画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文
キャラクター情報

【東方ロストワード】純狐について

 2020年7月、メイン探索1章の『Extraステージ』にて立ち絵が公開されたキャラクターです。原作よろしく、『肩書無し』のキャラクターとして登場しています。

 未だプレイアブル化されていないキャラクターであり、リリース前の秋季例大祭で公開された『制作完了キャラクター一覧』にも名前が載っていなかったキャラクターなので、参戦が決定した訳ではありません。

 しかしながら、やはり存在が存在なだけにシナリオ上で登場させるのも中々難しそう…と思いきや早速の登場で、『立ち絵だけ』ながらインパクトは非常に大きいです。

 ともすれば近い内に登場するかもしれませんし、その辺は『Extraステージ』の今後の展開次第で見えて来るものもあるかもしれません。1日3話ずつしか進まないので中々もどかしいですが、先の気になる展開です。

公式情報

 現在、1章Extraステージにて、二次創作ですらそうそう見かけたことが無い、『月の民との共闘』というまさかの展開で登場しています。

 味方ということで、この先のExtraステージで敵として戦う、というのはちょっと考えづらいでしょうか。

 ただ、過去のイベントやメイン探索ではこの手の味方のキャラクターが『ゲスト参戦する』というパターンもあり、その辺次第では…という所もあります。

 仮にゲスト参戦するようなことがあれば、既にキャラが完全に完成しているということであり、フランドールのように『ゲスト参戦から間を置かずにガチャ開催』という展開もあるかもしれません。

 お話自体もかなり気になる所ですが、その辺の展開も気になるでしょう。しばらくは1日3回までのExtraステージから目が離せません。

想定される性能

 ロストワードの立ち絵の純狐もどこか狂気を感じさせる所で、やはりイメージ的には『破壊式』がかなり似合っている感じです。

 現状、破壊式はチルノフランドールレイセンの3人ですが、『狂気』というキーワードからフランドールには何となく近しいものも感じるでしょう。

 後は、原作イメージ的にはクラウンピースの純化などから『支援』の印象もありますが、それはあくまで純化の応用の一部でしょうし、まあ何とも言えない感じです。この程度だとどの式も有り得る、くらいの感じかも…。

 ただ、イメージ通りに『破壊式』になるのであれば、チルノは若干器用貧乏感も出て来ましたが、フランは命中度外視の究極の一撃持ち、レイセンは異常なサポート性能持ちと、かなり尖った性能です。

 純狐もかなりピーキーな性能が似合いそうではあり、例えば『純化』によるデメリット有りの超パワーアップなど、使っていて楽しい性能になって欲しい気はします。

 式について詳しくはこちら

既往の東方二次創作RPGでは?

二次創作作品・東方異想穴より。強力なアタッカー

 初出は東方紺珠伝、東方界隈のツクール最盛期は過ぎてしまった頃なので、ロストワード以前の東方二次創作RPGでプレイアブル化している作品はあまり見ない感じです。私自身があまりアンテナを張らなくなった時期というのもありますが…。

 作品が無い訳ではありませんが、やはり過去のキャラクター達よ比べて、他のキャラクターとの差別化という意味で参考になる既往の東方二次創作RPG作品はそう多くはないのが現状です。

 そういう意味では性能テンプレートみたいなのも全然無いのが現状ですが、やはり狂気のイメージで苛烈な攻撃性能を持っていた李、『純化』のイメージでバフ性能・デバフ性能を持っているケースが比較的多い感じでしょうか。

 原作でもクラウンピースに純化の力を使ったようですし、自機勢に対しても純化の力による干渉で死に至らしめられるということだったので、やはり『状態変化』という部分からイメージを膨らませているのでしょう。

 ただ、この辺も『純化』の解釈次第でしょうし、『既往のテンプレ性能』みたいなものは無いキャラクターとも言えます。

 それだけに、ロストワードが純狐というキャラクターの個性をどのように性能に落とし込んで来るか、というのは中々に楽しみです。

オリジナルスペルは…?

 純狐は原作でラストワードを持っていないので、他のキャラと同じく当然『ゲームオリジナルのラストワード』が用意されるでしょう。

 ただ、純狐の場合は原作時点で『弾幕ごっこ』の領域をやや逸脱しかけているキャラクターで、例えばヘカーティアとの連携で見せた『最初で最後の無名の弾幕』では割と顕著、他にもスペルのほとんどに符名が無かったり、『人を殺める為の純粋な弾幕』なんてワードが飛び出したり、肩書も無かったりで、『イレギュラー感』も強い存在です。

 原作準拠の通常スペルですら他のキャラから浮きがちなだけに、『オリジナルラストワード』はセンスも大きく試されそうです。どんな弾幕とネーミングを用意して来るかにも要注目です。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    純狐さんまでもう来ちゃったよ…まだ立ち絵だけかもしれないけど
    この後出るボスたちの肩身が狭くなりそうだ

  2. 匿名 より:

    立ち絵だけ描いて終わりは考えにくいし、実装はされそう

  3. 匿名 より:

    防御式で颯爽と登場!

    にだけはならんで欲しいよ

  4. 匿名 より:

    RPGの二次創作なら東方少女綺想璋があるよ

  5. 匿名 より:

    純狐さん登場ほんと嬉しい‼︎
    鈴仙と絡ませてほしい…U・x・U

  6. 匿名 より:

    無属性月特攻破壊式ってイメージ

    • 匿名 より:

      確かに能力から考えれば、ショットもスペカもラスワも無属性な気がする

    • 匿名 より:

      追加でPower上昇時に全属性ブレイクでも追加するのが原作台詞まで反映した意味でそれっぽいですかね ちょっと乱れてくれれば致死可能という設定なわけで

      ブレイク戦術を持つ希少なフェス限破壊式にまとまるかな

  7. 匿名 より:

    今まで立ち絵公開されてるどのキャラよりも、お姉さんって感じがする

    まぁ、おばさんって感じもしなくm(殴

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)