画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文
キャラクター情報

【東方ロストワード】秦こころについて

公式情報

公式PVで公開された『絵札』カード

 『東方心綺楼』が初出のキャラクターです。

 現状、『東方ロストワード』におけるキャラビジュアルは公開されておらず、また秋季例大祭で公開された『制作完了キャラ一覧』にも名前が載っていなかったので、バトルキャラとしての参戦は決まっていません。

 現状では、『絵札カード』が公式PVで公開されたのみです。

 ただ、古参キャラクターが上位を独占する人気投票でもずっと上位に食い込む、近作登場勢としては高い人気を持っているキャラクターですし、その内必ず登場して来るでしょう。

使用ショット・使用スペル

 参戦未決定キャラなので、当然ながら使用するショット・スペル・ラストワードは不明です。

スペル判明キャラ一覧はこちら

拡散ショット不明
集中ショット不明
スペルカード1不明
スペルカード2不明
ラストワード『仮面喪心舞 暗黒能楽』?

 ただし、例大祭試遊で各キャラクターは最大で『スペルカード』2種類、『ラストワード』1種類所持であることは明らかになっています。

 未収録だったスペルは、今後ガチャやイベントなどで実装される新しいカードに実装されることになるでしょう。

スペルの仕組み解説はこちら

 ただ、ラストワードに関しては、これまで登場したキャラクター達の中でも『永夜抄』『心綺楼』に出演したキャラクター達は軒並みそこからのラストワードを引用しているので、こころの場合もラストワードは心綺楼の『仮面喪心舞 暗黒能楽』になる可能性は非常に高いでしょう。

スキルについて

 試遊台にて、キャラクターはそれぞれ『3種類のスキル』を持つことが確認されています。

 スペルに加えて、この『スキル』によってキャラクターの性能が差別化されるのでしょう。

 現在、こころのスキルは不明です。

 能力的は戦闘に直結させづらい感じですが、面によって感情を変化させるという点から、性能を極端にスイッチさせる感じのスキルなんかがあるとそれらしいでしょうか?

 この辺はスキルの仕組み次第ではありますが…。

想定される性能

 初出が心綺楼と後発組、東方ツクール界隈の最盛期も過ぎてから登場したキャラクターなので、やはり古参キャラと比べると既往の東方二次創作RPGへの出演作は少な目です。

 ただ、近年登場したキャラとしては人気も高く、最近のキャラという括りの中で言えば最も顔を見る部類の方でもあるでしょう。

(二次創作ゲーム・東方彩幻想より。戦闘中に攻撃型・支援型・魔法型に変化)

 そんな中、プレイアブル化している作品においては、被った面によって感情を変化させる、という設定を拾い、『戦闘中に性能をスイッチさせる』という特徴を持ったケースなんかも見られます。

 例えば『怒りの面』を攻撃特化に見立てたり、『憂いの面』を支援特化に見立てたり、という感じで、『被るお面によって性能が変化する』というのは、『こころらしさをキチンと性能に落とし込んでいる』という感じで、非常に良い差別化点でしょう。

 この辺はこころ自体が『RPG映えしやすいキャラクター』という所でもあり、ロストワードでも是非とも取り上げて欲しい所です。

入手方法

 バトルキャラとしての実装が決定していないので、まだ入手がどうこうという段階ではありません。

 ただ、人気のある後発キャラということで、ガチャの目玉にしてアプリのセールスに対する起爆剤的な使われ方をされそうな雰囲気も…。

 続報あり次第追記します。

個人的な要望

 演出に関しては、こころの場合はスペルの全てが心綺楼以降の黄昏作品ですし、ここを参考にすればそこまで困らないでしょう。

 個人的に期待するのは、やはり『面霊気としての特徴を性能に落とし込めるか』という所です。

 前述のように、既往の作品で見られた『戦闘中に性能チェンジ』は実にこころらしくて良い感じでしたが、ロストワードのシステムでそれが行えるかどうかは微妙な気もしますし、

 こころに限った話ではないですが、何でもいいから『何となくただ強い』みたいなキャラクターにすれば、ゲーム的には問題はないのかもしれませんが、やはり原作のキャラクター像を大事にしているとは言い難いでしょう。

 こころのような特徴的な設定を持ったキャラクターの場合、極力それを性能の落とし込む形にして欲しいという想いはあります。

派生カードについて

 こころのスペルカードは全部で12枚ですが、それら全てが黄昏作品のもので、ロストワードへの流用は非常にしやすい、RPG向きのスペルばかりです。

 そういう意味では新たなスペルを持った派生カードも作りやすく、人気もあるキャラですし、派生カードはポンポン出て来そうな雰囲気もあります。

ボイスについて

 1キャラクターについて『3種類のボイス+ボイス無し』から自由に選択出来ることが公式生放送で発表されています。

 こころの場合、どこか無感情さを漂わせたボイスなんかがそれっぽいイメージもありますし、声質よりも演技力の方が重要になるかもしれません。

 まあ、まだ参戦未決定なのでまだまだ先の話でしょうが。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)