点は安心出来そうです。

登場時期について

 『制作完了済キャラクター』なので、遅くとも数か月以内には確実に登場して来そうですが、6月末の展開はかなり気になる所です。

 5月下旬には『紅魔館に関わるイベント』が開催され、そこに連動するガチャが開催、ということで美鈴レミリアフランドールが連続実装されました。

 今回は鈴仙が主役のイベントになりそうで、その舞台が永遠亭となるのであればそこに連動して輝夜永琳が一緒に出て来るとかもあるかもしれません。

 まあこちらは蓋を開けてみないことには分からないので、取り敢えず6月下旬の動きに注目です。

既往の東方二次創作RPGでは?

( 二次創作ゲーム・東方幻聖魔より。再生能力などを持つ)

 初出が永夜抄の古参キャラクターであるだけに、ロストワード以前の東方二次創作RPG作品でも出番は多かった…のですが、6ボスで重鎮的存在、永遠亭に隠れ住んでいた出自からも出不精なイメージが強く、『物語に関わる動機付け・必要性』を薄く感じる作り手が多いのか、同じ永夜抄組だと鈴仙・妹紅なんかよりはプレイアブル化作品もずっと少ない感じではあります。

 そうは言ってもやはり歴史があるだけにプレイアブル化作品もそれなりにあり、そこではやはり『不死身の蓬莱人』という特性を活かして耐久力や回復力を前面に押し出していることが多い印象です。

 その他で言うと『5種の神宝』を技にして多様な属性の攻撃をしたり、『永遠と須臾を操る程度の能力』のイメージで素早さや行動順などに関わる性能を発揮したり、というのも見たりします。

 ただ、この能力自体がRPG向けに解釈するのも難しいですし、グリモワールオブマリサでも『こいつはスペルカード戦では滅多に自分の能力を使わないんだよなぁ』なんて言われている位で、ここを上手いことシステムに当てはめるのも中々難しそうではありますが。

永琳とWピックアップ?

 藍と橙、咲夜と美鈴、レミリアとフラン、ここまで東方ロストワードは関連性の深いキャラクターをWでピックアップするケースが多かったので、輝夜も永琳とWピックアップのガチャで登場しそうな予感です。

 特に永琳はリリース前の段階では『回復式』で、しかも回復式で実装出来そうな数少ないキャラクターなのでそのまま来そうですが、現環境だと回復式のキャラは単体だと活躍しづらいので、『技巧式』である輝夜と2枚看板にしてガチャとしての価値も高めて来そうな雰囲気はあります。

 Wで来れば引くガチャは1つで済むし、ピックアップが2人になったからと言って確率が半減する訳でもないので、この辺は永夜抄が好きな人にとっては嬉しい感じでしょうか。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    タレ目輝夜超好き
    封結晶600個貯めてるからはやく来て

  2. 匿名 より:

    レミフラはバカ売れしたけどえーかぐじゃそこまで売れなさそう

  3. 匿名 より:

    天井分溜まってるからガチャきてくれるといいな。

  4. 匿名 より:

    永琳や輝夜、綿月姉妹の性能がどうなるのかは不安だなぁ。原作の設定を重視して月の民のメンツがチートになるのは仕方が無いと思うけど、それ考えると紫や霊夢の性能は酷すぎる。東方において重要な立ち位置のこの二人の性能がこのままなのはどうにかすべきだと思う。東方はやっぱり、昔から人気のあるジャンルだから、キャラクターの性能には優劣じゃなくて差異をつけて欲しい。

  5. 匿名 より:

    スペカとかのBGMはHelp me になるのかな…
    白蓮さんのブーストボイスもそうだけどあまりネタっぽくなり過ぎるのもね

  6. 匿名 より:

    スペカラスワの属性検証結果

    ブディストダイアモンド:①妖夢白ダメ ②白蓮白ダメ ③メディ赤ダメ 結果 金属性

    サラマンダーシールド:①妖夢赤ダメ ②八雲らん赤ダメ 結果 火属性

    蓬莱の樹海:①白蓮青ダメ ②加奈子白ダメ 結果 水属性

    ※コレはブースト無しの結果だと思われます。ガバがあったら追及おねがいします。検証後追記します。白蓮が強かった…。

    • 匿名 より:

      ※追記 耐久してたときに見えたスキル
      名:カリスマプリンセス 効果:陽防陰防をあげる

      (´ ・ω・`)

    • 匿名 より:

      白蓮青ダメなら水じゃなくて木なのでは?
      それと敵時のスキルは参考にならないよ紫という前例がある

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)