画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文
キャラクター情報

【東方ロストワード】小鈴ちゃんの両親について

公式情報

 『東方鈴奈庵』が初出のキャラクターです。

 現状、『東方ロストワード』におけるキャラビジュアルは公開されておらず、また秋季例大祭で公開された『制作完了キャラ一覧』にも名前が載っていなかったので、バトルキャラとしての参戦は決まっていません。

 『出るわけねえだろ鈴奈庵燃やすぞ』という声も聞こえて来そうですが、非戦闘員である小鈴自身も既にバトルキャラとして参戦が決定しており、同じく非戦闘員で、しかも『妖魔本』などのバトル描写に使えそうな要素も無い阿求までもが参戦を決めている現状を顧みれば、絶対無いとは言い切れないでしょう。

 0.0001%くらいは参戦の可能性もあるかもしれません。

使用ショット・使用スペル

 参戦未決定なので、使用するショット・スペル・ラストワードは不明です。

スペル判明キャラ一覧はこちら

拡散ショット不明
集中ショット不明
スペルカード1不明
スペルカード2不明
ラストワード不明

 ただし、例大祭試遊で各キャラクターは最大で『スペルカード』2種類、『ラストワード』1種類所持であることは明らかになっています。

 未収録だったスペルは、今後ガチャやイベントなどで実装される新しいカードに実装されることになるでしょう。

スペルの仕組み解説はこちら

 言うまでもなく、小鈴ちゃんのご両親は今のところ何ら特殊な描写もない極々普通な里の一般人なので、スペルなど使うハズもありません。

 しかし、前述のようにスペルも戦闘手段も持たないキャラ達も参戦を決めているので、都合しようと思えば何かしら都合は出来るでしょう。

 未だ未公開ですが、阿求の演出などが参考になるかもしれません。

スキルについて

 試遊台にて、キャラクターはそれぞれ『3種類のスキル』を持つことが確認されています。

 スペルに加えて、この『スキル』によってキャラクターの性能が差別化されるのでしょう。

 参戦未決定なので、小鈴の両親のスキルは不明です。

 小鈴ちゃんはかなり甘やかされて育てられてる感もあるので、その連想で敵の戦意を削ぐみたいなデバフ効果とかがまだそれっぽいかも?

想定される性能

 当たり前ですが、既往の東方二次創作PRGゲームにおいて登場している作品はついぞ見たことがありません。あったら教えてください。

 というか、小鈴阿求すらバトルキャラとしての参戦は極めて稀ですから、そりゃもう参戦機会があるハズもなく…。

 鈴奈庵がショップ的な立ち位置で作品に登場する場合ですら、基本は小鈴が店番で両親なんて影も形もありませんから、バトルキャラ以前にNPCとしての登場すらまず無いというのが現状です。

二次創作ゲーム・東方彩幻想より。鈴奈庵が登場する作品は多いけど…

 そういう中でバトルキャラで実装するとしても、原作ではほんの一瞬呼びかけや姿があっただけで人格を読み取れる描写もほぼありません。

 汲み取れるとしたら、やはり小鈴自身の割と奔放な性格から、自由にのびのび、それでいて大事に育てられたのだろうという所…。

 そういう意味では、優しさとか世話焼きとかそういう連想で、回復だったり、敵の攻撃力を下げたりという性能に繋がるかもしれません。メチャクチャ強引ですが…。

入手方法

 参戦未決定なので、現状では不明です。

 続報あり次第追記します。

個人的な要望

 真面目な話、バトルキャラとしての実装はまず無いでしょうし(リリース延期で更新する内容が無くなった)期待もしていませんが、『シナリオ』という部分で、何かしらその存在を有効に使うことは十分出来るのではないかと思います。

 東方に登場するキャラクターで家庭環境に触れられるキャラクターは非常に少なく、妖怪達も設定上でのルーツや出自のお話はあれど、それを軸に物語を展開するような例はそう多くない中、原作でしっかりと親として描写された、というのは中々に大きいような気もします。

 お涙頂戴の家族愛劇場、なんてのは東方らしくもありませんが、少なくともRPGとして色々なお話を展開して行く中で、『本居小鈴』というキャラクターに着目したシナリオなんかを作るのであれば美味しい存在でもあるでしょう。

 ロストワードは多くのキャラクターが登場する、所謂キャラゲー・お祭りゲーみたいな所もありますが、ただ出すだけでは寂しいですし、キッチリ1人1人のキャラを掘り下げて行く要素も欲しいですが、そんな中でゲームのシナリオ上に登場させていくなら、十分に存在感も放てるキャラクターにはなるかもしれません。

派生カードについて

 1枚出れば奇跡でしょう。派生とか言ってる場合じゃありません。

 というか、『俺の推しキャラがまだ未登場なのに小鈴ちゃんの両親の2枚目のカードが出たんだが?』とかなったら暴動必至です。

ボイスについて

 1キャラクターについて『3種類のボイス+ボイス無し』から自由に選択出来ることが公式生放送で発表されています。

 まあ、ボイスがどうとかそれ以前のお話でしょう。このゲームはフルボイスではないので、シナリオパート上だけの登場ならボイスは無しです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    出るわけねえだろ鈴奈庵燃やすぞ

  2. 1人でも攻略陣!管理人 より:

    小鈴は『立ち絵作成済みのバトルキャラ』として公開されているので、参戦自体は確定です!
    ただ、やはり『どう戦わせるんだ?』というのはあって、まあモーション的には妖魔本から何か呼び出したりとかそんな感じなのかな…という気はしてます。(霊夢に割られそうだけど…)

    ただ、やはり小鈴以上に阿求は本当にどうするんだろうというのはありますね。
    小鈴と違ってどこの時間軸で切っても、どの描写を拾っても戦闘出来そうにないので、スペル演出が一番気になってます。
    ボクシンググローブ嵌めてるコマなんかもあったけど、まさかね…

  3. 匿名 より:

    小鈴はあの騒動があって立場が大きく変わったのもあるから実は今はそれなりに戦える説はあるけれど阿求は本当に謎

  4. 匿名 より:

    初投稿です。
    個人的には小鈴はバトルキャラでの参戦は決まってると思います
    というのも、絵札に出るのが確定されてる神子がその製作完了表には存在しないからです(名推理)
    …神子のページでも同じこと言ってましたね(笑)
    確かにどういう能力で出されるかは未知ですが、公式が状態異常やバフ・デバフの存在を公表してくれればかなり予想が立てられますが
    単純な戦闘能力は低そうです

  5. 1人でも攻略陣!管理人 より:

    元々、12月リリースのつもりでサイトを作ったので4ヵ月も遅れると流石に無理がありましたね…。

    でも、ご両親の描写は原作にはほとんど無いですけど、それだけにロストワードで膨らませても良いんじゃないかなとは本気で思ってます。あくまでシナリオ上で、という話ですが。

    小鈴ちゃんの性能は原作で参照出来そうな部分が無いので中々難しいですね…。
    やっぱり妖魔本で何か呼び出して戦うイメージくらいかな?それだと割と色々な性能には派生出来そうかな…

  6. 匿名 より:

    異想穴だとこんな性能だけど、まあ完全に想像だろうなぁ…

  7. 匿名 より:

    ロスワの話題が何もないから完全にネタに走ってるw
    毎日更新は大変ですね
    母に関しては完全にセリフだけでしたね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)