画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文
キャラクター情報

【東方ロストワード】風見幽香について

公式情報

公式twitterで公開された『絵札』カード

 東方旧作・『東方幻想郷』が初出のキャラクターで、win版では『東方花映塚』のみ出演のキャラクターです。

 現状、『東方ロストワード』におけるキャラビジュアルは公開されておらず、また秋季例大祭で公開された『制作完了キャラ一覧』にも名前が載っていなかったので、バトルキャラとしての参戦は決まっていません。

 現状、ロストワードでは『絵札』としてその存在が確認されるのみです。

 ただ、花映塚のキャラとしては既にメディスンも参戦が決まっていますし、まだシナリオ上で幽香が登場して来ないというだけでしょう。

 実装がいつになるかは分かりませんが、その内登場してくるのも間違いないでしょう。

使用ショット・使用スペル

 参戦未決定なので、使用するショット・スペル・ラストワードは不明です。

スペル判明キャラ一覧はこちら

拡散ショット不明
集中ショット不明
スペルカード1不明
スペルカード2不明
ラストワード不明

 ただし、例大祭試遊で各キャラクターは最大で『スペルカード』2種類、『ラストワード』1種類所持であることは明らかになっています。

 未収録だったスペルは、今後ガチャやイベントなどで実装される新しいカードに実装されることになるでしょう。

スペルの仕組み解説はこちら

 幽香の場合、原作時点でスペルがたったの2種類ですから、1枚目のカードを出した時点で原作スペルは使い切る勢いです。

 まあ、既に豊姫大妖精をはじめとしてオリジナルスペルを持たされている者は多々いますし、『ラストワード』に関しては多くのキャラクターがロストワードオリジナル、幽香も間違いなくそうなるでしょうから、独自の演出に期待です。

スキルについて

 試遊台にて、キャラクターはそれぞれ『3種類のスキル』を持つことが確認されています。

 スペルに加えて、この『スキル』によってキャラクターの性能が差別化されるのでしょう。

 参戦未決定なので、幽香のスキルは不明です。

 ただ、幽香の場合は求聞史紀で『能力はおまけのような物』『純粋に高い妖力、身体能力を備えた、妖怪らしい妖怪』という言及もありますし、自分の攻撃力や防御力を高めるようなシンプルなスキルでも説得力はあるでしょうか。

想定される性能

 初出が花映塚と古いキャラクターで、また東方ツクール界隈が盛り上がっていた頃は所謂『バトル系同人誌』みたいなのも流行っていた時期と被っており、その辺との相乗効果か、幽香は昔の東方二次創作RPGではやたらとプレイアブル化作品も多かった印象です。

 『神社の周りにすむ、数いる妖怪の中では最強』という旧作設定とか、求聞史紀の『危険度:極高 人間友好度:最悪』『純粋に高い妖力、身体能力を備えた、妖怪らしい妖怪』みたいな記述がハマってか、RPGや前述のバトル系同人誌みたいなのの常連組みたいな感じでだったので…。

 今でこそバトルものの同人誌なんてとんと流行らなくなりましたが、そういう意味では中々ジェネレーションギャップも感じさせてくれるキャラクターです。

( 二次創作ゲーム・東方水神翔より。旧作仕様の羽姿に変身し敵を殲滅)

 プレイアブル化した際は、上記の設定と花映塚での『移動速度が全キャラクター中最遅』という設定を反映し、『動きは遅いけど攻撃も防御も強い』的な重戦車タイプの性能デザインとされることが非常に多いです。

 特に、旧作設定を拾う場合は『長髪姿』『背中に羽を生やす』などの設定を使えるため、ゲーム的には非常に美味しい『変身』なんかを演出として扱うゲームもあったり…。

 勿論、win版にはそんな設定は無いのでロストワードではそのような演出は流石に期待出来ないでしょうが、やはりパワータイプのキャラクターとして設定されそうです。

 ただ、この手の『パワータイプ』のキャラクターは多くの妖怪達と被りやすいので、そこをいかに差別化して来るかが重要になるでしょう。

 花の妖怪ですから、『フラワーセラピー』的なイメージで回復性能だったりを付けられる例なんかも既往のゲームではあったりしましたから、差別化点の作り方は中々に楽しみです。

入手方法

 参戦未決定なので、現状では不明です。

 後発組は、セールスへの起爆剤として『ガチャでの追加』というイメージが強くなりがちですが、どうなることか…。

個人的な要望

 公式の露出が少なく、最近も書籍作品含めて全く出番がないキャラクターなので、二次創作においては個々人のイメージがかなり膨らみがちなキャラクターです。

 花映塚では全体的に割と紳士的な態度ではあったので、ここだけを拾うと当たり障りの無い性格かもしれませんが、 求聞史紀の方では『人間、妖怪問わず邪魔が入れば絶大な力によって問答無用に滅ぼしにかかる』だの『一見平和そうだが他の生き物に対して容赦がない』だのと散々な書かれようなので、二次創作では『戦闘狂』『サディスト』などの苛烈な性格付けをされがちです。

 今は二次創作でも『原作準拠かどうか』が結構気にされるので派手な性格付けもそう多くはありませんが、昔はこの辺もかなり緩かったので、前述のようなバトル同人やらRPGやらでもイケイケな印象でしたが…。

 資料が少ないので『どこを拾うか』で全然変わりますが、個人的には、無理と分かっていつつも、旧作設定を少しでも拾ってくれれば…という想いです。

 旧作の幽香は割と天真爛漫かつ悪意に満ちているというか、何とも言えない魅力を感じるので、それをトレースするとまでは言わずとも、分かる人には分かる程度にでも匂わせてくれると嬉しいです。

 例えばラストワードの演出で『分身』したり、回避の演出で『透明化』してみたり、ひっそりとセリフを引用してみたり…。

 まあ、旧作は流石に触れることも出来ないかなとも思うので、高望みなのは十二分に理解した上での要望ですが、そんな要素がチラリとでも見えれば個人的には非常に喜びます。

派生カードについて

 前述のように原作時点でスペルがたった2枚しか無いキャラクターなので、派生カードは明らかに作りにくい部類でしょう。

 2枚目のカード以降は早速オリジナルスペルを多数用意しなければいけないので、展開させづらさは明らかです。まあ、まずは1枚目が出ないことには…という感じですが。

ボイスについて

 1キャラクターについて『3種類のボイス+ボイス無し』から自由に選択出来ることが公式生放送で発表されています。

 とは言え、参戦未決定の幽香にはまだ先の話でしょう。今までのキャラの傾向からしても、少女っぽいビジュアルにはならなそうなので、イメージしやすい部分もありますが。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)