画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文
絵札情報

【東方ロストワード】『☆5風祝の居るところ』について。評価・おすすめのキャラなど

 2020年8月14日の『晩夏の残り香、初秋の足音1』ガチャで初登場した絵札です。

 流体弾・エネルギー弾の2つに高倍率の補正を与えられる絵札で、場合によっては『☆5普通の魔法使い』や『☆5圧倒的な火力』のような陽攻・陰攻アップよりも高い効果も得られます。

 基本、このゲームのシステム的には『攻撃力アップ絵札>ダメージアップ絵札』の構図が成り立ちますが、特定のキャラ・特定のシチュエーションにおいてはそれを上回る効果を得られるので、汎用性こそ低いながら、良い効果を持っている絵札と言えるでしょう。

 ただ、現状は対応するキャラがあまり存在しないので、今後に期待…。

絵札特性

初期状態効果限界突破後効果
特性①装備スペカのエネルギー弾の威力20%アップ(1T)35%アップ(1T)
特性②装備スペカの流体弾の威力20%アップ(1T)35%アップ(1T)

ステータス補正

補正ステータス初期状態+10状態
体力+275+675
速力+25+45

絵札の概要

 4凸することで流体弾・エネルギー弾に『ダメージ35%アップ』の補正を掛けられる事になる訳ですが、これは基本的には『攻撃力アップ』に負けがちな所があるので、適当に付けて良い効果が得られる絵札ではありません。

 例えば、『同じ4凸した☆5絵札』という条件で、『☆5普通の魔法使い』『☆5圧倒的な火力』のような『攻撃力3段階アップ』の絵札と比べてみましょう。

 バフ倍率についてはこちらの記事で詳しく述べていますが、『元のバフ倍率が高い程ほどダメージの伸びしろが小さくなる』という特徴があるので、いくつかのケースで攻撃力3段階アップ絵札のダメージ補正倍率を算出してみます。

攻撃力バフ倍率ダメージ補正倍率
0段階⇒3段階ダメージ90%アップ相当
(1.9÷1.0=1.90)
2段階⇒5段階ダメージ56%アップ相当
(2.5÷1.6=1.5625)
5段階⇒8段階ダメージ36%アップ相当
(3.4÷2.5=1.36)
7段階⇒10段階ダメージ29%アップ相当
(4.0÷3.1=1.2903)

 このように、元々のバフ倍率が『5段階アップ』以下のキャラクターであれば、素直に攻撃力3段階アップをさせた方が実質的なダメージ補正倍率は大きくなります。

 

 例えば鈴仙のラストワードは『エネルギー弾オンリー』『バレットの陰・陽がバラついている』ということで、この絵札を載せると高い効果が得られそうですが、鈴仙は攻撃バフ手段を全く持たないキャラなので、実際の与ダメージ増加量は『☆5圧倒的な火力』を乗せた時の方が圧倒的に上です。

 『フルブーストラストワードの威力』という意味なら、4凸の圧倒的な火力を乗せれば『ダメージ70.0%アップ』相当なので、35%アップのこの絵札とは比較にもならない差が出来てしまいます。

 …という訳で、『この絵札を優先的に載せるべきキャラクター』の条件という以下のような感じです。

  • 幽々子のようにバフの限界である『10段階アップ』、或いはその近辺に独力で達する事が可能で、尚且つ流体弾・エネルギー弾をバレットに多数持つキャラ
  • 妖夢のようにバフ倍率は高いけどバレットの陰・陽が分かれていて、尚且つ流体弾・エネルギー弾をバレットに多数持つキャラ

 勿論、幽々子も妖夢もラストワードに流体弾・エネルギー弾は持たないのでこの絵札の適正は全くありませんが、似たような性能でラスワが流体弾・エネルギー弾で染まったキャラが登場して来れば、そのキャラの最適性絵札にもなり得るよ、ということです。

 現状だとそこまでハマるキャラはほとんど居ないので、『攻撃アップ絵札が足りない時の妥協枠』くらいの立場におさまりがちですが、将来的には大きく活躍出来そうなポテンシャルも秘めています。

オススメのキャラ

 現状、『ラストワード』という所でバッチリ対応するキャラクターはほとんど存在しませんが、通常スペルレベルならそこそこ噛み合うキャラも居なくはないです。

 例えば諏訪子の陰気オンリー全体攻撃スペル・土着神『ケロちゃん風雨に負けず』はブースト・スキルで『陰攻6段階アップ』から放てるので、これだと陰攻3段階アップは『ダメージ32.1%アップ相当(3.7÷2.8=1.321)』となり、倍率だけならギリでアドバンテージを取れます。(実際は+10状態のステ補正込みなら若干上回れてしまいますが…)

 その他、豊姫なんかも流体弾・エネルギー弾オンリーの通常スペルを持っているので、バフ倍率が高まったシチュエーションを作れば攻撃力アップの絵札を上回る事もあるでしょう。

 しかし、実際には『フルブーストで通常スペルを撃つ』というシチュエーションは少なめで、やはり『対応するラストワードを持ったバフ倍率の高いアタッカー』が出て来て欲しい所です。

売却&限界突破について

 正直、4凸しない事には攻撃力アップの絵札にアドバンテージを取りにくいので、積極的に重ねて行きたいです。

 幸い、今は対応するキャラも少ないので『複数枚運用』の見込みも薄いので、ガンガン重ねて良さそうです。

 将来性は十分見込める絵札ですし、売却は勿体ないでしょう。

総合評価

 正直、現時点ではそこまで輝けるシチュエーションも多くはないですが、ポテンシャル自体は高く、ハマるキャラクターが登場すれば良い火力ブーストになりそうな悪くない絵札です。

 流体・エネルギーの2つの補正があるので、その分『ハマるキャラ』のカバー範囲も広く、将来性もその分期待しやすいでしょう。

 今すぐ必要になる絵札でもないですが、引けたらしっかりとっておき、適正のあるキャラの登場に備えておきたいです。

※追記・絵札名の間違いを訂正しました

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    この記事の更新から半年以上経つが、最近は紅魔塔の追加に加えエネルギー弾オンリーのラスワ持ちが増えてきたので、
    紅魔塔では通常スペルに攻撃バフを付けて、ラスワにこの絵札を付けるという状況も増えてきた。
    一方で、エネルギー弾補正が若干低い代わりに木属性にもダメージ補正がかかる「サンダー・ビート」という競合相手も出てきた。

  2. 匿名 より:

    絵札名「風祝の居るところ」じゃない?
    持って無いからおいのりの提供割合のところしか確認してないけど

    • 匿名 より:

      うん、絵札持ってるけど「風祝いの居るところ」っすね
      記事だと「神様の居るところ」になってる

  3. 匿名 より:

    諏訪子は流体弾&命中補正のケロケロハットの方が相性◎

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)