画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文
キャラクター情報

【東方ロストワード】ミスティア・ローレライについて

公式情報
東方三月精より

 『東方永夜抄』が初出のキャラクターです。

 現状、『東方ロストワード』におけるキャラビジュアルは公開されておらず、また秋季例大祭で公開された『制作完了キャラ一覧』にも名前が載っていなかったので、バトルキャラとしての参戦は決まっていません。

 永夜抄からは月絡みのキャラクター達が実装が決定しており、他は追い追いという感じです。

 実装はシナリオに登場してきた順という感じですが、ミスティアは博麗神社でも屋台を出したり人里近くでライブをしたりという立ち位置のキャラクターなので、出そうと思えばいつでも出せるくらいの感じではあるでしょう。

 実装まではもう少しかかりそうですが、その内出ることも間違いありません。

使用ショット・使用スペル

 参戦未決定なので、使用するショット・スペル・ラストワードは不明です。

スペル判明キャラ一覧はこちら

拡散ショット不明
集中ショット不明
スペルカード1不明
スペルカード2不明
ラストワード『ブラインドナイトバード』?

 ただし、例大祭試遊で各キャラクターは最大で『スペルカード』2種類、『ラストワード』1種類所持であることは明らかになっています。

 未収録だったスペルは、今後ガチャやイベントなどで実装される新しいカードに実装されることになるでしょう。

スペルの仕組み解説はこちら

 ミスティアの場合は原作でラストワードを所持しているキャラクターで、他も永夜抄や心綺楼に参戦してラストワード持ちのキャラは全てそこからの引用なので、ミスティアも最初のカードのラストワードは『ブラインドナイトバード』になるでしょう。

スキルについて

 試遊台にて、キャラクターはそれぞれ『3種類のスキル』を持つことが確認されています。

 スペルに加えて、この『スキル』によってキャラクターの性能が差別化されるのでしょう。

 

 参戦未決定なので、ミスティアのスキルは不明です。

 『歌で人を狂わせる程度の能力』からすると、やはり状態異常の付与とかがそれっぽい感じ…?

想定される性能

 初出は永夜抄と歴史のあるキャラクターで、既往の東方二次創作RPG作品でも出番は多いです。

 特に屋台をやっている姿はよく見掛け、『ショップ店員』とか『宿屋(HP全回復)』みたいな形で登場するパターンは非常に多いです。

プレイアブルキャラクターとしての実装は流石に自機勢なんかと比べればそこまで多い訳ではありませんが、やはり歴史がある分、後発のキャラクターよりはずっと多い感じです。

二次創作ゲーム・東方⑨月洸より。歌に色々な効果を乗せる

 プレイアブルキャラとして登場する場合、やはり『歌で人を狂わせる程度の能力』のイメージから敵を混乱させたり、鳥目にするという所から敵の命中率を下げたりというのが鉄板ですが、『歌』という所をキーワードにして器用な性能になることも多いです。

 一般のRPGでも『歌姫』みたいな感じのキャラクターはそこそこ見かけ、歌で味方を鼓舞したりというのも割と見かけますが、その辺のテイストをミスティアに与えている作品群も結構見かけます。

 ロストワードも、混乱・暗闇みたいな状態異常はイメージしやすいですが、更なる付加価値というのも付けて来るかもしれません。

入手方法

 参戦未決定なので、現状では不明です。

 続報あり次第追記します。

個人的な要望

 性能的にも中々面白い味付けが出来そうなキャラクターでもありますが、割と顔が広いというか属性の多いキャラクターでもあるので、シナリオ上での活躍には個人的に期待しています。

 現時点でも書籍キャラなどを多数出演させている辺り、ロストワードはほとんど全キャラクターを網羅して行きそうな勢いですが、そのような『圧倒的多数のキャラクターが登場する』というのは個人製作の二次創作では中々難しいことで、商業ベースのロストワードならではの強みかとも思いますが、その中でも神社で屋台を出したり音楽活動をしたりというミスティアはキャラ同士の絡みも作りやすいでしょう。

 書籍作品でも結構色々なキャラとの関りも見られますし、オールスターみたいな作品の中でも、妖怪としては扱いやすい部類だと思うので、色々なキャラクターとの関係性をどのように強調してくるかにも注目したいです。

ミスティアの派生カードについて

 原作でのスペル数も一応2桁、1枚目のカードのラストワードも元ネタありきで作れるので、2ボスのキャラとしてはそれなりに派生カードも作りやすい方でしょうか。

 個人的には響子と組んだ『鳥獣伎楽』のカードなんかも見てみたかったり…。

ボイスについて

 1キャラクターについて『3種類のボイス+ボイス無し』から自由に選択出来ることが公式生放送で発表されています。

 参戦未決定なのでまだ先の話ですが、個人的にはスペルの前向上なんかで『歌』みたいな要素を入れても良いと思うキャラなので、結構注目しています。そういう演出にも期待したいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)