画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文
キャラクター情報

【東方ロストワード】リグル・ナイトバグについて

公式情報
東方永夜抄より

 『東方永夜抄』が初出のキャラクターです。

 現状、『東方ロストワード』におけるキャラビジュアルは公開されておらず、また秋季例大祭で公開された『制作完了キャラ一覧』にも名前が載っていなかったので、バトルキャラとしての参戦は決まっていません。

 永夜抄からは後半ボスは軒並み参戦、前半ボスは軒並み未参戦という別れ方をしていますが、要するに月勢がまずはシナリオに関わってくるということでしょう。シナリオ登場順に参戦が決定しているようなので。

 そういう中で、リグルはどのようなタイミングでシナリオに絡んでくるか読みにくいキャラクターですが、その内登場はして来るでしょう。

使用ショット・使用スペル

 参戦未決定なので、使用するショット・スペル・ラストワードは不明です。

スペル判明キャラ一覧はこちら

拡散ショット不明
集中ショット不明
スペルカード1不明
スペルカード2不明
ラストワード『季節外れのバタフライストーム』?

 ただし、例大祭試遊で各キャラクターは最大で『スペルカード』2種類、『ラストワード』1種類所持であることは明らかになっています。

 未収録だったスペルは、今後ガチャやイベントなどで実装される新しいカードに実装されることになるでしょう。

スペルの仕組み解説はこちら

 リグルの場合、スペルは不明ですが、『東方永夜抄』に出演しているという点が大きな手掛かりになります。

 これまでラストワードが公開されたキャラの内、永夜抄・心綺楼のどちらかに登場しているキャラは全員が原作からの引用ラストワードになっているので、リグルの場合も『季節外れのバタフライストーム』が実装されそうです。

スキルについて

 試遊台にて、キャラクターはそれぞれ『3種類のスキル』を持つことが確認されています。

 スペルに加えて、この『スキル』によってキャラクターの性能が差別化されるのでしょう。

 

 参戦未決定なので、リグルのスキルは不明です。

 蟲を操る程度の能力は直接的には能力に結び付けにくいですが、敵に状態異常を与えたり、というのがイメージしやすくはあるでしょうか。

想定される性能

 初出が永夜抄なので歴史は古いキャラクターですが、自機勢との絡みも薄いキャラクターなので、既往の東方二次創作RPGでもそこまでプレイアブル化作品は多い訳ではありません。

 まあ、同期の有名キャラと比べて『比較的には』というレベルで、歴史があるだけに絶対数はそれなりですが。

二次創作ゲーム・東方四重奏団より。昔はこの絡みが多かった…

 プレイアブル化作品においては、やはり『蟲を操る程度の能力』から、毒を持つ蟲などを使役して戦うイメージで、『毒・麻痺・混乱』のような状態異常を敵に与えるような感じの性能が多いです。

 あとは、昔の二次創作作品だと所謂『バカルテット』という言葉に象徴される4人組でセットになることも多く、その4人の中での差別化点として格闘が得意、みたいなケースも結構多かった感じです。

 当時は『リグルキック』みたいな二次創作イメージも強かったので…。

 後者はともかくとして、ロストワード的にもこの『状態異常』というのは性能を作っていく上で1つキーワードになって来そうです。

入手方法

 参戦未決定なので、現状では不明です。

 続報あり次第追記します。

個人的な要望

 演出に蟲とか使うのは賛否両論ありそうだな…という思いもあり、能力をどの程度演出に反映させるのかもかなり気になる所ですが、シナリオ上での扱いというのもやはり気になります。

 リグルだけに限った話ではないのですが、原作で1ボスとして登場するキャラクターの多くは異変の本筋とあまり深い関りが無いので基本的に倒して終わり、その後本筋に絡んだりキャラ同士の関係性が築かれることが少なく、どうしても発展性に欠けがちです。

 そんな中で、キャラクターの発展性を独自に描き、それが定着してきたのが東方界隈における二次創作の特徴ですから、ロストワードもその辺は気兼ねなく展開して、昔よく見かけたチルノやミスティアやルーミアとの絡みなんかでも良いですし、しっかりと『キャラクター同士の関係性』も描いて欲しいと思います。

 『原作にはないから…』みたいな感じで委縮してしまうと、原作で出番の少ないキャラはどうしても不利ですし、そこは二次創作らしい思い切りに期待です。

 まあ、チルノやルーミア辺りとの絡みはセリフもほぼ無しとは言え、三月精や心綺楼でも描かれているので、必ずしも二次設定という感じでもないので『思い切り』と言う程でもありませんが…。

派生カードについて

 リグルのスペルはそう数も多くなく、黄昏作品などの演出映えしやすい作品への出演も無いので、やや2枚目以降のカードも作りにくい部類でしょう。

 早苗のラストワードなんかでは神奈子諏訪子が登場しているように、リグルも引き出しを増やすためには他のキャラとの連携演出なんかも欲しい所ではあります。

 そうなると、やはり先にも述べた4人辺りにはなるのでしょうが。

ボイスについて

 1キャラクターについて『3種類のボイス+ボイス無し』から自由に選択出来ることが公式生放送で発表されています。

 未だ参戦未決定なので、まずはそこからです。中性的なイメージは昔からあるキャラクターですが、どういう感じで出て来るか…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    ついに実質ラスイチになってしまった(桂姫はすでに真弓が名前出してるから近々参戦は確定してる)
    4章のラスボスにでもするつもりなんだろうか

  2. 匿名 より:

    リグルの原作ラスワトラウマになっている人もいるから多少強くしても違和感がないかも

  3. 匿名 より:

    2年目の夏が終わりいつになったら来るのか
    虫系キャラは露骨に後回しにされてる気がする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)