画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文
絵札情報

【東方ロストワード】『☆5サンダー・ビート』について。評価・おすすめのキャラなど

 『エネルギー弾』『木属性』2つのバレットに対して高倍率なダメージ補正を入れられる絵札です。

 このゲームは『攻撃力バフ』が10段階で打ち止め、またバフ限界に近付く程攻撃バフのダメージアップ効率が悪くなるので、その手の高倍率バフを行えるキャラにとっては高倍率なダメージ補正絵札は重要でもあります。

 現状、こいしなんかはこの絵札が最高にハマる所がありますし、今後も『エネルギー弾持ち』というだけのキャラでも、バフ倍率の高いアタッカーならハマる所もあるでしょう。

 速力ステ補正値が異常に高く、『行動順調整』に使える所もポイントで、活かせる場所は十分ありそうな絵札です。

絵札特性

初期状態効果限界突破後効果
特性①装備スペカのエネルギー弾の威力15%アップ(1T)30%アップ(1T)
特性②装備スペカの木属性の威力15%アップ(1T)25%アップ(1T)
特性③装備スペカ使用時に付喪神から受けるダメージ25%ダウン(3T)変化なし

ステータス補正

補正ステータス初期状態+10状態
速力+45+125
陽防+15+55

絵札の概要

 最大のポイントは、やはり『エネルギー弾』『木属性』の2種のバレットに対する高倍率なダメージ補正です。

 弾種と属性なので両立する事すら可能ですし、とにかく『エネルギー弾主体』のキャラクターにつければ間違いないという所です。

 特にこいしは代表例で、『ラストワードが全バレットエネルギー弾&木属性バレット3つ』となっているので補正値が非常に大きく、フルブーストラストワードならスペル全体で見ると『ダメージ40.6%アップ』相当の補正を得られることになります。

 『☆5圧倒的な火力』『☆5奇妙な縁日』のような陰攻アップ絵札と比べてどちらが高い補正が得られるか、というのも気になる所でしょうし、実際のダメージ倍率補正を比較してみましょう。

 こいしはデフォルトでは陰攻3段階アップ、ラスワの途中で『陰攻2段階アップ』が確立で最大2回発生するので、それぞれのバフ倍率から絵札で『陰攻3段階アップ』した時のダメージ補正倍率を見てみます。

絵札によるバフ倍率相当ダメージ上昇倍率
3段階⇒6段階ダメージ47.4%アップ相当
(2.8÷1.9=1.4736)
5段階⇒8段階ダメージ36.0%アップ相当
(3.4÷2.5=1.36)
7段階⇒10段階 ダメージ29.0%アップ相当
(4.0÷3.1=1.2903)

 このように、確率バフが一切発生しなければ陰攻アップ絵札の方が優位を取れますが、確率バフが発生したバレット以降は完全に負ける形になって来るので、こいしのラスワが良い方に運んだ時はこの『サンダー・ビート』の方が大きなダメージ補正値を得られるでしょう。

 特にアリスや阿求のようなサポートキャラと併用する場合は陰攻アップ絵札のダメージ補正倍率は更に下がるので、この絵札はより優位に立てます。

 シチュエーション次第ですが、概ねこの絵札はこいしにとっての最適絵札に近い所はありそうです。

 また、速力ステータス補正値が+10の時は+125になるという事で、ちょっと補正の大きさがその辺の絵札とは一段レベルが違います。

 使わないスペルにでも付けておけば、例えば『小悪魔豊姫』のように、絶対その順番で動いて欲しいキャラの組み合わせを補強するのにも役立つでしょう。

 実際、このゲームは速力で勝っていてもその差が小さいと乱数で行動順が逆転することがあるので、差を大きくしておくに越した事はありません。

オススメのキャラ

 最注目はやはりこいしでしょう。ラスワのバレット構成は見事なまでにこの絵札にピッタリです。陰攻3段階アップの絵札の方が優位なケースもありますが、『味方のサポート込み』なんて条件であれば圧倒的に上を行く補正値となりますし、取り敢えずこいしにとっては良い絵札です。

 後は前述のように速力・行動順調整したいキャラに付けて置けば十分でしょう。

 先の例に挙げた小悪魔・豊姫は素の時点で小悪魔の方が速力は相当上ですが、万に一つも乱数による逆転を起こしたくなければ、使わないスペルにこの絵札を付けて速力を底上げしてあげると良いでしょう。

売却&限界突破について

 ダメージ補正絵札全てに言えることですが、とにかく4凸させない事にはステータスアップ絵札にアドバンテージを取るのは難しいので、3凸までだと強さも実感しにくいでしょう。ゆっくりでも良いので4凸を目指したいです。

 売却は勿体ないでしょう。今後ハマるキャラが出る可能性も十分考えられるし、売らずにしっかり重ねて行きましょう。

総合評価

 高いダメージ補正持ちなので、今後『エネルギー弾主体の高バフキャラ』が登場するだけで一定以上の適正を持てるし、現時点でもこいしの最適絵札候補にもなれて速力調整にも使える、中々に優秀な絵札です。

 ステアップや命中アップ絵札には当然汎用性で大きく劣りますが、その分ハマる相手には大きな効果も得られますし、大事に育てて行きましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)