画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文
キャラクター情報

【東方ロストワード】ヘカーティア・ラピスラズリについて

公式情報
東方三月精より

 『東方紺珠伝』が初出のキャラクターです。

 現状、『東方ロストワード』におけるキャラビジュアルは公開されておらず、また秋季例大祭で公開された『制作完了キャラ一覧』にも名前が載っていなかったので、バトルキャラとしての参戦は決まっていません。

 ただ、紺珠伝からは既に清蘭と鈴瑚も登場しているので、タイミングがあればどこかしらで出て来るでしょう。その登場タイミングが掴みづらそうではありますが。

 やはり純狐と一緒の登場になって来そう…?

使用ショット・使用スペル

 参戦未決定なので、使用するショット・スペル・ラストワードは不明です。

スペル判明キャラ一覧はこちら

拡散ショット不明
集中ショット不明
スペルカード1不明
スペルカード2不明
ラストワード不明

 ただし、例大祭試遊で各キャラクターは最大で『スペルカード』2種類、『ラストワード』1種類所持であることは明らかになっています。

 未収録だったスペルは、今後ガチャやイベントなどで実装される新しいカードに実装されることになるでしょう。

スペルの仕組み解説はこちら

 ヘカーティアの場合、特殊な扱いのナイトメアダイアリーを除いては紺珠伝のスペルしか持っていないので、やはりここからの出典になるでしょう。

 ただラストワードは間違いなくロストワードオリジナルのものとなるので、ここがどうなるかは見物です。 

スキルについて

 試遊台にて、キャラクターはそれぞれ『3種類のスキル』を持つことが確認されています。

 スペルに加えて、この『スキル』によってキャラクターの性能が差別化されるのでしょう。

 

 参戦未決定なので、ヘカーティアのスキルは不明です。

 その強さを顧みると、やはりシンプルに性能を向上させるようなスキルで説得力はあるでしょうか?

 『三つの身体を持つ程度の能力』からすると、連続攻撃とかもそれっぽくはありますが…。

想定される性能

 初出が紺珠伝ということで登場が遅いことに加え、『幻想郷とか月の都とかいうレベルを完全に超えている』という原作者直々のほぼ最強認定のような発言もあり、既往の東方二次創作RPGでもプレイアブル化している作品は中々見かけません。

 かつての依姫も儚月抄の描写から次元の違う強さを持っていると見做され、どうしてもシナリオ的に扱いづらいのか、プレイアブル化作品の少なさはありましたが、ヘカーティアも似たようなものでしょう。

二次創作ゲーム・東方幻無界記より。SRPGだけど…

 そういう意味では既往の作品群でのテンプレートも無い感じですが、やはり『強さそのものがアイデンティティー』みたいな所があるので、RPG作品における調整は中々に難しそうです。

 当然、設定上は最強であるだけに多くのユーザーが破格の性能を期待するでしょうが、ただ強くするだけではゲームバランスがおかしくなるし、かといって何の見所もなければ『原作の反映』という所からも程遠いですし…。

 この辺、如何に『最強設定』をゲームシステムに落とし込んでいくかは、開発陣の腕の見せ所でしょう。いつか登場するその日が楽しみです。

入手方法

 参戦未決定なので、現状では不明です。

 紺珠伝のEXボスですし、キャラクターとしての格を考えてもまず間違いなく高レアリティのキャラとして出て来るでしょう。

 続報あり次第追記します。

個人的な要望

 所謂『最強認定』を受けているキャラクターではあるものの、その強さに原作描写が追い付いているとは言い難いです。

 まあ原作では力比べなんてしないからそんな描写が無いのは当たり前なのですが、それだけに『最強』の肩書に相応しい、説得力のある性能デザイン・演出を期待したいです。

 そもそもこの設定のおかげで大概扱いづらく、ロストワードでもシナリオにどう絡めて行くかはかなり難しそうではありますが、RPG故に『強さという個性』もしっかり反映させやすいでしょう。

 『強さがどうこう』というのは東方の世界観では大した意義も持たないでしょうし、ナンセンスですらある訳ですが、『RPGゲーム』という括りの中においてはそれも重要なファクターになりますし、最強の肩書に相応しいキャラクターとして実装されて欲しいものです。

ヘカーティアの派生カードについて

 ヘカーティアのスペルは全部で16枚、その内半分が特殊な扱いのナイトメアダイアリーなので、実質的なネタはやや少なめ、派生カードも作りにくい部類でしょうか。

 ただ、紺珠伝でもナイトメアダイアリーでも『純狐との共同スペル』はひときわ目立っており、特に『最初で最後の無名の弾幕』は非常に印象的でした。

 配信が長く続けば、その内『ヘカーティア&純狐』なんてカードが出て来る可能性も…?

ボイスについて

 1キャラクターについて『3種類のボイス+ボイス無し』から自由に選択出来ることが公式生放送で発表されています。

 未だキャラビジュアル未公開なので、まずはそこが出てからです。

 『わよん』という個性的な口調もあり、似合いそうな声のイメージはかなり絞られて来そうですが…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

画像が貼れます(貼れない場合もあるみたいです…)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)